目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

195 / 444ページ

2012/12/17

 
さすがに選挙選挙と姦しく、
新聞TVツイッタ、どこも選挙情報が占拠しているありさま。。。ククク。
というだじゃれを、昨晩、ツイッタで呟こうとして、
あまりに馬鹿馬鹿しかったのでやめてしまったのですが、
選挙速報は、競馬と同じで、人間のギャンブル好きの本性を顕わにしておもしろい、
などと、眺めておりました。

競馬は、基本的に、金を賭けて応援。
選挙は、主義主張ちゅか要するに好悪で応援する心理があるんじゃまいか。

そんなことより、放送大学大学院に合格、
いよいよがんばって勉強しなければなりません。
安土桃山時代において、日本人にどんな感じで、南蛮文化が受容されていたか。
要するに、その時代の資料を読みまくるだけなのですが、
今のところ、あんまり先行研究が無いようで、というより研究すること自体が無理なんじゃと思ったりして、
厄介なテーマを選んでしまったなあとぼんやり。

ちなみに放送大学大学院試験は、希望する専攻によって、
倍率が全然異なる模様。
一次試験は、各県にある放送センター(出張所みたいなところ)で受けるのですが、
あたくしの受けた人文学なんて、受験者、あたくし一人でした。

そして二次試験の面接。試験とはいえ、
「研究の進め方は?」
「ゼミ、毎月東京であっても来られるの?」
と、合格を前提にした話ばかりでした。

まー、とりあえず、体系的に歴史を学んだ経験が無いので、
この機会を何より得難いものとして、一生懸命勉強しなくちゃなりません。
すべては小説のためなのです。

そして小説は、240枚で最終決戦に入ります。
ちと短いですが、読み直しの文体調整で水増しできる見込み。
早い早い。
 

2012/12/13

 
Kindle版てきすぽどーじん秀作撰は、
実はもうデータは出来てまして、
あとはどう並べるか、
写り具合は大丈夫か、といったあたりを、
ぼちぼちと確認したいと思います。

宇治拾遺物語現代語訳166迄。
http://edosoko.edoblog.net/
我ながら、ふとした時に、
「え、そんなにやってるの?」
と驚き呆れます。
現代日本語では使わないけど、使ったら便利な言葉が、
だんだんと身についてしまい、訳しつつ、はたと、
これ現代語訳じゃねえ、と自分で呆れたりします。

前に、ネットに落ちていた文体診断プログラムをやってみたら、
意図せず、吉川英治と出て震えておりましたが、
文体ちゅか語彙ちゅか、知らないうちに、影響を受けずにはいられないものですね。

紫式部日記。
「源氏物語」がどうにも受付けぬ理由が、分らんでもない。
おそらく、作者が嫌いなのだ。

長編は、何とか最終章を書き出すことができました。
章の始めというのは、毎度、おそろしく、ハングアウトを無闇にたてて
逃避してたりしましたが、何とかなってくれたらと思います。
この分で書いて行くことができれば、今年中に、初稿出来上がり。
執筆の速度が増しているのは良いこと。

で、なーんも考えていなかったのに、
あれこれ読んだり、適当な本を読んでいるうち、
長編の終りが見えてくるころにうまいこと、次に書きたいことが、
ぽかんと浮んでくるのがおもしろい。

次、長編で時代劇をやってみたい。
戦国時代。
ネット検索でもまったく出てこないネタがあったので、使える気がしている。
(そんなのがあるんだなあと、自分でも意外)
あと、その前、年末年始の骨休めに、30枚くらいの短編。

結局の所、小説よりおもしろいPS3は存在しないっぽい。
WiiU買おうかな(二の舞)。

2012/12/12(Kindle作戦)

 
いろいろな方法があるようですが、
Kindle版てきすぽどーじん(1~5)秀作撰の作成については、
1.テキストデータで全作品をこしらえる。
2.青空文庫様式で保存する(ANSI)。
3.Zip圧縮する。
4.Aozoraepub3を使って、epubにする。

こんな感じで、作業が進められる模様です。
ワードやら一太郎を使い、レイアウトだ、行間だ何だと気をつかう、
いつもの作業に較べれば、
まあ、テキストをコピペして、
ちょいちょいと青空文庫様式を追加するだけなので、
あたくし的には、これが一番かなあと。

epubは、行数やら文字数は、読む側が決めるっちゅーことで、
やはり、これまでと何かが違いますわね。

あとは、並び順をどうするかってところです。。


2012/12/10

 
さっむ。。。

週末、久しぶりに無料お試しの新聞が投げ込まれていたので、
さすがに12月、折り込みチラシも分厚いぞと思いつつ、開いてみると、
一面に選挙、二面に選挙、三面の社説も選挙、
次ページは海外ニュースだから一安心と思いきや、
下の方に選挙の政党広告。
次をめくれば、誰かの選挙コラムだとか新聞記者の選挙説教、
つづいて県内版市内版には立候補者アンケート結果、
そしてトリを飾る社会面には、誰だかわからぬ選挙街頭インタビュー。

どれだけ好きやねん。

さて長編は、180枚を越えたところで無事に最終章ちゅか後半へ入れそう。
ざっくり目安を、序盤100枚、中盤50枚、後半100枚としておいて、
ほぼそのとおり書けているので、何だか喜ばしい。




2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)

 
さて、てきすぽどーじん秀作撰企画ですが、
今のところ全作品の半分、22作くらいについて、
「載っけてやっても良いぜ」
と、ご連絡いただいてますので、
無事に発行することは叶いそうです。

あたくしが何も考えずに生きているせいで、
何だか、過去に参加してくださった方を怒らせてしまっていると、
別の方に教えていただきましたが、
こればかりはあたくしのせいなので、仕方ありません。
ひどいもんです。

テキスポ仲間・山田さんのKindle小説についての感想が、
盛んにリツイートされてくるので、世間ですごく売れている印象を持つのですが、
それでも100部だといい(という数字は、無論、当らない小説ばかり書いている身からすると、
莫大なものですが)、
1万部とか、漫画100万部とかって、どんなもんじゃろと、呆れ返ります。

とはいえ、ふと思うのは、
そういうKindle等電子小説に欠かせないのは、
読み終った後の、読者による感想発信かなあ、とか思いました。

無論、紙の小説であろうが何であろうが、
おもしろいものに接すれば感想を発信したくなるでしょうが、
何でしょう、
気軽に手に取れて、ぱぱっと読み、そのまま感想を呟く
→その感想を見た誰かも気楽に取って、ぱぱっと読んで、感想を呟く。。
  →そのまた感想を見た人が、気楽に見て、気楽に呟く。。。
そのような連環が、実に、電子書籍的かなあと。

だとすると、重厚長大な物語を「重たいから」電子書籍化するのでは、
きっと、売れることはなく、
また、ごく短い、小ネタだけの短編のようなものも、
感想を呟かせるには足りないと思うので、あまり人気にならず、
さくさく読めて、きらりと印象を残してゆく中編くらいが、
電子書籍に向いているのかもしれないなあと思ったりしました。

まー、よく分りませんけど、山田さんのは紙換算117ページとありますし、
山田さんがお勧めしてる、SFも、紙換算130ページでした。
  


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について