目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

2 / 444ページ

2015/03/30

本日で、この日記帳をおしまいとします。

4月から「2冊目」に付け始めますので、よろしかったらそちらもご覧くださいませ。

あやまり堂日記 in パブー 2冊目

http://p.booklog.jp/book/96583

 

さて昨日は、年に一度の楽しみでもあります、

プリキュアオールスターズ映画を見てきました。

オールスターズ、ニューステージ、がそれぞれ3回おわって、

今年は「春のカーニバル」というタイトル。

 

入場者プレゼントが、今までずっと、

「ミラクルライト」という、小さなペンライトだったのが、

今回は、現プリキュアの変身アイテム・プリンセスパフュームに装着する、

おもちゃになりまして、

商売っ気が強まった感もありつつ、しかしそこは、順当な気がしておりました。

おもちゃ買うような子は、映画に必ず行くでしょうし。

もう一つ、今までと違うのは、主題歌が、モーニング娘によるものになっている点で、

とはいえ、まあ、そこもそれほど懸念はしておりませんでした。

 

が。

 

が。

 

が。

 

映画は、プリキュア史上最低の、ひどさでした。

もう、憎悪しか湧かない。

 

過去のどんなつまらない、期待外れのプリキュア映画、

それはたとえば、ハートキャッチ単独のパリ映画などよりも、

ひどく、無様で、気だるく、弛緩しきった、ぐだぐだの、悪夢のごときプリキュアでした。

 

今期プリキュアの主人公3人は、比較的すぐれた造形になっていて、

敵キャラの行動も、すぐれていると見えるのに、なぜああなってしまったのか。

どうやったらあんなに崩壊するのか。

 

開始30秒から、すでにぐだぐだ。

意味の無い会話に、意味の無い運び。

何だあれは。

誰だあの脚本は。

シナリオ学校の生徒がやったような出来じゃないか。

(検索すると、過去にハートキャッチのシナリオを数本書いている人らしいが、

 ハートキャッチの成功がこの人の手柄じゃないことは明白だ)

 

開始してしばらくして、空から唐突に、カーニバルへの招待状が降ってくる。

そこは良い。

でもそこでぐだぐだ喋った挙げ句、

「でもどうやって行けば良いの?」

と呟いたら、唐突に馬車が出現する。

 

 

とにかくカーニバル会場へ移動する間、

舞台かわって、なんとか王国で、今回の敵・小悪党二人が王様を脅している。

これが、ゲスト声優のお笑い芸人で、致命的に下手。

ひどい。

 

いや、この手の、ひどいお笑い芸人を出すのは良い。

話題にもなる。

お金にならなきゃ意味が無い。

 

 

たとえば、プリキュアファイブ55の映画「鏡の国のミラクル冒険」

では、ザ・タッチとかいう、双子芸人がゲスト声優として登場して、

これもたいへんひどかったのだけど、そのボスとして、

シャドウ、というまともな悪役が出ている。声優は、朴璐美だ。

 

これがきちんと、ザ・タッチのしょぼいキャラクタを押さえて、

悪役としてプリキュアたちと対峙し、物語を成立させている。

 

しかし、今回はだめだ。

最低だ。

敵として、しょぼい、へたくそな芸人声優しか出てこない。

しかもこれが、とにかく喋りすぎる。挙句に歌う。

うざい。

耳障りだ。

 

しかもひどいことには、

「俺は普通に戦ったら弱いんだよう」

とかいって、プリキュアと戦わない。

戦わない。

 

 

最終的に、プリキュアたちは、このしょぼい悪党の罠によって捕獲されるのだけれど、

30秒の歌で奇跡が起きて、あっさり脱出成功。

しかも今回は「ミラクルライト」が無いものだから、応援も無く、この奇跡もまことにしょぼい。

 

観客をないがしろにするのもいい加減にしろ。

脚本家は死ね。

 

で、とにかく脱出したら、プリキュアたちはフラストレーションを発散するため、

監獄というか、お城を破壊して行くのだけれど、しょぼ悪党が、

「やめろお、俺が徹夜でつくったんだぞお」

とのたまう始末。

 

 

まー、とにかく、全体の9割がおわったところで、ようやく、

小悪党が徹夜でつくった泥棒兵器 VS 歴代プリキュア、

の活発なシーンが始まるわけです。

 

