目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

114 / 444ページ

2013/11/22

 

長編「天魔の所在」を、投函。

あとは電話が鳴るか、評価が読めるかですので、

当面、忘れ果てようと思います。

 

そして、わたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳の各巻を、

アマゾンKDPに並べようと、ひとまず第一巻の発行申請。

ブログは閉鎖しないので、無料キャンペンは付けられませんが、

もっとも安い99円で並べます。

でも全部で15巻もあるので、そろえると1500円もかかります。

(と、こう考えると、全集とかシリーズものって、もうかるのですね。。。)

 

個人的には、あと、

「宇治拾遺 下ネタセレクション」

「宇治拾遺 武将ものコレクション」

とかやってみたいです。

せっかく3年費やしたのですから、色々やって良いのだと気づきました。

 

さて明日、放送大学で、久しぶりにゼミがあり、

今回は無事に、発表資料も整え終えてるのですが、

これ、来年修士論文がでけたら、小説にしようずと、そわそわしております。

研究と小説は別腹かなあと思うてましたが、

こればかりは、あたくしにしか書けないものだと確信して良いと思いますし、

人物が見えてくるにつれて、もんもんとしてきました。

うまく書けるかしらん。

 

退屈まぎれに、過去の小説ファイルを集めて、どこかに保存しようと、

整理しているのですが、けっこう、保存漏れがあって面倒くさいです。

ちなみに、もともとは、何かをKDPにして賑やかしを作るつもりでしたが、

やめた方がよろしかろうと思い直し、

とりあえず、自分だけのために、ファイルをかき集めております。

 

<以下メモ>

 

というのもあれです、KDPなど、読んでやっても良いぜという読者を想定しては、

どうもあたくしは落ち着かないというか、もやもやするというか。

普通の小説は、普通、読まれないわけで、

そこに「ナントカ賞受賞!」という質の保証と宣伝が重なることで、

ようやく、不特定の人が読むかもしれない水準に来る。

 

あたくしは、読書として、知り合い、知り合いの知り合いの小説を選ばないので、

自分のものが読まれる時も、おそらく、

知り合い、知り合いの知り合いの範囲が読むというところに、

落ち着きを感じないのだと思われます。

 

というわけで、何ら実績も無い状況では、何を公開しようが、

要するに自分が宣伝して、知り合いを広げて行くしか手がないようなもので、

ひょっとして、口コミ発で爆発的に売れる可能性はありますが、

そういうものなら、投稿すれば賞がもらえるはずであり、

知り合いの知り合いネットワークが、あたくしには落ち着かぬものである限り、

KDPやらで小説の公開を考える必要は無えやと思いました。

 

これが、「宇治拾遺の現代語訳」とか、ずばり何ものか明かなものは、

大丈夫、まことに落ち着きます。

知った人が読んでくださるのは、もちろんたいへんありがたいですが、

日々ブログを眺める200とか300の方は、基本的にはあたくしなぞ、まったく知らず、

ただ宿題の足しにしようとか、暇つぶしをされてるに違いなく、

そういう何者か知れない、ぼやぼやした人のもとに届けようとするものは、

あたくしには落ち着きが良いです。

 

普通の小説は、普通、読まれないという立場に来ると、

実用書が売れるちゅーのも、納得千万で、

また、修士研究を踏まえた歴史小説を書く価値もあるし、

時代劇ファンタジーよりも、何の何という歴史小説。

すくなくとも、ライトノベルで、

何か、主人公とヒロインがわーわーしていて、

敵がでてきて、ぐちゃぐちゃになって、

わーっとなって、どんでん返しがあって、ハッピーエンド、

というようなものを書いていては、あたくしは、ダメなんだろうなあと、

そういうものの投稿を終えたところで、思案しました。

 

なむなむ。

 


2013/11/18 (あらすじの書き方)

そんなこんなで週末、長編が書き上がりました。

題名は「天魔の所在」としました。

 

カタカナ地名の西洋ファンタジーでやった初稿を、

日本の南紀州に変更、全体もざくざく改編したので、

妙なものになりましたが、まー、できてよろしうございました。

 

ところで、皆々様、原稿応募でもっとも面倒くさいのは、

なんといっても「あらすじ」「梗概」だと思われます。

 

さあ書いたぞ出すぞ大賞を取るぞ! 

