閉じる


<<最初から読む

2 / 7ページ

試し読みできます

 番茶を火であぶるような、いい香りが、真夜中とも思われる頃にぷんとしたので、夢現ゆめうつつの境にうとうとしていたさわは、はっきりと目が覚めた。
 ここまではずいぶん長く遠い旅だったけれども、時計というものを持っていなかったので、いま何時頃か、それはわからない。そこは村里むらざとを遠く離れたとうげの宿で、もちろん鐘の声など聞こえるはずもない。こつこつと石をせた板葺屋根いたぶきやねも、高い松の茂っている裏の峰も、さらに今は谷川の流れの音もしんとして、何も聞こえず、時々さっと音を立てて枕に響くのは、山から吹きおろす風だけである。
 もの寂しいこの秋の風は、沢が夜の初めに旅籠屋はたごやへ着いた時は一段と鋭かった。風は、あい色の縞模様しまもようあわせを着て、黒の兵子帯へこおびを締めただけの、羽織も着ていない彼の若いがせた身体からだを、うしろから絞って、長くもない前髪を冷たく吹き払った。…さらにその名残なごりが、カラカラと乾いたの葉を巻き上げながら、旅籠屋はたごやの玄関口へ吹き込んで、大きな囲炉裏いろりに漂っていた、空から舞い下りた一群れの濃い黒雲くろくものような、松を焼く煙をふっと吹くと、その煙は床に敷かれたむしろの上をすべって階段かいだんの下へもぐり、その向こうにある真っくら納戸なんどへ逃げた。そして、炉辺ろばたにいる二人の人の顔が、はじめて真っに照らされて現れたのと同時に、自在鉤じざいかぎかった大鍋おおなべの底へひらひらと炎がからんで、そこから真っ白な湯気のむくむくと立っているのが見えた。
 その湯気がたのもしく感じられるほど、山の空気は寒く、沢の薄いはだを吹き通したのであった。正午過ぎにふもとから登り始めた時は、あせばんだくらいだったのに…
 沢は表二階おもてにかいの、狭い三じょうほどの座敷に通されたが、案内した者の顔も、やっとそこにあるのがわかるだけで、目や口もはっきり見えないくらい、すでに暗かった。
 間もなく色の黒い下働きの小女こおんなが、まるでうるし禿げた人形のような姿で、金盥かなだらいを付けたのだろうと思われる、大きな十能じゅうのうに、炭火すみびを『ぐわん』と盛ったのを片手に持ち、もう一方の手にはすすけた行燈あんどうともしたのをげて、みしみしと階段を上がって来た。それはまるで、天井てんじょうの下に無限に広がる穴倉あなぐらからり上がって来るようで、『ぱっ、ぱっ』と呼吸をするごとく、十能の火が真っ赤な脈を打った…冷ややかな風が舞い込むのである。
 小女こおんなが座敷へ入って、惜し気おしげもなく十能の炭火を真鍮しんちゅう火鉢ひばちへぶちまけると、横にあった肱掛窓ひじかけまどらしい二枚の低い障子、…その紙のれ目から一直線に吹き込んできた風に、炭火がまた『ぱっ』と鮮やかな朱鷺色ときいろまった。ああ、秋が深いと、火の色にもどこかしものような冷たい白さが感じられる。
 行燈あんどうは薄い紅葉もみじ色をしている。
 小女はやはり黒い。
 沢は座ったままひざで進み寄って、火鉢に手をかざしてうつむいた。一人旅のその姿はしょんぼりとしている。
『がさがさ、がさがさ』と、近いが行燈あんどうの灯は届かない座敷の入り口、板廊下の隅に、芭蕉ばしょうの葉を引きるような音がしたかと思うと、蝙蝠こうもりのぞくかのように、人の肩がのそりと出て、
「いかがですか、」
 とぼんやりとした声を出した。
「え?」と沢は振り向いて、少しおびえたように聞き返す、…すると、
按摩あんまでな。」
 とだいぶ横柄おうへいな口調である…部屋の中にいる者の年や身分は、かんでよくわかるらしい。ものを言うその顔は反り返るほど仰向あおむいて、沢の目にはのどが見えるだけだ。
「お療治はいかがで。」
「いえ、結構でございます。」
 と旅なれない若者は礼儀正しく言った。
「そうですか、ではお休み。」
 とそれでも一応下げたその頭を見ると、とんでもない大坊主おおぼうずである。
 で、そいつは行燈あんどうおおかぶさるように、ぬっくりと立ったが、障子を閉めると同時に気配がなくなった。
 前途には金色こんじきの日が輝いているような思いの、都を目指しての旅ではあるが、このような山の中の家に泊まる旅は初めてで、旅籠屋はたごやへ現れる按摩の事は、古い物語で読んだことしかない沢は、つくづくともののあわれを感じた。


