目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

215 / 444ページ

2012/10/09

 
久しぶりに名古屋へ出る用事があった日曜、
今日はPCを持って行くこともあるまいと、
放置していた小説二つ、紙に印刷して、読み返すことにする。

時代劇の方、初稿を書き上げた際、何だか腑に落ちず、
もやもやしていたのを、主人公を削除することで、解決。
おそらく、これで良いと思われる。

読み返しの際、以前は、印刷したものを真っ黒にして修正することを楽しんでましたが、
このごろは面倒くさくて、
読み返しもPC画面ですることが多くなっているのですが、
たまには真っ黒けに修正するのも良いかと思われました。
ラノベなんかは、気楽にやっているので、細かく見なくても良いけれど、
歴史ものは、細かくやって、損は無い気がしました。

で、うまく書けているように思いますが、どうなんだろう。
年末恒例の九州さがへ送るつもりでやってきましたが、
うまくできたのなら、オール読物へ送った方が良いのかなあと思ったり。
いやいや、やはり宿年の怨敵のような九州さがは、やっつけておきたい。

名古屋は鶴舞というところに古書店が多く、
宛もなく立ち寄ってみると、
「古書の日」
なるイベント開催中。
ひとまず鶴舞で岩波文庫の「道二翁道話」「御伽草子」を購入、

イベント会場は、古書会館なるところの、
一階の倉庫のような場所で、汚い本が三冊で百円。
とはいえ、人多い割に、ろくな本は無し。
以前ならよだれを垂らしたような古い本も、多くが青空文庫で読めることを知ってからは、
重たいし、読みにくいし汚いし、何と言ってもおそらく一度しか読まないので魅力なし。

二階が本会場。
名古屋圏の十数軒の古書店が持ち寄った特選書籍が、陳列されており、
馬鹿に高い本もあるが、大半は割安(だと思われた)。
古書店に通い詰めていると、自分が目に留める本に見覚えが出てくるけれど、
今回は初めて目撃した、
江戸の性愛術」「鎌倉時代の後宮(だっけ?)」
なる下ネタを続けざまに手に取り、何を選んでいるのだと呆れつつ、
続けて、
阿川弘之「亡き母へ」それから、「鎌倉時代事典」「日本文学と仏教」
いずれも500円で購入。
安いっ。
重いっ。

昼食をとろうと、栄へ行くに、天気良ければバスに乗る。
歩行者天国祭をしていることもあって大渋滞。
もっとも、歩行者天国で道がふさがっているために渋滞している、
のではなく、
歩行者天国へ立ち入るべく、駐車場を求める車の大渋滞、
というすさまじさであった。
路地、駐車場へ行列している。
いくらか離れたところへ駐めて、歩くとか地下鉄使え、愚か者ども。

昼食、どこかで聞いていた、安くてうまい本格ピザの店を見つけたので、
一人行列の後ろにつくも、
女女カップル女女カップルの中、居たたまれず、逃げ出す。
しかしオリーブオイルが喰いたくなったので、路地へ入り、別のイタリアンの店、
「お一人様歓迎」
の看板を見かけ、よしこれだとばかりに飛び込めば、
女女女カップル女一人女一人
の店内に、逃亡を余儀なくされて、結局、王将へ入る。
男男男男また男男男男。

天気良好なれば、バスにて名駅へ回り、帰還。
せっかくなので観光ルートバスで大回りするが、時間ばかりくって、
車窓よろしからず。

名駅ソフマップにて、以前あれほど欲しがっていたマクロスFの限定プラモデルを発見するも、
「まー、いいや」
と買わず。
エウレカセブンAOのお陰である。

さて帰宅して、エウレカセブンAOを最終話まで、18話から22話を通しで見る。
17話で、事態の急変を二つも三つも盛り込む展開に、実に現代のアニメであると感心し、
これを最後、どう整理して行くのかと、ドキドキハラハラしていたところ、
18話で脚本家が急に素人に化けたのじゃまいかと思われるような出来に変って仰天。
主人公がアメリカ軍へ降伏した、と思ったらすぐにお迎えが来て、
2話60分を浪費したと思えば、最終の手前で唐突に主人公とヒロインが飯を食い始め、
そんな時間があるのか、とハラハラしているうちに、最後の最後になって、
宿敵みたいな声の良い奴が主人公と激突、
「トゥルース、おまえは何がしたいんだ!」
最終話でそれを聞いちゃうところが、もう、脱帽というか絶望。

最後、ジャンプの打ち斬り漫画みたいに終ったと思えば、
髪の毛ツンツンのレントンが出てきて、
これまたジャンプの打ち斬り漫画のようなことを叫んで、
ニルヴァーシュのSPEC3に飛び乗って旅立つ。。。

