目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


<<最初から読む

421 / 444ページ

あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)

2008/07/28
 さて、性懲りも無く、また「定期更新」をやってみたいと思います。
 今度は、南北朝時代のたぬきの小説です。
 連載は全5回。
 日本の南北朝時代って、あたくしもあんまり詳しくないですけど、でもそうとうおもしろい時代ですよねー。

2008/07/23
 ちゅーか、本当、暑いですね。
 またまたひどい通り魔が出たようで、Asks?日記で、ちょっと前にひろゆきさんが、「無敵の人」って言ってたのが、気になって気になって。

>逮捕されると、職を失ったり、社会的信用が下がったりします。
>元々、無職で社会的信用が皆無の人にとっては逮捕というのは、なんのリスクにもならないのですね。
>日本が法治国家であり、人権を尊重する限り、彼らが逮捕を恐れる可能性は少ないわけです。

>現在はインターネットを使った犯行予告をすることで、警察官を特定の場所に動員したり、飛行機を遅らせたり、警備員を走らせたりするぐらいの発言力が手に入ってしまっているわけです。
>彼らは、それなりの社会的影響力を行使できる状態にあるのですね。
>でも、欲望のままに野蛮な行動をする彼らを制限する手段を社会は持っていなかったりするわけです。

>ちなみに個人的に、こういう人を「無敵の人」と呼んでいたりします。

>無敵の人が何かをしたら、無敵の人を捕まえて、一定期間だけ閉じ込めておくことは出来ますが、一定の期間が経つと無敵の人は社会に戻ることが出来るわけです。
>んで、無敵の人は気が向いたときに社会を混乱させることが出来ますが、無敵の人が社会を混乱させる前に無敵の人を止めることは誰にも出来ないんですよね。

 ねー。
 そこで小説の出番だと、思ったりするのは、あたくしがまだ若いせいかしらん。
 夏バテ&時差ボケで、頭がおかしいかもしれないので、しばらく静かに更新してみます。

2008/07/20
 一週間ほど、海外出張してました。
 帰ってきたら梅雨明けしてたのは良いのですが、あちこちで、すさまじい殺人事件が起きたりしてて、何というか、日本もドロドロですねー。
 そういえば芥川賞と直木賞も決まったのですね。
 出張に、里見トン(←漢字が出ない)と恋人との往復書簡集「月明の径」っていう分厚いのを持参して、飛行機の中で読んでたのですが、これがすばらしかったのでした。
 里見本をもっと読んでみたくなりました……あたくしは、どうも、この世代の作家が一番良い気がして、現代作家の本が、ほとんど読めなかったりします。 今度の芥川賞は、どうなんでしょうねー。

2008/07/07
 七夕ですねー。

2008/07/04
「海が遠くに見えた町」に、またまたモリタポをいただきました。 しかもそうとうたくさん。
 うれしいものです。 また書こうと思います。 ありがとうございました。 
 ところで、どーでも良い話ですが、あたくしは、季節ものを書こうと思う際、「完成時期」を念頭に、季節を置いたりしています。
 というわけで、「海が遠くに見えた町」は、春先に書き出したものだったり。
 今はぼんやりと、「秋の恋愛」を書いてみようー、と舞台装置や小道具をメモしてるんですが、でも秋って別れの季節だよな……って感じがして、でもせっかくだから、読み終わって小っ恥ずかしくなるようなものがいいなあー、どうしようかなー、とあれこれ考えていたりするのでした。 こういう妄想タイムが、小説が完成したときの次くらいに、好きな時間。

2008/07/02
 何ちゅーか、こういう、チマチマ書きができるテキスポ日記スタイルが、あたくし、好きかもしれん。
「海が遠くに見えた町」「殺す大賞」のどちらも終ったので、ちょっと、ぼけーっとしてます。
 ところで昨日、アニマクスが盛んに宣伝しまくってた「ウルトラバイオレット044」を、ワクワクしながら見たのですけど、何ちゅーか、時代が違ってた感じがしましたです。
 

あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)

