閉じる


<<最初から読む

8 / 52ページ

試し読みできます

8

幸奈は、加藤竜佐が部品管理室にしょっちゅう来ていることを話した。仕事だと信じたいが、正直いるのが長い。いちばんの問題はパートさんたちが不愉快に感じていて、士気に関わることだ。

前川社長は、幸奈の話を聞きながら、みるみる顔が赤くなってきた。

「え、新規開拓で外回ってたんじゃないの? 部品管理室にいるなんて一言も言ってないよ」

「山宮さんも嫌な顔できない性格ですから。たぶん嫌がっていないと思って、居心地がいいところにとどまるんです。でもパートさんたちの作業は結構ハードなので、目の前で余裕見せられると文句も言いたくなると思います」

「わかるよ、わかる。加藤君に言っとくよ」

「何て言うんですか?」幸奈は心配になり聞いた。「あたしの名前は出さないでくださいね。逆恨みされたら困りますから。あいつは根はヤンキーですから」

「そうなの。関係ねえよ。俺に任せて。一人でも特別扱いなんかしないからさあ」

幸奈は半信半疑で社長室を出た。任せて大丈夫だろうか。言わなければ良かったという結末になりそうで胸騒ぎがしてきた。

運悪く社長室から出たとき、加藤竜佐とすれ違った。業務部の責任者が社長に呼ばれても別に不思議はないのだが、幸奈は何となく気まずかった。

「お、どこの美人かと思ったら幸奈姫か」濱尻宝が声をかける。「きょう暇?」

「忙しい」

「夕飯はいつもどうしてるの?」

「今夜は友達と食事」幸奈がそっけない。

「彼氏?」

「違うよ。女の子の友達」

「俺も行ってもいい?」

なぜそうなるのか、わからない。

「ゴメン。大事な相談があるみたいなんで、男子はちょっと」

「明日は?」

幸奈が睨むと、濱尻は引いた。

「睨むことないじゃん。凄い勇気を振り絞って誘ってるんだから」

「・・・お疲れ様でした」

「おつかれーライス」

「はあ・・・」脱力。

 

 

 


試し読みできます

9

翌日。

幸奈は廊下で社長とバッタリ会った。社長は得意満面の笑顔で幸奈に言った。

「あ、紅さん。加藤のこと怒鳴っといたから」

「え?」

「俺もやるときはやるよ」

それだけ言うと、立ち尽くす幸奈を置いて、社長室に入っていった。

「嘘・・・」

部品管理室へ行くと、優子が私服だった。手提げ袋を持って外出する格好だ。

「あれ、山宮さん、どこへ行くの?」

優子は沈んだ表情で答えた。

「ミスして、全然違う部品を送ってしまったみたいで。急いで部品を持ってお客さんのところへ謝りに行って来ます」

幸奈は蒼白になった。優子は幸奈を睨むと、思わず言った。

「紅さん。余計なこと言わないでくれますか?」

「・・・・・・」

きつい。幸奈は精神的ダメージを負った。良かれと思ってしたことなのだが。

社長に任せた自分がバカだったと、幸奈は反省した。反省しても遅いが。

優子がいないので、幸奈は、電話がかかって来るたびに事務室に急ぎ、応対した。自分の仕事ができない。

「はあ・・・」

最近ため息ばかりだ。これでは幸せが逃げる。そう思い、幸奈は気合を入れた。

「風紀が乱れるほうがヤバイよ」

社長がどのように怒鳴ったかはわからないが、加藤竜佐は優子のところに遊びに来なくなった。パートさんたちは和気藹々としている。その代わり、幸奈と優子の関係がギクシャクした。口を聞かないまでは行かないが、会話がよそよそしい。

幸奈も別に悪いことをした覚えがないので、謝るのは違うと思って、そのままにしていた。

(ああ、人間関係のない星に行きたい!)

そんな罰当たりなことを言っている場合ではない。本社ビルに向かう途中、加藤竜佐と会ってしまった。

「幸奈」

「呼び捨てにしないでください」幸奈が睨む。

「おまえ、ただじゃ済まないよ」

「脅迫? 110番しようか?」

幸奈が負けずに言うと、加藤は車に乗って行ってしまった。

「・・・ふう」

 

 


試し読みできます

10

今度は濱尻宝が出てきた。

「あ、お疲れーらいす」

「それやめたほうがいいと思うよ」幸奈が優しく忠告した。

「何で?」

「何でって、100%滑るし、相手を脱力されるだけから」

「この前パートさんに言ったら受けたよ」

「失笑を受けたと誤解して何度も連発する売れない芸人みたいね」

幸奈のきつい一言も歌声に聴こえるのか、濱尻は笑顔だ。

「幸奈っち。いつ食事ご馳走してくれるの?」

「いつそんな約束した?」幸奈はびっくりした。

「いいじゃん、たまには。ホテル誘ってるわけじゃないんだからさあ」

「セクハラですよ」

睨む幸奈。しかし濱尻宝も積極果敢だ。

「バカだな幸奈姫は」

「何がバカよ?」

「ふざけて誘ってるわけじゃないよ。照れ隠しじゃん。俺結構マジに誘ってるんだよ。それを断り続けてセクハラって意味わかんないよ」

職場を出会いの場所だと思っている濱尻宝と加藤竜佐にとっては、セクハラ対策を推進する幸奈は天敵というわけか。

「ごめんなさい。気持ちは嬉しいけど、ちょっとダメですね」

「嘘、ふるう?」濱尻は目を丸くした。「わあ、告白される前にふられた。最悪」

彼は両手で頭を抱えながら、夕空を仰いだ。涙目だ。演技か本気かは判断できないが、幸奈は少し心を痛めた。自分を好いてくれる人をむげにできるほど、自惚れてはいなかった。

