目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)

2012/05/29

 
「決闘 高田馬場」
戦前、1937年の白黒映画。
酔っ払いの安兵衛が、叔父のピンチに無双バサラになる話。

前半、音の悪い白黒映画ちゅこともあって、
ぐでぐでする酔っ払いの愚痴など、全然おもしろいと思わなかったけれど、
叔父の手紙で覚醒、高田馬場へ駆けつけるところから、
もう、無双。
検索してみると、もとの歌舞伎でもこの駆けつける場面が有名みたいですけど、
いやはや、わっしょい、わっしょい! のお祭り感がすばらしい。
馬場にも、これでもかってくらい大勢集めて、
それがわあわあ騒ぐのが、これまたすばらしい。

誰か取り直さないかなあと思ってますと、三谷幸喜が歌舞伎でやったとありました。
さすが。

登場人物の歩き方、主婦役はあくまでもお歯黒、眉落しというところなど、
文句の出る箇所もない。
あれだけお祭りわっしょい、わっしょい! と長屋の衆、見物衆が出ていれば、
そりゃ敵も、
「叔父上、叔父上え!」
と泣き叫ぶ、隙だらけの安兵衛を斬ることはできぬ道理。

いやー、良いチャンバラやった。

そんなこんなで、長編の読み返し中。
書き出し第一章が気に食わず、いくらでも直したい気分ですが、
まー、とりあえず進むしかないですわね。
読み返しに時間が取られるとすると、3ヶ月1長編、は難しい。。。


2012/05/28

 
というわけで、週末、てきすぽどーじん5号用の、
ミステリ短編が書き上がりました。
長編の第一章部分ということで、30枚にするつもりが65枚になってまいまして、
同人誌には向かない長さですけれど、
まー、何ちゅか、てきすぽどーじん5号も、
結局原稿が集るのか怪しい面もあるので、何でも構いません。

ミステリ、饒舌、三角関係、主人公一人称と、さまざまな「初体験」を盛り込んだので、
人物造形とか、物語展開とか、いろいろ勉強できた気がします。
日記を見たら2週間前の週末に書き始めているので。
2週間で60枚とは、なかなか好成績。
調べ物の必要がほとんど無かったので、この早さなのですね。
めでたし、めでたし。

やろうと思えば、第二章以下も、このペースで行けそうなので、
長編の最速記録に挑んでみても良いかもしれません。
折しも、宿痾のようなゲーム「A列車で行こう4」に、ようやく疲れてきたところですし。

ところでここ数日、
「生活保護を受ける金持ち芸人の親類」と、「それを取り上げて名を売った政治家」の話が、
ツイッタ上であれこれリツイートされてきまして、
鬱陶しいです。
生活が苦しかったことの当否も知らんですし、政治家の動機も知りません。
揣摩憶測に感情を載っけた言葉は、目撃する方を恥ずかしくさせます。

そんなことより、「揣摩」って、使わない言葉ですね。
揣=推
みたいですけど、「摩」はこの場合、どういう意味なんでしょう。。。さするのかしら。。。
摩訶不思議、とかで使うように、ただの音かもしれませんが、
何となく、揣摩憶測っていうと、さすりながら相手の感情を推測してる感じもします。

というところで、goo辞書を見たら、こする、さする、触れるのところに「揣摩」と用例があったので、
あたくしの印象は正しかった模様。

とすると何か、いやらしいですね、揣摩。
べたべたとさわりながら、相手の感情を推し量るとは。
 

2012/05/22

 
「あやまり堂日記 in テキスポ」を全部パブーに持って来ることができました。
百度アーカイブでも、一部欠けていたのですが、
周到な過去のあたくしが、きちんと保存していたのでした。
さすが、自分。
自己執着の大きさですね。

日記のついでに、「その夜の後で」と、「この秋の恋愛計画!」という、
テキスポ上で連載しかけて頓挫したものも確認。
後者はともかく、前者は、ちと捨てるには惜しい気がしていたので、
良かった、良かった。

大したことを書いていない日記ですが、読み返してみると、
「ああ、そんなこともあったなあ」
と思えるので、ちまちまと、意味の無いことでも書いて行く価値はあるのだと思いました。

ということで近頃。
長編「恋つばき自由都市奇譚」読み返し開始。
短編「七色狐」書いて、保留中。
短編「なぐさめの本草」電子小説誌ぱっさ企画、書き上げて挿絵待ち。
短編+長編「直感探偵」てきすぽどーじん5号用、最終章を書きあぐねている。
短編「熊太郎神社由縁」構想中、文研OB冊子MOSAIC5号用。
(上記題名は仮といって結局そのままになりそう)
ゲーム「A列車で行こう4」都市が育ってきて飽きないから困る。
ゲーム「信長の野望天翔記」「同天下創世」飽きた(後者の方が飽きが早い)。
ゲーム「イース4」サクサク動かないのであきらめた(5だっけ?)。
「宇治拾遺物語現代語訳」第11巻で疲れている場合じゃない。

