目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

408 / 444ページ

あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)

あやまり堂日記 in パブー
http://p.booklog.jp/book/3746
わたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳
http://edosoko.edoblog.net/
--
2010/11/30
さて、11月もおしまい。
文学フリマが近づいて参りました。
といったところで、そろそろ「最後の800字小説バトル」を始めます。
別に「最後の」と言わんでも良いので、「3周年記念」といいますが、
あたくしが企画できるのは最後になるっぽいです。
ちなみに残存モリタポは、あと2000くらいです。
ちょうど、この800字バトルで使い切れるかなあと思っておりますー。

ちなみに、バトルを、ちょうどテキスポの誕生日に開始したわけですが、
文学フリマで「テキスポ」を知った人が参加できたら良いなー、
と思案して、締切を12月26日にしたのです。
今回は、あたくしも書きますー!(書かないと数が足りない気が……)

2010/11/05
みなさんお久しぶりです。
さてちょうど、一ヶ月先に、文学フリマがございます。
そこへ何となく参加するわけですが、
[本] てきすぽどーじん 第2号企画(善意のテキスポのみなさま)
てきすぽどーじん 第2号企画2010年12月5日(日)に東京・蒲田で開催された「文学フリマ」に参加しました。
昨年度に引き続き、コピー冊子「てきすぽどーじん」を作りました!
みなさま、ありがとうございましたー!
それをまたぐスケジュールで、
あやまり堂的には最後にしようと思う、テキスポ企画を始めようと考えております。

【来たれテキスポ作家! 3周年記念 800字小説バトル】

もう3年も経つのですね。。。

で、只今、800字のテーマは何にしましょうかと、ぼちぼち思案中。
来週後半から、募集開始しようかと思ってますー。
 

10月下旬

【掲載中】
◇恋愛模様 石川春奈
◇恋愛模様 佐々木里香
◇恋愛模様 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(104まで:2010-10-21)

----------
2010/10/26
辻邦正「西行花伝」
びっくりするほど、ひどい。
西行の弟子を自称する主人公が、西行の知り合いを訪ねて、
その人となりを描き出そうとする試みで、谷崎潤一郎賞。
歴史小説の枠にありながら、全編が主人公を含め、各人物の一人称で展開。
その試みは大失敗で、平安末期~鎌倉初期の空気がみじんも感じられない。
魂消るほどに、現代しか見えない。

人物造形も手前勝手だし、史実、事物、呼称、いっさいが現代。
歴史家の論文の指摘を、現代人視点で、現代人の言葉で語らせている感じ。
そしてそうやって描かれる人物が、世界が、浅い、薄い、ひどい。
と、ここまでひどい歴史小説(しかも大長編)を堂々と書いてしまえるところに、
むしろ感心させられる一作。
すくなくとも歴史小説は、一人称で書くべきではないと確信しました。

2010/10/25
そういえば只今、宇治拾遺物語を順番に現代語訳にしてまして、
http://edosoko.edoblog.net/
こちらに、順次掲載してたりします。
現在、第一巻の15話まで。
全部で15巻、197話もあるので、途中で飽きないか不安ですが、
まー、のんびりと、2年くらいかけてやりたいと考えてます。

で、今日掲載したのは、第15話「大童子鮭ぬすみたる事」です。
開き直った盗人が、下ネタを言い放つという小話。
大しておもしろくもないですが、何となく、平安末期の風景が浮んできて、
たいへん良い感じです。

時代風景といえば、一昨日、名古屋士博物館でやっている、
「変革のとき」
という安土桃山時代を中心とした、展覧会へ行ってきました。
洛中洛外図が見たかったので、出かけましたが、存外照明が暗く、
屏風もガラスから離れていたので、つぶさに見られず、残念でした。

ところが、南蛮屏風、南蛮向け工芸品を見た途端、
おおっと、心がふるえまして、
というのも、ヨーロッパなどで見飽きていたキリスト教アイテムが、
漆塗り、螺鈿細工の日本仕様になって並んでいたためで、
現代日本と戦国日本、それから現代欧州とルネサンス欧州の4つが、
あたくしの中で、ちょうど混ざり合った感覚になったというわけでした。

