目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

208 / 444ページ

2012/11/09

 
「究極超人あ~る」が復活したというので、
勇んで、おっさん漫画雑誌を初めて購入、
中味は、同窓会とか、「年忘れ懐かしのメロディ」を見るような感じでしたが、
ともかく堪能し、
せっかくだからと、雑誌に掲載されている他の漫画たちも読んでみましたところ、
まー、ひどい。
前に歯医者で読んだ少年マガジンもひどかったですが、
おっさん漫画は絵が下手くそなので、いっそう見るに堪えず、
内容も、おっさんの日記のごとき、どうでも良いものばかりが並んでいて、
唖然。

「週刊連載の漫画を小間切れで読めば、そりゃつまらない」
「ていうか、おまえの感性が鈍っているのだ」
「そもそもおまえのおもしろいと感ずるところと、現代の漫画の売りとは違うのだ」
と、むしろ叱られてるような感じを覚えつつ、読み終えました。

が、「あ~る」の他に唯一、「とめはね!」は抜群におもしろく、
週刊連載の小間切れで、充分にそのおもしろさが伝わるので、
上記の罵声は、違うことがよくわかりました。
「とめはね!」は、映画だかドラマになってた気がしますし。。。

といったところで、作者を見れば、
河合克敏という、昔サンデーで「帯をぎゅっとね!」を描いてた人だと知れたので、
そりゃおもしろいさと、うなづいておりました。
「帯ギュ」は確か、「パトレイバー」「YAIBA」他にも「らんま」「うしおととら」
の辺と並んで載っていた気がして、
いやはや、昔の漫画雑誌は、おもしろかったのだなあと、改めて思います。

他の漫画の何がダメなのかは知ったことじゃありませんが、
あらかたの主題が描かれた後、「高校書道部」に着目した河合克敏は、
それだけで大したものだと言えますし、
やっぱり、会話のテンポ、省略や場面転換のうまさは、
素人に毛の生えたような連中とは、格が違う感じがしました。

小説を書くにしても、この御時世に何を書くかというあたりは、
少なくとも、きちんと認識しなくちゃいけないのだろうなあと、ぼんやり。

そして時代劇中編は50枚。
正しいものを書いているとは、確信できている。
うんうん。
 

2012/11/05

 
というわけで週末、時代劇を書き始めました。
題名定まらず、中味も混沌としている(これは史実が混沌としているのだから仕方がない!)
のですが、まあ、週末3日間で38枚まで来たので、
さっさと書き上げることができそうです。
規定の70枚ではなく、50枚完結目標。
そうすれば、読み返しで追記して、60枚そこそこで送付できるに違いない。

文体に気をつけていると、単に、
「史実をなぞったあらすじ」になってるんじゃないかという危惧がぬぐえず、
何とも不安ですが、
まー、やってみるだけです。
それにしても、戦国時代の九州って、本当、混沌としてますね。
(というより、丹念に見て行くと、混沌としていない歴史など存在しないのか)

史実から何を取捨選択し、どこに主軸を据えて小説にするかという辺が、
歴史小説の難しさというか、楽しさですかねえ。。。
楽しいのですけど、苦しい、難しい、です。

締切は11月末。
今年最後の、完結品になる見込み、、、と思うと、一年なんてあっという間だなあと思ったり。

そして歴史小説は苦しいので、これを書き終えたら、
PS3を思いきりやるぞーとか思いつつ、
実際、PS3を始めれば、結局、すぐに小説をやりたくなるのだろうなあ。


 

2012/10/31

 
というわけで、10月も終り、冬、年末という気分になりますが、
てきすぽどーじん5号を、パブーにて掲載しました。
http://p.booklog.jp/book/59371/
あやまり堂の書いたものも載ってます、全ページ試し読みができますので、
気が向いたら眺めてみてください。

さてさて、夕べは、時代劇を書き出そうかとも思ったのですが、
やっぱり年表づくりをしてお茶を濁しました。
書き始める前は、何ちゅか、茫漠としていて怖いですね。

資料を読んでいると、いろいろと、当時のことが見えてきて、
こちらで抱いていた知識やら常識が、だいぶ違うのじゃないかと、
当り前なのですが、そんなふうに感じられてきます。
 

2012/10/29

 
というわけで、てきすぽどーじん5号が刷り上がり、
業者から届きました。
作者宛の発送は完了したので、あとは、
ブログ更新、パブー電子版作成、その他ご希望の方へ発送、
それから、感想会の開催、といった作業を残すのみです。

特典グッズもこしらえ、100ページの厚さになりまして、
なおかつ、発行部数もちょうど良い感じになりそうなので、
てきすぽどーじんは、今回で完成形を見た気がしているので、
はてさて、次を企画した方が良いのか、どうか。。。

まー、気分次第ですね。
誰かほかの人が企画するかもしれませんし。

さて時代劇を構想しながら、自分の、過去にうまくできた短編を思い返していると、
どうも、構想していないものの方が、うまく行ってるんじゃないかなあと思われてきて、
それじゃあどうしたら良いの??
と途方に暮れたりもしつつ、要するに、思いつきに従って時代劇を書いてみるのも良いのじゃまいかと、
個人的な意見を述べるなら、
最初から最後まで書かれるべきことが頭の中にあるのなら、
それはもう、書かなくても良いのじゃないか、なんてことは、
10年も前から思っているくせに、未だそれが分らないのは、阿呆くさい限りで、
いや、でもなあと、肩に力を入れたくなるのをすかしつつ、
今回は、時代劇で構想せずにやってみたら良いのじゃないかと、
こうして長々しく書いているのは、要するに確信が持てないからですけれど、
まあ良いじゃないか、当たらなくたって、もう慣れただろうと、
開き直り、開き直り、書き出すしかないということですね。

それにしても北九州の戦国史は、むちゃくちゃに入り乱れてて、おもろいです。
 

2012/10/24

 
というわけで、長編ラノベを投げ込んでみました。

投稿慣れというか、落選慣れしてくると、
完成したものを投稿するころには、すでに次の小説のことを考えているので、
危うく郵便局へ行くのを忘れそうになりましたが、
とりあえずあとは、落選の評価シートが届くか、当選の連絡があるかどうかなので、
完全に放念、九州の戦国時代を考えたいと思います。

前に書いていた78枚は、とりあえず放置。
削って70枚にすることもできる気がしていますが、
これから書くやつの方がおもしろいと思うので、そちらに集中。

描くべきことをきちんと考えつつ、やってみたいと思います。

「御伽草子」
読み始め。
宇治拾遺の感じとはまた違って、たいへんおもしろい。
知らない物語は、いくらでもあるのだなあと。
それに何と言っても、時代が新しい分、読みやすい。。。

「道二翁道話」
おもしろく心が洗われる思いがするのだけど、全部同じなので後半飽きる。
ちなみに江戸後期、話し言葉(説教口調)は、今とほとんど変らないことが分って素敵。
あと、「昔昔、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に」
が、この頃にすでに一般的であったとびっくり。

「江戸の性愛術」
男を満足させて金にする遊女の職人芸。男はひたすら恐れ入るばかり。
ぬか六なんて無理です。



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について