目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)

2012/11/29

 
てきすぽどーじん秀作撰を企画してみます。
Kindle版。
http://texpo.dou-jin.com/Entry/42/

さて、読み返してみたら修正箇所が多すぎて魂消た時代劇も、
何とか夕べ、書き上げることができて、
無事に明日の締切に間に合いそうです。
もうちょっと、書き方があったなあと思い、
今少しで自分の文体が摑めるような気がしているのですが、
いやはや、難しい、難しい。

でもとりあえず、無事に完成したので一安心。
これで12月は、オブリビヨンをやれそうですが、あれ、ゲロ酔いするし、
そもそも、そこまで楽しくならないです。。。
ガンダム無双2を500円で買って放置しているので、そちらの方が楽しいのかなあ。
とめはね! は今のところ10巻まで出ているようなので、そこまで一気に読みたいです。

それから昨日は、Round table feat. Nino最後のアルバムが届き、大喜び。
新曲は2つだけだと思いきや、ほかにも知らない曲があって、喜ばしいのですが、
それにしても、Ninoって誰なんだろう。。。

2012/11/28

 
できあがり、東京往復の間に、誤字脱字だけ確かめようと思うていた、
70枚の時代劇が、
読み返してみると、
「うええ、これは何だ」
というくらいに、おたおたしていて、書き直しているうち、
ぺんてるGELペンENERGEL 0.35mm(ステマ)のインクが終ってしまったりして、
締切間際。

30日消印有効なので、今日明日で仕上げなくちゃいけない。
あたふたと早起きして、手直しをしましたが、
まともなものになるのか、不安。
当然のことながら、これからあらすじを書くので、
ああ、まったく。

2012/11/27

 
東京帰り。
といっても、何か格別のものを見聞きしてきたわけではありません。
海浜幕張の、だだっ広いイオンに辟易し、秋葉原を歩いて相変らずなだなあと思い、
疲労&気胸。

さて、山田さんのKindle版小説が有卦に入った模様で、
何かあたくしも、Kindle作戦をやってみたくなりました。
といって自分が昔に書いた小説をKindleにするのは気が進まないので、
てきすぽどーじんを、Kindle版でやってみたらと思いつきました。

といっても、5号もあり、過去作者の許諾を得るのも面倒くさいたいへんなので、
とりあえず一斉メール&ツイッターで反応を見て、
「Kindle版に載っけても良いよ」
と返信があった人の作品だけを寄せ集めて、
「てきすぽどーじん(1~5号)秀作選」
といった感じで発行してみたらどうかなあと。

印税もろもろの経費計算は面倒くさいですし、
そもそも波に乗れなければ、1000円に達することもなく、
あたくしの懐へは入らないので、
「入金があった場合は、次号の発行費用に回しまっせ」
という感じにしておく。
(この条件で良いという方の作品だけ、Kindle化する)

という感じで。。。

ちゅかそもそも、1号からの作者・作品一覧が存在していないの巻。

2012/11/22

 
「てきすぽどーじん5号」の感想会を開催しておいて何なんですが、
個人的には、何を読んでも書き手目線でしか見られないため、
感想はあんまり述べないようにしてたりします。

感想ではなく、粗探しとか改修案みたいなものしか出てこない。
大学の文研サークルの頃は、各作者がどの程度の気合だとか意識で書いたかが分るので、
相応にコメントできたこともありましたが。。

いやはや。

そんなこんなで、とりあえずむらむらしている時代劇についてだけ、ここにメモっておきます。

言葉使い、特に序盤で出てくる長屋女房の口調。
武家に対する町人の口調としては、あそこまでぞんざいになるのは普通考えられないので、
よっぽどの変り者だと思いきや、普通の人だった。
また、直参の武家の住まいから道場への道すがらに、「幽霊長屋」がある点。
しかも直参がそんな長屋の井戸端へひょこひょこ入って行くなんて。

何ちゅか、こういう粗探しは得意なのですが、
自分の小説となると、まー、盲滅法。
ひどいもんです。

 

