目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

72 / 444ページ

2014/07/04

そんなこんなで、この夏は、当初の予定どおり新興宗教巡りを計画。

朝一番に豊橋を出て、

京都阿含宗、

宇治生長の家+平等院

天理で泊。

二日目朝、天理教見た後、

五条弁天宗、

富田林PL、

大阪で泊。

大阪にはいろいろ本部・関西支部がある、

幸福科学、念法真教、GLA、GLA、創価。

でもきっと時間ないのでそれらはさくっと通過して、

兵庫谷川円応教、

京都綾部亀岡の大本教をまわって、帰宅。

 

東海道を京都から奈良へ入って奈良から大阪へ行き、

福知山線で兵庫を北上して山陰線で京都へ戻る。

そんな二泊三日の一筆書き。

ルート的には問題ないのだけれど、

それぞれ、どの程度の見物時間を要するのか検討つかない。。

ちゅか、たぶん全部はまわれない。

 

 


2014/06/30

「KDP作家殺人事件」というのを、文学界新人賞へ投稿してきました。

こちら、100枚程度の純文学投稿用、ということで、

とうに完成させていて、日記を見たら実に一年前に書いていたようなのですが、

今ひとつおもしろさが出来ていないようだったので放擲しておりましたが、

知った人が出すぞと聞いたのに便乗して、今回いくらか改稿し、提出。

何せおもしろみの乏しいものなので、一次審査ならあるいは通用するかもしれない、

小細工を入れてみました。

 

読み返してみると、この一年で、KDP作家界隈、

すくなからず変化しているので、

やるからには、そこも反映させるべきだったかもしれませんが、まー、仕方ない。

 

ついでこの週末、ラノベ一本、改稿できたので、

これもどこかへ送りたいと思います。

一迅社というところを想定していたのですが、数枚超過してしまい、

ちと困惑。

 

そうして、逃避に逃避を重ねているSF長編も、

とにかく完成させなくちゃ仕方ない。

遅くとも再来週の東京行で完成するので、

そしたら、時代劇ー。

 


2014/06/26

ヤジネタが盛り上がっておりますね。

すべてがげすな感じに運ばれておって、おもしろいので思わず日記に残したくなりました。

 

サッカーも終って、、、あたくしなどは、サッカー日本代表というと、

たいそう強いチームになっているのだと思うておりましたが、

世界ランキングで見ると、ワールドカップに出場する国の中では、

下から何番目、というところだったのですね。

早起きして見るような興味まではありませんでしたが、残念でした。

サッカー作戦やプレイヤーたちについて無関係なところからあーだこーだ言ってるのは、

ヤジネタなどであーだこーだ言うのと、

あたくしには、似たように聞こえるので、あんまり良い心持ちはしませんが、

そんなふうに当事者意識を持って、あーだこーだ言った方がおもしろいに決っているので、

一面で、うらやましくもあります。

 

時に、修士論文を書くためには、どうしても読んでおかなければならぬ本、

8640円で、前のように収蔵図書館から取り寄せれば送料だけで3500円もかかって、

それなら買った方が良いけど、どーでも要らん本だったら丸損だし、

とりあえず立ち読みさせてくれ、とワキワキしておりました。

新しい本なので、収蔵する大学図書館はまだ15カ所ほど。

都内は軒並み「学外者には開放してないぜ」と曰うケチぶりなので、

放送大学図書館長に推薦状を書いてもらって、事前に訪問日を予約して……と、

んな面倒なことをするくらいならいっそ買うわボケと思うていたところ、

国立国会図書館に収蔵されていることに気づいて、利用登録手続き。

 

今度のゼミ東京は、ハナから新幹線の予定だったので、朝一に国会図書館へ行き、

ゼミまでの1-2時間、立ち読みして必要ならコピー、もっと必要なら購入、

ということで計画完了。めでたしめでたし。

 

今回は、都内のスケジュールの関係で往復新幹線。

するとぷらっとこだま宿泊パックが使えるので、良いホテルに泊まれる。

いつもの山谷3000円の安宿じゃないので、ちと心弾む感じ。

18切符+山谷だと、一泊二日で1万円。

ぷらっとこだま+良いホテルだと、2万円。

ま、良いんじゃなーい?