この【脚本が関係しない】アクション部分だけは、

映画唯一の見所で、プリキュア史上もっともすぐれた造形であるキュアマリンも、

きちんと愛ある対応を受けて、

その一瞬だけが、この映画を救うことになったわけですが、

もう、とにかく9割9分が、絶望的にひどい。

 

なお、マリンの活躍は、

【決め台詞の最中にミサイルを受けてぶっ飛ぶ】

という笑いなのですが、これだって、観客というものが理解できる正常な脚本家なら、

ぶっ飛んだあとで、

「よくもやったな!」

という反撃のマリンインパクトをぶちかますはずですが、そこをしない。

 

すなわちこの笑いが生きたのは、声優の演技と作画のすばらしさのためであって、

脚本家の手柄じゃないことは、強調しておかねばなりません。

 

 

としか思えませんでした。

なお、クライマックスでは、楽しみにしていたカーニバルがめちゃめちゃになったので、

王国守り神の巨大竜が、唐突に出現し、唐突にお城を半壊させるのですが、

もう不親切すぎて、ひどすぎて、コメントも無えよ。

 

そうして、ぐだぐだのままエンディングダンス。

ああ、やっと終ったか。。

と安堵したところ、不意にあらわれる、実写のモーニング娘。

 

 

観客が何を見に来ているか、分っているのか?

 

プリキュアの着ぐるみと、幼稚園児たちが踊っている場面と、

モーニング娘と、

お笑い芸人と、

そこら辺が順番に踊るのが、三度ほど繰り返し登場して、プリキュア出てこないままEND。

 

ああああああああ、

思い出しただけで腹が立つ。

 

コンテンツを殺すことが、どれほど最低最悪なことか。

とにかく、ひどい。

脚本だの、制作の【上の方】には、殺意しか湧かない。

 

何より観客が無い。

(あ! そういえば、劇中で唐突に小悪党二人が、観客に向って話しかけるという、

 絶望的なシーンを入れてたことを思い出した! 首くくって死んでしまえ!)

 

次に、会話が、絶望的に下手。

テンポが悪すぎる。

子供をなめてんのか?

 

ストーリーが破綻している。

冗漫。

キャラクタが生きていない。

敵がひどい。

悪役に理が無い。

キャラクタを皆殺しにした。

(スマイルの、キュアピースじゃんけんもない)

引き立て役もない。

盛り上げどころがない。

切迫感がない。

緊張点がない。

いいところが一つもない。

 

折しもその朝、「ニンニンジャー&ドライブ」合体スペシャルの、すぐれた脚本を見ていたので、

とにかくいっそう腹が立ちました。

なお、合体スペシャルの優良脚本は、キョウリュウジャーの、三条陸。

もう、彼にお願いすればいいじゃん!

 


2015/03/20

気がつくと、今週末というか来週早々、授賞式。

佐賀県まで行って参ります。

 

日曜の22日に豊橋を出発、新幹線でまず小倉へ行き、

てきすぽの山田さん、雨森さんと昼飯食って、

その日は八幡に宿泊。

翌23日に博多経由で佐賀市のホテルニューオータニへ。

 

ホテルニューオータニは、佐賀新聞の方が取ってくださって、

念のため、さっきホテルへ連絡してみたら、

「はい、ご一泊うけたまわっております」

と聞いて、何とも感激いたしました。

ホテルを人様に取ってもらうなんて!

 

出発の前には、小説のデータを送り、

さらにさらに、新幹線の中で夏樹先生の著作を読み終える。。

と、完璧な計画を立てておきますが、まー、どうなることやら。

 

「なろう」連載中の

「地味系僧侶と桜の妖精」は、

昨日のPVが125で、うざいヒロイン登場以来の、最低数だったのですが、

今日は昼すぎの時点で330を超えているので、わけがわかりません。

もう単純に、曜日の関係じゃね?

