目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

81 / 444ページ

2014/05/12

わたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳の第4巻を、

amazon KDPに並べました。

 



4冊くらいになると、仕事してるような気になってきます。

禅5冊がずらーっと並んだら壮観だろうなと、わくわくしてきました。

 

ところで、amazon KDP は、PC画面上では、普通には閲覧できないと、

今さら知りまして、

アメリカのKDPでは普通にPCリーダがあるようで、

今さら技術的な問題もくそもあるまい、規制か何か、おもしろからぬ事情があるのだろうと、

憤っていたら、楽天KoboならPCで見られるよと教えられて、

見ればなるほど、PC用リーダがある。

 

よし、Koboで電子出版をやってみようと思いつき、

Kobo WritingLife というやつで作業を開始しようとしたら、

こちらにも、楽天のおもしろからぬ思惑があるようで、

たやすくアクセスできない、仕様はすべて英語と来た。

(検索したページに行くと、即座に楽天日本のページへ強制転送される)

 

なめるなとイライラしつつ、あれこれ検索しまして、

ここからログインすればよろしい、と。

http://writinglife.kobobooks.com/dashboard

 

書かれている英語の内容は、大したこと無いので、

さっさと登録して(Amazon Kdpより簡素)、

さて、amazonKDPに使ったEpubをアップロードしようとしたら、うまく行かぬ。

 

何かの形式が違っているみたいだけれど、

アップロードできねえよと言われるだけで、埒が明かぬ。

mobiファイルでも可とあるので、amazonKDPに使ったものを、

そのまま使ってみると、こちらは、

アップロードできても、変換がうまく行かぬ。

 

腹を立てて、今度はもとの一太郎ファイルをワード形式で保存し、

アップロードしたら、成功。

審査待つこと24時間。

「登録できたよ!」の通知も何もなしに、

登録が完了しておりました。。

 

 

総じて、Kobo Writing Lifeの方が、簡単。

しかし、不親切。

そんな印象でございます。

 


2014/05/07

来週末のゼミに持参する修士論文に、ちょっと区切りがついたので、

さて連休は小説をやろうとして、

でも時代劇はもうちと調べてからにしようと思い、

前に「イマイチ」だとして放擲していた、SFロボットものを読み返してみると、

やはり序章は、抜群に良い。

 

それが、本編に入ると途端によろしくない感じになる。

そこはどのようにでも書き直せますが、肝心なことは、「爆発力」ちゅか、

「普通感」を如何に打倒するか、ちゅーことで。

 

最初、巨大ロボットものでミステリーを、とか考えてたのです。

でも、それって無理っぽい。

「技術者が殺された!」

「犯人は、味方のパイロットだ!」

「ロボット出てこねえ!」

 

……おもしろけりゃ良いのです。

 

 

以下感想

「それでも日は昇る 12 years a slave」

映画のただ券というか、本当は、「かぐや姫」を見ようがために買っておいた、

鑑賞チケットの、使用期限が今月末だったので、

何か見なくては。しかし「雪の女王」は混雑してるし、邦画はつまんなそうだし、

スパイダーマンは吹き替えだし、こうなればクレヨンしんちゃんしかないか。。

と思うていたところ、ちょうど良い昼の回で、

南北戦争前、奴隷制が維持されている頃の話がやっているとあり、

ブラピも出てるから良いものに違いない――と、揚々と出かけたところ、まー、重い。

 

自由権を得ている黒人音楽家が、悪い白人2名に騙され、

ワシントン興業中に泥酔したところを、「南部から逃げてきた奴隷」ということで、

逮捕、強制送致、売却。

一応は知的階級にいたので、奴隷としてもある程度活躍して、主人に気に入られたりするのだけど、

それが気にくわない、白人の管理人と喧嘩。

そこを追い出されて、より悪辣な環境の綿花畑で働かされる。

そこで働いているうち、「俺は正義を愛するぞ」と豪語する白人青年がアルバイトにやって来たので、

こいつに「俺は自由黒人なんだ。通報してくれ」と、小銭ながら全財産を渡し、依願したところ、

裏切られ、もうボロクソ。

 