はー。


2012/05/21

 
曇り、日蝕は見えず。
一週間以前から、そんな気はしていた。

昨日、何年ぶりか検討もつかない――おそらくロンドンで購入して以来の久方ぶりに、
音楽CDを、店舗で購入。
CDを買うこと自体、稀ですけれど、アマゾンでなくお店に入って購ったなど、
実に5年ぶりくらいになるのじゃまいか。

ショッピングモールのCD屋、他に客はおらず、
壁一面が「K-POP!」とむなしく飾り立てれ、その傍らには、
「K-POP福袋! 5000円以上の商品が入って2000円!」
そりゃ、音楽CD業界は不況です。

というわけで、お店でCDを購入し、わくわくしながら、
スターバクスでそのCD冊子を見ようとしたのですが、
まー、ビニルが開けにくい。
そしてCDケースが、古めかしい。

AKB商法じゃないですけど、「お店で購入したからには」という感じで、
すこしくらい、進化しておいて欲しいものだなあと思いました。

そんなこんなで、「テキスポで書いた小説」たちを、
せっせとパブーに掲載する作業を始めました。
基本的にはすべて、こちらに掲載しておきます。
記憶した初恋の惑溺(あやまり堂短編集)


2012/05/18

 
今は滅亡してます「テキスポの歴史」
というテキストを、以前こしらえたことがありまして、
それを百度キャッシュなどから発掘、てきすぽどーじんブログへ掲載しています。
http://texpo.dou-jin.com/
テキスポという愛着あるサイトが滅んだ後、このテキストをつくっておいて良かったなあと、
しみじみ感じております。

ところで、自分の書いた小説は全部こちらで保存していると思っていたのですが、
テキスポ史を振り返るうち、ひとつ漏れていることに気づきましたので、
ここへ貼り付けておきます。

100文字小説バトル参加作
「スイーツ侍」

拙者、侍。
同僚殺して逃亡中、スリで危うく一文無し、
「こら不届者!」
「あ、堪忍して」
捕えたらすごい美人で一目惚れ。
ムラムラと林の奥に連れ込んで、着物を剥いだら、
「親の仇!」
ざっくりやられて拙者は死んだ。

ちなみに、テキスポ日記も保存漏れがあったので、キャッシュから発掘して、
順次、こちらに残しておきます。 
http://p.booklog.jp/book/3746/chapter/84383
キャッシュの関係で、2008年、2009年とも10月分が飛んでますね。。。
どこかに保存しておいた気がするんだけどなあ。

2012/05/14

 
風邪。
昨年も確か同じ症状に煩わされたような。。。と思い、日記を読み返してみると、
花粉症のことはあっても風邪とは記されていませんでした。
はて?

というわけで、週末は、風邪の頭で、
「初体験」
を念頭においた「てきすぽどーじん5号」用の小説書き始め。
とはいえ、何ちゅか、公募に出さない小説を
書く意欲がほとんどないので、長編の第一章を書こうという方針。
むろん、短編として完結させるけれど。
前回失敗した饒舌を何としてでも成功させたい。

えーと。

風邪なので、録画分を消化。
「偽物語」全話。
前作「化物語」ほどの印象は無いけれど、やっぱり西尾維新はすごいなあと改めて。
結末が、何ちゅか、もやっとしているというか、
結末らしい結末になっていない気がするのも、西尾維新という作家の傾向かなあと。
そんなに読んでないのですけど。
というか、原作者がすごいのと並んで、アニメ制作陣に感心。

その監督、制作陣が同じだった、
「まどか・マギカ」途中まで。
あれやこれやの技法が、共通しているのが印象的。
とはいえ、「エヴァンゲリオンに匹敵する」とかいう評をどこかで見たのですが、
そこまでの威力、波及力は無い気が。
かわいらしい絵柄も、時に、つぶれた饅頭みたいな感。
魔法少女システムを丹念に洗い直し、再構築。

松田優作のハリウッド遺作、
「ブラックレイン」
日本の描写があまりにドリフちゅか何ちゅか。
松田優作はすごいのですけど。

えーと。

「プリキュアオールスターズDX、DX2」
DXの、やや強引な各プリキュア間の交流が、
DX2になると格段にうまくなっていて、
主人公の適切な活躍、過去キュアたちの登場、決め台詞の割合、
DX2の脚本はすばらしいと思う。
ああいうのって、各プリキュアに当てる台詞を、どうやって決めてるのだろう。

