目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 91ページ

開業196日目 考察 限界を超える

(昨日のつづき)

店主である夫はお店の人間に気軽に声を掛けるタイプなので、自分とは違うタイプのお客さんの場合、それに相応しい対応をしているかどうかが気になっている。

私の想像では、ハッキリ言うと切り捨ててしまっているのではないかと。

まぁそれはそれで店の方針というか、どんな店にしたいかというビジョンがあり、それに合うお客さんが残るということを承知しているなら良いのかもしれない。

狙った客層があり、それ以外には迎合しないというスタンスはありだと思う。

店(=店主)が好ましいと思うお客が常連さんになり、うちの店にいて居心地が良いと感じてくれるお客さんが長く通ってくれることになるのだろう。

これはとても自然なことだ。

でも商売として、店を繁盛させると考えたときに、このままでは先が見えてしまう。

すでに今いるお客さんの絶対数が見えてしまっている現状においては。

ただたとえ商売であっても、それをやるのは人間であり、当然相手も人間である。

人間は自分が本当にやりたいと思うことしか出来ないもの。

一時であれば、気が進まなくともやらねばいけないこともできることはできる。

しかしそれが継続するかどうか、それが習慣になるかどうかは、難しいのではないだろうか。

十分に考えて自分の中の原則にそった形を作らなければ、現状を脱するのは困難だと思う。

ではどうやって今できることから、目標になっていることをすり合わせていくのか考えてみよう。

(明日につづく)


2006.01.09 Mon


開業197日目 合わないと思っても

(昨日のつづき)

現状を把握し、目標に近づける方法を考えてみた。

目標は、新規のお客さんを増やすこと。

現状はどうかというと、開店してから100のお客さんの来店があったと仮定する。

50%は店主に似たお客さんで、残りは店主には合わないお客さんだった。

宣伝をして50のお客さんの来店に成功したが、やはり50%しか合うお客さんがいない…。

という繰り返しではないかと思う。

全くの新規のお客さんを集めるには、それなりの労力がかかる。

労力をかけたところで、半分を切り捨ててしまうのは、考えすぎなのかもしれないが、効率が悪いなと感じた。

そこで思ったのは、一度来てくれたお客さんをまた来てくれるようにする方法はないものだろうかということ。

ただ単に酒を飲みたいだけなら、自分で買って家で飲んだほうが安く上がる。

おいしい物が食べたければ、もっと他にいい店がある。

お客さんにしてみれば、何かをうちの店に期待して来店してくださった方なのだ。

見ず知らずのご新規さんをかき集めるより、よっぽど可能性は高いはず。

お客さんと接してみて、うちの店には合わないなと思ったら、どの部分を見てそう思ったのかに着目する。

そして、どうすればそれを合うように変えることができるか考えてみることが、糸口になるのではないかと思ったのだが。


追記

cocoa051さんのコメントを受けて、言いたかったことが書かれていなかったことに気がついた。

結論としては、新規開拓を目標に掲げていたが、現状を観察すると無駄が多いというか、効率的でない状況であるのがわかった。

それなら、一度来店してくれたお客さんを逃さない、もう一度来てくれるような対応を心がけるべきなのではないかと。

難しいことをあえて書くなら、お客さんをうちの店に合ったお客さんに変えるということ。

早く馴染んでもらうようにすると言えようか。

初めての来店時が勝負。

一期一会の精神で接客してもらいたいなと私は思う。


2006.01.10 Tue


開業198日目 源泉徴収票の作成方法

年末調整も最終段階に差しかかった。

年末に提出してもらっていた他社の源泉徴収票が、実は一昨年のもので作業できないでいたのだが、やっと今日届いたためだ。

今回は初めてということで手際が悪かった部分を省みて、手順をメモしておくことにした。

−−−−−中途入社の人の分はここから−−−−−

年収等を合算する表を作る。

        自社   他社   合計
給 与 総 額    円    円    円
源 泉 徴収額    円    円    円
天引き社会保険    円    円    円