2008/06/30
 あらら、もう6月も終りですねー。
 終りと言えば(強引な展開)、「殺す」大賞そして「海が遠くに見えた町」、どちらも無事、終えることができました。
 応募してくださった皆様、選考・感想文を寄せてくださったWAKEYさん、そしてコメント欄などで盛り上げてくださった方々に、ここでもお礼を申し上げます。 ありがとうございました。
 ちなみに、「大賞発表&選評・感想」の中で、白黒反転文字とか、文字サイズの変更を行ったのですが、その方法がなかなか解明できず、泣きそうでした。

2008/06/29
「殺す」大賞それから定期更新の「海が遠くに見えた町」、どちらも明日で終了ですー。
 ちなみに、両方とも月曜に更新するようなスケジュールにしたのですが、これは、
「みなさん週末に書くとすると、新作・更新が増えるのは日曜夜だ。 んじゃ月曜に更新すれば長くトップページに残るんじゃね?」
 と妄想してのことだったりします。
 まー、近ごろは新作が少ないので、いつでも良かったかもしれませんが。
 ともかく、間もなくテキスポ初の夏休みシーズンに入るので、新作が増えるかもしれません。楽しみですー。
 夏休みって、良い響きですねー。

2008/06/24
 「殺す」大賞の一次投票。コメントもたくさん集まって、うれしい感じでした。ありがとうございました。
 コメントって良いものですよね。
 仮に自分の作品に投票されず、別の人の作品が褒められていても、
「なるほど、この人はそういう観点で投票したんだな」
「ほうほう、そういう読み方ができるのか」
 とか、色々わかりますからねー。
 さて、あの最終候補三作品で、一等賞の作品はどれか……選択肢が三つくらいだと、読み比べしやすいんじゃないでしょうか。

2008/06/23
 「海が遠くに見えた町」を、しっかりと月曜更新。連載は次回でおしまい。
 今は梅雨でじめじめですが、もうすぐ暑い夏が始まりますねー。

2008/06/17
 「殺す」大賞に、6作ものエントリー。 実は、最終的に3つくらい集まれば、と小さく考えていたのでちょっとうれしい感じ。
 あとは、みなさんから投票があれば……と、そこだけは、祈るような気持ち。
 ちなみに週末は、四国の友人夫婦(新婚)を見に出かけていたので、疲れました。
 四国って、けっこう良い景色があるのですねー。
 「海が遠くに見えた町」の4章も、何とか昨日、月曜中に掲載でけました。
 そういえば、Dr.サトールさんが、「毎日更新」というおそろしい連載小説を始めたようで。。。

2008/06/12
 「殺す」大賞の二段階選考方法について。
 まー、とりあえず、あれこれ試してみたいのですが、基本的に、単純なネット投票って嫌いなんです。 何ちゅーか、これはネット投票の利点でもあるのですが、投票者が無責任ってことが、あたくしとしては、あんまり好きじゃない感じなのです。
 投票者した人が、全部読んだのかさえ分からないですし。 
 といって、多数の意見を無視しちゃいけないと思いますし、数が多すぎると選考委員がたいへんですし、一次選考で絞ってみたらどうかなーと思いついたのです。
 あと、「とりあえず良い作品をあげる」方式は、気楽かなーと。
 「おお、これおもろいところがあるぜ」と思ったら、一票。 公開投票ではアーダコーダ言う義務も責任も無いですし、それくらいで良い気がします。
 で、二次選考で、選考委員が、アーダコーダ述べる。 
 ただ、今のところ二次選考やってくださるのが、WAKEYさんだけなのが、ちょとさびしい。
 でも誰かに頼み込むちゅーのも、どうもなあと思ってるので、ほかに引き受け手がいなかったら、あたくしとWAKEYさんと、二人だけで決めます。
 まあ、「殺す」について考えるきっかけになれば、それでもいいかなーと。

 あと、「受賞決定広告と受賞作」の宣伝方法を、考えたほうがいい気がしています。
 (企画の宣伝は、充分だと思うのですが、肝心の、受賞作宣伝が弱すぎる気が。。。)

