目次
冬のブランコ
BLANCO3 A Cup Of Worid カップの中の世界
おはよう世界
冬の歌
空のグラデーション
Heart to Heart
コロコロモード
あらかるとメニュー
覗き込む目だま
昨日の小荷物
ふれあうカラダ 重なりあうコトバ
メビウスライン
突然の雨
肖像画
ランデブー
ひとつの空
夜の物語
伸ばした手
灯~とぼし~
blancoよりあなたへ~ありがとう(^◇^)
灯火
ちょっとした疾患
視線の先
もっともらしい問題
暗闇の中の真実
不思議の月
空へと流れる光
四角三角そして丸
紅い月に想う
君とのこと
白い答案用紙
冬の日のこと
変化
サウンドオブハート
美術鑑賞
Christmas in the Songs
フェイス
Walking Man
残心 
最終回
歩く
寒さのせい?
風の見える丘
ラッキースター
ノックノック!
風船
繰り返せないから
そうさ!そうだな!
そうして少しずつ こうして少しずつ
どうしてもと唱えながら進む僕
僕は君のママじゃないけれど
「今」
眠り
ボイコット
あたたかいぜ
ただいま!お帰り!
シアター
雨の日のリフレイン
本当のリアル
曖昧さ
淡い吐息
Bed Time Talk
道すがら
昨日までの距離
僕らのアングル
本当はそんなに遠くない地平線
昨日へとつづく道、明日へと進む道
靴音。
グローイン グローイン
Words
いつものように
Taste of Dreams
彩色
さくらぐみ
ふたりでひとりのblanco他作品
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

73 / 79ページ

Words


忘れられない言葉がある
伝えられない言葉がある
伝えたい言葉がある
君に、とどけ!

とどいているよ!
あなたの言葉
勘違いじゃなきゃいいけど・・・
うん
わたしにはチャントとどいているの
この瞬間も

言葉は
無口で
ときどき
おしゃべり
突き放した瞬間に
つきささる

たとえば
ときには気まぐれで?

君に
とどくのだろう


いつものように


運命も神様も信じないふたり
いつ出逢ったんだろう?
いつからこうして心重ねているんだろう?
忘れた訳じゃないけれど
トボケてる訳でもないけれど
気がついたらこうしていたね
出逢えて幸せだね
いてくれて有難う
そんな言葉ばかり言いあって
今日も一日が終わる
大好きだよ
今日も

理由も答えも必要なくて
なんとなく
ただそれだけでいられるふたり
いつまでもこのままでいられるわけじゃない
きっと
それは分かっているけれど
だから何さ!
って気負いさえもいらない
気がつけばそこに感じあうまま
ああ
そうだね
大好きだよ
僕も



Taste of Dreams


モノクロームの夢しかみない
あなたの夢にコンバンワ
そっと寄り添い
肩にもたれ
不意を突いてのKISS!
ほらね
あなたの渋い夢も
これで甘~くなったでしょう?
続きはあとのお楽しみ~

恋はカラフル
羽根布団に沈みこんで見上げた星空
銀河のロマンス夢見てる
明日の夜はどこでお会いしましょうか?
夢枕からはラベンダー
君を誘う吐息となって
ワイングラスの底でまどろむ
もうしばらくはこのまま
夢見させてほしいのさ
甘い甘い夜物語
ぜんぶが嘘とは思えないのさ

彩色


いろめくキラキラ
きらめくゆらゆら
反射する光
こぼれる光
しぶきをあげて飛び散る光

ごきげんよう
さようなら

風の中から君をのぞくよ
大好きな君の笑顔を
そっとひとなで

 

さようなら

また明日

 

青い夜空の下

キラキラ輝く星たちと共に

今日あった出来事を

ひとつひとつ思い返しながら

心の中の宝石箱に詰め込むの

あなたの優しい言葉と一緒に


フタをしないでおこう

自由に泳げるように

手をつないで行こう

自由に飛べるように

まわりつづくサークルのかなで

変わりつづけるグラデーション


もうすぐほら

つぎのシーズン




さくらぐみ


サクラ サクラ
君と初めて並んで歩いた
桜の樹の下  
サクラ サクラ
散り
また咲いては
ひとりふたりと声は集まり

すぎゆく季節を笑いあいながら
やきつけていくあいかわらずの日々

サクラ サクラ
まだ見ぬサクラ
来年もよろしく!と
散りゆく桜

ありがとう
今、言えるから
瞬きする季節季節も
いっしょさ
みんなみんな
大好きだよ
今年もまた
桜の樹の下であいましょう

サクラ  サクラ
いつか僕ら忘れられても
同じ桜の樹の下に
サクラ  サクラ
そこに集う人の笑顔
照らしつづけて

サクラ  サクラ
まだ見ぬサクラ
この道ゆけば
またつぎのサクラ

もうすぐそこには
ほら
またつぎのサクラ




読者登録

blancoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について