 

 

 

 


2014/06/23

修士論文を書き上げようという、この時期、

4月に発行されておった、研究書読了。

まー、深い論究は無く、思いで構成されたものだったので安心。

表面をきれいに撫でてくれたので、あたくしの頭の整理にも役立ちました。

 

キリシタン研究は、歴史、宗教、国文学の辺が、

それぞれが思いの丈を込めて突っ込んでくるので、

おもしろいちゅか、たいへんちゅか、むちゃくちゃちゅか、何ちゅか。。。まー、とりあえず、

修士課程で、ど真ん中正統派の日本史を選べて良かったと思いました。

 

で、博士を考えておるのですが、

母校がちょうどキリスト教系なので、これ幸いと、問い合わせをしてみたら、

「研究指導なんかは全部平日昼間です」

とぶった切られたので、なんか別のところを考えなくてはなりません。

 

まー、ほかにも選択肢はある、

折しも来月、放送大学ゼミの翌日に、東京で、

総合研究大学院大学(歴博)の入学説明会があるので、

これ幸いと、参上しようと思いました。

 

博士なんて定員若干名で、入学者がいたり、いなかったり。

倍率1倍だったり5倍だったり、というような世界なので、

まー、適当に、流れに身を任せたいと思いました。

 

なお、あと最終章を書ききるだけの小説は、週末、やっておりません。

そうです、逃避です。

 


2014/06/18

こちらの日記、7万アクセスを超えておりました。

相変らず、何ら進歩せぬ適当な日記であります。

 

さて、進歩せぬ長編、何とか最終章の手前までやって来ましたが、

そこからどうも進みが悪く、PSVITAの記事なんかを眺めてしまっており、

「出来がよろしくないのですぞ」

の自覚はあったのですが、

「失敗が見えていても、これは最後まで書ききるのだ」

と決めたからには、放擲せずにうだうだしておりました。

 

というのも、現下、SFロボットものを書いておるのですが、

これ描写がわっけわからんのですね。

パイロットに寄り添うて書こうとすると、

要するにパイロットなんてのは暗い、狭い箱の中に入って、手や足をバタバタさせてるだけですが、

それが操るロボットの方は、ビームをぶっぱなし、巨大な手足をぐるんぐるん動かし、空を飛び、雲を突き抜けて縦横無尽に活躍する。

 

なので、派手な、ロボットの方へ寄り添えば良いかと言えば、

会話の主体ちゅか、人物間の交流は、中味の地味なパイロットに発生するので、

暗い箱の中を、無視するわけにもいかない。

しかし、パイロットなる中味は、ロボットの腕がもがれようが、顔が砕かれようが、

まーったく痛痒を感ぜぬわけで、

あはあ、やられちいと叫ばせても、切迫感は出ないわけです。

(仮にコクピットが損壊するような重傷、こりゃもうロボットの方は立ち直れないわけで。。)

 

と、そういうわけで、いつまでも不毛なことをやっとるわけですが、

この「不毛なことをやっとる」を、課題とすりゃ良いじゃまいかと、

今さら、もうほとんど結末が見えてきたところで、気づきまして、

その旨日記にとどめておこうと思うた次第。

 

課題課題。

 

何を書くか、何を課題として書くかちゅーことを自覚するのは、

あたくしには、たいへん重要なことでして、

長編では往々にしてそれが失念されて、目も当てられぬことになるのです。

 

 

その一方で、ぼちぼちと、来年春からの博士課程へ、

当りを付けてみた今日この頃。

ここでもやっぱり、課題課題。



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について