2008/06/11
 近ごろテキスポ全体の更新数が減っているようで、さびしい感じ。 その一方で、いろいろ空回りしている人が増えているような。

 まー、それはともかく。

 「海が遠くに見えた町」とその「定期更新」が好評なのがうれしくて、舞い上がっている今、とりあえず、切ない恋愛ものを書いてみたくなっています。
 読んで、泣けるくらいの。
 喪失感っていうのを、小道具をうまく用いて、書いてみたいのだけれど、これがなかなか難しい。
 だいいち、手ごろな小道具というものが、思いつかないのですよ。
 けれどこれまでは、ハッピー・エンディングか、適当に放置か、というものしか書いていないので、ちょっと挑みたい。
 「時をかける少女」とか「ほしのこえ」とか「巴里に死す」とか大長編の「ドラえもん」とか。
 読み終わって、喪失感にしびれるくらいのが書けたら、そりゃあ、すごいなあ。

2008/06/10
 ありがたいことに、「読み歩き」でも、「海が遠くに見えた町」を取り上げていただきました。 過分な評価はもとより、これで「テキスポ定期更新」友の会(仮称)が増えると、まことにうれしい感じがします。
 ところで、当初これを全5回で完結させるつもりだったけれど、構成を変えて、全6回にします。
 というわけで、次の第4回が一番短くなります。

2008/06/09
 あたくし、普段はホットメールと、予備にヤフーのメールを使っているのですが、ヤフーには山盛りのスパムメールが来る割に、ホットメールにはほとんど来ないなあと、不思議に思っていたところ、どうも、ホットメールが「スパム」と判断するや否やそれを削除していたらしいのです。
 というわけで、友人からのメールも、「殺す」大賞関連の問い合わせメールも、スパムと勘違いされて、消失してしまったみたい。 ちゅーか、あのホットメールは、かれこれ10年以上は使っているので、これまでに何通読み損ねたんだろうなあと、ちょっと不安になります。
 設定をいじったので、今度からは読めると思うのですが、やれやれ、困ったものですねえ。

 それから、「海が遠くに見えた町」を、無事に、月曜更新。
 本日更新分の第三回が、一番短いです。
 ちなみに来週は、週末旅行の関係で、月曜更新といっても、夜になる模様。
 そして、またモリタポいただきました。 ありがとうございます。 なんか、申し訳ない気さえしてきました。。。

2008/06/08
 少し前に、あたくし、残業が終った深夜1時半に、タクシー帰宅をしたことがあります。
 そのときは、電車で1時間かかる帰宅時間が、30分で済んだので、ものすごく感動した記憶があります。
 なお、料金は1万970円でした。
 支給されたタクシーチケット2枚を渡しました。運ちゃんは非常にごきげんでした。
 でも、ビールは出ませんでした。くそー。
 ちゅーか、あの個人タクシーは、都市高速を時速150キロで疾走してたので、車内でビールなんて飲めねえよ。
 
2008/06/05
「海が遠くに見えた町」に、2度目のモリタポギフト。
 コメントに書き込むと、何かいやらしい気がしたので、誰が読むやら、ここでひそかに感謝します。 ありがとうございます。 うれしいもんです。
 きっと最後までおもしろい小説です。 きちんと月曜更新します。

 ちなみにこういう、「定期的に更新」って形式は、テキスポでは初めての試みだろうな、思っていたりします。
「あ、月曜だ。さあ、あの作品の続きを読もう」
 ってな感じのテキスポ読書も、おもしろい気がするのです。
 皆さんも、「テキスポ定期更新」を始めてみませんか?

2008/06/04
 何か、ふと書き留めておきたいことを、ここに残して行きます。
 もともと、このウェブ本は、第二回800字バトル用の、「月にのぼった猫」という作品だったのですが、このテキトー日記をつくるにあたって、トップページに「新作!」と載るのも恥ずかしいですし、本棚登録者も無かったので、「月にのぼった猫」は、第一回800字バトル参加作品「じいさんの最期」の、2つめのテキストに入れ込みました。

じいさんの最期(あやまり堂)
http://texpo.jp/texpo_book/toc/478/

 どこぞのリンクから、「月にのぼった猫」を見てやろうと、このあやまり堂日記へ来てしまった方は、上記リンクへ出かけてやってください。

あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)

2008/09/26
 ひゃっほー!
 格闘すること1年余。
 やっと長編が書けたぜー! 
 「群像に応募してみる」じゃないけれど、4年ぶりにスーパーダッシュしてみることにします。
 前よりは、4歳も年とってますし、進みたいですねえ。

