目次
冬のブランコ
BLANCO3 A Cup Of Worid カップの中の世界
おはよう世界
冬の歌
空のグラデーション
Heart to Heart
コロコロモード
あらかるとメニュー
覗き込む目だま
昨日の小荷物
ふれあうカラダ 重なりあうコトバ
メビウスライン
突然の雨
肖像画
ランデブー
ひとつの空
夜の物語
伸ばした手
灯~とぼし~
blancoよりあなたへ~ありがとう(^◇^)
灯火
ちょっとした疾患
視線の先
もっともらしい問題
暗闇の中の真実
不思議の月
空へと流れる光
四角三角そして丸
紅い月に想う
君とのこと
白い答案用紙
冬の日のこと
変化
サウンドオブハート
美術鑑賞
Christmas in the Songs
フェイス
Walking Man
残心 
最終回
歩く
寒さのせい?
風の見える丘
ラッキースター
ノックノック!
風船
繰り返せないから
そうさ!そうだな!
そうして少しずつ こうして少しずつ
どうしてもと唱えながら進む僕
僕は君のママじゃないけれど
「今」
眠り
ボイコット
あたたかいぜ
ただいま!お帰り!
シアター
雨の日のリフレイン
本当のリアル
曖昧さ
淡い吐息
Bed Time Talk
道すがら
昨日までの距離
僕らのアングル
本当はそんなに遠くない地平線
昨日へとつづく道、明日へと進む道
靴音。
グローイン グローイン
Words
いつものように
Taste of Dreams
彩色
さくらぐみ
ふたりでひとりのblanco他作品
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

26 / 79ページ

不思議の月


その日見たモノ
明るい夜
雲のキレマから
のぞきこんでしまった
君の大切なココロ
触れようと手を伸ばした
ざわめく肌
伝わるパルス
高まる鼓動
僕がはじめて知った想い

 

溢れてしまった想い

しくじった私

全ては月のせいなのと

見え透いたいいわけ

もう戻れない

危険な瞬間

 

すべての夜をかきわけて

すべての月をのみほして

深まる謎を埋めてしまおう

君を知る前の僕は

君が知る僕じゃない

僕が知る前の君が

そうであるように

戻れないから進むのではなく

進みつづけるために戻らないんだ

 

月明りで浮かび上がる影法師

全て闇に葬って

乱れるパルス

高鳴る鼓動

わたしが初めて感じた想い


偽りの光に分離された影は

僕らの足元に

ぽっかりと口をあけ

真も

偽も

すっかりとまぜこんで

 そ~っと闇から

のぞきこむんだ

 

のぞかれて知る快楽と喜び

ぐちゃぐちゃとまぜこまれた

真実と偽り

ココロと肌

やがてひとつにまざりあう


不思議の月に照らされて



 


空へと流れる光


たゆたう光
水面へ
不思議と苦しみのない呼吸
緑の風をうけ
闇の底から浮かび上がる
とどめておくことのできない記憶
ただ触れ
感じるだけ
暖かい海流に運ばれて
流れゆくだけ

 

 

たゆたうの想い

海底に奥深く

沈めていたパンドラの箱

水面へ

浮かびあり呼吸する

緑の匂いを嗅ぎ

太陽の光を受け

今、解放された閉じ込めていた想い

ただ素直に

感じるだけ

暖かな海の流れに任せ

流れるままに


四角三角そして丸


四角を折って三角に
三角を折ってまた三角に
あれ?
どこまでも三角だ
端っこ同士を折ったら

また四角!

いつまでたっても丸にはならないなあ

 

 

     「なら!こうしましょう」

 

そう言って彼女はその紙で紙風船を折った。

 

薄いピンクのルージュをティッシュぬぐい

 

     ふぅ~!

と、頬を膨らませ息を吹き込んだ。

 

その顔があまりに子供じみて見えたから

僕は思わず笑ってしまう。

 

     「ねっ!あなたの顔までま~るくなったでしょ?」

 

そう言って笑う君の笑顔もまんまるだなあ


 


紅い月に想う

 

紅い月

何かが起こりそう・・・

いつもとは違う

自分にめぐりあう時

何をもとめるの?

ここにはいない誰かのために

何を期待するの?

どこにも行けない自分のために

 

さあ・・・

どうだろう

 

自分が

紅い血を流すことを躊躇うから


少し寄り道迷い路

偶然みつけた休息場

少し素顔を見せただけ


いつか見た空帰り路

ふくらませすぎた情熱に

いつか魅入られてゆくまま


何かを起こせそう?


紅い月


君に今夜

語りかけている



君とのこと


君のこと
僕は知らない
君の大切にしていること
僕は知らない
隠そうとしているわけじゃない
暴こうとも思わない
そっと土をはらい
のびていく芽のように
そっと手をあてて感じている

 

 

そのまま

優しい眼差しで

遠くから わたしを感じていて

日に日にあなたへ向かう想いを

幻のようにとらえながら

 

隠そうとは思わない

ごまかそうとも思わない

キットあなたが好きなのよ

そう

そんなあなただから好きなんだわ



それは

花開くためだけじゃない

伸びていく芽のように

生きていく毎日

両の手をひろげて

君を抱きしめようか?

世界が一回転する間

ああ

君とのことだけ考えながら




読者登録

blancoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について