目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

375 / 444ページ

2011/06/08(青森旅行記2)

 
午後、叔父にあたる人と合流して、五所川原の祖母宅へ。
5年前に、一度、会った時は言葉が通じず、困り果てたが今度は通詞たる母も叔父もいる。

祖母の話、最初の1、2語はわかるけれど、後半になると頭の中で意味を構成してくれない。
同じ日本語。文字にして、ゆっくり聞けばすべて理解できると思われるけれど、
話し言葉では、「理解できる言葉」として認識を開始するも、すぐに、
聞き慣れない言い回しに頭が「おや?」と思い、その処理が済まないうちに、
「おやおや?」と思われる言葉が続いて、全体として理解不能となるのかなあと。
ぼーっと聞いていると、韓国語のようにも響く。
言語的に似ているのかもしれないと思う。

祖母宅の近く、お墓は福峰軒という、地蔵堂のような場所にある。
寺でなく、「軒」であるところが不思議。
浄土宗。八十八カ所巡りの一つに数えられていたが、標識はほとんど朽ちていた。

後刻、津軽弁ネイティブの祖母と、母と叔父とそろって、ショッピングセンターへ。
ユニクロ、ヤマダ電機、イトーヨーカドー。
豊橋で見飽きている空間に、見飽きたような、きれいな恰好の若者。
その間を、言葉のわからない津軽の祖母を車椅子で押して行くという不思議さ。
冬季は雪で埋もれると聞くが、
見飽きたショッピングモール外観であるから余計に、想像つかない。

その後、弘前へ。
弘前パークホテル。
こちらも結婚式場を併設するような1時代昔のシティ・ホテル、なれど、
対応まことに明朗で、「宿泊者にはリンゴジュースプレゼント」も、
きちんとリンゴジュースをいただく。
しかし1リットルの紙パック。どうしろというのだ。
(結局、荷物に突っ込んで、持ち帰る)

到着は7時。
早速、食事場所を探すも見つからず、駅前のカプリチョーザでスパゲティを食す。
実父がどういうわけかカプリチョーザ好きで、
グアム旅行へ行った折にもわざわざカプリチョーザで夕食を食べたゆえ、
弘前カプリチョーザも一興などと笑う。
入店すると、イタリアを装って「ボナセーラ」と店員が輪唱するが、
これがどうも、ねぷた祭の「ラッセラー、ラッセラー!」と聞こえてならなかった。

翌日は津軽塗りの店へ行き、また偶々見つけた古書店へ立ち寄り、弘前市史を買う。
市内、珈琲のまち弘前、などというほど喫茶店が多く、
そのうちの一軒でアイスコーヒーを購入、たいへん美味。
弘前であれば住めるなどと話す。

昼前に出発、この日は十和田湖泊りの予定。
途中、黒石へ立ち寄り、焼きそば、汁焼きそばを食べる。
かのB-1グランプリ優秀賞の味とか。
うどん製麺機を使用した平打ち麺が、黒石焼きそばの特長。味は普通の焼きそば。
汁焼きそばは、その焼きそばへだし汁をかけるもので、見た目はうどん。
しかし味はウスターソース。
まったく奇妙な食べ物で、一口、二口目は違和感あるけれど、その後は止らなくなる。
黒石の古い町並の一角で、また、生酒の試飲。一本、土産とする。

4時頃、十和田湖へ着く。
風強く寒い。
波高く、フェリーもやめて、湖畔を眺めて終る。
宿は、賑山荘というところ。すこぶる居心地の良い旅館で、夕食も腹一杯出される。
旅行会社手配の宿、初日ひどく、中日そこそこ、最終日最良と、うまい方法だなと感心。
逆なら目も当てられない。
(十和田湖畔にも「グランドホテル」があった。さびれていた)

翌日8時半に空港へ。
その途次、少しの間奥入瀬渓流を歩く。
奥入瀬は人少なく、緑濃く、何より天候よくて、たいへんすがすがしい。
ちなみに最終日のみ、晴天なれど岩木山が見られなかった。
最初の三日は、時折曇っていたけれど、山はきれいに見えていた。

ちなみに五所川原出身の母の人は、
「岩木山は、五所川原から見る角度がもっともきれい」
と繰り返していた。
地元民だからと笑っていたが、弘前で実際、そのとおりだと思った。
母喜ぶ。

という次第の、青森旅行。
とにもかくにも、遠かった、遠かったというのが第一印象。
しかし、今回はあちこち見ることが出来、たいへん満足。
夏になると、小牧の空港から青森へ、飛行機が飛ぶらしいから、何とか再訪したい。
 

2011/06/03

 
明日から3泊4日で青森へ行きます。
五所川原在の祖母という人が、あまり具合が良くないというので、
愛知県豊橋から、新幹線に乗り、羽田空港から空路青森へ。

せっかくなので半日、家族から逃げて浪岡というところへ行き、
南朝の遺臣北畠一族の御所を眺めるつもりですが、
京都から流れ流れた人たちは、はて、どんな心境だったのかと、
その観光が楽しみです。

