twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 テクノロジー 作者 akihitok
価格 無料
タグ ビッグデータAMN新書小林啓倫
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3,894 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 25ページ (Web閲覧)
37ページ (PDF)
評判
  • 33(平均4.13 / 8人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ソーシャルメディア上には、今夜食べたラーメンの話など、一見すると無意味なデータが少なくない。しかし無数のデータを集め、その全体像を捉えることによって、まさしく「地球の鼓動」が見出されようとしているのである。
 これまでには取り扱うのが困難だった、非常に大容量のデータを分析し、その中に隠されている「情報」を見出す――それが「ビッグデータ(Big Data)」の発想である。

本書ではビッグデータを扱うことで、どのような情報が手に入るようになり、そこからどのような行動が取れるようになるのか、またどのようなリスクが生まれ、私たちはどう対処して行くべきかについて書かれている。
(収録文字数:約26,000字)

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる