目次
冬のブランコ
BLANCO3 A Cup Of Worid カップの中の世界
おはよう世界
冬の歌
空のグラデーション
Heart to Heart
コロコロモード
あらかるとメニュー
覗き込む目だま
昨日の小荷物
ふれあうカラダ 重なりあうコトバ
メビウスライン
突然の雨
肖像画
ランデブー
ひとつの空
夜の物語
伸ばした手
灯~とぼし~
blancoよりあなたへ~ありがとう(^◇^)
灯火
ちょっとした疾患
視線の先
もっともらしい問題
暗闇の中の真実
不思議の月
空へと流れる光
四角三角そして丸
紅い月に想う
君とのこと
白い答案用紙
冬の日のこと
変化
サウンドオブハート
美術鑑賞
Christmas in the Songs
フェイス
Walking Man
残心 
最終回
歩く
寒さのせい?
風の見える丘
ラッキースター
ノックノック!
風船
繰り返せないから
そうさ!そうだな!
そうして少しずつ こうして少しずつ
どうしてもと唱えながら進む僕
僕は君のママじゃないけれど
「今」
眠り
ボイコット
あたたかいぜ
ただいま!お帰り!
シアター
雨の日のリフレイン
本当のリアル
曖昧さ
淡い吐息
Bed Time Talk
道すがら
昨日までの距離
僕らのアングル
本当はそんなに遠くない地平線
昨日へとつづく道、明日へと進む道
靴音。
グローイン グローイン
Words
いつものように
Taste of Dreams
彩色
さくらぐみ
ふたりでひとりのblanco他作品
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

68 / 79ページ

本当はそんなに遠くない地平線


どこまで行くの?
って聞かれたから
どこへ行くの?
って答えたわたし

一緒に行こうか?
って問いかけられたから
少し迷って応えたの
 
地平線まで
だなんて言わないでね
地平線って案外近いのよ

君は少し視線をズラしてそう言った
 
明日のくる方へ
本当はそう言いたかったけれど
君にはたぶん退屈な答え

明日になんて興味ない!
今この瞬間が好きだから
だからあなたに恋したの
そう!
わたしの瞳に映ってる目の前のあなたに

遠そうに見えて
実は近い未来
それでも僕らは
まだまだ歩き出したばかり



君の代わりに僕が行ければ良かったのだけど
どうやらそうはいかないらしい
滑りだした小舟を映す水面は水銀のようにうねり
臨む明日をいっそう不安にさせるけど
ああ
川を遡るコトなど僕らには出来ないんだ
 
小船で遡ろうとするの?
だから出来ないと感じるのよ…。
遡るなら滝を登る魚のように
ただ
一点を見つめて向かえばいい!
不安な明日の心配なんかより
飛び散るしぶきをあびて
私たちには、そういう恋がお似合いだから



昨日へとつづく道、明日へと進む道

 
あの時
ああしていれば良かったのに、、、
と悔やむより
あの時
ああしていれば良かったんだ!
と明日に備える方が良い
すべてはより良い未来のため
今、僕らができることを
僕らはそんなに強くはないけれど
それほど弱くもないはずさ

後悔・・・
人は皆振り返りたがるわね
立ち止まるコトは悪ではないと
あなたが気づかせてくれたから
わたしは今日も前だけを見て進める気がするの
ありがとう
何時もそこにいてくれて
ありがとう
前向きも悪くないさ!
と、駆け抜けようとしている私に
休息と
時々振り向きなよ!
と教えてくれて



靴音。

 

ブランコに走る

あの娘の靴音が響く

晴れわたった空のように

真っすぐなハート


地平線を蹴り飛ばして
できるだけなだらかな
ラインを描く
いちにのさんっ

棒高跳び
まっすぐに
すいこまれていく


グローイン グローイン


グローイン グローイン  
知らず知らずに伸びたよ
グローイン グローイン
大好きな色を塗ろう   
 
グローイング グローイング
まんまる膨らみきったら    
プチプチハジけて飛んでゆけ      
 
せいいっぱい広げたその手を結んで   
でっかい空に伸びてゆけ   
       
スローリー スローリー
ベリースローリーストーリー  
まだまださ  
グローリー グローリー    
慌てることはない
 
一等賞じゃなくてもかまわない  
そこはまだまだゴールじゃない  
     
グローイン グローイン
レットイッツスローリー   
少しずつゆこう  
グローイン グローリー   
君にも見えるはず
 
せいいっぱいに広げた足を踏み鳴らし  
でっかい明日を歩いて ゆこう
 
明日の明日の明日の明日も
またあえるかな? 





読者登録

blancoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について