目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

153 / 444ページ

2013/06/07


長編時代劇が、なかなか書き出せなくて、一週間。
書きゃ何とかなるのだろうけれど、何とかなる程度ではどうしようもないので、
考えねば、と袋小路へ入り込んでいる感も。

とりあえず、限定版DVDが届いた、アギト状態になることは避けねばなりません。

ところで、とあるところで短編の小説バトルが開催されていて、
珍しく投票をして、あわせて感想も書こう、、、と思うたのだけれど、
どうしても、感想ではなく批評しか出てこず、
それなら書くまでもないと、でもせっかく読んだので、
何のことだとは言わず、ここへメモっておきます。

某1
第一章の一人称がすでにきつい。
視点切り替えの技法を使うなら、さくさく読みたい。
後半に行くにつれて混沌として行く、その意図はともかく、最後に到っては読解できない。

某2
文章が濃すぎるというかくどすぎるというか。
童話めいた文体にしたいなら、もっっっと刈り込まなければ読みにくいだけでは。
文体失敗。

某3
もっとも読めるけれどよく分らない。
意図と文章構成がちぐはぐしている感。
これに最高点。

某4
前半と後半のつながりが分らない。
文章の回りくどさ。
おもしろみも、どこを読めば良いのかもよく分らない。

某5
のっけに詳密な解説を置くのは、意図的な技法だとしても読者にきびしい。
しかも4回も。
とはいえ物語的。
これにも最高点。

某6
追憶系は、成功させるのが困難だと思われる。

何か、文章がまわりくどいというか、もっと省けるだろうにと。。。
といったところで、やはり小説を書いてる身の業か、感想は書けぬぬぬー。
 

2013/06/03

このところ、前に書いてダメだったもの、放置していたものの書き直しをやっていて、
長編3本と、中編2本、
あらかた片付けたところで、ふと、次の新しいものを書こうという意欲が乏しいことに気づき、
珍しいような、不安なような、妙な念になっておりました。

ここ2-3年かは、ひとつの長編が書き終る前に、次に書きたいものがモヤモヤしていて、
今回のように、はて次に何を書こうか、なんてぼんやりするのは久しぶりで、
いくつか、書き直しの前に構想していたラノベもあるのですが、
すでに長編2つ投稿済みで、あと2つも投稿できる段に来ているからには、
せめて一つくらい、結果が分ってから次へ行きたいと、構想中のものへ取り組む気になれず、
それでほかに思案も浮ばないので、とりあえず放擲した時代劇、
時代設定や小道具類はそのまま、一から書き出すべいと、
例のマインドマップメモで、思いついたことを適当に整理していたのですが、
ふと、主人公らに設定していた序章というか、描かれざるプロローグを、
本編に持って来た方が良いのじゃないかと気づきまして、
これすなわち、放擲した60枚ほどが、「アギト状態」になっていたのじゃまいかと刮目しました。
参考:
http://nanzanbunkenob.blog.shinobi.jp/「銀色の髪のアギト」構造解析/


作者的に、物語を楽しく、深くしようと、
すてきな世界設定や、主人公の背負うおもしろい歴史をどんどんと盛って行くわけですが、
読者的には、設定がおもしろいわけでなく(いくらかは、おもしろさに繋がるとしても)、
それを受けて主人公が活躍するのが、物語のおもしろさであってみれば、
まー、ハナから素敵な世界設定と、おもしろい歴史を物語にした方が良いわいなと、
この辺は、ラノベだろうと時代劇だろうと、同じ感じ。
ちゅか歴史ものなのだから、設定語りなど不要かもしれぬ。。

そんなこんなで、折しも楽天スーパーセールだとTVCM。
PS3のケーブルだとか、USBフロッピーディスクドライブが欲しかったついでに、
「アギト」の限定版DVDBOXが特価品だったので、思わずポチ。
ついでに「アギト」の小説が31円だったので、ポチ。
これでバッチリや!

2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)

そういうわけで、行って参りました放送大学大学院の日本史ゼミ。
何をどうしたら良いのか、さっぱり分らない状況で行ったところ、
何をどうしたら良いのか、決めてから出直してください、
ちゅーことになりました。
どうも、大学院の研究というのを考え違えしていた模様。
そこら辺、最初の最初からやるので、まー、指導する先生は大変ですわね。

ちなみに往路は学割+鈍行コンボ。
眠くならないようボトルのコーヒーを買って7時の鈍行に乗り込み、島田、熱海と乗り換えて、
普通なら熱海で弁当を買って、快速アクティのグリーン車で東京へ参るのですが、
茗荷谷という、池袋に割と近いところに、豪華絢爛な放送大学のセンターがあるので、
小田原で髙﨑線直通に乗り換え。
小田原の駅ビルで生姜焼き弁当購入。ビールでも買いたいところなれど、
何しに行くのだと思うから回避。

