目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

289 / 444ページ

2012/01/16

あー。

柴田錬三郎「南国群狼伝 続・赤い影法師」
忍者小説の名品「赤い影法師」に続編があったのか、と感激して購入、
わくわくしながら読んだところ、期待はずれ。
シバレンも、半ば頃から自分で飽きていた感。
冒頭、「ゆめおとこ」のくだりは良かったものの、剣客二人の対立が出てきたあたりで、
シバレン自身「あ、やっちまった」と思っていたんじゃないか。
最後、影が自分で「何にも出来なかったなあ」と述懐していたところで、作者の苦笑が浮んで見えた。
そういう「むらっ気」あるシバレンも好きだから、失敗作でも良かった。

夢野久作「ドグラ・マグラ」
昭和10年の作というので、その点はすごいと思うたけれど、今読めばそれほどの驚きは無い。
精神病患者の手記やら、異常殺人犯の調査書なども、普通に読むことが出来る。
前半、自分でハードルを上げまくって、様々な趣向を凝らしまくっていたけれど、
それも、今じゃ、もっとすごいことを読んでいるので、驚きはなし。
着地点をどうするんだろうと思って、後半を読んでいると、
今となっては普通の推理・ミステリー小説になっていたので、おもしろかった。
前半部分の、病的な表現、執拗な書きぶりについては、
ネットなどで書き散らされている、
「すごい創作をしたつもりになっている読めたものじゃない小説」たちに、
突きつけてあげたいと思うた。

映画「必死剣 鳥刺し」
素敵。あたくしの好きな、一昔前の時代劇だったので、映画館で見なかったことを後悔した。
「たそがれ清兵衛」が、どちらかといえば、あたくしの好かない人情時代劇だったので、
山田洋次監督の時代劇は、まー良いや、と思うてたけれど、管見を反省。
それにしても、池脇千鶴は強すぎる。
主役と並んで池脇さんが勝ってしまう、ように見えたのはあたくしが池脇千鶴ファンだからかもしれない。
最後、子供を抱く池脇さんの一枚絵はすばらしい。
(でも冒頭、能を見たあとで拍手喝采が起きるのは、絶対におかしい)

2012/01/16 (ふたたび)

宇治拾遺物語の現代語訳、第九巻まで終了。
年始、ちょっとなまけていたのだけれど、やっぱり、勉強しなくてはならんという念が起こりました。
九巻の最後二つがおもしろかった。
ちなみにブログは、だいたい一巻遅れで掲載中。

100話過ぎて、「だいぶやったぞ!」という感覚になっているのですが、
実際はまだ50%だけで、
第十巻の原文をコピペしつつ、先がまだまだまだ長い長い長いことに、あきれました。

そんなこんなで、長編は80枚くらいで足踏み。
足踏みしているということは、おもしろくない要因があるということで、
そこは是非とも退治てくれようと鼻息荒く、「信長の野望天翔記」を購入しました。
(逃避だ!)

そういえば、退治る、という言い方はあんまり聞きませんね。
「ふぁぼる」「コピる」なんて動詞が生まれる一方、便利なのにすたれる動詞もあるのですね。

シバレン「自選 眠狂四郎」
眠狂四郎は、たくさんあるのでなかなか手が出せずにいたところ、
ちょうど良いものが百円だったので購入。
思っていたよりも、各話が短くて、あ、なるほどこの書き方もありだなと、感心。
今のラノベ長編で、ちょっと試してみたいと思いました。
そして、作者チョイスなだけに、眠は、いずれもおもしろい。

2012/01/13

 
黒澤映画「天国と地獄」
正月来、おもしろいものを見ていない気がしたので、これならば、と録画しておいたものを見、脱帽。
完璧な映画。
時代が違っているので、犯人の動機など首を傾げないでもないけれど、とにかくおもしろかった。
人物の配置は、日本画を見るような思い。テンポ。
主人公の「葛藤」が大きく深刻なほど、物語はおもしろくなる。

長編。
細かく切らない方が良いのかもしれない(個人的な作法)。

2012/01/12


だらだら。
長編ファンタジー。
時代考証が無くて、好き勝手書けるだけにさくさく楽しい。
そして地の文の便利さを実感。
あたくしにふさわしい長編文体が、ひょっとしたら、出てきたかもしれない。
読み返したらガッカリするだけかもしれないけれど。

ひとつ、たまたま聞いた圓生の「真景累ヶ淵(深見新五郎)」の語り方が、
自分に向いていたのかもしれない。

小説を書くことそれ自体は、実はそれほど難しくないのかもしれない。
(おもしろいもの、良い小説にするとなると、そりゃたいへんだけれど)

「戦姫絶唱 なんとかかんとか」
【オリジナル】を作ることの難しさを教えてくれる駄作の予感。
マクロスFと鉄腕バーディ、ストライクウィッチーズ、あともう二つくらいを混ぜて、10で割ったような感じ。
歌はどうしたってコナン。
1話でモウケッコウ。

ところで最近の日本映画って、どうしてみんな同じ画面なんでしょうね。
固定的なカメラ、陰影濃い室内、男女がごそごそしながらフフフと笑う。
あれじゃ、「ファン」以外見ないだろうて。
 

2012/01/10

 
長編を書きつつ、この年末年始、だらだら映画を見たり。
「踊る大捜査線3」
ひどい。
映画館で見ていたらきっと、途中で立ち上がったことでしょう。
(そして帰ります)
最初の1分から最後の1分まで、ぐだぐだ。

「悪名太鼓」
勝新太郎。
勝新の存在感の他は、あんまりおもしろみが無かった。時代が違う。

「青き狼 地果て海尽きるまで」
反町ハーンがかっこいい。
中味は伝記ダイジェスト。
昔の騎馬民族の価値観と、現代日本人の価値観が違うのに、妻子との関係等、強引に端折って解釈しようとするから無理が出る。原作もしくは脚本が悪い。
でもとにかく反町がかっこいい。

「フレディーVSジェイソン」
全然おもしろくない。
被害者女性の大きなおっぱいだけ。
血みどろ等の描き方も、恐怖とか不安でも何でも無く、単に、下品で不快。所詮はメリケン人の感性。
殺しが楽しいというフレディーの動機付けも説得力に欠け、それに対抗するジェイソンが寡黙すぎて意味が分らない。
そんなことはいいじゃないか、ホラーの2大スターが闘うんだぜ! と言わせるだけの興奮も伝わらない。

「超時空要塞マクロス TV版」
の、終盤。地球に帰還するあたりから最後の10話ほど。
TV版は、ミンメイとくっつくわけじゃないのですね。
そして地球期間後は、目標が「残党掃討」だけなので、ぐだぐだ。

「化物語」
1話を、最初に見たときの大きな衝撃。
それが次第に尻すぼみに。。。というのは、前に見た「刀語」と同様。
西尾維新の文体が、ほかのどの作家とも違う感じなのが、あたくし的に突き動かされる模様。

「ロードオブザリング」
3作一気見。
改めて見ると、主人公の指輪投げ捨て人と、魅力的な脇役とは、基本的に別行動。
そして、主人公の旅はつまらない。
「フロドのために」
とかいって、最後、脇役たちが悪の国へ攻め込むけれど、ちょっと無理があった。

……なんか、おもしろかった! ってのを見てないぞ。


 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について