目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)

2012/06/29

 
長編をレターパックに入れて、ポスト投函してきました。
郵便局へ持って行こうと思うていたのですが、
何だか面倒くさくなって、ポストへ押し込みました。
はー、すっきり。

この前の水曜、ギター抱えてツイキャスをやってみたのですが、
誰もいないところへ向って話すというのは、何だかとても緊張するちゅか、何ちゅか、
7-8人で、知った人たちしか聞いてないと分っていても、無性に
とくに最初の方で、手がふるえてました。
ギターも早くなる早くなる。
あんなものは適当に弾いておけば良いのだと、中途で気づいてから、
多少、何とかなりましたけど。

台本を用意しておかないと、ぐだぐだになりますし、
だいたい普段から、カタカタ指を動かすのは好きでも、
口は動かしたくない人なので、まー、やるからには、計画性は大事ですね。
ということで、もう一度くらいは、あれこれ改善させたツイキャスをやりたいと思いますが、
まー、もう一度だけで良いと思いました。

さて、そういうわけで、ギター熱もそろそろ落ち着いてきましたし、
長編も投稿したので、
ぼちぼちと次の小説を書こうっと。。。

今度は歴史。
資料大事。

(といっても、大宝律令のころだから、資料もクソも無いかもしれん)

2012/06/27

 
そういうわけで、てきすぽどーじん5号、仮印刷してみました。
中味は72頁。
けっこうな厚さになりそうです。
これから通読してみて、掲載順やら、体裁を考えたりします。
別にイベントへ並べるわけじゃないので、
早期入稿して、何やらのグッズを手に入れたいと思います。

ちゅーことで、今晩あたり、ツイキャスやろうっと。。。



2012/06/25

 
自分以外にどなたが読んでいるのやら、
この日記の閲覧数が、まもなく2万を超えます、と一応は書いておきます。

さて週末、無事に長編「恋つばき自由都市奇譚」の読み返しが終り、
てきすぽどーじん用の「初恋探偵物語」の読み返しも終り(まだ読み返してなかった)、
これにて、抱えていた小説課題が終ったことになります。
めでたし、めでたし。

しばらく、南山文研OB雑誌用の短編、たぶん「熊太郎神社由来」を構想しつつ、
とりあえず、上達(復活)著しいギター弾き語りを練習して、
一度くらいツイキャスで、垂れ流してみたいと思いました。
テキスポの人たちは親切なので、まー、30分くらいなら聞いてくれるでしょう。

ちなみにこのツイキャス、試したところ、
案外、ギター音がうまい人のそれみたいに聞こえるので、感心しました。
(歌声は、ふつうの下手な人のやつでしたけどね)
ドラえもんに、
自分でTV局をつくって、放送できるというので大騒ぎになる――という話がありますけど、
ツイキャスなどは、ごく容易にそれを実現してしまうわけで、
技術の進歩ってすごいなあ。



2012/06/22

 
宇治拾遺物語現代語訳ブログ
「今は昔」考
http://edosoko.edoblog.net/Entry/289/

我ながら、この調査(というほどでもありませんね)検索は、
良い検索だったなあと感心しております。

それにしても、ここに引用した春日教授の文章もそうですが、
最近の日本語は、短いですね。

「今は昔」が春日教授の言うような正しい日本語として使われていた頃は、
少なくとも、ぐにゃぐにゃと長たらしい日本語が正統ちゅか、
多かったはずなので、それを思うと、
たまには長々とした日本語があっても良いだろうなあとか思ったりします。

でも宇治拾遺でも、読みやすいのは、
短く小間切れにしてある日本語なのですけどね。

ながながと書いてあってなおかつ読みやすく行きたいものです。

といったところで、「五色狐伝」送付完了、「恋つばき~」は最終読み返し。
読み返すつもりはなかったのですが、
印刷しようとしてチラリと最初のページを見たら、
パンツとあるべきところにパンッと書いてあって、
こりゃ読み返さずにはいられないと、あきらめた次第。
まー、それでも週末のうちに印刷できますわね。


2012/06/20

 
無計画リレー小説第拾話、というのを書きました。
おもしろいかどうかは知りませんが、
第1話からのリストをつくったので、その点、親切なのは確かです。

「五色狐伝」
幸い、台風が通り過ぎたので、本日、濡れずに郵便局へ持参できます。
めでたし、めでたし。

「恋つばき自由都市奇譚」
こちらも、さっさと印刷して、次の台風が来る前に、
郵便局へ持って行きたいところです。
あ、あらすじ書かなきゃ。

さーて、次は何を書こうか。。。
こういう、小説と小説の間、ちゅか、何ちゅか、この空隙は、
そわそわするというか、ふわふわするというか、妙に定まらぬ感覚がして、
気楽なようでいて、かえって嫌なものです。
次に取り組むべき小説は、こんな感じか――などと、
いくつか頭の中をぐるぐるしているやつを摑んで眺めては、
「どうだろう」
と不安になるばかり。


2012/06/18

 
週末、長編「恋椿自由都市奇譚」が、ちょうど400枚で書き上がり。
短編「五色狐伝」も、52枚で書き上がり。
めでたし、めでたし。
どちらもさっさと出さねばなりません。

てきすぽどーじんに載せる「初恋探偵物語」も初稿は出来てるので、
このところ、次々と書き上がって心弾む日々。
ついでに、無計画リレー小説の「第拾話」も出来てますので
何ちゅか、今はそういう時期なのでしょう。

……自分へ向けた日記なので、これまでは書いた小説の題名を書かないことが多かったですが、
読み返したとき、
「このときって、何を書いてたんだろう?」
と、自分でも分らなくなったので、書いておきます。
 

2012/06/13

 
昔取った杵柄、のギター練習が楽しいです。
さだまさししか弾けないのですが、
それでも、リハビリ的に弾いてるうち、
不意に昔の感覚がよみがえって、指が動き始めるのがまことにうれしいです。

稀に、思い出したように弾いてみて、
「あー、やっぱり弾けねえや」
と投げ出すことはありましたが、こうして数日続けて練習するのは、おそらく5-6年ぶり。
読み直しにくじけそうになって、
ゲームに逃避するよりも、健全だと思われます。

とりあえず、そうやって逃げながら逃げながらの読み返しも、あとわずか。
今月中には、どこぞへ投稿できそうです。

そしたら、てきすぽどーじんの短編の続きを書くとか、
歴史を書くか、
短編を引き延ばすか、いずれかです。

 

2012/06/11

どうでもよろしですけれど、
AKB今年の選挙、上位に入った票数は、前回の前田さん分+αが、消えた勘定ですが、
何ちゅか、総票数自体は、だいぶ増えたのだそうです。

……あー、別にどうでもいいや。

というわけで週末、エウレカセブンAOを4話までまとめて見まして、
「おもしろくて良かった。。。」
と思いました。

若干、アオ少年に対する島民の憎悪などが強引すぎるきらいもありますが、
前作より地に足のついた進み方で、その分、前作のぶっ飛び感が無く、
「普通のアニメ」
の匂いがしますが、まー、好きなものが良いかたちで再登場するのはうれしいちゅことで。
(映画版エウレカなんて、大きなとぐろうんこでしたし)

ところで、どこかで、このごろアニメのレビューというか、
考察サイトが減っているという記事(ツイート?)を見たのですが、
何ちゅか、エヴァンゲリオンからセカイ系に至る、主人公と世界の関わり方についての物語が無くなって、
かわりに閉ざされた自己完結型の風景描写(極端な例だと、女子高生の会話だけ!)になってますので、
そこには物語もくそもなく、考察すべき対象もなにも無いじゃないか、
ということだと思いました。

セカイ系から自己完結型へ切り替えたのは何なんでしょう、ハルヒですかね?

でもマクロスFの王道が受けてるとか、
FateZero、まどかマギカあたりでも、完結世界とはいえ、物語が動きつつありますし、
そろそろ語り物復興になりませんかねえ?

時代劇は、死に絶えましたが。。。

それから週末、久っっっしぶりにギターに触りまして、
というのも、どこかのTVで吉幾三が、自分の歌を弾き語りしてるのを見、
「あ、演歌の弾き語りって気持ちいいかも」
と思って、試しに「酒よ」を検索してみたら、コード単純、歌心地よし、
ということで、やたらと楽しくなったのでした。

弦を押える指が痛い、アルペジオの指が嘆かわしいほど動かん、
と自分でもおかしいくらいですが、
せっかくなので、多少練習しておいて損はないなあと思いました。

あと近所の喫茶店でモーニングを食いつつ、
「初恋探偵物語」を読み返し。
初稿のまま、おそろしくて書きっぱなしにしていたものですが、
何とか、おもしろいと思われました。。。が、どうなんだろう? いろいろ初めての技法だらけなので、不安。
てきすぽどーじん5号に載せます。

350枚の長編読み返しは、ようやっと最終章へ突入。
おもしろいと思うのですが、それにしても、よう書いたなあと思う量。
章ごとに読み返すべきだった。。。

「新・座頭市物語」
座頭市の初恋の相手が出てきた点のほかは、平凡。
勝新じゃなきゃ成立しない。

「金田一・女王蜂」
三代にわたる血みどろの因縁話。。。て、市川崑の金田一って、全部そういう話じゃないか、
と思いつつ、やっぱりおもしろい。
カメラ割りなどの撮り方が、すごいのだろうなあ。
 

2012/06/08

 
検索してみると、AKB選挙というのは、
昨年から、1位の票数がだいぶ減ってるのですね。
昨年1位の前田さんが14万弱、2位の大島さんが12万ちょいという感じだったところ、
今回1位の大島さんは10万票。
その分、下位が増えたかというと、そうでもないようなので、
とりあえずごっそり、15万票・2億円くらい減った勘定になり、
まー、何というか、AKB流行の頂点は過ぎたちゅことでしょう。
どうでも良いことですけど、
こういう頂点を過ぎてからの対応をどうするのか、ちと気になります。

そんなこんなで読み返しフォーエバー。
もう、眠い。
おたおたしている書きぶりを、どうにか直したいと誘惑されて、
すこし遊んでみると、もう時間ばかりが過ぎて眠気魔神が攻めかかる。

まー、それでも遊ぶに際して、擬古文が使えるというのは、実に便利。
宇治拾遺をやってて、本当に良かった!
 

2012/06/07


宇治拾遺物語現代語訳 
巻十一 (134)日蔵上人、吉野山にて鬼にあふ事
鬼の苦悩。
「魔法少女まどかまぎか」じゃないですけど、
「鬼」のシステムを徹底分析して行くと、こういう苦悩が指摘できますね。

というわけで夕べは思わずAKB選挙の模様を見ておりまして、
かわいらしい女の子が、泣きながら一生懸命になっている姿というのは、
興味薄い身でも、うんうんと感動を覚えて見てられます。
それにしても、
1票が1600円のCDだとすると、たとえば10位くらいの人でも6500万円、
1位の大島さんに至っては、10万票、1億6000万を一人で集めたちゅことで、
なんか、途方もないです。

しかし……、ひっどいTV中継でしたね。
地震速報みたいな画面構成、隅の方では、常にきたないおっさんが小写しになっていて、
出しゃばりなアナウンサーが絶えず、可憐な子らの涙声を妨害し、挙句の果てに、
もっとも感動的な1位スピーチを中途でぶったぎて、明石家さんまが、
「このあとは」
「わーっ!」
と、慌ててスイッチを切りましたが。

中途半端な中継にしておいて、あとでDVDを買わせようという戦略なのかもしれませんが、
何ちゅか、情報を見て貰おうという姿勢が、ダメですね。

ツイッタで、
――なぜAKBが売れてあなたの音楽が売れないのかというと、皆忙しくてあなたの音楽に辿り着くまでの時間や労力、関心といったコストを払えないからです。 AKBはそのコストをほぼ0にするために莫大なマーケティング費用を払っています。「真っ当な音楽を作ればリスナーがコストを払う」など傲慢です。by スピカDistorteD ‏@kuninakamasaki
というのが流れてきまして、
一面の真実だと同意しつつ、
「あなたの音楽、すなわちあなた自身に魅力が無いから」
という視点がないのが、誤りになるのだろうと思ったりしました。
すくなくとも、AKBの子らには、1億円をかきあつめることのできる魅力と、その魅力を伝えようとする姿勢があるわけで(TV局には無いみたいだけどね!)。

というわけで、まー、要するに、
あたくしは魅力的な小説を書くよう勉強するばかりだと、ぐだぐだと長編を読み返し。

 

2012/06/04

 
長編読み返し中。
全5章のうち、第1章の修正に難渋、
突破して2章、3章はそれほど直す必要もなく、
さくさく読み返す。

1章は、冗漫な60枚を半分程度に圧縮したもので、
その分の空回り感あり。
世界観、主人公を提示する第1章の重要性、難しさ。

そんなわけで昨晩は、スタバクスから持ち帰ったコーヒーを、
飲みつつ、読み返してたのですが、
まー、布団へ入っても眠れなくて弱りました。
まだ若いちゅか、何ちゅか。

それにしても、読み返し期間は、何だか物足りない感じがします。
さっさと終らせて、常に新しい話を構想していたいもの。

「魔法少女まどかマギカ」
ようやく全話。
まったく閉ざされた関係性。
セカイ系は、閉ざされた男女関係だったけれど、これでとうとう異性まで消滅させてしまった。
物語としての成功要素は、「魔法少女」システムの徹底分析と再構築。
従って、エヴァンゲリオンで生じたような波及、再生産は無いと思われる。
最後は主人公補正。

「悪魔の手鞠歌」
市川崑の見せ方はやっぱり素晴らしいと思う。