主人公は、農場夫人に一応目をかけられるのだけど、

そこの農場では、主人が黒人奴隷の女に懸想しており、

夫人はそれが憎くてならぬ。よって常にギスギスした空気が漂っていて、

黒人奴隷女から「私を殺して」と頼まれるも、できないと断ったところ、

しばらくして、些細なことでこの女を鞭打ち刑に、主人公が処さにゃならんくなる始末。

 

……と、まあ。

絶望と陰惨の中、青年バイト、カナダ人のブラピがふらっと現れて、

「奴隷制はもう廃止されるべきだよ」

なんてことを口走って、農場主と口論になる――のを主人公見て、

「俺は本当は自由黒人なんだ。助けてくれ」

と再度頼み、今度こそ救われて、家族と再会。。。めでたしめでたし。

 

「どうせ、感動の押し売りなんだろうけど!」

とか思うておりましたが、済みません。徹頭徹尾、陰惨でした。

陰湿でした。

酒を飲もうとしておりましたが、とてもそんな気分になれませんでした。

ズシーン、ズズーン、ドーンという感じ。

 

個人的には、制度として是認されている奴隷にしても、

あそこまで非道に扱えるものかという疑問が、ずっとぐるぐるしておりまして、

たとえば、「売るなら母子一緒に」と懇願する「商品」を見て、

顧客の白人紳士が「一緒にはできないか。かわいそうじゃないか」と尋ねてましたし、

「こら、うちの財産を返せ!」と、紳士が連れ去られそうになる奴隷を取り戻し、抱擁をかわしたりするのですが、

せめてそういう人が大多数じゃなくては、制度として持たないのじゃないかと思うのです。

 

無論、悪魔のごとき非道な奴はいたのでしょうが、

あそこまで極悪陰惨な奴ばかりじゃなかったんじゃないのと、思いたくなるのです。

映画の中で、白人の子を産み、無事に「自由黒人」となった女性も出てきましたし、

そこは公正に描かれていた気がしますが、

それにしても、人間、あそこまで人間じゃない感じになれたのですか。。。とおそろしく、

いやはや、ヘヴィー、ヘヴィー。

 

ガンダム「ポケットの中の戦争」個人的にはジオン方で一番好きなケンプファーが、あっさりやられたのが意外。

これもズーン、ズシーンとヘヴィーな一本。

ビデオカメラが大きいとか、公衆電話が並んでるところとか、時代を感じつつ、

こんな地味なやつを、よくつくったなあと感心しきり。

 


2014/05/01

ディズニー映画が人気らしいですね。

前に「プリキュア」を見に行った際に、この「雪の女王」で行列ができてて、

それがまだ話題になってるのですから、いやはや、まったくもって大人気です。

 

あたくしはたぶん見に行かないので、

あらすじをがっつり聞きまして、いくつか、ほほうと感心しております。

 

又聞き梗概。

ちがうかもしれませんが、聞いた限りを全部書きますので、

これから見るんだという人は、読まん方が良いですよ。。

 

---------

 

アナとエルサの姉妹がいて、姉のエルサは、触れるものを凍らせてしまうという特殊能力を持っていた。

幼い頃は仲良く遊んでいたけど、あるとき姉の特殊能力が発動して、危うくアナを殺しそうになったので、それ以降、姉は妹をつき放して一緒に遊ばない。

妹の方は、記憶障害を起こして、姉がどうして自分に冷たくなったのかが分からない。

 

それから何年かして、姉20歳のとき、

戴冠式をしなくちゃならんというので、引き籠もりの姉も仕方なしに外へ出てきたが、妹が通りすがりの王子様に求婚されるのを見て動揺。

隠していた特殊能力が発動して、参列者たちから「魔女だ魔女だ」と指差されて逆ギレ。

王国全部を氷に閉ざして、山に引きこもってしまう。

――この雪山への逃避の際に、有名な主題歌LET IT GO を歌う。

 

妹、寒いから姉を迎えに行くが、その途中で、お城出入りの御用商人と行き会って、彼とともに姉のもとへ行く。

けど姉は頑固なので妹を突き放したところ、そこで例の特殊能力が発動して、妹の胸に氷が突き刺さってしまう。

「このままじゃ妹は死ぬ。真実の愛で氷を溶かすんだ」

と言われるので、姉があたふたとお城へ戻ってみると、妹に求婚していた王子様は、王国乗っ取りを企む小悪党だったので役に立たない。

仕方なしに姉が妹のもとへ戻り、抱きしめたら真実の姉妹愛が発動して、妹復活。

王国にも春が訪れて、めでたしめでたし。

 

