目次

閉じる


ろくでもないよ本当に

いつも失敗してばかりでさ

君の前でも間抜けさらしてる

子供の頃憧れた

あんなヒーローになりたいな

そう思ってる間に年取ったな

 

いつの間にか下がっていく正義感

優しさも今じゃ打算のようでどこか胡散臭いんだ

それでも君の為なら戦える気がするよ

 

3分だけでいい

君の涙を消し去るヒーロー

例え僕に明日がもう来ないとしても

君が安らかに眠れるなら

君の為にヒーローになりたい

君だけのヒーローに

 

適当な答えでもって

面倒なことは投げやりで

逃げ回るのが身上で

自分の事だけで

精一杯の振りをして

大切なものを見落として

 

いつの間にか無くなっていく理想像

卑怯な嘘でもってなんとか自分を守るばかり

それでも君の為ならもう一度立ち上がる

 

ひとりぼっちでもいい

君の痛みを振り払うヒーロー

例え僕が傷つきボロボロになっても

君が優しく微笑むなら

君を守るヒーローになりたい

君だけのヒーローに

 

世界を守ったり

悪いやつをやっつけたり

沢山の命を救ったりするのは

困難ばかり

でも諦めちゃいけないんだ

まず一歩を踏み出そう

君を守る事から始めよう

 

そのままでもいい

君に愛を送り続けるヒーロー

例え君がいつか遠くに行ってしまっても

君が幸せに包まれるなら

君を愛するヒーローになりたい

君だけのヒーローに


この本の内容は以上です。


読者登録

rocksanさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について