twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 恋愛 , ファンタジー 作者 anber
価格 無料
タグ ヴァンパイア吸血鬼ライカンヒューマン恋愛ミリテリーファンタジー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

22 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 46ページ (Web閲覧)
209ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ある日わたしの前に現れた青年は、背筋も凍るほど美しかった。この恐ろしいほどに美しい青年をわたしは見たことがある…いつの事だろう。そもそも彼を一目見て、忘れてしまうことなど出来るのだろうか?わたしの思い過ごし?彼の翡翠色の瞳は昔を懐かしむかのように、わたしの瞳を覗き込む。何だろうこの心の奥から湧き上がる罪悪感。まるで人を殺めてしまったかのような罪の意識。彼はいったい何者なのだろう?




この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

液タブ導入によって退役状態になった板タブ。これの液タブ化改造におけるあれこれをコミカルに著してみまし...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる