目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

184 / 444ページ

2013/02/06

購入してきたラノベ10冊読了。
いずれもおもしろく読みました。
勉強せねばなりません。

とある魔術の禁書目録
冒頭に出てくるレールガンの少女が絡んでくると思いきや、
全然出てこず、拍子抜けちゅか意外。
魔術や「学園都市」についての設定の丁寧さ、強引さ、安定感。
能力バトル。

一番うしろの大魔王
前回の日記で失念していたタイトル。
きわめてライトノベル的な筋運び、設定なれど印象薄い。

BAD 繭墨はチョコを食う
萌え展開なし。怪奇事件もの。主人公に日常生活なし。
ラノベというよりミステリー。こういうのもあるのか。

ぴにおん
ラブコメというか、もてもて主人公をつくるための超能力設定。
設定がすべてこじつけに見えるが、破綻はしていない。
転校生が挨拶もそこそこに、主人公と3年後に結婚しますと宣言するインパクト。

シーマストダイ
文章、設定いろいろ10冊中でもっとも拙かったけれど、
教室がテロリストに占拠、最終的に五十人以上が殺される展開には、
否応なしに引き込まれてしまう。

いぬかみ
それほど目新しい点なし。主人公がおっさんにしか見えぬ。
強引なヒロインに主人公が振り回される展開は、何にしても強い。
「犬神」を選んだ設定勝ちか。

レンタルマギカ
ラノベ典型なれど、魔法、呪文、神道あれこれを我田引水する説得力は強い。
「魔法」を使う場合は、これを踏まえる必要ありと思われる。

エクトグレイブ
タイトル記憶できず。一迅社ラノベ大賞。
びっくりするくらい典型的なラノベ。
文章も丁寧、展開も上手で、ラノベの教科書に使えそう。

乃木坂春香の秘密
何も起きないラノベ。恋愛を淡々と。こういうラノベもある。
今さらオタク属性が秘密になるのかは微妙。
心理葛藤不足も、ヒロインに魅力あり。

ゴミ箱から失礼いたします
文章抜群。
馬鹿すぎる設定。市販して良いのかと疑われるような、ネタ本。
珍しく普通に両親が出てくる。
個人的に好き。

……と、まあ、いずれにしても、すべておもしろいのは確かで、
何より設定の強さが印象的。

主人公の側に生活というか人生が欠如しているとか、
ヒロインの心理描写の適当さとか、日本語とか、
批評批判は、いくらでも出来るわけですが、それでも売れている、当ったという、
強力なおもしろさを、何とか体得して、
こちらも何か、すごいインパクトを持って、同じ土俵に立ってやるのだと思う次第。

と言いつつ、書きさしの時代劇長編に舞い戻るのですけれど。
でも、ラノベにせよ「シャングリ・ラ」にせよ、
読者のためにたいへんなおもしろさを提供していることは疑われず、
そこは、時代劇だろうと何だろうと、学び生かさねばならんと思うのでした。
 

2013/02/04

 
Amazon Kindleに並べてみようと思い、
登録手続きが完了した、往復書簡集「月と地球と」ですが、
どうにも落ち着かず、登録を取り消して、休眠させました。

何なんでしょう、あたくし的に、Directすぎたのだと思うのですが、
とりあえず、
もうちと心が落ち着いたら、ひっそりと公開することにいたします。

書き上げた小説は、要するに完成したものなので、
あたくし的には、自分からほとんど切り離されるのですが、
(だから落選したものを別のところへ投稿しようとか、ネット公開しようとかはあまり思わない)
Direct Publishingというのは、表紙から値段設定から告知宣伝から、
小説以外の部分まですべて自分のところへ引き取って、行うわけで、
何ちゅか、あたくしのような、小説を書くしかない人間には、
まことに向いていないような気がしました。

こんなことなら、書いて投稿して落ちてた方が良いわと。。。

まー、でもでも、せっかくなので、
「月と地球と」
だけは、Kindleへ並べようと、それだけは思うております。
無料ダウンロード期間も、とりあえず、載っけて3日後くらいから5日間つづけて、
という感じでやって、
あとは我不関焉で行けば、自分的に何とかなるかなあと思ったり、思わなかったり。

さてさて、週末、気胸のせいだと思われる微熱もあり、
実家主催の、山寺での豆まきにも参らず、
ひたすらラノベを読んでおりました。
さすがに7冊つづけて読んでいると頭が疲れ切って、下読みの人の苦労が忍ばれました。
(あたくしが読んだのは、中でもおもしろいもの。下読みの人が読むのは、、、)

とある魔術の禁書目録
ぴにおん
B.A.D. 繭墨はチョコを食べる
シーマストダイ
いぬかみ
レンタルマギカ

……。
うああ、あと一つ思い出せない!

と、とりあえず先週あたりに購入した10冊は、
何とか新人賞とか、シリーズものの1巻で、
「とある魔術の~」以外は、あんまり知らないものばかりでしたが、
いずれも、
「おもしろいなあ」
という点に、まず感心。

単純に言って、おもしろくないからあたくしのは落ちたのだろうと、
そんな気がしつつ、何と言っても、
いずれの作からも、「設定の強さ」が印象に残りました。

群を抜く設定というものは正直、無く、同工異曲の感も受けましたが、
それにしても、説得力の付け方(こじつけ)、設定の詳しさでは、
やはり、受賞作、人気作はおもしろい。

まー、そんなこんなで、あたくしの頭程度で、どのくらい考えられるか分りませんが、
時代劇を書き上げたら(数ヶ月かかるけど……)、過去書いたラノベのいくつかを、
ごっそり修正して、どこかへ送ってみようと思いました。

過去作にたいそうな愛着があるわけではないのですが、
7冊読んでいるうち、
「あれをこんなふうに改めれば、太刀打ちできるかもしれないなあ」
と思ったりしたのです。
一から書くよりも、安易ですし。。

とりあえず、おもしろい小説を書かなければなりません。


2013/02/01

Amazon Kindle に並べようと思う、往復書簡集「月と地球と」の、
表紙をせっせとこしらえました。



人物が入ると、やっぱり良い感じになる気がします。
ちなみにこの表紙は、WORDでこしらえました。
ハイレベルな画像処理ソフトなんて使えないのです(自分の能力そしてPCの性能的に)。
絵を描く才能、デザインセンスがある人はうらやましいです。

そんなこんなで、持ち前の気胸が悪化し、けだるい日々。
週末、外出する意欲も起きないと思われるので、Kindle出版で、
あれこれ格闘してみよう。。
(てきすぽどーじん秀作撰も、いい加減どうにか。。)

時代劇長編は、一章が終ったところで休憩中。


2013/01/30

 
ラノベを読まずに、ラノベ「ごとき」書いてみせるぜ、俺すごい、
などという魂胆がある限りは、まー、当るはずもないと、
心を入れ替えて、ラノベ売場で「何とか新人賞受賞作」だとか、
十何巻出ているようなものの第一巻を、全部で10冊ほど購入。

あらすじを読むだけで、あたくしのごときものでは、
数多あるうちから読む動機は生まれないなあと、あきれかえります。
今さら、平凡な主人公の通う平凡な学園に異能者が出てきてバトルをする――というもので、
読者を引きつけようとするのは困難で、
読み込めば多少おもしろいのかもしれないけれど、まー、普通、
というようなものでは、どうしようもなかったのだなあと痛感。
爆発力が無ければなるまいと思われましたし、
ラノベファンではない身が、ラノベ「ごとき」の念で書いているようなものを届けるわけには行かぬと、
もうちと勉強せねばなりません。

ちなみにあたくしのラノベは、時代小説を書く中で、いかに登場人物を活発に動かすか、
という観点で書いてみたのが最初。
時代劇というのは、要するに、いくらか気取ったキャラクター小説であるわけで、
個人的には、別段、縁遠いものを書いているつもりは無かったりします。

そんなこんなで、ラノベではないのですが、池永永一「シャングリ・ラ」を読み始めまして、
久しぶりに、現代の小説(2004年)で、こりゃおもしろい! とワクワクしております。
細部、いろいろ気になることもありますが、まー、楽しんだ方が良いやと思わせる勢いが素敵です。
「こんなことになるわけがない」
と思うところも、書き込みの緩急で説得し(小説作法的には、ごまかし)てのける手際は、
学ぶところ大です。

上巻を読了し、これから下巻。
おそらく、超巨大構造物のアトラスは崩れるんでしょうが、
とりあえずワクワク。

そういうわけで、ラノベにせよ時代小説にせよ、書いていると、
変に常識的というか、自分なりの説得力のために想像の半径が小さくなってしまう気がするので、
そこは一つ、大きく踏み外して行かねばなるまいと感じた次第。

書きさしの長編は第一章「密位伝授」が終って、これから第二章「十字名号」。
現在78枚なので、全部で400枚くらいになると思われます。
プロットは設けません。


2013/01/23

 
Kindleに、SFを並べようと思い、
これまでに書いた2つに、新しいのを1つ書こうとしてうまく行かず、
それでは別の、400字詰めにすると265枚ほどの往復書簡のやつにしようと、
読み返してみたら、我ながらよく書けていて(というか、自分好みに書けていて)、
ついでに、前に書いてオール読物一次だけ通った「五色狐」とか、
どうなるのか分らぬ「木屋瀬川合戦」とか、印象に残っている自作を読み返してみると、
いずれも、今書きさしの長編時代劇よりもよく出来ていて、
これは何なのだろうと、茫然。

文章表現を較べれば、今の方が多少上手になってはいるのだけれど、
おもしろさという点では、長編は、あたくしが「二十一」のペンネームを使ってた頃と、
何ら変化していない気がして、
その理由の一つは、とりあえず、長編が、安易なためではないかと疑われたため、
この日記を書き始めたものの、
ではどう書けば良いのかと自問して憮然とするばかり。

ここは一つ、どうせ落ちるのだからと開き直って、
何か安易ではない方法をとってみよう。。何か。何か。





読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について