目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

138 / 444ページ

2013/08/05

紀伊半島一周の旅。

初日は、那智大社。
まだ見ていないので、これは外せない。
で、新宮に泊る。
宿が危うく無くなるところだった。

翌日は和歌山へ泊る。
新宮を出て、串本、田辺、御坊の辺で途中下車したいのだけれど、
紀勢線はとにかく本数が少ないので、三つは難しい気が。
串本、潮岬。
田辺、旧市街。
御坊、道成寺、ちょっと先の由良町の興国寺。
どこで下車するかは、天気次第で決めようかなあと。。

南紀は、割とおもしろい。
あの辺、とくに愛知県民からすると、そうとう陸の孤島みたいな印象ですが、
寺社の規模を見ても、そうとう儲けていた過去があります。

2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)

ちょっとやってみました。

Lord Morotoki Searched for Monk's Rod

Once upon a time in Kyoto, there was a lord called Morotoki.
One day, an ascetic monk wearing black, short robe with nuts beads visited his residence.

"What kind of monk are you?"
asked Morotoki's man.
The  monk solemnly put his palms together and said,
"This is a santon who discovered the futility of life with these earthly desires. After this, I will leave this position of life and for that, I have already cut off my earthly desires."

"Cutting off your earthly desires. How did you do that?"
When Morotoki asked through his man, the monk flipped up his short robe and croaked,
"Look this."
And by flipping up, nothing straight is seen in his crotch. All saw vegetated hairs only.

"What a noble monk..."
Morotoki admired, but by seeing carefully, he noticed something suspicious in the monk's "bag" hanging in his crotch.
"My men,"
Morotoki called and ordered them to hold the monk.

The monk remained chilled, chanted something and said,
"Do whatever you want."
He then held out his legs and closed his eyes, meditating.

Morotoki demands to his men,
"Open up his crotch"
and called young, beautiful boy of 12-13 years old and ordered
"With your hands, touch and smooth his crotch, up and down."
The boy did so with his soft hands.

"I have already cut off my earthly desires, so for me, this is nothing.."
The monk puzzled.
But Morotoki kept saying
"He seems feel better. Now touch more, smooth more!"
"This is nothing. I have already cut off my.."
The monk gasped, but Morotoki didn't stop his boy touching the monk's crotch, and suddenly from the monk's hairs, a big mushroom-like rob came up and touched hard his stomach several times.

Morotoki and his men surrounded loudly laughed, and the monk also laughed out loud.

This monk hid his straight item into the crotch-bag and pasted more hairs.
And by showing his crotch "cutting off the earthly desires," he asked for foods.
A kind of crazy monk's tale.

(End)


Translator's notes
In Japanese history, to love boys or homosexuality is very common, especially for noble men and priests.
*This is different from the idea of nepiophilia. They educate young generations with enough affection.
The missionaries visited Japan during 16-17 century could not understand this tradition and they were very much disgusted.

Morotoki
Minamoto
Morotoki (1077-1136)
He was good at poems (Waka), and his diary "Choshuki (Long autumn diary" is famous to know Japanese noble men lives at the end of Heian era.
He also had 6 or 7 wives and visited one by one each night.
He must love this type of stories.

Cutting off the earthly desires
This is not "never happened" act.
To practice asceticism, old monks sometimes cut off his finger, leg or even his penis.
To cut off one's penis is named "RASETSU."


......Google+の、稀にしか更新されない Love Japanese Books だったかのコミュニティに、
若い台湾人の作家志望者が、「小説を書いたよ。見てね」と、
英語のKDP本の宣伝をしていたのに触発された感じ。

英語で書けるのかしら、
と不安でしたが、案外やれそうなので、
ぼちぼちとやってみて、いくつかまとまったら、KDPに並べてみたいと思いました。
中納言を Lord と訳したり、あたくしが読み返す限り、割と適当でも通用しそうです。

何ちゅか、KDP作家や、「なろう」作家の大量のツイートを見ていると、
別に小説なら、おいらがKDPに並べる必要無いや、
と思ったりするのです。

ま、いずれにしても、うまくできて量がたまったら、海外出版社へ攻めかかりたいですね。
ラノベを直接英語で書いてみるとか。。。腹案はありますが、どうなることやら。
とりあえず、英語の方が、断然、世界は広いのです。

2013/07/24

長編読み返しが、どうにかこうにか、月末までに出来そうなので、
また室町時代に戻ろうかと。

ただ、ここへ出すべいと念頭においていたオール読物は、
あんたそれ、100枚規定だよと教えられ、
長編300枚を書き上げる意欲が挫けて、
この際、70枚前後をたくさん書いた方がよろしかろうと、
前にも思うたとおりのことが、ふたたび念頭に。

何と言っても、300枚と、70枚とでは、完成するまでの時間が違います、
完成させてこその修行だとばかりに、
明徳記のどこかを、うまいこと切り取ろうと、方針転換。
ということで、またも時代劇途中放棄。
もう、どうしましょう。

ところで、前に書いていた70枚ほどの「KDP作家殺人事件」は、
とっくに出来ているのですが、どうもおもしろくない気がして。
文体とかでもっと遊んで、遊び倒した方が、目が出るやもなんて。



