目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

15 / 91ページ

開業202日目 源泉所得税の納付書

源泉所得税の納付書を作成した。

正式名称は、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」で、手元にあるのは納期特例分のもの。

税務署から送付されたもので、管轄の税務署名、整理番号、自宅住所(個人事業なので税金や保険に関することは全て自宅住所にしている)氏名などがすでに印字されている。

数字だけ書けば良いので、簡単だ。

詳しい説明は、「所得税徴収高計算書(納付書)の記載のしかた(PDF)」を読むとして、実際に記載した項目は下記の通り。

区分は、俸給・給与等のみ。

賞与はあったが、別欄にするほどの金額ではなかったので、まとめてしまった。

支払年月日…17年8月31日〜12月31日
※7月分は納期の特例に間に合わず、一般納付済みのため

人員…退職者も含めたこの期間の給与受領者全ての人数。源泉徴収していない人も含む。

支給額…退職者も含めたこの期間の給与受領者全ての人数。源泉徴収していない人も含む。賃金台帳合計表参照。

税額…給与から天引きした源泉税。賃金台帳合計表参照。

年末調整による不足税額…1月の給与で追加徴収する金額。

年末調整による超過税額…1月の給与で還付する金額。

本税…税額+年末調整による不足税額−年末調整による超過税額

合計額…本税の金額をそのまま写し、頭に¥をつけた。

納付の目的…自17年8月至17年12月
※7月分は納期の特例に間に合わず、一般納付済みのため

2006.01.15 Sun


開業203日目 法定調書と合計表

平成17年分給与所得の源泉徴収等の法定調書の作成と手引き」が届いていない。

それに同封されているものと思われる申告書も当然ない。

e-Taxするにも今からでは間に合わないし。

かといって申告しなくて良いはずもないので、何とかやってみようと思う。

まず「不動産の使用料等の支払調書」から。

詳細は「どこよりも分かりやすい「法定調書」の作成・提出の手引き」と税務署の手引きを読めば分かるが、迷った点を記しておく。

権利金や保証金はどうなるのかというと、返還されないことが確定した金額を調書に記載するとのことだった。

今年度は保証金を払ったばかりなので関係ないが、数年後一部が償却されたときに記載するのを忘れないようにしないと。

例によって手書きは嫌なので、エクセルで作った。

摘要欄に斡旋業者を書いたので、家賃関係の法定調書はこれだけでOK。

「法定調書合計表」は、「開業168日目 所得税源泉徴収簿」でダウンロードしていたソフトにある「goukeihyou17v500.xls」の単独利用で乗り切ることにした。

このファイルのみをデスクトップに保存。

まずはじめに入力と書かれたシートに自社情報を入力。

その後合計表を表示させる。

「給与所得の源泉徴収票合計表」は、税務署への提出条件に該当する人はいないが、事業所として支払った人数や金額の総数を申告する必要がある。

総数4人、左のうち源泉徴収額がない者3人、源泉徴収票を提出するもの0、災害減免もないので0人、0円。

摘要欄に該当なしと入力。支払金額と源泉徴収額は納付書の金額を転記。

退職所得、報酬、不動産の譲り受けも共にないので、摘要欄に該当なしと入力。

先ほど作った支払調書を元に不動産の使用料と斡旋手数料を転記。

それぞれの摘要欄には、不動産の使用料の支払調書の摘要欄に斡旋手数料を記載していることを入力した。

2006.01.16 Mon


開業204日目 青色申告決算書作成1

市区町村への給与支払報告書、税務署への法定調書をそれぞれ郵送して一連の作業は終わった。

さて次は青色申告である。

まず「確定申告等情報」で、関連する情報の入手。

何か困ったことがあった場合、このページを見れば手がかりがつかめるのだろう。

確定申告書等作成コーナー」をクリックして、いざ作業開始。

ポップアップとPDFに関しての注意事項がある。はやる気持ちを抑えて、諸注意を確認。

ポップアップは、セキュリティソフトのポップアップブロック機能を一時的に無効にした。

ブラウザの方は、「ツール→インターネットオプション→プライバシー→ポップアップをブロックするのチェックを外しておけばOKだ(情報バーが現れてから、一時的に許可でも良い)。