「よくわかったよ。やめっかな」

「辞める?」幸奈は焦った。

「君には関係ないよ。それじゃ」

片手を上げて去っていく濱尻宝。悪い男ではないのだが、タイプではない。こればかりはどうしようもない。幸奈も思わず夕日を見つめた。

「もう、ふられて会社辞めるなんて、知らないよ」

 


試し読みできます

1

朝、いちばん最初に部品管理室に入るのは、幸奈で、次が前川社長だ。

「おはよう」

「おはようございます」

「きょうさあ、山宮さん休みだから」

「嘘」幸奈は目を見開いた。

「さっき電話あった。紅さん一人で大丈夫かなあ?」

社長はあっさり聞いてくれた。幸奈はややムッとする。

「無理ですよ。自分の仕事だけでも大変なのに、電話出たり、入庫も出庫も両方やるんなんて絶対無理です」

「じゃあ、だれか応援寄越す?」

「お願いします」

幸奈はそう言ったが、思いとどまった。

「応援て、だれを寄越すんですか?」

「まあ、空いてるのは加藤君と濱尻君の二人だけだから」

「だったら寄越さなくていいです」

「そういうこと言うなよう」社長は困り果てた。

「だって、かったるいとか、面倒くせーとか言われながら説明するんなら、あたしが一人でやったほうが早いです」

「一人で大丈夫?」社長が明るい笑顔。

(ハッ?)

「だからその二人が来るならって話です」

「じゃあ、よろしく。本社も結構ギリギリだからさあ。頑張って」

社長は行ってしまった。幸奈は諦めた。

「ダメだ。残業だ。こうなったら夜10時まで残業して残業代つけてやる」

平社員なのだ。最高責任者の社長があれだけいい加減で無責任なのに、無理して2倍働くこともない。幸奈はムッとすると、ゆっくり作業しようと決めた。

 

定時の夜5時半になっても幸奈が帰らないので、社長から電話がかかって来た。

『終わりそう?』

「終わるわけないじゃないですか」

『何時くらいになる?』

「早くて10時ですね」

幸奈の答えに、社長は慌てた。

『残業代はつかないよ』

「サービス残業は違法ですよ。違法をしろと?」

『・・・・・・』

「タイムカード通りにお願いします」

『あ、まあ、頑張って』

曖昧な返事のまま社長は電話を切った。

納期というものがあるから、残りの仕事を明日に回すことができない。こういう仕事は辛い。残業もやむを得ない。

 


試し読みできます

2

夜10時を回った。ようやく片付いた。

「そろそろ帰るかな。明日も仕事だから」

幸奈は作業を終えると、ロッカールームへ行った。汗びっしょりだ。自分への御褒美に一杯飲みたくなった。飲むといってもファミリーレストランで食事しながらビールを少しだけだが、店に行くなら着替えたかった。

アパートに直行ならこのまま帰るが、作業着でファミレスに行く勇気はない。彼女は人一倍お洒落だった。

「ふう・・・」

一人だから気軽。バッと全部脱いだ。セクシーな水色の下着姿。自慢のボディ。幸奈は口もとに笑みを浮かべ、ロッカーにあるハンガーに作業着を掛けた。

部品管理室のドアを開ける音。

「え?」

ここの鍵を持っているのは社員だけ。社長か。幸奈は息を潜めた。泥棒だったら大変だ。

足音が近づいて来る。泥棒なら忍び足が基本だろう。電気が点いているのにドカドカ来るということは、社長か。

「あれ、幸奈っちいるの?」

濱尻宝の声。幸奈は安堵した。泥棒だったら怖過ぎる。

「宝君、いるよ」

「そっか」ロッカーに近づいて来る。

「待って、今着替えてるから」

「嘘!」

濱尻は歩みをやめない。いくら何でも下着姿は恥ずかしい。幸奈は大きい声を出した。

「30秒待って! お願いだから」

しかし関係なくロッカーで隠されている更衣スペースを覗く。魅惑的な下着姿の幸奈を見て、濱尻はエキサイトした。

「ワオ!」

「見るな!」

「セクハラ?」

怖い表情で歩み寄る。幸奈は慌てふためいた。両手を出して濱尻を制する。

「ちょっと待って、ちょっと待って」

「かわいい。ビビってる」

「やめなよ、ビビるに決まってるじゃん」幸奈は壁まで下がって顔を紅潮させた。

「幸奈。大好きな女の子の下着姿なんか見たらさあ。理性なんか万里の果てまで飛んじゃうよ」

かなり良くない展開だ。濱尻は酔っ払っている。

「飲んでたの?」

「そう。ぐでんぐでん。ちょっとどこかで休もうと思ってさあ」

幸奈は急いでロッカーからシャツを出すと、体を隠した。

 

 



読者登録

ブラックサワさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について