目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

166 / 444ページ

2013/04/12


以前悟った真理、というほどでもないですが、

先は分っているのに、妙に書き継げない、何だか逃避行動をとってしまう場合、
その書きかけの展開ではおもしろくない、もしくは破綻しているのだと、自分でも気づいている、

という感じで、なかなか時代劇が終らない、昨日、今日。
朝晩の眠たい中で、とりあえずツイッタとかへ逃避しつつ、
一行書いては逃避し、二行書いては逃避し、と1時間ぐらいやっていると、
どうにか書き継ぐことができて。

しかし、夜中にこれをやると、目は眠たいのに神経が昂ぶって眠れなくなり、
早朝では、調子に乗ってきたところで、中断を余儀なくされる。
まことに、ままならぬ世の中。

というわけで明日、明後日は東京。
できることなら今夜で時代劇を終えて、新幹線の中では、
「KDP作家殺人事件(仮・ていうか殺人事件なんて起きません)」を書き出したいものです。
  

2013/04/10

今週中か、週末の新幹線内で、時代小説が書き終わる気がしています。
「人魚の怨み武士道鑑」
仮題。
西鶴を参考に、何か良い感じのものに改めたいです。

そんな次第で、次は現代をやりたいなあと。
KDP作家殺人事件。
。。。ということを、誰かがツイッターで呟いていて、
なるほど、KDP作家という存在は、新しいなあと思い、
書いてみたくなりました。

つらつら思うに、あたくしは、観察は得意なのです。
皮肉な目線ちゅか。
でも観察だけでは物語にならないので、そこら辺、
どうしたらおもしろい小説になるか、考えなくちゃいけません。
書かれたものを、読者は読むわけです。

また、読者は何を思うて読もうとするか。
ツイッターで、よく知らない人がリツイートしている、まったく知らない人のKDP本の自薦を見て、
(あたくしもリツイートしてもらった、当事者ではあるのですが)
それで読むとは、どういう心理なんだろうなあと思ったりしました。

そんなこんなで、アベノミクスで株をひとつ売却。
+200%です。
インチキ広告のようなすばらしい利益率。みなさんもあたくしに資産を預けてみませんか!
……と、これで何百万円と買い込んでいたら、今のあたくしは大富豪ですが、
4万円で買ったのが、12万円になったという次第。
放送大学の学費の足しに使われます。


2013/04/09

週末、放送大学の初回ゼミで東京へ出るので、
13日は夜にニルギリスの弾き語りライブへ行くとして、
さて14日はどうしようか、
はじめは神保町へ行き、古地図の安いやつでも買おうとしていたのですが、
古書店の多くが日曜休みだと思い出し、
あとは、秋葉原とか、美術館、博物館巡りか、あるいは、
折しも開催しているサンシャイン・クリエイトを見てみるか
(こいつのせいで、新宿・池袋近辺の宿が取れなかったに違いない)。

まー、東京へ行くのですから、
中小の、あまり知らないような美術館を回った方が、良いことがあるかなあと。。


2013/04/05

「てきすぽどーじん」も良いのですが、
何とか、人が手を伸ばしたくなる小説雑誌はつくれないものか、
あれこれ考えておりまして。

何といっても、短編にせよ、連載にせよ、
小説を寄せ集めた雑誌というものには需要は乏しいわけで、
それなら、どうしたら良いじゃろうかと。

あたくしが大学にいるころに思うていたのは、
小説サークルの雑誌を読む楽しみといえば、
 ・荒っぽい、無茶な勢いが見られる点
 ・継続して読んでいると、個々の作家の成長が見られる点
この辺だったわけです。
ことに、大学生なので、めまぐるしく進化、成長(悪化)して行くので、
まことに楽しかった記憶があります。

で、まー、大人の小説同人誌ともなると、
正直なところ、無茶な勢いも無ければ、成長しているのかもよく分からない。
大学同人誌時代は、書き上げて、そこに載せるだけで、大きな目標になったため、
各作品が、ひどいにしても、
「これを書きたかったんだ!」
「俺これ書いたすげえだろう!」
という勢いがあったのですが、
大人の同人誌では、
あたくしもそうですが、投稿する中での余技というか、
まー、とりあえず書いてみたとか、そんなものが多くなり、
結果、大学時代の小説同人誌に見られた、上記2点が乏しくなるような気がするのです。

で、どんな大人の小説同人誌にしたら、おもしろいのかなあ、
そして同人誌というのは、やはりお互いに読んで批評しあってこそのものだろうし、
などと思いながら、あたくしの大好きな、アメリカン・アイドルを見ていて、ふと、
「これを同人誌に応用できないかしら?」
とか思いました。

アメリカン・アイドルは、単に、歌のうまい素人を見る番組ではなくて、
多数の中から、特定の候補者を応援して行く番組で、
その中の、効果的なツールが、審査員のコメントにあるのじゃまいか。
美声に酔いしれる歌手当人、観客の前で、
「今のはイマイチだった」
なんぞといって、大ブーイングが起きたり、
「最高! すばらしい!」
といって、会場をよりいっそう熱狂させる。

……そんな仕組を、小説同人誌にも取り入れたら、おもしろいんじゃないかなあ、などと思いつき、
つまるところ、お互いに読むのが同人誌の大きな価値なので、
同人参加者は、自分の作品を投稿するのと同時に、他の作品を読み、
その感想、批評文を書いて、投稿作品の直後へ載せる。

1.Aの作品
2.Bによる、Aの作品についての批評
3.Bの作品
4.Cによる、Bの作品についての批評
5.Cの作品
6.Aによる、Cの作品についての批評

こんな構成。
作品の直後に批評を持ってくるので、当然、読者は、
「おまえは何を言っているんだ?」
と思ったり、
「そうそう、そのとおりだよ!」
と、その批評に対しても、感想を持つかと思うのです。
あるいは、読むのが面倒くさいような作品については、
先に批評を読んでしまうこともできる。

書き手の側には、必ず読者がついて、こまかな批評をもらうことができる、
という同人誌ならではのメリットがあり、
しかも、偉そうに批評する側も、「偉そうに批評した奴」という目で、
己の作品が読まれるので、読者の目を意識せずにはいられない。
また、その批評も、自分の作品のことがあるから、気合を入れざるをえない。

……とか思いついたのですが、
そもそも参加者を集めるすべも思いつかないですし、面倒なことが多いので、
いずれやれたら、というくらいで、ぼんやりしておこうと思います。



2013/04/03


というわけで、「てきすぽどーじん秀作撰」の5日間の無料配付数は、
あと数時間は無料っぽいのですが、とりあえず、丸4日とちょっとで、271冊という感じでした。
多いのか少ないのか。
あたくしの往復書簡「月と地球と」が、5日間合計で、220ちょっとでしたので、
作品数や表紙の質、編集の手間、あれこれ宣伝リツイートなどをしていただいたことを思えば、まことに、

わりにあわない

気がしないでもないですが、ダウンロードして、読んでいただけたなら幸いです。

ところで、往復書簡集「月と地球と」ですが、
個人的な初恋、というのも妙ですが、あれは自分の恋愛感情を小説にしたもので、
大学1年のころから、年に1度とか、2年に一度、
やたらと書きたくなる、ある種、自分の中の「シリーズもの」の完結編だったりします。

そういうわけで、
いずれ、他の「恋愛もの」シリーズを、ひっそりと公開できたら楽しいなあとか思うのですが、
いろいろ面倒くさかったりもするので、
どうするかはわかりません。

アマゾンKDPに並べるなら、
多少なりとも、世の中には無いようなやつを並べたいのです。
 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について