−−−−−年末調整する人の分はここから−−−−−

年末調整のための必要書類を揃える。

開業166日目 年末調整(計算)」の日記で書いたサイトを利用して、年末調整の計算。

このページを印刷(これと賃金台帳のふたつで、所得税源泉徴収簿のかわりとするため)。

上で印刷した紙を見ながらダウンロードしておいた「Excel源泉票 平成17年版 1.2」に数字を入力。

−−−−−年末調整しない人の分はここから−−−−−

開業024日目 給与計算その1」の日記で書いたソフトに入力してある、従業員情報をコピー。

入力したデータに間違いがないかどうか、入念に確認。

源泉徴収票を印刷。

(明日につづく)

2006.01.11 Wed


開業199日目 給与支払報告書(個人別)

昨日の日記で印刷した源泉徴収票等の扱いについてのつづき。

印刷された紙は、枠線の色が違うものの記載内容は同じ。

用紙によって提出先が変わる。

まず上の段左側、これは給与を受け取った者、つまり従業員へ渡す。

その下の段は、給与支払金額が500万円を超えた場合にのみ、税務署へ提出。

当然該当する者はいないので破棄しても良いのだが、念のため取っておくことにした。

個人別の賃金台帳と昨日印刷した源泉税の計算書と共に、ホチキス留めしておくことにした。

ちなみに退職してしまった者の源泉徴収票の方も、一緒にこちらに留めておく。

右半分をよく見ると、「給与支払報告書・個人別明細書」と書かれているのが、枠線色違いで2枚ある。

これらは法定調書のひとつである「給与支払報告書(総括表)」といわれる書類と共に、市区町村に提出しなければないらいものだ。

ただ、その「総括表」、送付されてくるものだとばかり思っていたのだが、未だ届かず。

開業初年度だから?でも、法定調書の手引きぐらいは送付されても良いはずだが。

あっ!「アニメプロデューサー/Anime Producer(年末の経理作業 2.法定調書と給与支払報告書)」さんのブログによると、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」も必要なんじゃないか。これも調べないと…。

まぁ、ないものは仕方ないとして、ネットで入手して作業を続けよう。

この作業に必要な手順は、「開業147日目 税務署からの書類」で書いた書類と共に入っていた「給与支払報告書の提出について」にある。

もっと詳しい説明は「「法定調書」の作成・提出の手引き」がわかりやすかった。

さて、この「給与支払報告書の提出について」をよくよく見ると、素朴な疑問が湧いてきた。

(明日につづく)

2006.01.12 Thu


開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄

(昨日のつづき)

さて、この「給与支払報告書の提出について」をよくよく見ると、住民税特別徴収と書いてある。

特別徴収とは、住民税を給与から天引きする徴収方法。

特別と銘打っておきながら、「給与所得者の住民税については、特別徴収が原則」らしい。

まぁ納税は本人がという原則に対する特別ということなのだな。

特別徴収でも普通徴収でも、この給与支払報告書の提出義務は変わらないが、納付の手間を考えると普通徴収にした方が、事業所としては楽だ。

退職した場合は遅滞なく「給与報告にかかる異動届」や「特別徴収にかかる異動届」を出さなければいけないし。

でも、従業員の立場で考えると、特別徴収にしてくれた方が手間がかからず楽なのかな?

本人に確認するのが一番良いのかもしれない。

なお、普通徴収を希望する場合は、給与支払報告書の個人別明細摘要欄に普通徴収希望と明記する必要があるようだ。

この摘要欄、人によっては書ききれない場合があるのではないかと思う。

というのも「何苦楚日々新也α(引き続き)」さんのブログによると、こんな小さな欄にたくさんのことを書く苦労が見てとれる。

源泉徴収票を作るとき、私は何の気なしに今まで自分が貰った源泉徴収票を参考にして、自社支給月、徴収済み源泉税、還付金額等を、中途入社の人の分にはそれプラス他社支給額、他社社会保険額、他社徴収金額など打ち込んでみた。

しかし、さらに扶養控除を受ける人には、扶養親族の氏名、続柄などが必要だ。

他社の源泉徴収があり、扶養控除を受けるような人がいる場合には、他社の源泉徴収票自体ををコピーして、2枚ある給与支払報告書個人別明細書のそれぞれに添付しようかと思う。

2006.01.13 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について