目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

347 / 444ページ

2011/08/04

 
中編「橘俊綱」の初稿が書き上がりました。
今回は、きっちりと書き始めの日付を記していまして、
7月8日より書き出したことがはっきりしてます。
というわけで、70枚ものが、1ヶ月。
良い感じです。

書き上がりが75枚になってしまい、応募規定に合わせるべく、
5枚は削らなきゃいけませんが、それほど困難ではないと思われます。

今回は、平安中期を舞台にしたので、
「やあやあ、ちょっとそこでお茶でも」
という展開にしようにも、お茶も、お団子もありえず、困り果てたりもしましたが、
時代背景、空気感は、宇治拾遺物語を淡々と訳してきたことで、
だいぶ肌身に突いている感じがして、それほどは困りませんでした。
良いことです。

これで、宇治拾遺小説は2本目。
書けば書くだけ、そして訳せば訳すだけ良いものが仕上がって行く気がするので、
もうちょっと頑張らなくちゃいけません。

というわけで、前の長編の結果が明らかになる8月末までは、
押し入れに積んである未読本を、読み込もうと思います。
久しぶりに、これを書くぞ! という、長編課題のない期間を過します。
 

2011/08/01

【掲載中】
てきすぽどーじん第3号 「小説作法柳多留もどき」「老後
◇恋愛模様 石川春奈
◇恋愛模様 佐々木里香
◇恋愛模様 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(217まで:2011-07-25)

----------
てきすぽどーじん第3号を、パブーにて有料出版いたしました。
試し読みもできますので、どんぞ、お気楽に見てやってくださいませ。

全6作のうち、あやまり堂は、2つ、
小説を書いている最中の呟き川柳、
小説作法柳多留もどき
と、宇治拾遺物語をもとにした、
老後
を載せていまして、どちらも全ページ立ち読みできます。

フォントなど、どんな設定にしたら読みやすいのだろうと首を傾げつつ、
作成してますので、
「これは読みにくい!」
「こうしたら良いんじゃね?」
とかありましたら、何となく教えていただくと助かりますー。

あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)

----------
2011/08/22
というわけで、「初恋」テーマの、おかしな小説を書いてみました。
単純な恋愛話じゃおもしろくないですし、昔書いたような、
ちょっと頑張る恋愛話は、恋愛にかぶせて進行するネタ(絵とかバイオリン製作とか野球とか)が
思いつかなかったので、前からやってみたかった、
「日本語のおかしな小説」を、ここでやってみた次第。
きちんと読もうとしなければ、展開だけは理解できるんじゃないかなあと、願ってます。

2011/08/18
「初恋」をテーマに10枚弱。。。
明日明後日、東京往復するので(鈍行!)、その間に書いてみようか、どうしようか。
長編が終り、中編が二つ終ったので、
鈍行車内で、よしこれを書こう、という構想を持っていない今日この頃。
(微妙に、秋葉原小説を書き出そうか、でも苦しいだろうし、半年つぶすことになると思うと気鬱)

RPGツクールをやろうと思ったところ、
ノートに、うまくインストールできなかったし。

とりあえず、鎌倉~テクマクジャンクション佐々木さんライブ~うえはるさん二人展~同窓会の予定。

2011/08/11
読んだ本感想文を、あたくしも書いてみようと思ったのですが、
すばらしい本に出会うと言葉も無くなってしまうので、なかなか書けない気がします。
(ちと不満な本とかであれば、ぐちぐちと書くことが出来るのですが)

阿川弘之「志賀直哉」
あたくしにしてみると、神様の二乗のような作品。
でも阿川弘之、志賀直哉をよく知らない人には、そこまでおもしろくもないかもしれない。

……ああ、ほら、この程度しか語ることばが無い。

2011/08/10
だれか買ってきてー!
http://www.kusano-design.com/ccms/c80/

2011/08/08
ジュニーさんが企画をするかもしれませんが、
何か、あたくしの方でも、企画してみましょうか……?

もうちょっと敷居を高くして、
1000字~3000字程度、上限なし。

あんまり人が集らない気もするのですが、
あたくしの思いついたのは、

テキスポ「未知との遭遇」。

今までに書いたことのないジャンルで、小説を書くというもの。

てきすぽどーじん第3号上で、山田佳江さんが初体験の推理小説を披露されてまして、
なかなか良い経験になった――と仰ってます。
あたくし自身も、その昔、時代劇ばかり書いてた中で、
始めて恋愛小説を書いてみて、
たいへんに勉強になった経験があるので、
思い切って、企画にしてみたらおもしろいかもしれないと思いました。

「このジャンルは初めて」
「ほとんど書いたことない」
というのは、むろん、自己申告で、
「結局いつもどおりになった」
でも、構いません。

ジャンル――恋愛、歴史、推理、ファンタジー、SF、ホラー、コメディー、ラノベ、冒険、学園、戦記、童話……。
よく分かりませんが、こんな感じでしょうか。

別に何だって構いません、書いたことが無い方面であれば。

あたくしの場合は、推理か、童話でしょうかねえ。。。
推理は、挑むたびに挫折してます。

とりあえず、思いついただけです。
本当に企画するかどうかは、知りません。
 

2011/07/29

 
連日連夜、牛肉が、牛肉がというニュースが流れるので、
牛肉が食べたくなり、今日はそれで一人宴会の予定。
未だ見ていない、「サマーウォーズ」を見たいと思います。

ところで、初期アンパンマンを見る機会がありまして、
それがたいへんにおもしろい。
http://nanzanbunkenob.blog.shinobi.jp/Category/29/

変に教育的なことを言うわけでもなく、
ある種、初期ドラえもんに通ずる、はちゃめちゃぶりが良いです。

中編「橘俊綱」の話ですが。
ちょっと、おもしろくないような気がするので、
資料を捜索、時代背景と、その時代ならではの小道具を入れ込んで、
伝奇性ならびに説得力を高めようと思いました。

2011/07/27

 
黒岩重吾「弓削道鏡」読了。
奈良時代を舞台にした小説――は、初めてで、
万葉集の時代なんて読めるのだろうかと思ったけれど、
続日本紀とか、存外、説得力を与える資料があったようで、
なかなかにおもしろかったです。

とはいえ、「源氏」よりさらに昔の話で、
資料といっても、万葉集の世界観に、年代記が少々という状況では、
会話文、人物の起居動作、舞台背景が頼りなくなるのは当然で、
とりわけ創作人物が出てくると途端に胡散くさいというか、
世界が貧弱に見えてくるので、あたくしとしては、
平安以前は、とても小説にできないなあと、思うほかありませんでした。

道鏡が出世して行く過程で、藤原仲麻呂という宿敵を早々に登場させ、
これを排除して行くあたりは、一面的だとは思いつつも、
分りやすく展開するため、おもしろくなるのだなあと感心。
単純化の効能。
そこへ、「続日本紀によれば――」と、資料による説得力。

でも、人物の行動が、あまりにも現代的解釈に沿っているので、
それだけじゃないだろうに、と思われてなりませんでした。
ほかに、さまざまのところで、
「この時代はこれが普通である――」
と言う割に、人物の行動規範が、きわめて現代的な点とか。

何より、
「とんでも、ございません」
と登場人物がのたまうのには、仰天。
二度と黒岩重吾は読めない。

ところで、書きかけの中編。
道鏡を読み、ゼノブレイドをしてしまうからには、
展開がおもしろくないのだと思い、話をだいぶ変えなきゃいけないかもと思い始めました。



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について