目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

235 / 444ページ

2012/07/19


Phass3号が、パブーで公開になりましたよ、と。
http://p.booklog.jp/book/53691
こちらに、「なぐさめの本草」という短編を載せてもらいました。
*min*さんという方の挿絵付です。

正徹「なぐさめ草」を元に、というほど元にしてませんが、
ともかくそれを念頭に置いて、BL要素を試してみようと書いてみましたが、
所詮、BLっぽいものにはならなかったかもしれません。

そして今年の夏は、甲府へ行くことに決めました。
武田信玄ネタ。
ありふれているようで、実はそんなに多く書かれているわけじゃないように思うので、
とりあえず山梨散歩しておく価値があると思うのでした。

実際、山梨は愛知県民からすると、非常に縁遠い場所で、
富士のあたりから北上するルートでも、東京へ行くのと同じくらいの時間がかかるのです。

駅前に宿を借りて、
駅前でレンタサイクル利用して、
まずは武田神社等等。等等。


2012/07/02

 
というわけでこの週末、この日記のアクセス数が2万を超えてました。

さて。
こちらは図書館へ行きまして、牟呂村由来記を借りてきました。
「貴重書」に分類されてましたけど、借りられるのですね。
(ちゅか、貴重な古書をコピーして、それを綴じたものなので貴重でもない)

小説を書かずに、資料を集めている今日この頃、
小説を書かないと、何ちゅか、頭がぱーになる傾向にあるらしく、
回天寿司屋で食い終った後、伝票を手にしたまま(金を払わずに)外へ出ようとしたり、
シートベルトを着けない状態で車を走らせたり。
(普段の癖では、すわって、シートベルトして、それからエンジンをかけるのです)

いやはや。

小説を書いてないと頭は休息しているはずですが、
ついでに、日常生活において休むべからざる部位まで、休息してしまうのかもしれません。

エウレカセブンAO 8話くらいまで。
物語の正攻法で来ている。うれしい。
ナル描写が少ないようだけど、大丈夫。うんうん。
第二期の主題歌がFLOWだというし。うんうん。
AOゲームのためにPS3買おうかとも。
ファン心理。

This Is It
がやっていたので、見たのですが、
いやはや、MJという人はすごかったのですね。。。と、何を今さら。
ともかく、ゴリラみたいなバックダンサーの前で、
彼ら以上の存在感ですごい踊りをしながら歌う当人が、
骸骨みたいに華奢なのですから、そりゃ、死にますわね。。。
漫画とかでおなじみ、「高すぎるエネルギーに、肉体がついて行かねえんだ」という現象。
南無。。。


2012/07/18

 
George Michael -White Light
American Idle を見ていても感心するのは、
洋楽方面では今も変らず、おそろしいほど進化変容を続けている点で、
演歌を含めて、邦楽の停滞感は無惨。
すでにたまげるほど売れまくる歌手たちが、さらにこれほど作り込むのだなあと、
JLOとか、新曲を見るたびぽかんとします。

そして、そういう意欲努力を見るたび、
「わしゃ何をしとんのじゃ」
と、我が小説をどうにか向上させねばと、意欲努力の念が起きるので、
好きな歌手が何年ぶりかで新曲を出すというのは、実に良いことでした。

「粟田口霑笛竹」読了。
圓朝はやっぱり抜群。
というわけで青空文庫、上から順番に読んで行こうと思い、
「牛車」「「梅若七兵衞」「華族のお医者」「鰍沢雪の夜噺」と短いのを読んで、
次、「敵討札所の霊験」へ。
これは圓生(だったかしら?)の落語で前半の一部を聞いていたけれど、いやはや、後半もおもしろい。
あたくしの知る限り、落語で一番の悪党が出てる。
最後どうなるか、楽しみ、楽しみ。

長編「初恋探偵物語」第二章開始。
短編「熊太郎神社由緒」前半了、後半へ行くのが辛い。
 

2012/07/13

 
天気予報の当らぬ、変な天気が続きます。
じめじめ。
「熊太郎神社由緒」を、古語辞典と首っ引きで書き続けているのですが、
やはり、ここ半年ぐらい感じている「書いたように書かれる」という奥義が実感されて、
要するに、書いたとおりに書かれて行く物語が、おもしろいような気持になります。
(全然奥義でもないはずですが、今のあたくしの中では、究極の奥義です)

ところで人間、ひとたび良いものを手にしてしまうともとに戻れなくなるものだと思うのは、
PS3を買うからには、ブルーレイだ、さあ大きな液晶TVを買おうじゃないかと、
電気屋をうろうろするのですが、どうも、液晶ハイビジョンが、ぼんやりしている気がして、
しかし、うちのTVはもはや6年以前に買ったブラウン管だから、
最新の液晶が不鮮明に見えるのはおかしいぞと、とりあえず検索してみたら、
「ブラウン管ハイビジョンは、液晶ハイビジョンよりきれいでっせ」
と書いてあって、なるほどと合点。

というわけで、わずか9万円で、52型液晶チャイナハイビジョンが出るなどという話も鼻で笑い、
今しばらく、巨大ブラウン管を慈愛せねばなるまいと思いました。

それ関連で、楽天が、やっすい電子書籍端末を売りに出すと言ってまして、
これはどうだろうと見ているのですが、
何ともさくさく感も無ければ、表面的な美しさもないので、
まー、すくなくともipadを見たことある人は、買うことはないだろうと思いました。
読書家にしても、文庫本の方が遙かに美しく、読みやすいわけで。

さてこの週末で「熊太郎神社由緒」を書き上げて、長編を。。。
年後半の恒例、70枚時代小説も、ぼちぼちと検討開始、
「書いたように書かれる」
のだということを、肝に銘じながら。


2012/07/09

 
三遊亭圓朝が素敵におもしろいです。
ちょっと前に、「真景累ヶ淵」を読み、感心したつづきで、
今度は「粟田口霑笛竹」というのを読み始めたのですが、
まー、素敵。
吉川英治を読んでいるような心持になります。
青空文庫、ありがたや。

国枝史郎「神州纐纈城」
これも青空文庫。
どこかで、伝奇小説の雄と書かれていた気がしまして、
なるほど、おどろおどろしく人の興味を引くように書かれてますが、
ちと細工が粗い印象。
奔馬性癩というのも、今ひとつ説得力が弱い。
とはいえ、堂々と書かれてあり、そんなものかと読めるあたり、
「書かれたとおりに読まれる」
のだから、それで良いのだろうと。

それにしても。。。未完だったとは。
古書店で、きれいな装丁で3000円で並んでいて、
半年くらい買おうか迷っていたものですが、買わなくて良かった。

「浜松中納言物語」
注釈が悪いこともあり、読み進むのが困難。
何よりぐだぐだの主人公に興味が持てぬ。
やはり「源氏」系の物語は、性に合わん。

というわけで、とにかく今しばらくは圓朝を読み続けようー。

「熊太郎神社由緒」
書き出しから一日五行しか進まない。
古文の文体って、きわめて難しい。。。文語ならできるだろうに、
というところで、たぶん素材が向いていなかったのだろうなあと茫然。
それでもがんばって進める。
(あ、ATOKには文語モードがあるのね! 試すべし試すべし)



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について