2012/11/20

 
日記を読み返すと、「というわけで」で書き出しているのがまことに多い。
どういうわけで、だ、と思ったりもしますが、
まー、仕方ない。

というわけで、夕べは、敢然とPS3オブリビヨンをやりまして、
自由度が高い、住人がそれぞれ実際に生きているように振る舞う、
リアル、リアル――と言われれば、確かにそうなんですが、
そうやってリアルさを追求した結果、かえって、
「いや、そんな大事を、得体の知れぬ主人公単独に任せちゃうの?」
「ていうか衛兵がいるんだから衛兵に任せろよ」
とか、
「主人公は腹は減らないの、眠くならないの」
「魔法が使えるなら、人々はもっと魔法を使えば良いのに」
などなど、いろいろ不自然なことが起きてくる気がします。

結局のところ、あたくしは小説を書くしかないのだと思われます。
 

2012/11/19

 
というわけで週末、めでたく70枚の時代劇が書き終わりました。
題名は「魔法」とします。
書き上げてみると80枚を越えていて、あららと困惑してましたが、
読み返し、主題から逸れた部分を消していたら、きっちり70枚となり、
快哉。

さてこれで東京行の間にあくせく書く必要もなくなったので、
鈍行ではなく、往復新幹線(こだま)で優雅に行こうと思います。

ひとつ終ったので、よし、PS3をやろうか、録りだめたビデオを見ようか、
書いている最中そわそわしていたことを消化しようと思い、
でもとりあえずと、1章を書いて放擲していたラノベを読み返してみたら、
我ながらおもしろかったので、PS3もそこそこに、小説に取り組まざるを得ないかもしれません。
PS3が、小説よりおもしろかったら良いのにと、つくづく思います。

週末、てきすぽどーじん5号の感想会を、各作者とのチャットで行い、
http://text-poi.net/vote/1/
あたくしのラノベも、どうにか読めたものになっているような感想が出て、
ほっとしたのですが、
ただ、何ちゅか、テキスポの人たちは皆やさしいというか甘いというか親切なので、
どの程度、実際に読めたものになっているのかは、いつまでも不安。

あたくしのせいなのか、大学時代の文研の批評会は、
割と罵詈雑言の嵐だったので、テキスポ関係者による軒並みやさしいコメントを見るに付け、
「何にしても、身内になぐさめられて安心してちゃいけねえ」
という思いになります。
落選通知コレクターの、疑心暗鬼ですね。



2012/11/15

 
おそらく気胸になったと思われ、悪化するか、良くなるかというところ。
良くなれば幸い、悪化しても、諸手を振って入院+自宅療養コンボが使えるので、
まー、どっちでも良いや。
相当ひどくなると、苦しいんでしょうけど。。

オブリビヨンというPS3ゲーム、主人公を男にしてやり始めたのですが、
どうも気乗りがせず、
レディを主役にして始めましたが、やっぱり何をしたら良いか分らず、
ていうかモンハンみたいに愛嬌あるレディが作れるのではなくて、
どう頑張っても雌ゴリラしかできないので、
楽しいような、もうどっちでも良いや、といったところ。

もう少しやれば、楽しくてたまらなくなるのかな、と思うので、
続けようと思いますが、
70枚を早く書き上げなくては。

「とめはね!」
おもしろいので、一気に6巻まで揃えたところ、
7巻以降が早く読みたくてたまらない。
週刊連載の一話を見るだけで、おもしろさは分るもの。

ゲームと漫画のため、小説の読み返しが滞ってるわけですが、
どうやら、小説が良くないため、逃避している模様。
下旬に東京へ行くので、ちゃっちゃと直して、ちゃっちゃと出しちゃいたいです。
 

2012/11/13

 
70枚の時代劇の初稿ができ、題名を「魔法」にしようか、「魔ノ法」にしようか、
別のものにしようか、迷う。
題名としては「魔法」が一番なのだけれど、
西洋ファンタジーの響きが強すぎる気がして、悩ましい。

50枚くらいで終って、短すぎるかもしれないと思いきや、
80枚になっていたので落胆。
ざくざく削って行かねばなりません。
読み返してみると、史実を追いすぎているせいか、
主題から離れた部分にもガッツリ力を入れており、
その点、修正と削除できると思われるから、まあ、10枚ばかり削ることは、
さして難しくはないでしょう。

で、とりあえず終ったので、
近所のブックオフというかハードオフへ行き、PS3ゲームを購入。
「スカイリム」「アサシンズクリード」「ガンダム無双3」
の3作を候補に考えていて、
結局、スカイリムの前作「オブリビヨン」が1000円だったので、悦んで購入。
「ガンダム無双2」が500円だったから、一緒に買ってしまおうかとも思うたけれど、
とりあえず一つにしておく。