その展覧会での南蛮の扱いは微妙だったし、
続けて入ってみた常設展の方はやばかったけれど、
「南蛮文化」を見られたことと、東京国立博物館蔵の、洛中洛外図の模型を買えたことは、
その後の酒とあわせて、たいへん結構なことでございましたー。

2010/10/22
と、書いたので、昨日は2枚ほど、時代劇中編の、冒頭を書いてみました。
舞台は岡崎、豊川、吉田、田原。
いちかばちかの地元攻勢。

ありがたいことに、
恋愛模様 石川春奈も100DLに届きそうな気配。
調子に乗って、もう一つ、恋愛模様を載せようと思いました。
そして、また書こうと思いました。

2010/10/21
文学フリマ関係で、バタバタしていたのを口実に、
長編、中編ともしばらく放置気味。
書き直しが億劫でいけません。

渡辺謙の時代劇、「御家人斬九郎」を久しぶりに見まして、
いやはや、本当、時代劇最後の輝きを見られたのは、
あたくしにとっては、ギリギリの幸いだったのかなあと思いました。
末期の鬼平とかも、辛うじて、TVで見た記憶がありますし。
あと最晩年でも市川崑とか、岡本喜六の時代劇映画が見られたのも、
まー、本当、ギリギリだったけれど、良かったなあと、思います。

ちょっと前に、福山龍馬を見たのですが、ひいいいいいいいいい!!!!
と叫ぶほか無かったですし。。。
(TVドラマとしては、悪くないにしても、です)

ああ、誰か、辛うじて時代劇がやれる役者が生きてるうちに、
もう一度、まともな時代劇をつくってくれないかなあ。。。
(老人ばかりの時代劇で、良いじゃないか!)

2010/10/20
恋愛模様 村芝健司、この日記に続いて、とうとう、ツイッター小説の方も、
ダウンロード数が100を超えました。
三桁は気分が良いです。ありがとうございます。

2010/10/18
さて12月5日の文学フリマ。
当日、あたくしが並べようとしているのは、
「南山大学文学研究会OB雑誌 MOSAIC(3号)」
「てきすぽどーじん」
それから、あたくしの適当コピー冊子、
「小片雨霰」
「わたくし版『方丈記』現代語訳」

そのほか、適当に、10ページくらいでペラペラ冊子を、
並べてみようと考えています。
通行するだけの読み手にも、一目で中味が分るように、
「短編集」ではなく、一冊完結型の冊子。

あれこれ陳列方法を考えるのです。
(やり尽くした満足感が無いと、次年度も参加したくなってしまうに違いないので)
 

10月上旬

2010/10/15
文研Mosaicの発行準備に区切りがついたので、
あたくし的文学フリマ第2の柱、「てきすぽどーじん」の方を進めて参ります。
http://blog.livedoor.jp/texpo_cafe/
半分放置していたので、作品が集まるかは知りません。

あとは、あたくしのごく短い短編集「小片雨霰」の編集を、ぼちぼちと進めます。
ほかにも投稿はあるし、短編時代劇は意外と楽には完成しないし、
師走はまだ先ですが、何だか慌ただしいなあ。

2010/10/13
とうとうこちらの適当日記も、100DLとなりました。
ありがとうございますというか、おそれいります。

文研Mosaic
というのは、出身大学の文学サークルOB連がつくる文系雑誌です。
こちらの第3号が間もなく出来上がります。
というか、あたくしが編集作業をほぼ終えたところです。
あとは、入稿するばかり。

で、こちらに、例の如くあたくしは時代劇を書いたのですが(40枚)、
これに加筆するかたちで、70枚の時代劇を、
年末吉例となっている九州さが文学賞へ送付しようという寸法。
登場人物を一人増やせば、まあ、30枚くらい増えるだろうという安易さ。
九州さがは、昨年、割と頑張ったものがあっさり落ちたので、
もう出さぬ――と言ったりしたのですが、
やめるなら、今時の時代劇を書いてからにしようと思った次第。