流れとしては、問題なく作動することを確認して「青色申告決算書・収支内訳書の作成」で、収支を確認して事業所得を計算し印刷。

その後「所得税の確定申告書の作成」という手順。

帳票を選択し、まずは損益計算書の作成。

っと、その前に「開業187日目 決算仕訳の流れ」を再度確認して、下ごしらえがちゃんと終わっているか確認。

作業中必要なのは、会計ソフト、各月の試算表。わたしはこれをエクセル形式に出力して、コピー元にしようと思案。

期間が1月1日から12月31日になっているので、初めの日付を開業日に変更。終りの日はそのまま。

売上を月別に入力。

雑収入の欄に、預金の受取利息等を入力。

仕入金額を月別に入力する。

これについてはちょっと長くなるので、明日につづく。


2006.01.17 Tue


開業205日目 青色申告決算書作成2

(昨日のつづき)

さて、仕入金額の入力であるが、その前にひとつ。

仕入れの値引きがある場合、どのように処理しているだろうか。

私は「開業042日目 仕入の値引き」で書いた通り、買掛金××/仕入値引××としている。

つまり仕入科目から直接引いていないので、仕入科目の毎月の残高をただ単に転記するだけでは、損益が合わなくなってしまう。

これは仕入割引がある場合も同様だと思う。

よって毎月の残高試算表にある仕入と仕入値引の一覧表を作成し、差し引きした金額をこの損益計算書の仕入金額に入力する必要がある訳だ。

また、思ったのは、一科目ずつ会計ソフトで作られた期末残高と、今入力している損益計算書の勘定科目金額が一致しているかどうか確認すると良いということ。

そうすれば、各項目の小計の間違いを減らすことが出来、損益もピタリと一致した数字がでるというもの。

最後の損益が一致していないことがわかってから、逆算して間違いを探すより、一歩一歩確実に積み上げていった方が、楽だと思う。

経費は、会計ソフトで使っている勘定科目の数が、入力できる勘定科目の数にギリギリ間に合った。

勘定科目はあまり細かくしても仕方がないということか。

もし入力欄に足りなくなっていたら、金額の一番少ないのを雑費にしてしまうか、消耗品費と事務用品費を合算して入力したであろう。

(明日につづく)

2006.01.18 Wed


開業206日目 青色申告決算書作成3

(昨日のつづき)

減価償却費で今年度関係あるのが、建物附属設備と開業費である繰延資産。

建物附属設備は、「開業181日目 固定資産(減価償却)管理」にあるソフトの一覧表から転記するだけなので簡単。

減価償却費(資産の種類の選択) のページ下の方にある、「減価償却費を計算済の方」という所から、合計金額を入力しても良い。

しかし、別途印刷して添付は煩わしい。入力する手間と別紙を添付する作業(添付忘れの恐れ)を計りにかけ、私は種類を選んで入力したしだい。

開業費は、今年度は償却しないことにした。

同じように入力しようと思ったが、0(ゼロ)は計上できないので、「本年中における特殊事情」に「今年度開業費は償却しない」と入力した。(追記;後日、個人事業は減価償却は強制と知り訂正した。)

給料賃金は給与台帳を見ながら入力したが、会計ソフトの給与残高(累計)と合計が合わない。

原因を調べると、会計ソフトの方で雇用保険と源泉税の預り金を入力していなかったことがわかった。

12月の預り金の仕訳をして、給与残高が賃金台帳と一致。この項目もOKと。

利子割引料は公庫への利息しかないので、「利子割引料(金融機関分)の入力」欄に期末残高だけを入力すれば良いので簡単だ。

地代家賃は住所、氏名、物件名を入力。

本年中の賃借料・権利金等の欄は、権の欄に支払った保証金の金額。

賃料の欄には地代家賃勘定の期末残高を入力。

左の賃借料のうち必要経費算入額は、保証金が償却確定にはなっていないため、賃料の欄と同じ金額を入力。

青色申告特別控除前の所得金額が、会計ソフトの損益と合ったので入力データを保存してつづきは後日。


減価償却の金額について調べていたら「八戸青色申告会(減価償却費と償却限度額)」さんのブログを発見。減価償却が任意?という部分が気になって見たのだが…。

2006.01.19 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について