目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

277 / 444ページ

2012/03/14

 
せいぜい呟き程度のことながら。

これまで使用していたフリーソフトを、別のものに変える時、
何だか時の流れを感じます。
見慣れないアイコンを日常的にクリックする感覚。

落ちた時の Self-Doubt の念は嫌なもの。
数多経験してきたこのもやもや感、これまではいまひとつ言語化できずにいたのですが、
こちらのビデオで単語を把握できて安心。
和訳を見ると自己不信とか、自信喪失とかありますけど、何かしっくり来ない。
Self-Doubt
なんと形容して良いか分からぬ感覚、言語化できぬものは、
対象化できず、始末に負えない、嫌な感情を広げるのですが、
あたくし的に、対象化できるものは恐るべきものではないのです。

「ラスト・エグザイル」銀翼のファム。
主要人物、女の子ばかりだけれど、それで良いのかしら。
(中性的な奴はいるけど、いわゆる主人公としては活躍しないっぽい)

女の子向けにはプリキュアが、変身して、自力で悪と戦う。
男の子向けには、ポケモンだのカードゲームだの、化物を使役する自身は高みの見物。
仮面ライダー、ゴーバスターズは好ましいけれど。

くだらぬメモなり。

2012/03/12(足利をあきらめるの記)

□掲載中
岐路の一答」「記憶した初恋の惑溺
てきすぽどーじん4号120年」 3号小説作法柳多留もどき」「老後
恋愛模様 石川春奈 佐々木里香 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(230迄:2012-01-24)


----------
気がつけば3月も半ば。
東京において英語の研修をやるぞといわれたので、いそいそと出、
それ果てた後、足利再訪を志す。

足利は、言うまでもなく太平記への興味のためで、
風景、空気、人情、
その辺でいくらかでも想像できればと思い、18切符を鞄に朝の池袋を出立、栃木を目指した。

栃木。
愛知県民にしてみれば栃木も関東、足利もさしたる距離にあらずと、時刻表もあまり見ず、
快速で大宮を過ぎたあたりで、
「事故のため遅延云々」
という放送を聞く。

なに、そんなもの、5分遅延したら5分後の列車に乗り換えるまでと、
都内の、「列車発車の直後に次の列車が見えている」という事情を思って、
平気でいたところ、10時45分頃に着いた小山において、
「両毛線、次の列車は11時30分」と聞かされて仰天。
慌てて駅時刻表を見れば、小山から先両毛線は、1時間に1本なり。

どこが関東かと愕然、もはや足利をあきらめるほかあるまいと、
小山駅前を歩き回ることに決める。

小山。
こやまに非ず、おやまなり。

駅前「開運の町小山」とあって、その訴えるところは、
「頼朝出世に尽力した小山氏の町であり、且つ、関ヶ原出陣前の家康派が評定を為したところ也」
とのこと。

なるほど、家康が策謀を巡らして会議を仕切り、真田昌幸が潔く帰国した地はここか、
と思うものの、
「うん、そうか」
と呟くがせいぜい。

ナントカ評定といえば、小田原評定が真っ先に浮ぶが、この地ではそうではないのだろう。
地形を見れば、思川の水運、板東の沃地であったろうと、過去が想起され、
では、ここから先の足利の地も同様であろうと、適当に想像する。

所詮、南北朝時代の遺物は、江戸、明治の圧倒的なフィルタによって遮断されており、
何物も残っていないことは知れている。

それにしても栃木の産物のうまそうなこと、と駅前の道の駅的なものを見て感心する。
かんぴょううどん。
かんぴょうラーメン。
かんぴょうパウダー。
……いや、とちおとめ苺の甘い香りに、とちおとめジャム、栃木ポークの弁当など、
すべてまことにうまそうで、ここでは弁当と小山銘菓の「思川とうふ」を購入、
その他、住み心地のよさそうな場所であった。

とんぼ返りに小山から東京、横浜を目指す。
栃木が埼玉、東京となるうちに、駅前に新しくて壁の薄そうな家が建ち、アパートが建ち、マンションが並び、
「一日500円」だった駐車場が立体になり、駅ビルの中に入り込み、
さらには鉄路の両側の畑、雑木林が隙間なく家になり、マンションになり、
最終的に駅前は大ショッピングエリアになるという、流れる車窓は実に興味深かった。

それにしても、都内より1時間離れた地に、
見たような壁の薄い、30年保たないような家を建てて、
そこで2人くらいの子供を育てながら、
基本的に会社において人生を費やして行く……という人生計画は、
そろそろ崩壊するのだろうなあ、とぼんやり。

数十年経て、「田舎」に出来た安っぽい新興住宅街はどうなるのか。
あるいは、中年若夫婦+子じゃれたガキ一匹、という都心の高級高層マンションはどうなるのか。
まー、想像するだけでおそろしい。

あたくし自身、どこかへ逃げ出す支度をしなくてはと思いつつ、
はてどこへ?
 


