twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 hirotakashina
価格 無料
タグ 半夏生ショートショート落語脚本台本シナリオ笑えるコメディうんちく
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

46 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
5ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
11月16日公開。毎度ばかばかしい小咄を。お題「半夏生」で書きました。「半夏生(はんげしょう)」って知ってます? 知らない方はこちらでどうぞ。物知りの旦那が教えてくれます。

Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想を寄せてくれた方と一緒につくったSudden Fictionの数々。どんどんご紹介します。いずれも短いお話ばかり。気軽にお楽しみください。

コメント一覧

mina5east さま。ぼくもこれを書いてずいぶん勉強になりました(笑)。知らないことはその都度調べながら書いたりするので、SFPのおかげで雑学知識がずいぶん増えたことです。
hirotakashina : 2011-11-19 23:42:22

おかげ様で、日本の「気」の暦の勉強になりました(笑)……って、そうでげしょう?
mina5east : 2011-11-19 20:20:06

miyabijoeさん。コメントありがとうございます。このオチは何なんでしょうね?枝雀の「謎解き」なのか、「へん」なのか。古典的にはダジャレの地口落ちともいえますが……。miyabijoeさんの言うようにぐるっと展開させて少し長い噺に育てるのも面白いかもしれません。いずれ育ててみますね。毎日1話ずつアップしているので、気が向いたらいつでも遊びに来てください。
hirotakashina : 2011-11-16 17:48:48

落語の「酢豆腐」みたいなお話しかと思いましたが、落ちは違いましたね(“ぼんやり落ち”?)この手の落ちは好きです。できれば、二十四節季系の話題からどんどん違う話題に広がり、再度、戻ってくる、とうい展開がいいかと思いました。同系統のウンチクのてんこ盛りのようだと少々疲れるかと…(すみません、エラそうに)。でも毎日書くってすごいです。尊敬!
miyabijoe : 2011-11-16 12:48:10

facebook コメント一覧