目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

101 / 444ページ

2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)

てきすとぽいのオフ会に参加して、ひとつ書きました。

「バッドエンドについて」

http://text-poi.net/vote/51/11/

 

さて、てきすとぽいのオフ会、遅刻して入場、

すでに執筆会が開始されていたため、みなさん無言でカタカタ。

「誰だろう?」

と思いつつ、てきすとぽいのクラゲさんとは面識あり、チャットでもおなじみの声だったので、

安心して、ビールを飲み始めてました。

 

ちなみにあとで察するに、テーブルの向こう側に、晴海まどかさん、犬子蓮木さん、永坂暖日さん。

こちら側に、くらげさん、あやまり堂、くらげさん2(←そういえばお名前聞き忘れました。失礼しました)。

カラオケボックスで、マイクなど見向きもせず、一同PCを広げて、無言でカタカタやる空間でした。

 

さて、てきすとぽい執筆会のテーマは、

「バッドエンド」

ということで、何も思いつかず、もうこりゃダメだと、日記を書くことにしました。

が、日記じゃさすがに出せないので、一部にフィクションを入れました。

そんなわけで、以下、フィクションを取っ払い、日記を追記した日記。

 

いざ中国製の安いPCを捨てて、待望のソニーVAIOを購う時きたれりと、

意気揚々、ネットより発注した矢先、ソニー本社において、

VAIOブランドを外資へ売り払う決定がなされた模様。

すなわち、
「これはバッドエンドではないだろうか?」
と思うたのだけれど、さほどバッドでもなし、そもそも、
「ソニーのVAIO!」
を入手できるのだから、むしろグッドじゃないかと思うので、
何がバッドエンドであろうかと、さらに考えたところが、
「ふひひ、書こうとした小説が最後まで思い浮かばないことがバッドだぜ」
で、幕引きを図ることも考えたのだけれど、その程度の発想をする人なんて無数にいるだろうし、
「じゃあ、この雪だ。東京に遊びに来た挙句、この大雪で新幹線がとまって家に帰れない。
停電も起きた。ああ何て悪い結末だ!」
と言ってみたところが、やっぱり、おもしろくも何ともない。
 
思い返せば、放送大学のゼミへ行くべく、
乗り換え時間を完璧に調べた鈍行列車が、大雪のせいで沼津の手前で遅延したことから、バッドの始まりで。
ちなみにあとできけば名古屋は雪だったようだが、豊橋~静岡は、絶賛雨降りで、
「大雪の予報も、気温が下がらなかったんだな。天気予報め、いい加減なことを言いやがって」
と思うていたのだけれど、電車が沼津へさしかかる辺から、みぞれになったから、
「ああ、箱根は雪か」
なんて、熱海へ入ったら、そんなレベルじゃない大雪となって、驚くというかあきれる。
さらには、乗り込む予定の快速アクティが運休となり、遅刻確定。
先生にメールしたら、
「新幹線も、影響が出ているようですね。気をつけて」
なんて、すみません、鈍行ですなんて今さら言えず。
 
結局、50分遅れてゼミに参加。
飯も食ってなかったから、何だか妙な精神状態での報告となりました。
報告自体は、悪からず。
 
さてそれから。
 
あたくしの好きな植田陽貴(うえだはるき)さんの入選絵を見るべく訪れた渋谷で、
雪の中を歩き始めたことが、本格的なバッド始めだったかもしれない。
渋谷は坂の町で、会場のトーキョーワンダーサイトまで行くのが、たいへんな難儀。
雪の積もった坂道、つるつる危ない思いをして、
ようやくたどり着いた「新しい芸術文化を創造・発信するアートセンター」たるトーキョーワンダーサイト。
 
さぞや外観からして、シャレオツな、アーティスティックな匂いがするに違いないと期待していたのですが、
何のことはない、勤労福祉会館という、古ぼけた無気力な公共施設と同じ建物で、
とりあえず中へ入ってみたら、今度は見物客ひとりもなし。

閑散。

 

「ワンダーシード2014」というこの公募展は、

35歳までの若い作家の小品が108枚。ずらずらっと並べられて、
見て楽しみ、また実際に買うことができるというもの。
昨年は、640の応募があったとありますので、
今年もそれくらいか、もっとあったのだと思われます。
 
中はともかく閑散としているので、いや、これは静かに見られるからラッキーだと思うたものの、
まあ、何です。
108枚の大半が、デザインフェスタや、GEISAIでも感じたように、
どこかで見たようなものの亜流、ちゅか、劣化版がまことに多い印象で、

やっぱり、ガッカリいたしました。

入選作は、全部こっちから見ることができます

とはいえ、大半がすでに売約済であったので、あたくしの感想など何だって構いませんね。

個人的な好悪で述べるなら、うえはるさんと、あと西田知代さんという人の絵は、好きでした。

 
さて時間を見れば、16時50分。
原宿にある浮世絵の太田記念美術館までは徒歩13分。
展示は17時までなので、最初から無理と知っていましたが、
しかし欲しいカタログがあるので、それだけ買いに参ろうかどうしようか、
躊躇しつつも、せっかく来たのだからと、歩くことに決める。