2008/09/19
 ところで皆様は、こんなのご存知でしょうか。
 「KKRブライダルネット」
 http://www.kkr-bridal.net/ground/index.html
>KKRブライダルネットで活動されている会員は、国家公務員(独身者に限る)とその御家族(国家公務員及び、その年金受給者の2親等までの範囲に限る)であるため、身元がしっかりとした信頼できる会員層です。

 いま、結婚仲介というか、「出会いの場をつくる」ビジネスが人気と聞いたことがありますが、まー、世の中、いろいろありますですね。

2008/09/10
 2chのテキスポのところで、「テキスポ・ダイアグラム賞」について、
「何かエントリーできるようなのってある? 全然見当たらないんだけど。。。」
 とあって、逃げ出したくなりました。
 何か、あるでしょう! 
 というより、1万以上の原稿があるのですから、良いタイトル、おもろいタイトルが無数に存在して欲しい感じです。。。

2008/09/08
「テキスポ・ダイアグラム賞」という、テキスポの、すばらしいタイトルを選ぼう企画を始めてみました。
 ウェブ上のテキスト作品って、人目を引くタイトルがものすごく肝心ですよね。
 たとえば、「恋空」なんて、ぶっちゃけ、意味不明の極みですし、内容と一致していないんでしょうけど、でも何か、「恋」と「空」がくっついて、素敵な絵が浮かんでくる気がしないでもない。
 まー、そういうわけで、本家イギリスの皮肉っぷりにはとても及ばないでしょうが、テキスポでもやってみましょう、と。

 それから、「小説の書き方収集中」に、「25歳未満、小説書くな」という菊池寛の文章を掲載。
 正直なところ、ずっと前から知っていた随筆なんですが、25歳未満が多そうなテキスポに載せて良いやら迷ってたのです。
 まー、載せてしまいました。
 ちなみにあたくし、25歳を超えておりますので、適当に書いて良いのです(何カ違ウ)。

200/09/06
 奈良へ行って来ました。
 柳生、大和郡山、法隆寺、平城京跡、東大寺、興福寺、春日大社。
 ついでに大阪へも行って来ました。
 大阪城、天満天神繁盛亭。

 大和郡山、平城京跡、興福寺が特に印象的でした。歴史が消え去った感。
 あたくしは歴史小説を書きたい人なので、その辺、特に。
 
 

あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)

2008/10/31
 ロックマン。
 随筆っぽいのを書いてみたら、何とか書けました。
 よかったよかった。
 11月になったら、ロックマン大賞へ投稿してみよう。
 (微妙に、11月になるまで書くのは待ってね、ってあったけれど書いちゃったものは仕方ない)

2008/10/27
 くしゃみをした時に、舌を噛みました。
 かなり悔しく、そして痛いです。
 そうそう、なんだか「キリの穴」とかいうのが、あるらしいので、見てきました。
 http://www8.atpages.jp/~kirinoana/KiriNoAnaVar5/main.cgi
 テキスポと比べて良い面、悪い面、ありますねえ。
 作品タイトルにマウスを触れさせると、その作品への感想やコメントが見られる、って機能があったら素敵かなあと、ふと思いました、いちいち作品をクリックしなくても、一瞬で見られるような感じ。
 ウェブ技術的にはどうなんでしょう?

2008/10/23
 「浄瑠璃姫物語」おわり。
 今のところ、2章の読者数は10、という状況ですので、最後まで読みきる方が、1-2名でもいたら、頭を下げます。
 申し訳ありませんでした、と。

2008/10/20
 長編と格闘していますと、けっこう、時の経つのを忘れていまして、ときどきふと、漫画本の新刊を買ったりするときに、あ、時間は動いているんだ、と思い出したりします。
 というわけで、今日は、「結界師」の22巻を買いました。

 ところで、ロシアの株価が下がりまくっています。
 欧米、日本方面では、乱高下しつつも、とりあえず、上がるだけは上がってるんですが、ロシア株は底なし沼。
 今年の5月に史上最高値を更新した株価からすると、73%減(2480→667.6)。先週だけで20%下落だとか。
 原油相場が70ドルを割ったので、資源ビジネスでウハウハだったロシア人もやばい。アラブも冴えない。
 で、そういったオイル富豪がヨーロッパで冴えないので、ヨーロッパ方面の土地バブルもやばい。
 サブ・プライムに関係なくても、ヨーロッパ方面の景気は冴えない感じなんだなーと。。。
 http://www.euronews.net/en/article/17/10/2008/russian-shares-tumble-further/
 
