目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)

2012/04/23

 
青空文庫にて「真景累ヶ淵」読了。
無惨な話ではあるけれど大団円。
すごいぜ圓朝。

青空文庫は、タブレットへポンと入れておけば、
いつでも簡単に読めるので助かります。

圓朝全集は揃えておきたかったのだけれど、
だいたい青空文庫に入ってるので、もはや買わなくても良いかもしれない。
便利な世の中だなあ。

2012/04/20

 
宇治拾遺物語現代語訳ブログ
安倍晴明2話。
http://edosoko.edoblog.net/Entry/277/

こちらのブログには、お手軽解析機能をつけているので、
見るたび、まことにたくさんの人が来ているのだなあと、他人事のように感心されます。

Windows7ユーザーが50%近いとか、
検索エンジンは、Yahooが3分の2近いぞとか、
ブラウザは、Internet Explorer が多くて、
この一箇月で一番検索されている話は、「保昌と袴垂」だとか。

まー、それらのことを知ったところで、
うん……。
と思うだけですが、ただ、Yahoo & IEを使っている人が多いあたり、
インタネット初心者といいますか、若い子が来ているのだなあと思われて、
そういう人たちに「教科書以上の古典」「おもろい古典」を届けることができているのであれば、
勉強させてもらっている適当訳者的には、まことに喜ばしいなあと。
  


2012/04/19

 
西遊記の、割と原典に近いものを読んでいるのですが、
まー、三蔵が情けない。
「悟空や、私にはこの川は渡れません。もうだめです(泣く)」
「悟空や、お腹がすきました。ご飯を探してきなさい」
「こら悟空。私が助けてやった恩を忘れたのですか」
と、まあ、立派な僧侶なのに小人根性むき出しなのが、たいへんおもしろいです。

……うまいこと現代の小説に書き換えれたらと思いますけど、
たくさんの人が書いてますし、並大抵のことじゃないですね。


2012/04/18

 
謝罪によって、相手に攻撃や介入しようとする強い衝動は抑制されるが、
不快感は抑えられないことがわかった。
というメモ。
東大による研究結果。

2012/04/13

 
宇治拾遺物語巻十一 (124)青常の事(上)
 
というわけで、宇治拾遺物語の適当訳も、第11巻へ入りました。

新学期になったのだなあと思うのは、
今週になって急に、宇治拾遺への訪問者数が増えたことです。
3月末なんて、100を切りそうだったこともあるのですが、
昨日は久しぶりに1000アクセスを超えてました。
いくつかの学校で、宇治拾遺が登場したのでしょう。
堅苦しい、つまらん古典ではなく、
昔の連中のくだらなさ、ばかばかしさを是非とも読んでもらいたいです。
冒険活劇もあります、怪談も、純愛もあります。

昨日はグーグル・ハングアウトにて、夏休みの課題図書はつまらんかった、
とか話していたのですが、
古典の教科書も、たいがい、つまらんと思います。
源氏やら竹取などの、ただでさえ、ぐにゃぐにゃと読みにくいやつを、
しかも小間切れで「はい古文でござい」と出されたら、だいたい嫌いになるかと。

短くて馬鹿馬鹿しいやつでも、一本、
最初から最後まで読み通すことができれば、
「読めたー」と、おもしろくなると思うのですけれど。

だいいち古文学習の目的って、文法の暗記なんかじゃなく、
本来、古文を読ませることなんじゃないの、と。。。

まー、そんな愚痴をこぼす間があったら、あたくしが勉強、勉強ですね。
 

2012/04/11

 
宇治拾遺物語現代語訳ブログ
第10巻までの適当訳が終りました。
 
慢心せず、勉強を続けなくちゃいけません。
ちなみに、休題閑話というのは、造語です。

そして長編は、どうにか行き着く先が見えてきました。
今回、長編の途中から、「マインド・マップ」というアンドロイド・アプリケーションを使ってまして、
これがたいへん便利。
あたくしが今まで試した中では、一番良い感じです。
アプリケーションを使い始めて1ヶ月経たずに、
短編1本を書き、さらに別の短編、長編の後半を書いている状態だということからも、
何というか、たいそう良いのです。



