目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

123 / 444ページ

2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)

 

ぼちぼちと、宇治拾遺物語現代語訳ブログへ、全話掲載できる運びとなりましたので、

せっかくだから何かしようじゃまいか、

そうだ、KDP小説無料キャンペーンだ、と思いつき、

下記の日程で、無料ダウンロードキャンペーンを実施することにしました。

 2013/10/18 ~ 2013/10/22 「惑星アリスからの帰還船」
 2013/10/23 ~ 2013/10/26 「月と地球と」
 2013/10/27 ~ 2013/10/31 「120年」 ※新規・KDP改訂版

 

3つめの「120年」は、以前の「てきすぽどーじん4号」に掲載したものの改訂版です。

表紙をこしらえました。

 

 

人類史上、十隻目の恒星間移民船。

システムに問題が起きて、当初20年の航行予定期間が120年に延びた、

その静かな船内で、

アキツキとハルカが何かを見つけようとして。。

 

宇治拾遺ブログの目次を改めたり、方丈記ブログに宣伝文句を書いたり、

KDPのキャンペーン登録したり、新規本登録したり。

自分勝手にお祝いするのも、案外、慌ただしいものです。


2013/10/03

ロボットもの長編は、どうも、書き継ぐ意欲が乏しいので、

これは何か根本的なところが間違っているのだと、

といってもまだ序章を書き出してみたばかりなので、

やり直すのに痛くもかゆくも無く、むしろ、書き出してみた人物たちの感触を摑めたので、

停滞も善哉、今しばらく考えねばなるまいと、

修士の研究を進めることにしました。

 

……と書くと、いかにも片手間にやっているようで、ひどいものですが、

とりあえず良いものを仕上げるべく、修士研究のため、せっせと資料を読み込んでいると、

過去の論文なんかで説明されている点が、どうも物足りなかったり、

読み飛ばされていたりするので、

あらあら、これはこれはと、なかなか興味深く、

同時に、表面を撫でただけで知った気になるのは情けないものだなあと、

よろず浅はかなことを述べてきた我が身を恥ずかしく思ったりします。

 

ところで、ヒーロー文庫というところに出していたものが、二次落ちし、

旧知の人のものは見事に通過していたのでなかなかに悔しく、

「あそこは異世界ファンタジーものじゃなきゃだめなんだ」

と、負け惜しみを思うていたのですが、

あたくしが投稿したのも、きっちり異世界ファンタジーだったことに気づき、

それなら仕方ないやと、あきらめがつきました。
 
メディアファクトリーJというところに出している学園ものと勘違いしておった次第で、
そちらはどうなることか分かりませんが、
こんな心掛けからすると、ろくな結果にはならない気がします。
あとは、講談社BOXへ出しているのと、もう一つ講談社の、二次通過で編集者と面談、
というやつへ、これから出すのです。
 
暇な折に「千夜一夜物語」を読んでまして。
時代、世界、文体等々、受け付けぬところはあるのですが、
読者(聞き手)を飽きさせぬための物語、という、
「千夜一夜」の根本的な部分は、どうしても尊敬せねばならんと思われました。
あの物語は、飽きられたら殺されるのです。
 
そんなこんなで、読者のための物語というのを、
猛烈に意識せねばならんわけで、
ここしばらく続けてきた過去作の改稿&再投稿では、
どれも一次通過くらいはすると思うのですが、
爆発的なおもしろさ、強烈無類の引きまでは構築できていないと思うので、
次に書くロボットものでは、そこら辺、強く強く意識しようと思い、
書かずに、修論の研究を続けるのでした。

2013/09/27

この間、東京へ行きまして、電車へ乗ったわけですが、

本を読んでる人など誰もいないのですね。

 

みなさんスマホ。

スマホで本を読んでる人もいるのかもしれませんが、

指の動きなんかをちょっと見たところは、お手軽ゲームやツイッタの類。

そちらの方がおもしろいのだと思われまして、

まー、この御時世に、面倒くさい小説なぞを書こうというのですから、

あたくしなどは、よほど勉強せねばならんなあと、結局そこに茫然。

 

 

 

 


2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)

 

昨日書き漏らしたことなど。。

初回のゼミでS先生に袈裟斬りに遭ったことや、

他の人の中間発表を聞いての覚え書き。

 

大学院においては、「知りたい」ではなく、「解明する」ことが肝要で、

その意味では、通史だの、研究対象にしたいと思う出来事について記された本というのは、

だいたいは、役に立たない。

せいぜい、第一章に記す事件の概要説明に使うだけ。

 

しかも、そこに記されていることは、すでに解明されていることばかりなので、

おもしろい、おもしろいと読むだけでは「研究」にはならない。

(場合によっては、「この点は、これからの研究が期待される」なんて書いてあるかもしれんけど)