2008/10/18
 やっとこさ郵送できるー。1ヶ月くらい前に出そうと思ってたのに。
 印刷してみたら残り12枚で紙切れになったりしましたが、とりあえず、235枚をドッサリと送りつけてみたいと思います。
 3年だか4年前に1次だけ抜けたところなので、せめて2次突破してくれないと、逃げるしかなくなります。
 あー、おそろしや。

2008/10/17
 「小切れ良い」って、「小気味良い」なんじゃないかなあと思われてなりません。

2008/10/11
 久しぶりにテキスポのデザインが変更になった感じですねい。
 ところで、気が付いたのですが、テキスポのトップページからリンクで行ける「ドーヨ」掲示板が、
 「テキスポ企画落選反省会」だけになっているっぽいです。
 むしろ、「読者交流トピ」の類が、いつの間にか消滅してしまった中で、よく残っていると感心しまして。

 えー、ちゅーわけで、よろしかったら、「テキスポ落選反省会」を、テキスポ作者&読者交流のためにも、使用していただけたらと思ったりなんかしたり。
 2chページでも悪くはないのですけど、なーんか、ちょっと雰囲気がまったりしていない感じがするのです。

 テキトーにご利用くだされば、うれしいです。
 http://texpo.jp/topic/disp/43004/

2008/10/07
 あたくしの知ってる人が、気がついたら、テキスポにいました。
 うまい小説を書いてますので、この日記を覗いてしまわれた方、どうぞ、ご一読あれ。

 あめつちの音(天城吉野)
  http://texpo.jp/texpo_book/toc/2455/

2008/10/01
 テキスポで一番素敵なタイトルを決めようという、テキスポ・ダイアグラム賞。
 投票を開始していますので、当あやまり堂日記を見てしまわれた方は、下記リンクから、ポチポチっと、☆投票してくださると嬉しい感じです。
 せいぜい1分で完了しますので。

 テキスポ・ダイアグラム賞(投票受付中)
 http://texpo.jp/texpo_book/toc/2250/

 ところであたくし、個人的に「有料週刊フィロス」が気になっているのです。
 驚くほどものすごい下準備なので、是非とも企画に乗っかりたい感じがしているのですが、今やってる短編、書き上がるかなあ。。。
 あと、テキスポの皆様の反応がイマイチのような感じですが、何人か参加するかしら??
 (あれだけすごい下準備なんで、やる前に、テキスポでたくさん書いてる人に声をかけたら良かったんじゃね? と思ったのは内緒です)
 ちなみに、「フィロス」のコメントに「秋本氏さんは書かないのですかー?」と書いたのは、あたくしです。内緒でも何でもなく、単なるログイン忘れでしたが、まあ良いや、と。

 ……風呂場で思いつきましたが、「テキスポ・ダイアグラム賞」の一等賞は、「テキスポの歴史」にその栄誉を刻みつけようと思います。
 せっかくあたくしが両方やってるので(迷惑かも知れないケドネ、ヤッチマウノサ)


あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)

2008/11/28
 800字バトル募集開始。。。ああ、1本でも2本でも来てくれないかなあ。。。
 今の様子だと、書いてくれたらほぼ確実に賞タポにありつけます! という具合。
 基本設定、あれで良かったのかなー。
 自分で2つ3つのペンネームを用いて投稿しちゃおうかなーなどと、あれこれ妄想が浮かんできます。
 とりあえず、書いてみてくださいませませませ。

2008/11/25
 1周年記念800字バトルのお題、どうしましょう……?
 1周年記念なので、「記念日に」もしくは12月なので「クリスマスに」 んでもって、多くの人が書きやすいように、多くの人が利用してそうな「駅で」「学校で」「本屋で」 そしてあたくしが男なので、「かわいい女の子が」「絶世の美女が」ってな感じはどうでっしゃろと、ぼんやり考えているのですが。
 28日に発表、と言っているのですが、決まり次第、さっさとお知らせしたい感じです。