2012/02/28

 
ねむ。。。

数年放置していた、「信長の野望・天下創世」の操作方法が分ってきたこともあり、
カチカチと楽しんでいるわけですが、
これすなわち、
「書きかけの長編がおもしろくないことになっている」
ということなので、
ようやく昨晩、何とか、四分の一くらい圧縮して悪い部分をやっつけた、気がしています。

長編で、世界観や主人公像が把握できてくると、
どうも、一挙手一投足を書き込まずにはいられなくなってしまうというか、
「描くべきこと」
を忘れて、脇道へ脇道へと逸れて、細かな描写に作者だけが悦に入ることになり、
結局のところだれて、いつしか信長の野望へ手が伸びる、
というあたくしの悪癖。

基本的には、削る方針で。
こうなると、だらだらと書けてしまうキーボードではなく、
手書きでやるべきなんじゃないかと思われてきます。。。
初心にかえる感じで。
 

2012/02/27

 
2月29日まで有効の、映画ただ券があり、
とにかく何かを見なくては、とあわてて、
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」
を見に行きました。

いやー、贅沢な一本でした。

先ごろ終ったゴーカイジャーは、ほとんど見たことがなかった上、
宇宙刑事ギャバンの方も、ドンピシャではなく、
むしろケロロ軍曹のコゴローの方に親しみを覚えるくらいでしたが、
細かな背景など知らずともじゅうぶん楽しめる、贅沢な娯楽映画でした。

観客を楽しませるため、
じゅうぶんな予算をかけて一生懸命かつ楽しみながら作られた映画。
そういう、娯楽映画のあるべき姿を見た気がします。

とりわけ、ゴーカイレッドと偽ギャバンの斬り合いには、
「ああ、あたくしの好きな時代劇は、ここに残ってたなあ」
と、ひとり感傷的になってました。
きれのある、しかもちょっと泥臭い殺陣。様式美。

昨今の人情時代劇とか、薄暗い青春映画とか、
何のためにやってるのか分らんようなものは、そりゃ斜陽になるなと思いつつ、
娯楽映画の神髄は、
作り手全員が、観客のため全力で楽しんでつくるところにあるのだろうなあと、
要するにあたくしは、娯楽小説を書きたいのだと、
週末の小説バトル参加も経て、ぼんやり自覚。

「不可捨(すつべからず)」
というのを、1時間でバタバタと書いたのですが、まー、だめですね。
http://p.booklog.jp/book/45361/page/921713
(主催者によるまとめ本)
 
 

2012/02/20

 
というわけで、NECの捨て値タブレットをもてあそんでいる今日この頃。
青空文庫が、たいへんに読みやすいことを知って、感激。
これまで、青空文庫は、PC上でしか見たことがなく、
「まー、読みにくいわね」
なんて思っていたのですが、閲読ソフトを入れて、読んでみると、
実にきれいに表示されるので、良い時代になったものだなあと、感心しました。

泉鏡花とか、幸田露伴とか、100円で流れる日本文学全集収録品だけでは、
満たされない思いをする先人の作品を読んで行きたいと思いました。
(でも、あたくしが読みたい作家のものは存外すくないようですが)


ところで、長編を書いていると、往々にして、150枚くらいで大きな壁にぶち当たる気がします。

書き出しの疾走感あふれる50枚辺。
ちょっとつまづくも、気合と工夫で乗り越えて、名作が生まれる予感に包まれる100枚辺。
いよいよ前半の山場、興奮絶頂の150枚。
一息。
よっしゃ、これから後半、締めくくりへ向けて、次なる大きなイベントの仕掛けを……書こうとして、
「あれ?」
と気づく、ちょっとした修正箇所。
そう、すべてはそれが、始まりだった。。。。
「そうだ、最初の方で、これを書いておけばもっとおもしろくなるぞ」
「あ、ここの人物関係はいらないな」
「この描写は、あとで書けば良いから削って、と」

そして気づく、絶望の150枚。

そう、たとえば。

……主人公、いらなくね?
……脇役が、意味不明かも。
……ヒロインに魅力がない。
……この主題で書き続けていて、良いの?

後半にさしかかり、結末が見えてくる、全体像が見えてくる……、
と、作者はきっと、これまでに数多くの小説を読んでいる賢い作者なので、
自らの小説の仕上がりがどの程度のものになるか、書かずして気づくことになる。
























きゃー!





読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について