と意気込んで、百枚とか二百枚を印刷したところで、

「あ、あらすじを書かねば!」

と、実は書いてないことは知っていたのだけど、この期に及んでは逃れがたく、

「あばば、あらすじ忘れてた」

などと、ことさらにツイッタなんかに書き込んだりする、恒例行事。

 

時に今回、あたくしは、

初稿→放置→第二稿→完成稿

 →表紙・あらすじ作成→原稿枚数不足に気づいて愕然→50枚追加の印刷稿

という流れでやりまして、たいへん具合が良かったことを、

ちょっとご報告いたします。

 

……簡単にいえば、

 初稿→あらすじ作成→修正・完成稿

でやると、具合がよろしいのではないか、ということです。

 

毎度、あらすじを書きながら、

「ああ、この辺物足りないなあ」

「この辺不親切だから書き足さなきゃ」

「ここ意味不明」

と感じますし、

今回そこら辺を中心に手直ししてたら50枚があっという間に稼げたので、

まことに具合がよろしい。

 

短めの話だとか、複雑な話もうまく書ける人はよろしいですけど、

あたくしなどは、何度も何度も何度も練習を重ねるしかないですし、

あんまりプロットもつくらないので、このやり方は、割と具合が良いかなあと、

思ったりしたのでした。

 

 


2013/11/15 (マレーシア感想2)

突貫で再訪馬。

(マレーシアは、馬国と書く模様)

 

ひとつ、前回の旅メモで、誤りがあって、

マレーシアの電源プラグが万国共通式だと思うていたのが、

それは当時宿泊したホテルだけの話で、

今回のホテル、また街中を見ると、すべて英国式のやつでした。

 

とはいえ、合理的な連中だという印象は変らず、

たとえばタクシーの運転手が、最初マレー語で会話していたなあと思うたら、

まったく自然に途中で英語に切り替えて喋っており、

言葉の切り替えは簡単なのかと問うたら、

難しいものなの? と反問されたほど、言語選択も合理的。

 

本は、他の物価からすると、総体に高価な印象。

英語の本は、イギリスから輸入していると見えて、ポンドの定価と同額。

ペーパーバックが1000円、1500円。

一食が150円とか200円でたらふく食える世界なので、本は相当に高直。

あたくしがロンドンにいたころによく見た、Buy 1 get 1 half priceといった特売も、まず無し。

それゆえか、本屋に人は少ない印象。

マレー語、英語、中国語の本を並べなくちゃいけないので、売る方もたいへんだろう。

 

今回は初めてバスに乗る。

運転乱暴、窓は汚い。

が、まあ乗れる。

バス停で、地図を眺めつつ待っていたら、猛烈な勢いで通過していったのには閉口。

タクシーで500円とか、下手すりゃ1000円くらいする区間を

わずか60円で行くのだから、ありがたい。

ペナン島のバスは、乗車時に行先を叫んで、料金を先払いする。

 

お金、

小銭というか、1リンギット紙幣は大量に必要。

50リンギット札を出そうものなら、必ず「小さいの無いのかよ」と言われる。

ホテルで必ず崩すべし。

今回は、朝食をホテルでとらず、外の屋台で食す。

200円ほどで烏龍茶とあたたかな麺。満腹。

 

そんなこんなで、また12月に訪馬するのですが、

その前に、ひとつ講談社BOXへ送りつけておきたいと思います。

前回の機内で完成させたと思うたら、規定枚数に足らず、50枚ほど追加。

今回の機内で40枚ほど追加できたから、まー、良いでしょう。

 

出発前にあらすじを作成して、

「なんか、この辺説明不足だなあ、不親切だなあ」

と感ずるところがあったので

そこら辺を追加していたら、50枚などあっという間。

 

 

時に、「てきすとぽい杯」で、ひとつ書きました。

発酵人種

という話です。

笑える話を企図したので、読んで、笑っていただけたら嬉しいですね。

特別賞《アイロニカルTSUTSUI賞》

というのをいただきました。

こちらパブーにありますので、他の作品とあわせて読んでみたら楽しいかもしれません。

 

もうひとつ、

中食論

というのを、てきすとぽいの「食欲の秋 くいしんぼう小説大賞」で書いています。

これも笑える話を企図していますので、笑っていただけたら幸いです。

 

あと、「みんなで、ほっこり ハッピー・クリスマス掌編賞

にも一つ、載せる予定です。

「おならサンタ」

これまた笑える話を企図していますが、どうでしょうか。

 

そんなこんなで、SFロボットものが書けていませんが、

書けてないということは、きっと無意識的に避けているということで、

何か根本的におもしろくないことになっているのだと思われます。

 