……といった感じだと聞いたのですが、

さて、いろいろ興味深い点があります。

ディズニー初のダブルヒロインとかは割と言われていますが、あたくしがおもしろいなーと思うたのは、

 

1)主題歌の位置

美女と野獣とか、アラジンとか、ディズニーが歌に金を惜しまないのは、毎回感心してるのですが、

この歌が、「引き籠もりはやめて、これより我は、ありのまま、雪の女王として生きるのだ!」と、

逆ギレした姉の心情を歌ってる点が、不思議だなあと思うたのです。

美女と野獣、アラジン。

どちらも、主人公たちの心が交流する、言わば一番の主題ポイントで、主題歌が流れると思うのですが、

これは、中盤の盛り上がり部分での歌。

レ・ミゼラブルでいえば、抜群に盛り上がる One Day Moreと同じ。

良いも悪いも、人気になってるので良いに決まってるわけですが、

案外、制作陣が意図した以上の、すごい歌ができてきたので、

これが主題歌になったちゅー事情があったんじゃないかなあとか思いました。

 

2)姉妹愛と脇役の御用商人

普通のディズニーだったら、妹を助けた御用商人が真実の愛パワーを発動させようなものですが、

姉妹愛が世界を救うた点は、まー、これは割と言われている気がしますが、不思議な気がしました。

身分違いもありますが、ここもあるいは、

製作して行く中で、案外姉妹の造形が優秀に仕上がったので、

こりゃ姉妹愛を主題にした方が良くね? とかいうので、結末が変更されたんじゃまいか、

とか思ったりしました。

 

3)姉の特殊能力について、解説なし

別に良いのですが、姉がどうしてこんな能力を身につけたかについては、解説が無かった模様。

というわけで、ストーリー構成としては、大穴が空いているわけです。

姉の特殊能力がもたらした災禍は、結局のところ、原因が解明されておらず、

根本的な解決は先送りにされたに過ぎない。

そんなことはおとぎ話ですし、ディズニーですし、良いのですが、

そういうものが含まれた筋書きだからこそ、上記の1も2も、

当初の方針を遙かに超える良いものが浮かび上がってきたんだろうなあと感じさせるのです。

 

 

 

……とまあ、実際に見ればもっといろいろ思うこともあるでしょうが、

あたくしはあの手の絵がどうも嫌いなので、人から話を聞いて、満足しておくのでした。

 

繰り返しますが、人気があるちゅーことは、おもしろいちゅーことで、それで良いのです。

揚げ足を取ろうが俺は嫌いだとひねくれようが、そんなものは見苦しいだけです。

ちゅーことで、あたくしの興味は、おもしろさや特色はどこじゃろな。参考になる箇所はあるかいな。

というところに尽きます。

 

考え込んで、作り込んで、練りに練って成形したものというのは、

案外、凡百のつまらんものにしかならないのだなあと、ふと「銀色の髪のアギト」を思い出しました。

 


2014/04/30

小説やろうと思いつつ、修論をせっせと書いております。

良いものが出来上がる気がしておりますが、たいへんです。

そして当時の時代背景を知れば知るほど、楽しくなってきます。

 

それもこれも、実際のところは早く、

この修論の素材をつかって小説を書きたいがためなのですが、

もうちょっと、資料整理を進めなきゃなりません。

 

で、その時代劇構想ですが、

なーんか、こう、、、何じゃこりゃ、というのをやりたいのですね。

文体。

時代小説の文体というのが、まあ、ざっくり言って、あると思うのですが、

そういうのじゃない、何か、こう、新しいもの。

何をどうしたら良いのかが分かってたら、こんな愚痴は書いておりませんが、

何か、何か。。。ねえ?

 


2014/04/24

そういえば、三島由紀夫「豊饒の海」四部作の感想を書き漏らしてた。

 

……1巻、2巻と進むうち、よろしくなくなった感。

そして4巻の最後、つまり割腹死する前に、彼が至った結論が、

まことに、惜しいと思われました。

3巻の半ばくらいから、もう結末というか自分の死を急いでいた気がしてなりません。

 

 



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について