 何だって良い気がする一方、やるからにはたくさんの人が書いてくれそうなものにしたいなーと思うのです。
 「空腹でたまらないとき」「ゲーセンで」「よぼよぼのじいさんが」
 「バレンタインに」「公園で」「猫が」
 ぶっちゃけ、これで60本も70本も集まったのが、不思議。 あの頃は本当に、活気がありましたなあ。

2008/11/18
 明日からタイへ行きます。
 
 まー、あれです、結局のところ、ごっちゃごっちゃ言うより何より、おもろい作品を書いて掲載しろーと、運営さん方面は、もはやあきれてるのかもしれません。。。と妄想してみたり。
 
 ちなみにオバマさん、漢字では、奥巴馬さんらしいです。 美国的新大統領奥巴馬! みたいな。

2008/11/12
 サムライうさぎ最終巻を読んで、泣きそうになりました。いや、むしろ泣きました。
 あれで終っちゃうなんて、惜しいなあ。もっと読みたいなあ。。。

2008/11/07
小浜さんって、黒人かしら……って、ここ(http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/784126/)に書いてありました。
なるほど父はケニア人で(奴隷の子孫というアメリカ黒人じゃないにしても)黒人かもしれないけど母は、ちゃんとヨーロッパ系の白人。

父方を見れば、正直、真っ黒けで、「興奮するケニアの親戚たち」を見れば真っ黒けなので、ああ黒人なのね、と思うのも無理はないのですが、母方の白人ファミリーについては、全然取り上げられない……と思ってウィキペヂアを見たら、お母ちゃん、すでに死んでたのね。
ていうか、お父ちゃんも死んでるのね。ていうか、出自を見てたら、何だかよく分からなくなってきました。

1.ケニア人父バラク・オバマ、アメリカ人母と結婚、大統領小浜さん生まれる。
2.ケニア人父バラク・オバマ、アメリカ人母と離婚、大統領小浜さんは母方へ引き取られる。ケニア人父は、ケニアへ帰る。
3、アメリカ人母、インドネシア人と結婚、大統領小浜さんもインドネシアへ。
4.アメリカ人母、インドネシア人と別居、ハワイへ帰る。大統領小浜さんもハワイで生活。
5.アメリカ人母、インドネシア人と離婚。 大統領小浜さん、勉強がんばって弁護士、国会議員、大統領になる。

……と、微妙に、どうして小浜さんが、小浜さんなんだろうって思ったりしまして、なるほど、これは、本人が、「わしオバマね。父親はケニア人しか認めへん。だからわし黒人やねん」と言い張ったのじゃないかと思われてきますし、あるいは、要するに黒人の父というのをPR作戦に利用するために、反リベラル的「男系社会」を推奨したちゅーわけかもしれません、うひひ。
いずれにしても、その辺りも、なーんか、あやふや感じ。

ちなみに、イギリスのBBCなども、「ホワイトハウスに史上初のブラック・アメリカン」と言ってますので、彼を指差して黒人黒人言うのは、世界的な傾向かと思われます。

まー、どーでも良いっちゃ、どーでも良いのですが、小説とか漫画のパターンだと、「失敗を受け入れられず、最後に笑いながら精神崩壊しちゃうエリート」っぽいなあと、遠くからテキトーに眺めてたり。

2008/11/06
 あの人は何かうそ臭いんですよねー、よその国ですけど。

 さてトップページのロックマン、なかなか壮観ですね! 自分のが更新一覧に表示されなくなったら、無駄に一文字くらい修正して、トップページに並ぶようにしたい気がします。
 あと「週間フィロス」というのに、連載ものを載せてみようと、1話を投稿したのですが、読み返してみるとひどいので、中止してしまいたい感じです。 ここを、もうちょっと工夫できるだろうと思ってしまったので、もうダメです。全部書き直さなきゃ。。。

2008/11/04
 小室逮捕って、そんなに大きなニュースなのー?

「ロックマン大賞」に随筆めいたものを書いて投稿しました。
 なにげに、トップページの更新一覧に、募集要項のロックマンな表紙と並ぶよう、急いで出版しなおしたのです。

 

読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について