で、夕べは、ぼやぼやしながら、30枚加筆できそうな展開を考えていたのですが、
本当におぼろげで、雲をつかむよりもやもやしている状態から、
ふと何かが指に絡み、それを手繰っているうちに物語となって、
書き出せばもう一つに固まって行く……という感覚は、本当、麻薬めいてます。

ところで、もうひとつ長編を書く――と言っていたラノベは、
主人公に目的意識が欠落しきっていたので、尻をまくって出直し。
できあがっている長編は、今週中にスーパーダッシュへ発送。

2010/10/05

インドネシア強行軍。
1日朝、シンガポール経由でジャカルタへ。
8時過ぎに到着、そこからすさまじい交通渋滞を経てホテルへ。
経済好況のゆえか交通事情はすさまじく、
高速道路は路肩にまで車で充ち、
下道は車で充ちた隙間という隙間を無数のバイクが埋めているようなありさまであった。
「このコップを小石で満たして下さい」
「もう入りません」
「そうですね。でも砂なら、隙間に入れることができます」
――そういう話を思い出した。

ジャカルタ一泊目は、インドネシア・ビジネスマンが宿泊するレベル。
一泊一室5000円弱。
しかし、テレビにはAnimaxとNHKが選択肢にあった。
アジア向けAnimaxは、おそらく香港を拠点に製作。
英語吹替え&インドネシア語字幕または、吹替え無しでインドネシア語字幕。
「萌え」はそのまま「Moe」と訳される。
ほかに、韓国音楽&韓国アイドル番組も、Animaxで放送されている様子。
Animax Music祭の告知も大々的に行われていた。
これほど「普通に」浸透しているとは、驚くばかり。

翌日、嵐のような業務の後、スコールの中空港へ。
数カ所で道路水びたしなるも、タクシー運転手の働きで、
無事に空路スラバヤへ。
7時半頃、ホテル着。
隣接のショッピングモールのスーパーで土産等を購う。
この夜のみ、時間があった。

10月3日も嵐のごとき業務。
20時の飛行機でジャカルタへ戻る、
つもりでチェックインすると、
「飛行機は30分遅れてるからねー」
と言われる。
ガルーダ的対応、インドネシア的対応と納得するうちに、
20:30になると、「21:00」に変更される、
と同時に、21:00発のガルーダ便が、20:30に出発すると表示。
「20時は21時に出発します。申し訳にドリンク・クーポンをさしあげます」
「21時の飛行機はファイナルコールです」
同時に放送されて仰天した。

結局、21:30に離陸、23時ぐらいにジャカルタ空港へ。
そこから陸路でバンドン市へ。
「どのくらいかかりますか?」
「んー、3時間ね」
幸い、深更のこととて道路は空いており、午前1時15分にホテル着。
死人のごとき就寝。

翌朝9時にバンドン工科大学へ移動。
激しい用務の後、13時30分、ふたたび陸路でジャカルタへ戻る。
車窓に茶プランテーションを多く見る。
なお、交通渋滞を恐れて早めに出たことが徒になり、
ジャカルタ空港で4時間待ちぼうけ。
店舗少なし、退屈多し。
スターバクスに2時間座り、恋愛模様1本書く。

シンガポール航空は遅れもせず、早まりもせず、
定刻通りにシンガポール空港へ着く。
深夜にもかかわらず煌々と明るい店舗、本屋を巡り、
無料インターネットで遊びつつ、午前1時の名古屋行きに乗る。
機内は空いていて、3列シートで横になって眠るを得る。
しかし乱気流激しく、1時間ごとに目覚めた。

到着の2時間前に配給食。
そこから眠れないので、宇治拾遺物語訳を一つこなす。
午前8時半頃に中部国際空港。
なおシンガポール航空の乗り心地は良好で、JALなどよりも良いように思った。
それにしても疲労困憊。

あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)

引っ越し中。。

あやまり堂日記 in パブー
http://p.booklog.jp/book/3746
わたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳
http://edosoko.edoblog.net/