「岡っ引きどぶ」すこし。
田中邦衛が悪いのじゃないけど、
すっごいブサイクでも愛嬌に富んでいる、という顔じゃない気が。
まー、「剣客商売」で秋山小兵衛が、藤田まことになるとか、
しゃーないですけど。

えーと。

「アクエリオンの映画」
だーかーらー見ーなーきゃー良かったんだー。


2012/05/09

 
結局、思うようなガンプラといいますか、マクロスFのプラモデルは見つからず、
小説を書かないと決めたしばらく間、眠っていた「A列車で行こう4」をやりつつ、
「奈良時代の食生活についての研究」
を読んでおります。

それで、あたくしの頭では、
奈良時代の食事など、
「塩味オンリー、野山の雑草に、粟、稗」
くらいの認識だったのですが、決してそんなことはなく、うまいものを食いたいという欲求は、
古今東西、たいへんに強いものであったと感心しきりなのです。

今のような醤油は無いにしても、醤があり、
チューハイ、ビールは無くても、種々の酒に、
もっとも安いものだと、酒粕をお湯で溶いたような「酒」もあり、
魚に肉、いのししを飼っているのも珍しくなければ、
うどんめいたものや、氷も市場で売っている状況。

まー、砂糖や蜜は、高級な薬ですけど、
それでも、だいたい今のように食うことができたのだと思えば、
いやはや、奈良時代もなかなかおもしろいです。

奈良時代といえば、ちょうど、木簡に万葉集、古事記などなど、
文字文化と、それから考古学の調査結果と融合して描かれる世界なので、
何とも、そういう知識と知識とが結びつく感は、あたくしには、実に愉快です。

もっとも、あまりに茫漠としすぎているので、奈良朝を小説にしようという意欲は、
あんまり生じません。。。
ひとつだけ、書きたいのがあるので、調べているのですが。




2012/05/07

 
というわけで、この連休中に長編を書き終えることができました。
長編は、
恋つばき自由都市奇譚
と、後で変えれば良いやと毎度適当な題名をつけて書くのですが、
結局、最後まで良い題名が浮ぶことはなく、毎度あららと思いつつ、
仮題のようなもので、送付するのです。
今回も。

全部で5つか6つの章がありまして、おわりの5章、6章は良いものだと思われます。
「長編は最初の3ページ」
という理論からすると、終盤が良くてもどうしようもないのですが、
まー、終盤で身についた書き方を、これからの長編で応用できれば、
そのうち当るんじゃまいかと、ぼんやり。

そんなわけで、公募、公募に興味が向いておりまして、
というか、公募に出さないようなものを書いても、そろそろ、しゃーないだろうなあと、
思うようになっておりまして、
てきすぽどーじん5号を最後に、こまごましたものを積極的に書かなくなるかもしれません。
まー、分りませんけど、あらかたやった気がしているので。

その他、いつもの古書店で、
「奈良時代食生活の研究」
「中世的世界の形成」
を購入。
どうやら中世へ中世へと、興味が向いている。


2012/05/02

□掲載中
岐路の一答」「記憶した初恋の惑溺
てきすぽどーじん4号120年」 3号小説作法柳多留もどき」「老後
恋愛模様 石川春奈 佐々木里香 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(230迄:2012-01-24)


----------
5月、さみだれ、というと梅雨の六月過ぎの雨を指すのだと笑われそうですけど、
五月に降ってんだから、五月雨で当然じゃないか。

まー、そういうくだらぬ話を書いてしまえるほど、
昨晩、短編初稿がおわったことがめでたくて、
というのも、今回の短編にはまったく難渋つづき。
短編なんて、基本的には一気呵成に書けるものなんですが、
とにかく、今回は文体、テーマ、舞台、いずれも結末の見えぬ苦しいものでした。
「なぐさめの本草」
と仮に題名つけたものが、「ぱっさ」という小説同人誌に載っかります。
http://phassa.blog.shinobi.jp/

この企画、*min*さんという方が挿絵を描いてくださることになってますので、ハラハラしております。
http://min.dou-jin.com/
http://www.pixiv.net/member.php?id=1238218

初稿はとりあえず文体カチカチ。
昨晩など、新明解の辞書に載ってない言葉を使ってた(広辞苑には載ってたから大丈夫!)。
わらた。

といったところで、たぶんこの連休中に、長編も初稿が書き上がるので、
すこしの間、ガンプラか何かをつくるとか、ビデオを見るとかして、まったりしたいと思いました。

もうひとつの同人企画、てきすぽどーじん5号は、何となく推理を書いてみたいと思っていますが、
やっぱりあきらめるかもしれません。