 

そうして、原宿まで歩いたその間、ずっと細川護煕の選挙カーが横を走っており、
ガラス製の、パンダのオリみたいな荷台に、二人のおばさんと、一人のおじさんが乗り込み、
赤い服を着たおばさんがマイク握りしめて、
「細川護煕、細川護煕。ほ、そ、か、わ、護煕。ありがとうございます。ありがとうございます。助手席に乗っているのが本人です。最後のお願いに参りました。細川護煕。細川護煕。道の反対側からも温かいご声援、ありがとうございます。細川護煕。細川護煕。脱原発。原発が一台も稼動していない今がチャンスです。日本の未来は東京が変える。細川護煕。細川護煕。明日の選挙ではどうぞ、細川護煕、細川護煕を、皆様、何卒よろしくお願いします!」
 
あ、本人が乗ってるのか。

TVで見た人だ、写真を撮らなくちゃとばかりに、携帯を撮りだし、走りすぎる横をパシャ、

とやったのですが、速度を読み誤り、助手席の本人ではなく、ガラス檻のおじさんが撮れたばかりで、

ああバッド。

 
そのくせ、選挙カーはノロノロと走るので、徒歩のこちらとさほど速度が変らず、
原宿までのシャレオツな、雪で人気の無い道に延々と、
「細川護煕、細川護煕。あたたかいご声援ありがとうございます。助手席にいるのが本人です。ありがとうございます。明日の投票では細川護煕。細川護煕。どうぞよろしくお願いします」
と聞かされ続けるバッド加減。
 

その後、細川護煕が行き過ぎた頃合に、狙いどおりの、浮世絵カタログを購入して、

さてオフ会の新宿へ行こうと、原宿駅までの道を歩き出したら、遭難。

原宿駅近くの、高級住宅地の袋小路に迷い込んでしまい、

黒猫さんのオフィスを尋ねて、

「駅へはどう行ったら良いの?」

と聞いたら、ここは行き止まり、戻れ戻れ、と言われて茫然。

田舎都市では絶対にあり得ないぞと、東京のおそろしさを思う。

 

そうして、オフ会。

あ、その前に新宿駅で「細川護煕」に遭遇。

でもこっちはさすがに全体が騒然としてますし、宇都宮という人も叫んでいたので、

渋谷原宿ほどのインパクトはありませんでした。

 

多少しゃべって、多少呑んで食って、雪の具合、電車の具合が不安なので、少しだけ早めに退散させてもらい、

あたくしが山手線へ乗り込んだのは、予定の30分前。

多少遅れても、山手線が動いてる限りは大丈夫さ! 30分も余裕があるぜ!

と思ったら、山手線動かず。

「この先、大崎駅列車ポイント故障のため、運転見合せてまーす」

泣きそうになったところ、10分ほどで動きだし、安心したら、また停止。

「この先、大崎駅列車ポイント点検のため、運転見合わせませてまーす」

泣きそうになったところ、10分ほどで動き出して、安堵の涙を流しそうになったところ、

品川の手前、大崎で停止し。

「池袋駅ポイント故障のため、運転見合わせまーす」

違う箇所!

そのまま、延々20分も停止。

もうどうすんねん、殺す気か。

ちゅか20分あれば歩いたって品川に着くんじゃねえのか。おいこら! どうにかしてくれ! あと一駅なんだから!

と心拍猛打しているうち、

「ちょっと点検中ですが、一駅だけ動きますー」

と放送。

 

結局、40分遅れで品川到着して。

「うああ、新幹線の3分前! 何これ。すごい。奇跡。でもとにかく間に合う、間に合う、間に合うぞー!」

と、全力疾走で、新幹線乗り場へ駆けつけてみると、

新幹線も、遅延しておりました。


2014/02/03

Sony VaioのノートPCを発注。

結局、いわゆる普通の、ノートPC。

それがもっとも安く、軽く、薄く、あたくしの使い勝手に最適だと思われました。

電車で、膝の上でカタカタやるのに、Vaio Tap やらsurface pro2では、

たいへん使いにくいと思われまして、

ちゅか、タッチパネルの無い方が安いし薄いし軽いなら、無しで良いじゃないか。

余計な機能をつけて重厚壮大にしてしまう愚かさといったら無い気がしました。

 

ちなみに今使っている、ASUSのノートPC+互換重厚バッテリで、1.7キロほど。

Vaio tap, surface pro 2 キーボードと一緒で、1.1キロとか、1.2キロ。

発注したVaio Pro 11は、870グラム。しかもバッテリ11時間。

楽しみであります。

 

ついでに、一太郎2014のプレミアム版を予約。

放送大学学生なので、アカデミック版。学生証を見せるだけで良いのですね。

プレミアムじゃない安いやつもどうかと思うたのですが、

ぜひとも辞書は欲しい。

と、これは、余計な機能が欲しいものに合致していたので、良いと思う。

消費者は勝手なものです。

 