2013/07/22 (放送大学ゼミその2)

選挙の日はツイッタもマスメディアも、何とも盛り上がりますね。
……と言いつつ、昨日は放送大学のゼミのため、選挙などまったく見ておらず、
朝から鈍行に乗り、東京に3時間ほど滞在した後、また鈍行に乗って帰り、一日が終りました。

朝6時半の鈍行にて豊橋を出て、10時頃熱海へ着、
そこから小田原へ出て、高崎線直通で池袋12時半に到着、という前回と同じ路線。
しかも今回は青春18切符が使えるぜやっふーとばかりに、
帰りもフルで鈍行を使ったので、まー、疲れました。困憊困憊。

電車に乗って学校へ行き、電車に乗って学校から帰る、
という何とも学生めいたことをしたのですが、
往路6時間、学校に3時間、復路6時間は、安さのためとはいえ、さすがに酷。

ちなみに肝心のゼミは、前回「おまえは何を言ってるんだ」状態だったところから、
今回、「このまま適当にがんばれ」状態へ進化したので、
まずはめでたく、予想より30分遅く学校を出て、いそいそと東京駅。

当初は、往路と同じルートで平塚まで出て、そこから東海道線、熱海、沼津と来て、
18:32のホームライナー浜松行に乗るつもりだったのですが、
もう高崎線では間に合わないので、東京駅より東海道線。

茗荷谷から東京駅へ出るメトロが案外速くて、
すんなり東京駅へ着いたので、コーヒーとエクレアを買い込み、
16:02熱海行、750円のグリーン車へ。
車内は小説。
月末までに手直しして出したいので、優雅な気分でせっせと。

ところでご承知の方も多いでしょうが、静岡県を鈍行で通過する時のだるさは半端じゃなく、
ここは何としてでも、18:32沼津発・浜松行のホームライナーへ乗らねばならぬ、
しかし、当初予定していた、高崎線に連絡する熱海行には乗れなかったから。。。
とハラハラしていると、17:47に熱海着、そのまま普通の浜松行が17:52に出るとのことで、
熱海~沼津は20分だ、これなら。。。と時計を睨んでいると、
見事に18:12に沼津へ到着。
(当初の予定では、17:57沼津着の電車でした)

ほっと安堵してホームライナー券310円を購入、
次いで駅ビルで弁当とビアを購入。
めでたく、疲労困憊のうちに予定どおりの時間に帰宅することができました。

沼津の駅ビルは、何せ沼津ですので18時の時点で、
弁当惣菜が大セールのまっただ中。
というより、駅ビルの人も、ホームライナーの乗客が過ぎると、
客がいなくなると見ているようで、とくに18:15以降の値引きすさまじく、
半額半額全部半額と、まあ、たいへんだなあと思いました。

個人的メモ:
当日のホームライナー券は16:00から発売。
乗車率は7割ほどで、それほど焦らずとも買える。
順番に二人がけを埋めて行くらしく、基本的に、隣に人がいる。
車内ではみんな弁当を食ってる。

そんなこんなで、18切符の2200円+グリーン車代等々あわせて、
4000円ほどで東京往復ができたので、この疲労も仕方ないかもしれません。
あとは、月末までに小説の手直しが終るかどうか。。。



2013/07/18

折しも、今期の芥川賞、直木賞が発表になったようですが、
あたくしはようやく前の芥川賞、平積みにしていた文藝春秋、
老人の書いた横書きのやつを、読みました。
というより、とうとう読めませんでした。

あたくしは、芥川賞は第一回から、ほぼ漏らさず全部読んでおり、
(一部、120回くらいで読んでないのもありますが)
趣味に合致するものしないもの、感心するものしないもの、色々あるぞと思うのですが、
それでも、時代時代の文芸、というと妙な気がしますが、
ある種の芸術として、それぞれ読むに値するものがあるように感じていたわけです。

ところが、ここ数年は、まー、ひどいものばかりで、
「ちょっと感性のねじけた三十路女が、もっとおかしな人間と交流することで自己肯定する」
ものばかりだと感じられていて、それも、
読んだところで訴えかけるものが無く、
読んでも読まんでも、どっちでも良いようなものばかりで、
作者の意図を汲んでさしあげて、好意的に解釈してさしあげることで、
ようやく意味を持つという、現代アートのごときものが、
ここ数年、芥川賞でも続いているように感じられていました。

で、その極致のごとき、老人の、横書きの、漢字やカタカナひらがなを駆使した、
きわめて読みにくい、独善的な、読んだところで中味のあることが書いてあるわけでもない、
解釈をしてさしあげる類のものが、あー、もう題名さえ覚えてない、
うんざりするばかり。

まー、何にしてもひとつの極致ならば芥川賞にふさわしく、おめでたい話なのでしょう。
あたくしは、読めたものじゃないと思うばかりで、
もう芥川賞は読まんで良いでしょうね。

ところで今度の芥川賞は、作者のご尊顔を拝する限り、また、
「ちょっと感性のねじけた三十路女が、もっとおかしな人間と交流することで自己肯定する」
シリーズに戻った感。

全然興味がわかない。


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について