2012/04/09

 
芥川賞「道化師の蝶」
ごちゃごちゃ技法、何にしても大しておもしろくもなし。
技巧をやりたいなら、抜群におもしろくなくちゃと思うがどうなのか。
芥川賞じゃなくて直木賞にエントリーされそうだけれど、
あんまりおもしろくないので、直木賞はとれないだろうと思うた。

本当、もう読まなくても良いなあ。。。

2012/04/06

 
芥川賞「共食い」
文章は、久しぶりに確かな感。言葉が強い。
ただ、如何せん、全体として幼い印象。
とってつけたような描写に、とってつけたような展開、結末。
芥川賞、もう読む必要がないのだろうけど、
現代の小説を読もうと思う機会なんて、文藝春秋くらいだし。。。




2012/04/05

 
「七色狐」
という短編を書きました。
清朝末期の蘇州が舞台。
あれこれ技法やら何やらを試して濃厚に書けたので、
なかなか満足していますが、はてこの34枚はどうしよう?

というのも、当初これは、
「Phassa」
http://phassa.blog.shinobi.jp/
というウェブ小説雑誌企画に参加するべく、書き始めたものなのですが、
ちと規定を読み違えていたので、宙ぶらりんになってしまったのでした。
というわけで、どこかへ投稿しよう。。。と思うのですが、
30枚くらいの短編賞って、何かあるのかなあ。

で、Phassa3号には別の、
「中世フランス、プロヴァンス地方。BL要素を入れて」
という感じの短編を書こうとしています。

あれこれ試すのです。
 

2012/04/04

 
新潮世界文学全集
ゲーテ「若きウェルテルの悩み」「ファウスト」再読。
前に読んだ時は、ごちゃごちゃ書いてある「ファウスト」を読めなかったのだけれど、
さすがに成長しているらしく、翻訳悪文も読めた。
読めた上で、まあ、こんなものかという印象。
ごちゃごちゃしている部分は読み飛ばしたので、鴎外の名訳を、早く読みたい。

さまざまな知識を、並べたその「自信」は、大いに学ぶべきだと思われた。
あれだけの情報に対して、作者自身が不安を覚えていたら誰も読まない。
談氏の落語も、あれだけ自信満々であったればこそ。

「ウェルテルの悩み」については、
もはや興味が持てない。青春が過ぎたということか。。。
とりあえず、ああいう恋の深刻さは自分には縁が無いのだ。
描写技法についても、たぶんもう身につけている。

2012/04/02

□掲載中
岐路の一答」「記憶した初恋の惑溺
てきすぽどーじん4号120年」 3号小説作法柳多留もどき」「老後
恋愛模様 石川春奈 佐々木里香 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(230迄:2012-01-24)


----------
2012/04/02
宇治拾遺物語現代語訳 巻十(122)小槻當平の事

を掲載。
原文はちとたどたどしく感じますが、劇的な呪詛合戦なので、
あれこれ小説に使えるかと思われます。

実家へ帰るたびに行く古書店で、老松堂日本行録、西遊記上下巻、明治初期文学集を購入。
明治初期には、漢文も含まれている。彼らの教養の高さ。
こんなものを800円ばかりで買う一方(安いなあ)、漫画シリーズを幾つか売る。
週末、実家に転がっていた2-3月前の週刊マガジンを読み、
週刊漫画などどれくらいぶりだろうと思いつつ、ぱらぱらめくり、
「絶望先生」「はじめの一歩」以外、おもしろいと思うどころか、まったく関心の持てぬことに気づき、
数多の漫画表現における物足りなさを確信する。

週刊マガジンへの連載なんて、漫画家志望者の総体からすれば、
きわめて選り抜かれた、抜群にうまい人たちにしか適わぬことであろうけれど。。。
とぼんやり。