そして、晩秋の完結編を待て――となるのですが、
まー、ファンとしましては、
変に小さく、ありふれた感じで終るよりも、ぶっ飛びすぎて収集つかねえ、
と来た方が楽しいので、良いのですけれど、
いやはや、それにしても、終盤のやっつけ感は、あかん。。。





2012/10/04

 
多事。
小説の呼吸、云々。

長編を続けている。
夜中、自宅でカタカタやろうとすると、集中するまでに時間がかかり、
くやしい限り。
白昼、スタバにでも籠る折は、
道すがら、すでに小説のことを考えているので、
コーヒーを買い、PCを開けばすぐに始められるので心地よく、効率も良いが。

三田村鳶魚の「大衆文芸評判記」において、
あたくしの好むところの作家作品がボロクソに蹴散らされるのを見、
はじめは身の引き締る思い、やがては、
「ああ、時代考証とか、結局は、その程度で大丈夫だわな」
などという安堵に変る。
それが良いことかどうかは知らぬ。

長編の主題、腹蔵二つ。
書くと空気漏れして書けなくなるに違いないので、備忘録に留める。
 

2012/09/28

 
というわけで、次なる長編ラノベの書き始め。
仮に、「洞穴の大魔王リストラクチュア」と付ける。

本棚に眠っていた三田村鳶魚全集の中から、「大衆小説評判記」を引っ張り出して、
読み始めました。
何ともおそろしいじじいであって、大佛次郎「赤穂浪士」を最初の第一文からやっつけて行くなど、
まー、江戸も元禄から生きているんじゃないかと疑われる。
惜しむらくは、
「こんなこと、少しでも正しい知識があれば書けるわけがない」
と、誤りを指摘した箇所の、正しい言い方を教えてくれないことで。
まー、全集を最初から読んで行けば良いのでしょうが。

とはいえ、こんなじじいが今にいたら、時代劇を書こうなんて人はいなくなるに違いない。
ていうか、三田村爺さん、今の時代劇を見たら卒倒すると思われる。
あたくしでさえ、見ることができないのだから。

ちなみに、パラパラめくった中で、吉川英治「鳴門秘帖」の冒頭、
「この人は、ほかの人と違って、何か見てきたようなところがある」
云々と褒めていたので、いくらかほっとしたというか、さすが先生と思ったというか。
(でもどうせ本文中では、くそみそにされるのは知っている)

いずれにしても、時代劇を書くにあたって、
細かな描写――翁は失笑し、あたくしなどは読み飛ばすような箇所が、
時代劇を作ってゆく、重要なポイントになるのだなあと、
のんきなラノベにかまけている場合じゃないのかもしれません。 
 
ラノベだって、よっく考えてやっているのですけどね。

2012/09/26

 
小説の後半、どうしたら良いかぼんやりしている折、
「そうだ、こうしておいたら良かったんだ」
と、中盤に戻って、何か展開を変えてみたり、
「ていうか、ここでこいつが」
と序盤で誰かを殺してみたり、
あれこれやることは、結局その小説の完成を阻害するものだと、
そんなことを心に決めて、夕べ、
70枚の歴史小説を書き終わりました。
「老虎の檻」
という題名とする。

とはいえ、前半の良い感じに較べて後半、
自分でもあきれるくらいもうろうとする中で書いてしまったので、
書き切った上で、あれこれ直さなくちゃいけないと思われて、
もうちと考えながら書きなさいと思いつつ、まー、2週間でとりあえず書けたのでよしとします。

もうろう。

疲れたので、次はラノベで休みます。
ノンストップ・ノリノリ・やけくそ・ぶっとび・疾走。
この辺をキーワードにして、
300枚ほどを、年内に仕上げてみたいものです。

前に書いたやつも直して、さっさと堕すべし。
……漢字変換ミスが、何とも適切だ。
  

2012/09/24

 
というわけで、誕生日プレゼントに購入しました、
エウレカセブンAOのゲーム&OVAですが、まー、予想どおりに、しょぼかったです。
OVAにおまけゲームが付いている感じのパッケージでしたが、
おまけゲームに、おまけOVAが付いている感じ。
まあ、ファンとしては、おまけで充分満足できますので、これで良いのですけど。

そのお陰で、小説を放擲することもなく、
最終章の手前まで来ることができました。
やはり70枚なんてあっという間です。

で、これからしばらく歴史小説の100枚くらいを続けようと思っていましたが、
ラノベの長編が思い浮かんでしまっているので、
そちらを先に始末つけようと思いました。
前に書き上げた300枚は、たぶん今のままでは1次通過するくらいなので、
せっかくなので、どこぞに仕掛けうる爆弾を妄想したいです。

爆弾が無くちゃ、多少おもしろくても、当らないはずです。

このごろは、「簡単にコレと説明できる要素」が無いと、当らないなあ、と思うのです。
その点、講談社BOXが、応募要項に、
「キャッチコピー」
を作者に付けさせるのは、たいへん示唆的だと思われまして。
 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について