2013/11/06 (マレーシア感想1)

そんなこんなで、バタバタしておりますが。

忘れてしまわぬうちに、マレーシア出張のことなどを。

 

遊びに行ったわけではないので、時間がほとんど無く、

行って、帰ってきただけのような気がするのだけれど、

マレーシアは、何ちゅか、きわめて合理的なところだなあという印象。

前に行ったタイ、インドネシアに較べると、人々に愛想が無いような気がするのだけれど、

それも合理性の表れだと思うと納得が行く。

お店とか、別に接客態度が悪いわけではなく、愛想なんて振りまく必要あんの、という感じ。

話せば良い人たち。

 

合理性でいうと、今回、地元の飯屋へは行く機会が多く、

一つの屋根の下に、麺、飯、炒め物、海鮮、そして飲物売などの独立店舗が入っていて、

お客は適当に注文し、共通テーブルへつき、お金を払う。

フードコートをもうちと簡素化したようなもので、これもまことに合理的。

 

スーパーへ入り、土産に漫画やら絵本でもと思うて眺めると、

「16 stories in 1 book!」

のたぐいがとにかく多い印象。

シンデレラ、白雪姫、ピーターパンといった話が、一冊に。

まあ、お得。

でも個人的なお土産には不向きと見て、土産はシンガポールの空港で購入。

 

合理的なものの最たる例といえば、コンセントの形状かと。

基本的にはイギリス式なのだけれど、ハナから日本の形状、他のものがささるように、

穴の形が工夫してあるから、変換器を持ち込む必要がない。

(もちろん変圧器は必要。でもノートPCなどでは不要ですし)

 

近いうちにもう一度行く機会があるので、その折にも、またあれこれ眺めたいものです。

(眺める時間などあるかしら。。)

 

で、帰国早々、例の、大学時代の恩人に還暦祝いを渡すべく、

高島屋へ参り、薩摩切子の赤いグラスに、純米大吟醸を買っていそいそと、

学祭している母校へ出かけると、

はや夕刻で、学祭の片づけしているだけ。

 

それにつけても、頭の中は大学卒業時から変ってない気がするのだけれど、

大学生たちのキャピキャピ感には、唖然。

そんなに時間が経っていたのだなあ。。

 

マレーシアへ行くに、厚めの文庫をと、

西尾維新「クビキリサイクル」を持参、これがたいへんおもしろいので、

まことに舌を巻く思い。

くそー。

 

ともかく、10月末に投稿しようと思うていて、間に合わなかったやつを、読み返したので、

またもや講談社BOXへ送るべし。

同じく飛行機などでやろうと思うてた長編、修士論文のやつは、思うようにやれず。。


2013/10/29

そうそう、落選を知った直後の昨日、

メディアファクトリーJから評価シートが届いてまして、

一次通過だけはしすませた特典か、

いろんな観点からの点数付けと、

3人の審査員(下読みさん)コメントが付いてました。

 

その中では、文章、描写が物足りない、と書かれていたのが意外。

だいたい、これまで文章だけは良かったので、

何かを掛け違えていた模様。

そもそもこれは、前にスーパーダッシュで落ちたやつで、

文章良好、の評は得ていたようなやつを、書き直したもの。

 

ということで、書き直しによって、何やらが変ってしまったのだろうなあと、

ぼんやり考えておりますが、まあ、結句は、

 書き直したところで。

という感じで、一次通過、二次通過が目標ではないので、

爆発的におもしろいものを目指して、新たなものを書かねばなりません。

 

ちなみに講談社BOXでも、メディアファクトリーJのやつでも、

アイデアは良かったが云々、とあるのを、

まず、とりあえず一つの到達点と見ておこうと思います。

これまで、文章はともかくありきたり、といった評を受けていた気がして、

何はともあれ、引っかかりというか、平凡ならざる着目点を示さねばと思うていた次第で、

非才の身なれば、ちまちまと進んで行くしかないわいなあと、ぼんやり。

 

そんなこんなで、新たにコレクションに加わった評価シート、見たいという方がいましたら、

そのうちこっそりお見せしますので、ご連絡くださいー。

 

が、個人的には、あんまり評価シートを集めても仕方ないですし、

これからは講談社BOX一本化で良いかなあという気がしてきました。

座談会とか選評読んでると、何度も出してるうちに、編集者の人の記憶に残るようですし。

 



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について