twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 hirotakashina
価格 無料
タグ 首都高3号線ショートショートSF未来パラレルワールド哀愁ひとり語り
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

35 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
5ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
11月18日公開。ライボクの枝で怪我をした友人の韮沢は、時おり寝言をつぶやく以外は眠ったきりになってしまった……。主人公「わたし」が語る、微妙にずれた異世界にご案内します。

Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想を寄せてくれた方と一緒につくったSudden Fictionの数々。どんどんご紹介します。いずれも短いお話ばかり。気軽にお楽しみください。

コメント一覧

mina5east さま。ちょっと不思議な話ですね。どこが現実なのかよくわからない感じで……。
hirotakashina : 2011-11-19 23:50:40

オチがいいですネ。ほぉっとしました♥
mina5east : 2011-11-19 20:41:57

facebook コメント一覧