目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 91ページ

開業192日目 仕事始め

今日から営業。

連休の前々日だから、どうせお客なんか来ないだろうと高をくくって、のんびり仕込みをしていた夫は、その期待(?)を見事に裏切られたらしい。

開店時間を待っていたかのように、すぐに常連さんが来店された。

今日は珍しく早い時間から他の常連さんも揃い、12月の最高売上金額を超えた売上があった。

かなりの忙しさであったにもかかわらず、「今日は充実したとてもいい日だった。やっぱ仕事っていいな。」と嬉しそうな夫。

今年の正月はどこへも行かなかった。

無趣味な人で、楽しみといえばスロットぐらい。

ただ、この正月は例年になくスロットの調子が悪く、よけいに辛い連休だったようだ。

正月だけは比較的稼げると期待していた分、気落ちも激しかったのではないかと思う。

そして仕事を始めてみれば、ありがたいことにとても賑わった日であった。

ブログを見て来てくれたらしき初めて見るお客さん以外は、今の店が出来てからの常連さんであった。

それも余計に嬉しかったのではないだろうか。


2006.01.05 Thu


開業193日目 10万円以上の備品

以前日記で書いた「準備058日目 30万未満は一括経費」の補足である。

一括経費に(買ったときに経費として計上)して良いという部分に間違いはないのだが、錯誤しやすいので記録しておくことにした。

はじめて青色申告します。(カードでの買い物<続編>)」さんのブログで気がついたので。

使用可能期間が1年を超える、または、10万円以上の買い物をしたら、青色申告の項目にある「減価償却費の計算」は必須であるということ。

私が利用させてもらっている「開業181日目 固定資産(減価償却)管理」にあるソフトなら、償却方法を選ぶ欄で「即時償却」を選ぶだけなので簡単だ。

(ちなみにこのソフト内での勘定科目では「一括償却資産」を選べば良いようだ。)

帳簿上は、備品 ××× / 現金 ××× と
  減価償却費 ××× / 備品 ××× という仕訳が必要になる。

そして青色申告する時に、このソフトにある「集計表」を印刷して提出するだけ。

当然のことながら、開業費も「減価償却費の計算」が必須なので、固定資産管理ソフトに入力してある。


2006.01.06 Fri


開業194日目 日本テレコム「おとくライン」

日本テレコムから「おとくライン」申込書が届いた。

これは年末に日本テレコムの代理店から営業電話が入り、切り替えに際し何ら料金は発生しないとのことで申込んだのを受けてだった。

作業的には申込んだ内容を確認して、赤枠で囲まれた欄ひとつに署名押印するだけの簡単な作業。

たったこれだけでNTTへの休止や解除が申込めるなんてと、逆に不安にならなくもない。

ただ今回申込んだのは店で使っている回線で、インターネットはもちろんのこと、付加サービスなどオプションの類を一切付けていない回線。

そのため、電話番号が変わらず、月額の料金が安くなるなら、どこの電話会社だって良い状態であったので気軽に申込んだのだ。

今回のキャンペーンで勧められた「シンプルプラン」は、その名に相応しく料金体系がシンプルでほぼ全国一律料金が適用され、3年間の国内通話料金がNTTとKDDIより安さを保証するものだった。

旨みがあるのは事業用回線であり、IP電話など導入していない場合。

例えばOCNドットフォンを使っていて携帯電話へかける場合は、通話料だけを見るなら、ドットフォンの方が約8円安いのが現状。

現在の通信費の総額や利用状況を踏まえて申込しないと損する場合があるので注意が必要だ。

2006.01.07 Sat


開業195日目 メニューと接客の関係

開業116日目 視点は違えど学べるサイト」の日記でも書いた「おいしい店とのつきあい方。」という連載を時々読み返している。



今日読んだファミリーレストランとの付き合い方では、メニューについて書かれていた。

私は読みながら、メニューのあり方と店のサービスは合っているのだろうかとちょっと考えてみた。

まず、メニューには「分かりやすいメニュー」と「一見しただけでは、はて?と思ってしまうメニュー」がある。

うちの店はどちらに属するかというと、後者。料理名と値段があるだけ。

料理名もシンプルで、一時期流行った(?)「○○と□□のなんとか風なんとか」等、どんな料理であるか想像できるように詳しく書かれていない。

飲み物は、次々と入れ替わる日本酒がメインなので、グランドメニューにはビールやほんのわずかな種類のサワー、徳利で出している日本酒の値段、後は日本酒と焼酎は一律ですと書いてあるだけ。

黒板に書かれた日本酒は、銘柄と種類のみ。

焼酎にいたってはメニューすらない(ずらっと並べて瓶を見てくれという感じ)。

まぁ分からなければ聞いてくれというスタンスである。

このような状態であるから、スタッフの質、店主の教育具合が問われる。

いかに聞き易い雰囲気をつくれるか。的確な対応が出来るか等。

お客さんが気軽に声を掛けることが出来るタイプなら問題はない。

私が心配なのは、そうでない、声を掛けるのが苦手なお客さんに対してだ。

(明日につづく)


2006.01.08 Sun


開業196日目 考察 限界を超える

(昨日のつづき)

店主である夫はお店の人間に気軽に声を掛けるタイプなので、自分とは違うタイプのお客さんの場合、それに相応しい対応をしているかどうかが気になっている。

私の想像では、ハッキリ言うと切り捨ててしまっているのではないかと。

まぁそれはそれで店の方針というか、どんな店にしたいかというビジョンがあり、それに合うお客さんが残るということを承知しているなら良いのかもしれない。

狙った客層があり、それ以外には迎合しないというスタンスはありだと思う。

店(=店主)が好ましいと思うお客が常連さんになり、うちの店にいて居心地が良いと感じてくれるお客さんが長く通ってくれることになるのだろう。

これはとても自然なことだ。

でも商売として、店を繁盛させると考えたときに、このままでは先が見えてしまう。

すでに今いるお客さんの絶対数が見えてしまっている現状においては。

ただたとえ商売であっても、それをやるのは人間であり、当然相手も人間である。

人間は自分が本当にやりたいと思うことしか出来ないもの。

一時であれば、気が進まなくともやらねばいけないこともできることはできる。

しかしそれが継続するかどうか、それが習慣になるかどうかは、難しいのではないだろうか。

十分に考えて自分の中の原則にそった形を作らなければ、現状を脱するのは困難だと思う。

ではどうやって今できることから、目標になっていることをすり合わせていくのか考えてみよう。

(明日につづく)


2006.01.09 Mon



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について