試し読みできます

 沢は薄汚うすよごれた、それがただ一つの荷物である、小さな手提げかばんをじっと見つめながら、あおい顔で、うなだれて下を向いた。
 そのとき、さっといい、さっと鳴り、さらさらと響いて、小窓の外を舞い通る…冷たい着物のすそが、すらすらとの葉に触れながら…高い山をかけて星のきらめいている空へ軽く飛ぶような音を聞いた。
 しきりに吹いた秋の風は、夜にはその姿を現して、人に言葉を掛けるらしい。
 夜の初めには、その声さえ、さびしい中にもなつかしい感じがあった。
 さて、今聞こえるのもその同じ風の声である。
 けれども、深夜に聞く秋の声は、夜中に誰かがひそひそと門の前をく足音とほとんど同じだ。夜の初めの人通りは、家の中にいる者にとって、それが誰であっても知り合いのようなものである。が、夜がけてからの足音は、かたきのように思われるほどの大きな違いがある。特に、恋をしていない―人を待ちがれる思いの絶えた―一人旅の途中、山奥の家にいる沢は、枕元に吹き来る風に自分をおそおうとする殺気を感じた。
 ところで…沢が寝ているこの座敷は―その家も―夜の初めに入った旅籠屋はたごやではない。
 あの、小女こおんなが来て、それから按摩の現れたのは、蔵屋くらやという旅籠屋だが…今泊まっている…こちらは、鍵屋かぎやという…このとうげに向かい合って建つ二軒の旅籠のうちの、峰を後ろにして、がけ木立こだちかげまったさみしい方の家である。一方、前の蔵屋は裏手がずっとひらけていて、向こうの谷で区切られるが、そのあいだにはわずかだが畑があった。
 峠にはこの二軒以外に、ほかの建物は納戸なんども馬小屋もない。これは昔から同じだという。
「峠でお泊まりでごぜえましょうな。」
 ふもとから十四五ちょうのぼった、崖の上にある、古い、薄暗い茶店ちゃみせで休んだ時、裏に鬱金うこん色に染めた木綿もめんの布を張ったしまのちゃんちゃんこを、肩衣かたぎぬのように着て、店先につつしんで座っていた、みすぼらしい耳に輪数珠わじゅずを掛けた白髪しらがじいさんに、そう言われたあとに聞いたのだった。そこには、き物として目の部分を二つえぐり取った熊の皮が拡げられて、さらに木の根をくり抜いた大火鉢おおひばちが置いてあった。
 店の裏口の向こうは、山の峰が雲を吐き出しているかのように、霧が早くも充満して、みきなかばをその霧でおおわれた、三抱みかか四抱よかかえもあるとちの大木が、すくすくと立ち並んでいた。
 名の知られた栃木峠とちのきとうげよ!そこへたどり着くにはふもとから一日かかった。のぼるに従い、はじめは谷にその栃の木のこずえを見下ろしていたが、やがては崖に枝を交差させているのが目の前に現れ、次第に峠に近づくほど、左右から空を包んで、しばらくの間、みちは夜のように真っ暗になった。…梢を吹く風は、雨のように木の下のやみへ降り落ち、草の小径こみちを、清水が音を立てて四方八方へ走り流れていた。
 行く手のはるか先に、ちらちらと燃えながら進む炎が、煙ではなく白いしぶきを飛ばしたように見えたのは、駕籠屋かごやが振り動かす昼間の松明たいまつであった。
 やっと茶店に辿たどり着くと、その駕籠は軒下のきしたに置かれていたが、沢が腰を掛けた時、白い毛布けっとくるまった病人らしい男を乗せると、ゆらりとかつがれ、すたすたと行ってしまった…
 峠を越えるこの山路やまみちは、もう以前から旧道となっており、あまり通る者もなかった上、鉄道が開通してからは、ほとんど利用されなくなり、いのししおおかみもまた出るようになったと言われている。その年、はげしい暴風雨あらしがあって鉄道が不通になり、新道しんどうもずたずたに崩れたため、旅客りょかくは皆ここを辿たどったのであるが、それもその一時期だけのことで、再び人通りはなくなり、今はもう、仲間におくれたかりが雲を越す思いで急ぎ通るだけになっている。…
 座敷に上がってすぐの所に、客を迎える顔を見せている爺様じいさまの、そのやつれた姿には、旅の途中で休息するところとは思えない、墓所はかしょの茶店のおもむきがあった。
旅籠はたごはな、大昔から、蔵屋と鍵屋と二軒だけでござんしてな。」
「どちらへ泊まったらいいだろうね。」
 と沢が尋ねると、
「それは、」
 と爺様は皺だらけの手をひざへ組んで、うつむいて口をもぐもぐさせて、
「鍵屋へは一人も泊まる者がござらん。なんや知らんが、怪しい事がある言うてな。」


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格43円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について