SFロボットもの長編を放擲して、

てきすぽどーじん7号に載せるやつの、続きを書き始めました。

結論としては、放擲長編は、主人公の造形に、失敗しておったようで、

そもそものキャラクタ造形に失敗しているものは、如何に修正しようが、

書き直さない限りは無理だ、としばらく放棄。

最初からやりなおす気力が戻るまで、適当なやつを続けるほかありません。


2014/01/28

ASUSのノートPCに、ごっつい互換バッテリーを挿して使用しているのですが、

さすがに重たいのと、XPが終ると喧伝されてるのと、

CG多用したアニメを見てると、コマ落ちしてしまうというひどさがあるので、

そろそろ買い替えようと思います。

 

というのも家電屋へ入って、触ってみたら、案外と、

Microsoft Surface Pro2 がよさげで、

現下のところ予約受付中止中という人気ぶりも気分良く、

じゃあ、予約再開したらこれを注文しようとネットを見ていたら、

案外と、Sony Vaio Tap 11 が良いかもと思われて、

でもでも、一太郎とビデオ再生、あとはちょっとネットができれば満足だとすれば、

数万安いASUS Tap でも良いなあと、ちょっと悩ましくなりました。

が、おそらくは、Vaio Tap 11 にします。

もう大人ですし、良いものを選びたいです。

 

そんなこんなで、携帯電話も、替えます。

惰性で長くauのガラケーを使っていましたが、

それをとうとう廃し、PHSにします。

それにしても、携帯電話のCMって、全部バカみたいですね。

 

まー、そんな感じで、身近なものを更新して、

遠からず団地を引き払って、建て替えた新しい実家へ入ろうとか、

徐々に変って行く感じがあります。

 

小説は。。。


2014/01/27

それにしても、ドキドキプリキュアの最終回はひどかったですね。

最終回の手前で、新プリキュアの作画に忙しくなるのか、

作画がおかしくなることは、過去にもまあまああったと思いますが、

最終回にそれが発生すると、さすがに悲惨であります。

 

キングジコチューのデザインもぞんざいなら、せっかくのアクションも、動かない。

そして適当な爆発でお茶を濁す始末。。

と、そんな中で、主人公キュアハートが、キングジコチューの精神攻撃により、

心を悪に染めて倒れたAパートエンド。

この超展開には、おお、最後にやってくれた! と喝采したのですが、

Bパート開始とともに、「自然に」回復。

そしてブリーチのごとき変身を遂げて、圧倒的武力で大ボスをあしらい、終了。。

 

ああ、これだったらせめて、悪に染まった主人公のもとに、

シルエットだけのハピネスチャージを登場させて、

励ますとかする劇場版展開を使った方が、よっぽど良かっただろうに。。

見るべきところは、エンディング2期のCGクオリティだけのようでした。

なむなむ。

 

あれです、生徒会長にしてバカ、という主人公設定が、

根本的な失敗要因かなあと思ったりしますが、どうでしょう。

しかも、今回の敵が「自己中心」だったので、

主人公、もしくはパートナーがゴリゴリ話を進める、という展開が使えず、

結果、主人公が曖昧模糊としてしまった感じがあります。

 

キャラクタデザインも好かず、こまかに分析したくなるような要素もござんせん。

 

それにしても、キョウリュウジャーの脚本がたいへんすばらしいので、

間もなくおわってしまうのが、まことに残念。

というか、不安。

仮面ライダーは、もはや見るに堪えないので、

ハートキャッチの再来と噂されるハピネスチャージに期待を。。

 

と、小説も書かずに何をぼんやりしているのか。

。。。と、こうしてぼんやりしているということは、やっぱり小説がおもしろくないということで、

何でしょう、てきすぽどーじん7号のために書いた、

短編が、まっことに会心の出来といえるもので、

遺憾ながら長編が、その水準に達していないのは確かで。

これを、どうにかしなければ、と思い続けている次第。

というかこの際、短編を第一章にして、続きを書いた方が良いのか、

とか思うたりたりたり。


2014/01/22

三島由紀夫「豊饒の海・春の雪」が、おそろしいです。

まだ序盤しか読めておりませんが、何ちゅか、もう日本語が。小説作法が。文章の呼吸が。

現代っ子ですから、豊饒の海を書き終った作者が、そのまま腹を切るちゅーことを知っていて、

読んでおるわけですが、いやはや、ありゃ、もう死ぬしか無いだろうなあと思わせます。

もう、すべてでしょう。

この後、如何なる展開が描かれてるのか、知りませんが、

まー、知らないことの幸いさ。

 

ちょっと前に、この「春の雪」を映画にしていたような気がしますが、

古今あらゆる小説の映画化映像化の企てに対して、初めて、

 

ぱか

 

と言ってやりたくなりました。

映画は見てません。

映像化しようとした企んだことそのものが愚かだと、初めて思うたのです。

あれをどうしたんだろう。あらすじを撫でるだけにしたのかしら。。。

 

いやー、すごいなあ、三島由紀夫。

日本語ってすばらしいなあ。



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について