そんなこんなで、放送大学が終ったので、マクロス映画祭の新宿を目指そうと、
地図を見ると、どうも茗荷谷からでは新宿へ簡単に行かれない。
いや、丸ノ内線に延々乗り続ければ一本で行けるのですが、
地下鉄で時間をつぶすのも嫌だったので、てくてく歩いていると、
あの辺は住宅街というかマンションの多い地区で、あまりおもしろみも無いのですが、
ふとタワーホテルのごとき都立中学があったりして、
「こんなところで中学生活を送れば、何か、世界観が変るだろうなあ」
などと余計な感慨。
ウェブを見たら、屋上にプールを擁する8階建て。

予期せず東京ドームが見えたので、これで中央線に乗って新宿へ行けるぞと、
安堵しつつ、ファミレスで早めの夕食。
6時に食べ終り、東京ドーム手前にスタバがあったのでこれ幸いと入り込み、
営業は何時までと聞けば10時半までとのことなので安心して小説を開始。
すでに眠たかったのでロングでコーヒーを頼む。
普段はショート。ロングを頼むのは人生初。

9時半に新宿へ移動。
映画は11時から。地図を印刷し忘れていたけれど住所を頼りに、
迷わず映画館を見つけ、チケットを発行。
23:00~29:20。

さて10時になったので桂花ラーメンを喰い、
存外普通じゃねえか、と思いつつ、映画祭。
オールナイト、18禁なれど女の子も少なくない。友達どうしで来ている。ちなみに満席。

結論からいえば、マクロスプラスも、マクロスFも、
すでに2度3度と見ているから、大して感動はなく、
音声リニューアルという「プラス」も、あたくしの耳では、
「あ、ここはサラウンド」と思う程度。
ブルーレイ画質は、確かにきれい。

でも、大画面でマクロスプラスの空戦を見られるのはたいへん貴重で、
「F」と比較しても、「プラス」の方がキャラクタ、シナリオが良いので、
むしろ優れている印象。
「プラス」で大きく負ける点とえば、昔のTVサイズなので、空戦の画面が小さいことくらい。
あとは好みの問題か。

……今回気づいたのですが、「プラス」の最後で軍の備品を強奪、脱走するイサム、
シャロンの暴走が無かったらただのテロリストですよね。。
あと「F」の最後、バジュラの星を略奪するに到る、倫理的な問題とか。。
気にしたらいけないのでしょうが、まー、物語をつくるというのは、たいへんなのですね。



2013/05/24

海が遠くに見えた町
完結。
我ながら、読み返してみると最後がこっぱずかしいものになっていますが、
こういう、懸念なく良い気分になる最後は、良いですね。

長編、何やら難しく面倒くさく考える癖がついているような気がしないでもなく、
(これは、「なろう」はじめ、多くの作品に共通する気がする)
次は、読み終わって良い気分になる、「単純な」長辺を書きたいと思いました。

さて放送大学。
日本史のゼミというのは初めてなので、ある程度まとめたことも、
「おまえは何を言っているのだ?」
と蹴散らされるだけかもしれませんが、
まー、蹴散らされたらその分せっせと勉強するだけです。

で、日帰りする気まんまんだったのですが、やはり、東京へ出るからにはと、
http://www.bandaivisual.co.jp/macrossplus_bdbox/news.html
折しも、マクロス春の陣というのと日が重なるので、いそいそと、チケットを予約。
23時から29時半までという、わけのわからん時間、マクロスを見て来ようと思います。
セルアニメの頂点ともいっても良いマクロスプラスを劇場で見られるのですから、むちゃくちゃ楽しみ。
(だからマクロスFで寝ちゃっても、それはそれで本望)
「伝説の5秒」は見逃せません。

ちゅー感じで、この年で、人生初のカンテツに挑むので、ちと興奮気味。



2013/05/22

 
「小説家になろう」
サイトに登録したまま、4年近く放置していたのを、人から思い出させてもらい、
海が遠くに見えた町
というのを、3年半ぶりに更新しました。

昔テキスポに載せて、割と好評だったものですが、日付を見ると、
初稿を書いたのは、10年以上も前になるので驚きです。
夏休み前後を舞台にした初恋ものなので、まさに今読むと良い感じを受けるかもしれません。

何も考えず、こういうのを書いていた昔がなつかしいです。

さて週末、日帰りで東京へ行き、放送大学のゼミで何か発表せねばならんのですが、
論文の方向性が見えず、苦慮。
どうしたらいいんだろう?
……という辺りを、率直に先生に聞けば良いのかしらん。


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について