とか思ったりします。

 

とりあえず、「ライト文芸賞」のための連載なので、

6月の一次結果が出るまでは、ポイントなど気にせずに、毎日載せられるようがんばります。

 

ちなみに、3月23日には、入選者と夏樹先生との座談会が予定されてます。

何か聞きたいことがありましたら、あやまり堂までご連絡を。。

(そのためもあって、今せっせと著作を読んでおるのです) 

 


2015/03/19

安い気がするなあ、と、少しだけ買っていたDeNAが、

任天堂と提携するという驚きニュースを発して、二日続けてストップ高。

こんなこともあるのですね。。

おそろしいおそろしい。

 

「なろう」で連載しているファンタジーは、

ブックマークとか、ポイント評価とかで総合ポイントが変動しますが、

まー、そこは一喜一憂しても仕方ない、

各話PVというので、1話から最新30話までまんべんなくPVがあることの方が、

あたくしの勉強という意味では、重要になる気がします。

 

ポイント的なやつは、あたくしのごとき下位新参者で、しかも、

ほかの人の小説を読んでポイント付すのがめんどくさい、怠惰なやつは、

気にする資格ないっす。。

 

まー、何にしても「地味系僧侶と桜の妖精」は、これから第二章の山場に入りますが、

けっこう普通に、おもしろいと思うております。

http://ncode.syosetu.com/n0241co/

 

んで、歴史物。

夏、「小説NON」にあたくしの「老虎の檻」が掲載されるまでに、

ふたつ、100枚ほどの戦国ものを書き上げようと決意。

ひとつは、今川義元、大原雪齊の辺。

もうひとつは、北条。

甲・駿・相三国を、それぞれ書けたら、たのしいかなー、とか思っております。

 

今度、本屋さんへ行って、時代小説の棚を覗いてみよう。。

あたくしがやろうとしているような歴史・時代小説ってのを書いてる人って、

少ないんじゃないかなあ、、とか思われて。

だとすれば、たぶん、あたくしはこの方法で、プロを目指せるのかなあ。

 


2015/03/16

今月は日記更新が少ないですね。

さて、今月限りで、この日記はおしまいといたします。

 

まー、いい加減、容量がいっぱいになってますし、

区切りの受賞となりましたので、

2冊目の「あやまり堂日記」をこしらえて、

そこにちまちま書いて参ります。

 

ときに昨日は、放送大学大学院日本史研究会というものに、

初めて参加いたしました。

これは、大学院を修了した有志が結成した歴史研究会、ざっくりいえば「学会」のひとつで、

所詮は有志の集い。。と思いきや、論叢には五味文彦、杉森哲也両教授が、

どんと論文を載せる、言ってみれば一流の研究会だったので感心いたしました。

 

あれです、他の研究会や学会と思いきり異なる点といえば、

何せ放送大学大学院修了者ですから、おじさん、おばさんばかり。。。というところですか。

でも、それだけにそれぞれの蓄積が大きく、また関心対象があちこちしてますので、

たいへん刺激的な集いとなりました。

五味先生もいらしてて、ありがたいお話も聞けました。

 

まー、言うてもあたくし若いので、

おじさん、おばさん方にせいぜいかわいがられるよう、いろいろ学ばねばなりません。

 

んで、この研究会後に、下北沢でjoyのライブへ行く予定を立てていたところ、

おじさん、居酒屋で打ち上げあるぜと仰るので、こりゃ行かずばなるまいと、

思案するに、joyのライブは、3バンド出るうちの1つで、主催バンドじゃないからトリではない、

とするとjoyは2番手だ!

と期待して、おじさん方と1時間あまり飲んだくれた後、急いで下北沢へ駆けつけてみると、

「あ、joyいまちょうど終わりました。。。」

と、入口でたぶん、ゆこにんさん本人だと思われる人に告げられて、

すごすごと撤退。

 

また機会はあるさ!

 

 

 


2015/03/10

昨日は、佐賀の方から新聞を送っていただきまして、

どうやら、最終選考に残った6名全員に送っているような送付状でしたが、

いやはや、一面にどかんと、つたない顔が載ってたりして、

まさか新聞の一面を飾る日が来るとは思いませんでした。

 

ちゅかあれですよ。

この先どう生きてみても、どんな文学賞を取ってみても、

新聞の一面に顔写真が載るなんてことは無いのじゃないですか。

返す返す、すごいことだったなあと、浮ついております。

 

また、最初に当ったのが、

ずーっと昔、最初に投稿して、

それからもずっと出してきた「九州さが」で良かったなあ、

としみじみ感じております。

選考委員、扱い、それからあたくし自身の来歴からも。

 

 

 



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について