--
2010/10/06

感想文日記
柴田錬三郎「柴練三国志 英雄生きるべきか死すべきか」
あたくしにとって柴練といえば「御家人斬九郎」「赤い影法師」などの、血湧き肉躍る系なので、
淡々と描かれるこの三国志には、ちとモヤモヤ感がありました。
こうしてみると、吉川英治の三国志って、本当に、すごいなあ。。。
あとあたくしは微妙に、姜維という人が好きになれませんでした。

「のだめカンタービレ最終楽章後編」
飛行機の中で見ました。
原作を端折った感じ。
悪くないけれど、原作を超える感動は無かった。
とはいえ上野樹里が良かったです。
千秋さまの玉木宏はTV版からほとんど変らなかった印象ですけど、
上野樹里が何だか女優になっていたので、驚きました。

2010年09月21-30日

【掲載中】
◇恋愛模様 石川春奈(完結)
◇恋愛模様 佐々木里香
◇恋愛模様 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(91まで:2010-09-27)

----------
2010/09/30
そうか、
恋愛模様 村芝健司のダウンロード数が微妙に多いのは、
4分割してあるからってこともありますね。
気がつけば100ダウンロードですよ。驚きー。
といったところで、明日からインドネシア強行軍。


2010/09/29
「恋愛模様 石川春奈」、完結しておきました。
どうも、村芝くんの恋愛のダウンロード数が増え続けていて、
おそれ多いことなんですが、
男作者なので、男の恋愛譚の方が真実味があるのかしらんと思うので、
次は男子の恋心を書いてみよう。。。

で。
間を置かず、新たな長編を書き始めました。
今回も、第一章で立ち止まらず、ひたすら終章を目指す方法で行きます。
そして、書きかけの中味については誰にも言わずに。
これでラノベ作法の把握に、一つ区切りが付けられるかなあと思います。

この辺にコピペした「学園都市の様相」を発想の糸口に、
といっても、それだけじゃ書き出せず、
どうしようか、どうしようか、どうしようかと考えあぐねていましたが、
キャラクターの設定、相関図、あらすじ、「キャラクターを描くこと!」
などの思いつきをごちゃごちゃ書いているうちにひらめき、
何とかなりそうです。

キャラクター造形について、
以前、設定表というのをつくったのですが、
身体的な特徴はともかく、
実際に生き生きとした人物が描けるかどうかは、
設定よりも、書いてみた感触に依るなあと、感じました。
人物間で生きた会話が成立することで、ようやく人物は生きてくるのですよ。

2010/09/27
8月、9月分の日記がそうとう長ったらしい気がしたので、分割してみました。

週末、御園座へ、松平健の公演へ行ってきました。
忠臣蔵と、マツケンサンバ。
忠臣蔵は人情芝居が中心で、
しかも肝心な討ち入り場面を、中合いで省略するという方法だったため、
(前半、「いよいよ討ち入りだ!」と言って終り、後半の最初で、
 例の装束の連中が、「ようやく本懐を遂げましたな!」と言うパターン)
眠たくて仕方がありませんでしたが、
大石内蔵助・松平健の存在感はすさまじいものがありました。
容貌から発せられる、同じ人類とは思われないほどの迫力。
「上様!」
と声をかけたくなりました。

そして珠玉のサンバタイム。
幕が開けるや否や、クソ派手なサンバダンサーズが踊り出し、
そして登場するゴージャスな上様。
たちまち、最前列にハート型のペンライトが揺れて、
「ケーン! マツケーン!」
上様は、一曲歌うたびに衣装変えで引っ込み、
その間、例の真島ダンサーさんなどが踊る趣向。

驚いたのは、暴れん坊将軍の、ちゃーちゃちゃー、ちゃちゃーちゃちゃーに
歌詞が乗っていたことで、
検索したら、全文はこんな感じ。

 いくぞこの道まっすぐに
 迫る苦難を乗り越えて
 愛・愛・愛~LOVE~
 夢・夢・夢~DREAM~
 希望にむかって手を取り合って
 明るい未来が見えるまで
 日本の元気を守るため