露伴全集の紀行文に、明治年間に青森へ行った記録がありまして、
「浪岡に見たい遺跡があるけど面倒くさいから馬車で弘前へ直行」
といった感じで出ているばかりですが、
幸田露伴が見たいというのは浪岡御所に違いなく(ほかに名所なんてありません)、
その頃にも(その頃の方がいっそう)有名だったのだなあと思いました。

小説にしようにも、あまりに資料の残されていない浪岡北畠一族が、
たいへん気になるのです。

といったところで、ツイッター小説も更新。
だらだらと200回を越えました。

 

2011/06/02

宇治拾遺物語の現代語訳で、嘘が発覚しました。
巻二 (24)厚行、死人を家より出すこと
において、
>この頃から次第に、物忌みなどの風習が廃れていったのだなあとちょっと感動しました
などと賢しらなことを書いていたのですが、
嘘でした。
ごめんなさい。

物語に登場する、下野厚行という人は、
朱雀、村上天皇の時代――と書いてあるのに、
深く調べもせず、
単純に、宇治拾遺時代すなわち平安後期の話かと思っていたのです。

ところが、朱雀、村上天皇といえば摂関時代の直前の天皇さま。
厚行の時代から、貴族の間で物忌みが盛んになるわけで、
はずかちい勘違いをしておりました。
ちょうど、巻五 (72)以長、物忌の事を掲載したところで、気づきました。
(72話の方は、物忌み風習が廃れつつある時代の話――だと言って良い気がします)

ぺこぺこと、この日記において、ひそかに頭を下げておきます。
唯一の救いは、あたくしの勘違いが、訳そのものには、影響のないところです。
あー、良かった。

といったところで、懲りずに続ける、宇治拾遺。
  

2011/06/01

【掲載中】
◇恋愛模様 石川春奈
◇恋愛模様 佐々木里香
◇恋愛模様 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(211まで:2011-06-29)

----------
昨日は東京。
と、月初めの日記の冒頭に、先月の話を書くのもおかしい気がしますが、
ともかく出かけまして、
それで、駅の暗いことに驚きました。

品川で新幹線を降り、新宿を目指したのですが、
その暗いこと、暗いこと。
なるほど節電をしているのだなあと思いましたが、
「実は経費削減をしているだけだろう」
と、天井を見つめたりもしていました。

名古屋駅ビルでは、冬ごとに、派手やかなイルミネーションをつけて、
買物景気を煽っていたのですけど、
「節電のため数年間は休止」
なんて発表。
夜間電力だし、冬だし、この際、節電は関係無い気がするのですが、
まー、この際、それで良いのだと思いました。

といったところで、新幹線の中で、小説が最終決戦手前まで書き上がり。
どう考えてもライトノベルからかけ離れてしまっているので、
オール読み物とかに出した方が良いかなあと思い始めてます。。。
南北朝を軽く当てはめる――つもりが、
相当、時代風景に食い込んでいる感じなのです。

それに昨日ついでに立ち寄った秋葉原でライトノベルの山を見つめ、
「あー、これ、違うわ。。。」
と。 

あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)

----------
2011/06/23
じゅ、ジュニーさんがテキスポから消えた……。

2011/06/10
800字バトルを始めてみました。
夏らしい小説が集まったらたいへんうれしい感じです。
あたくし的に、書き終って、誰かが読む時季――を想定して、
小説の季節を設定することが多いので、「夏まっさかり」をお題にしてみました。
あたくしも何か書いてみようー。

てきすぽどーじんは、推理小説をあきらめました。
こう言うとアレですけど、30枚くらいの推理小説は、
「どうだ、このオチは!」
と誇るものが多い気がしまして、あたくしにはそういうカラクリが書けそうにないのです。
書けたら書きたいですけどね!

宇治拾遺「雀報恩」あたりを、小説にしてみたいと思っていますが、
そう書いてしまったので、書けないかもしれません。

2011/06/03
ツイッタを見てたら、山田佳江さんが、推理小説をあんまり読んだことないなあと、
呟いてたので、
じゃあてきすぽどーじんで書いてみましょう、
と呟き返しまして、あたくしも推理小説をやってみることになりました。
宇治拾遺関連で何か書こうと思ってましたので、時代&推理。
……あたくしには、無理ですね。
でもまあ、宇治拾遺をもとに何か、謎めいた話が書けたらなあと思ってます。

2011/06/02
宇治拾遺物語を順番に現代語訳にしているのですが、
http://edosoko.edoblog.net/
こちらに載ってるあたくしの現代語訳を、
ニコニコ生放送で朗読しても良い?
という、あたくしにしてみればすごく不思議なお話がツイッタ経由で届きまして、
どんぞー、
と申し上げました。
いろいろなことをする人がいるのですね。

ニコニコ生放送、ツイッタによれば、れつだん先生なんかがやってるみたいですけど、
あたくしは見たことがなく、
(あ、でも、深夜、カメラの前でノリノリで踊ってる女子中学生の部屋へ、
 母ちゃんが闖入して女子激怒、というのはYoutubeで見ました)
先日、秋葉原を歩いたときも、PC用カメラがたくさん店頭に並んでいたので、
やる人が多いのだなあと、感心してました。

まー、それはともかく。
6月になり、梅雨本格化。
あたくし的には、花粉症がすっかり治まったので、たいへんありがたいです。

(ソウイエバ テキスポカフェガ キエマシタ)

読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について