twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , SF 作者 朝陽遥
価格 無料
タグ 異世界旅人少年飢餓因習季節のない世界
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

205 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
27ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 その土地では、いつも雨が降っていた。 晴れ間ののぞく日など月に一度か二度という、そのような場所にも人が住んでいると聞いて、旅人は険しい道を越え、その国へと向かった。 雨の国の住民は、洞穴の中で暮らす、一様に小柄で痩せた人々だった。存外に気のいい彼らに囲まれ、異国の話をせがまれながら、滞在を楽しんでいた主人公。だが彼らの「生き延びるための知恵」を目の当たりにしたとき、旅人は戦慄を覚える。

 ※ 虐待に類する場面、および災害についての描写があります。苦手な方はご注意ください。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

一般教養問題ブログから101問出題

ビジネス・教育・社会

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に100...

趣味・生活・芸術

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの...

趣味・生活・芸術

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話...

ビジネス・教育・社会

この本を開く

ROCO☆としてイラストを描いています。...

趣味・生活・芸術

もっとみる