そしてオブリビヨン、さすがのおもしろさ。
最初のチュートリアル的ダンジョンで迷子になり、
抜け出すまでたいへん苦労しましたが、
外に出て、これからいろいろ出来そう。
フィールドを上から眺めるタイプかと思いきや、
あたくしの苦手な主人公視点のゲームだったので、そこは困惑してますが、
ぼちぼち楽しめると思います。

それにしても、2時間ほど続けていたら、3Dでゲロゲロに酔って、
気持ち悪くてたまらなくなりました。
年齢のせいでしょうが。。。
長時間プレイできないのは、この際、良いことだと思っておきます。

また、「とめはね!」も購入。
やはり抜群におもしろい。習字がしたくなりました。
 

2012/11/09

 
「究極超人あ~る」が復活したというので、
勇んで、おっさん漫画雑誌を初めて購入、
中味は、同窓会とか、「年忘れ懐かしのメロディ」を見るような感じでしたが、
ともかく堪能し、
せっかくだからと、雑誌に掲載されている他の漫画たちも読んでみましたところ、
まー、ひどい。
前に歯医者で読んだ少年マガジンもひどかったですが、
おっさん漫画は絵が下手くそなので、いっそう見るに堪えず、
内容も、おっさんの日記のごとき、どうでも良いものばかりが並んでいて、
唖然。

「週刊連載の漫画を小間切れで読めば、そりゃつまらない」
「ていうか、おまえの感性が鈍っているのだ」
「そもそもおまえのおもしろいと感ずるところと、現代の漫画の売りとは違うのだ」
と、むしろ叱られてるような感じを覚えつつ、読み終えました。

が、「あ~る」の他に唯一、「とめはね!」は抜群におもしろく、
週刊連載の小間切れで、充分にそのおもしろさが伝わるので、
上記の罵声は、違うことがよくわかりました。
「とめはね!」は、映画だかドラマになってた気がしますし。。。

といったところで、作者を見れば、
河合克敏という、昔サンデーで「帯をぎゅっとね!」を描いてた人だと知れたので、
そりゃおもしろいさと、うなづいておりました。
「帯ギュ」は確か、「パトレイバー」「YAIBA」他にも「らんま」「うしおととら」
の辺と並んで載っていた気がして、
いやはや、昔の漫画雑誌は、おもしろかったのだなあと、改めて思います。

他の漫画の何がダメなのかは知ったことじゃありませんが、
あらかたの主題が描かれた後、「高校書道部」に着目した河合克敏は、
それだけで大したものだと言えますし、
やっぱり、会話のテンポ、省略や場面転換のうまさは、
素人に毛の生えたような連中とは、格が違う感じがしました。

小説を書くにしても、この御時世に何を書くかというあたりは、
少なくとも、きちんと認識しなくちゃいけないのだろうなあと、ぼんやり。

そして時代劇中編は50枚。
正しいものを書いているとは、確信できている。
うんうん。
 

2012/11/05

 
というわけで週末、時代劇を書き始めました。
題名定まらず、中味も混沌としている(これは史実が混沌としているのだから仕方がない!)
のですが、まあ、週末3日間で38枚まで来たので、
さっさと書き上げることができそうです。
規定の70枚ではなく、50枚完結目標。
そうすれば、読み返しで追記して、60枚そこそこで送付できるに違いない。

文体に気をつけていると、単に、
「史実をなぞったあらすじ」になってるんじゃないかという危惧がぬぐえず、
何とも不安ですが、
まー、やってみるだけです。
それにしても、戦国時代の九州って、本当、混沌としてますね。
(というより、丹念に見て行くと、混沌としていない歴史など存在しないのか)

史実から何を取捨選択し、どこに主軸を据えて小説にするかという辺が、
歴史小説の難しさというか、楽しさですかねえ。。。
楽しいのですけど、苦しい、難しい、です。

締切は11月末。
今年最後の、完結品になる見込み、、、と思うと、一年なんてあっという間だなあと思ったり。

そして歴史小説は苦しいので、これを書き終えたら、
PS3を思いきりやるぞーとか思いつつ、
実際、PS3を始めれば、結局、すぐに小説をやりたくなるのだろうなあ。