閉じる


試し読みできます

この点に関する原審の判断は結論において正当である

「ねぇ、なんで私のことが好きなの?」
「珍しい発言」
 恋人の持つ煙草の煙に目を細めながら、結構な勇気を出して言った言葉に、返ってきたのは意外そうな声だった。
「なんかあった?」
 灰皿の上で指が揺れて、すこうしだけ心配そうに呟かれる。
「同情?」
 その言葉は無視して続ける。
「そろそろ落ち着こうって思ったときに現れてちょうどよかった?」
「あのさ、」
「顔?」
「顔って、自分で言うなよ」
「贖罪?」
「茗、」
「都合がいいから? 貴方がちゃらんぽらんするのにちょうどいいぐらいの収入があるから? それとも」
「茗!」
 思いつく限り呟いていると、鋭く叫ばれて右手をつかまれた。珍しく怒った顔をしたあの人のすぐそばに、まだ長いままの煙草が落ちている。
「茗ちゃん、それ以上言うと本気で怒るよ」
 低く、低く、吐き出される言葉。
「最初に茶化したのはシンの方でしょう?」
「いや、茶化すでしょ」
 はぁ、と盛大にため息をついてみせて、ごめんね、といいながら私の右手を離した。
 落ちている煙草を拾うためにしゃがみながら、
「面と向かって、いい年して、素面だし、なんでそんな甘いこと言わなきゃいけないのさ」
 ぶつぶつと呟く。もったいないなぁ、などといいながら灰皿に煙草を押し付けた。
「いい年だから、素面だから、面と向かって言って欲しいんじゃない。お酒はいったときも、寝物語も」
「え、何その親父な言葉のチョイス」
「……。ともかく、信用性にかけるじゃない」
 慎吾は小さく笑った。
「なんだ、寂しかったなら言ってくれればよかったのに」
「誰が寂しいなんていった?」
「言ってるよ」
 微笑む。いつものように。
「心配になっちゃった? ごめんね」
 そういいながら私の頭を撫でる。
「この点に関する原審の判断は結論において正当だね」
 そう言って慎吾は小さく笑った。
「自分で好きだって、言えちゃうところが茗ちゃんのいいところだと思うけど、理由付けが間違っているようじゃしょうがないね」
「じゃあ、どうなるのよ?」
 上目遣いで睨んでやる。
「可愛くて優しくて強くて、でも涙脆いし、怒ると怖いけど、すぐ立ち直るし、頑張ってたの本当に尊敬するし、ともかく」
 彼にしては珍しく、優しく笑うと続けた。
「全部プラスな言葉で好きだよ」


この点に関する原審の判断は結論において正当である

 原審がAという理由でXという判決を出したのに対して、上告審がBという理由でXちう判決をだす際に用いられる言葉。

結論は正しいけれども、式が違うぜ、の意。


試し読みできます

あとがきのようなもの

 世の中の人がもっと法律に興味をもてば、紛争になる前に解決出来るものがあるのになぁ、と漠然と思っていた時期がありました。

 そこから、かれこれ六年間、法律を勉強してきました。
 勉強していくなかで、「法教育」の重要性について、改めて認識しました。細かい知識はなくとも、どういう法律があるのか知っておくこと、何か困ったことがあったときにどこに相談すればいいのか知っておくこと、これらは重要だと思ったのです。

 法学部以外の人に、もっと法律を身近に感じて欲しい。本来得られるはずの権利を行使しないまま終わったり、不要な義務を負ったりすることはなく、そして、こじれる前に紛争が解決すればいいのに。
 そのためには、法律を好きになって欲しい。法律に興味を持って欲しい。

 そして、どこをどう間違えたのか、「法律ネタで小説書いたらいいんじゃん?」という結論に達しました。
 もうお分かりかと思いますが、六年も勉強して来てこんな結論しか出せない程度の知識の持ち主です。

 「法律ってもしかしたらちょっとは楽しいんじゃん?」と思って頂けたら幸いです。思えたら凄い。

 なお、最後になりますが、私のモットーは
「誰得? 俺得!」です。
試し読みできます

奥付



この点に関する原審の判断は結論において正当である


http://p.booklog.jp/book/38109

発行日:2011年6月12日
発行:人生は緑色(ジミ)
   http://freedom.lolipop.jp/

発行者:小高まあな
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kmaana/profile

連絡先:freedom@tg.lolipop.jp

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/38109

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/38109



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

小高まあなさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について