 

いずれにしても、それがおもしろい事件であれば、この手の本は何冊も出ているので、

そういうのを片端から買い揃えることで、「研究をしている」気になり、

知識欲に任せて周辺事象、時代風景について読みあさって牽強付会、衒学の徒になって行くのですが、

それらはどう甘く見ても、第一章とか「はじめに」を書くためのきっかけにしか使えない。

 

といった感じで、あたくしは初回のゼミで、

「おまえは何をやっているのか」

と、S先生に叩き斬られたわけです。

 

それであたくしは、大学時代のN先生に泣きつきました。

N先生というのは、哲学の先生で、あたくしが4年の頃には毎週、研究室へ入り浸っていたのですが、

「この時代を調べようと思うのですが、課題が見つかりません」

と嘆いたところ、

「おいおい、それは順番が逆だぜ、坊や」

と。すなわち、

「何か大きな課題があって、それを解明する手がかりの一つとして、まずはこの出来事を取り上げる」

というのが、正しいやり方なんじゃねえのと、ものすごい啓蒙。

 

あたくしの大きな大きな興味は、ざっくり言えば異文化交流。

「ああ、つまり」

日本人にとって異文化とは→異文化受容の時代→安土桃山の南蛮文化→キリシタン思想→不干ハビアン

と、あとは驀地。

あっという間にテーマが絞られまして、具体的な課題は、まだ言葉にならんのですが、

何とかなりそうな予感が手に入ったのでした。

 

今後は具体的な「課題」を確定させる必要があるのですが、

今はぼんやりと、最初の本に記されていた「参考文献」リストを見て、

手当り次第に、リストの「専門書」と「研究論文」をあさり、調べれば良い模様。

 

さらにそれらの資料に掲載された研究論文、の参考資料は、、、というたどり方をして行くうち、

放送大学本部の図書館は、感動的なほどに優秀で、

「これは見つからないだろうなあ」

と思うていた私大の紀要も見つかり、

めでたく、調べなくちゃならんことは、あらかた押さえられたような気がしています。

(コピー代に1000円以上費やしたけど、紀要は手に入らないし古書は8900円とかだったので、大丈夫!)

 

ここら辺のこと、大学でまともに研究していれば「当然だろ。。」と思われるようなことでしょうが、

あたくしには、目から鱗が落ちた感大きかったので、

いつか誰かの参考になるかもしれんと、メモ書きにしておくのです。


2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)

そういうわけで、放送大学ゼミ合宿。

一泊二日で、3つほどに分かれているゼミの学生16名の報告を聞く、という、

だいぶん拷問のような二日でした。

とはいえ、放送大学の日本史ゼミはすべての時代がそろってまして、

縄文の土偶研究から、第二次大戦の捕虜収容所研究まであったので、

そうとうに多様で、聞いていて興味深いものでした。

 

また今回は、G先生という、今の日本史では一番というほどの先生に報告する、

というので、あたくしなどはそうとうにハラハラしてましたが、

体調不良につき途中で帰られたのは、たいへん惜しく思いました。

 

とはいえ、G先生の該博なことはまっこと恐れ入るばかりで、

どの時代の、どんな話が出ても、「そのことなら」と、次々に知見を示されるので、

いや、本当に、すごいなあと。

そして、何よりG先生は、やさしい。。

 

あたくしの指導教員のS先生なぞは、実にきびしいというか、鋭く、

初回のゼミで、あたくしなぞは、せっせと調べた内容が袈裟懸けにぶった斬られた思いをしましたが、

今回、G先生のゼミ学生の報告の中には、あたくしにしてみると、ぬるいものが多々あり、

それをG先生は、「もうちょっとその辺を、やった方が良いかな」と、そのくらいの言い方をされて、

(そのあとでS先生にぶった斬られるのですけどね)

ともかく、研究の進め方という意味では、鋭利なS先生につけてたいへん良かったではないかと、

しみじみ感じました。

 

学生の構成はといえば、30代がちらほら、基本的に50代、60代。

(詳しいことはわかりませんけど)

おじさんたちの興味の多くは、自分の先祖とか、家系に関連することがきっかけになっていて、

しかも皆ひとかどの地位を得た上で、学生として入学してくるので、

何と言っても、あらゆる方面に対応する先生方はたいへんだなあと、ぼんやりしておりました。

 

初日の終った後、夜11時半まで缶ビール等々で呑んでまして、

若い奴など誰も居ないのにと思いつつ、学生気分を見ていました。

 

そんなこんなの鈍行の旅で、またぞろ長編の構想を決め、さっさと書き始めました。

仮題「遙か銀河のディメンション」

ロボットものを書きたいので、どうにか必然性というか、現実味が出せるか、がんばろうと思いますー。

 



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について