 いくぞこの道まっすぐに
 雨も嵐も乗り越えて
 愛・愛・愛~LOVE~
 夢・夢・夢~DREAM~
 真っ赤な太陽上るように
 あつき心で突き進め
 日本の平和を守るため

馬を操るような奇態な踊りの旗本ダンサーズが、
「愛、愛、愛ー」と歌う上様にこたえて、
「Love!」
「夢、夢、夢ー」
「Dream!」
そして最後は、前列のおばさまたちとともに、激しくタオルを振り回していました。
素敵。
そしてフィナーレは、マツケンサンバ2 and 3。
左右から巨大クラッカーが金の巻紙を吹き出し、絶頂を迎えて、幕。

それにしても、サンバダンサーズの超絶華美を、超越する絢爛豪華な上様には、
もはや感動するしかありませんでした。
歌といい、ファンサービスの極致。

それにしても。。。かんばせに迫力を持つ役者が、そろそろ死に絶えそうで悲しいです。
ちゅか、マツケン公演、千秋楽でした。
幸運!

2010/09/24
夕べ、めでたく長編ができあがりました。
ライトノベルを目指したので、ひらがな4文字で「ばくてん!」にしたいのですが、
今さら平仮名タイトルを出してもなあ。。。とも思うので、そこはしばらく悩みます。
ちなみに、「ばくてん」は「幕府転覆」の意です。

というわけで、今度の長編もラノベをやるつもりです。
どうしても、人物造形、描写方法、言葉遣い、文の緩急等等を把握するため、
あと一作、楽しいものを書いておきたいのです。
「学園スイーパー」をタイトル候補にしてましたが、
検索したらあっさり引っかかってしまったので、別のを考えよう。。。
……と、書きかけの小説の内容を書くと、だいたい頓挫するのでどうなることやら。

2010/09/22
長編の手直し継続中。。。
幾度か読み返したので、今度の3稿を決定稿とするつもりですけど、
今さらざっくりと2カ所削除。
「蛇足&情報不足」
に気づいたためですけど、すでに幾度か読み返しているというのに、
こういう大きな欠陥に気づかなかったのは、おそろしい。。。

読み返しでは個々の文章の書きぶりは確認できても、
大きな方針というか、章の構成やその会話自体の必要性などが、
確認できないのですね。
まー、何にしても、半年に長編一作、というペースじゃ、
とても追いつかないなあと呆れました。


2010/09/21
週末に「トップをねらえ」のDVD3巻をまとめて見ました。
「トップをねらえ2」の方は、すでに見ていて、かなり好きなのですが、
「1」の方も評判が高いので、前々から見たいなあと思っていたところ、
TSUTAYAで1本80円だというので、大はしゃぎで借りてきました。

あたくしとしては、美樹本晴彦キャラ絵や、主題歌酒井法子といった辺りが、
どうにも落ち着かなかったのですが、
SF要素が濃くなる中盤以降、止らずに、そうとう楽しく見ていました。

ところで、この「トップをねらえ」ですけど、
「ほしのこえ」の元ネタはここにあったのかと思われてなりませんでした。
「ほし」のロボット・デザインは量産型バスターマシンですし、
宇宙船のかたちや、各機の発艦描写もそっくり。
何より、距離と時間(ウラシマ効果)という主題も、
「トップをねらえ」の中にありありと出てきたものでした。
オマージュという次元をちょっと超えている気がしたのですが、
まあ、wikipediaにも書かれていないので、パクリってことでは無いのでしょう。

という感じで、まことに感動しまして、
物語自体もそうですし、
「トップをねらえ2」の方で、
腑に落ちなかったあれやこれやが解決したのも嬉しかったです。

唐突に乳を出すところとか、無闇なお風呂シーン、「お姉様」、
何よりエピローグ部分が理解できたので一安心。
こうして、「トップをねらえ2」のDVDを揃えたくなった、誕生日の昨日でした。




読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について