目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)

2012/02/28

 
ねむ。。。

数年放置していた、「信長の野望・天下創世」の操作方法が分ってきたこともあり、
カチカチと楽しんでいるわけですが、
これすなわち、
「書きかけの長編がおもしろくないことになっている」
ということなので、
ようやく昨晩、何とか、四分の一くらい圧縮して悪い部分をやっつけた、気がしています。

長編で、世界観や主人公像が把握できてくると、
どうも、一挙手一投足を書き込まずにはいられなくなってしまうというか、
「描くべきこと」
を忘れて、脇道へ脇道へと逸れて、細かな描写に作者だけが悦に入ることになり、
結局のところだれて、いつしか信長の野望へ手が伸びる、
というあたくしの悪癖。

基本的には、削る方針で。
こうなると、だらだらと書けてしまうキーボードではなく、
手書きでやるべきなんじゃないかと思われてきます。。。
初心にかえる感じで。
 

2012/02/27

 
2月29日まで有効の、映画ただ券があり、
とにかく何かを見なくては、とあわてて、
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」
を見に行きました。

いやー、贅沢な一本でした。

先ごろ終ったゴーカイジャーは、ほとんど見たことがなかった上、
宇宙刑事ギャバンの方も、ドンピシャではなく、
むしろケロロ軍曹のコゴローの方に親しみを覚えるくらいでしたが、
細かな背景など知らずともじゅうぶん楽しめる、贅沢な娯楽映画でした。

観客を楽しませるため、
じゅうぶんな予算をかけて一生懸命かつ楽しみながら作られた映画。
そういう、娯楽映画のあるべき姿を見た気がします。

とりわけ、ゴーカイレッドと偽ギャバンの斬り合いには、
「ああ、あたくしの好きな時代劇は、ここに残ってたなあ」
と、ひとり感傷的になってました。
きれのある、しかもちょっと泥臭い殺陣。様式美。

昨今の人情時代劇とか、薄暗い青春映画とか、
何のためにやってるのか分らんようなものは、そりゃ斜陽になるなと思いつつ、
娯楽映画の神髄は、
作り手全員が、観客のため全力で楽しんでつくるところにあるのだろうなあと、
要するにあたくしは、娯楽小説を書きたいのだと、
週末の小説バトル参加も経て、ぼんやり自覚。

「不可捨(すつべからず)」
というのを、1時間でバタバタと書いたのですが、まー、だめですね。
http://p.booklog.jp/book/45361/page/921713
(主催者によるまとめ本)
 
 

2012/02/20

 
というわけで、NECの捨て値タブレットをもてあそんでいる今日この頃。
青空文庫が、たいへんに読みやすいことを知って、感激。
これまで、青空文庫は、PC上でしか見たことがなく、
「まー、読みにくいわね」
なんて思っていたのですが、閲読ソフトを入れて、読んでみると、
実にきれいに表示されるので、良い時代になったものだなあと、感心しました。

泉鏡花とか、幸田露伴とか、100円で流れる日本文学全集収録品だけでは、
満たされない思いをする先人の作品を読んで行きたいと思いました。
(でも、あたくしが読みたい作家のものは存外すくないようですが)


ところで、長編を書いていると、往々にして、150枚くらいで大きな壁にぶち当たる気がします。

書き出しの疾走感あふれる50枚辺。
ちょっとつまづくも、気合と工夫で乗り越えて、名作が生まれる予感に包まれる100枚辺。
いよいよ前半の山場、興奮絶頂の150枚。
一息。
よっしゃ、これから後半、締めくくりへ向けて、次なる大きなイベントの仕掛けを……書こうとして、
「あれ?」
と気づく、ちょっとした修正箇所。
そう、すべてはそれが、始まりだった。。。。
「そうだ、最初の方で、これを書いておけばもっとおもしろくなるぞ」
「あ、ここの人物関係はいらないな」
「この描写は、あとで書けば良いから削って、と」

そして気づく、絶望の150枚。

そう、たとえば。

……主人公、いらなくね?
……脇役が、意味不明かも。
……ヒロインに魅力がない。
……この主題で書き続けていて、良いの?

後半にさしかかり、結末が見えてくる、全体像が見えてくる……、
と、作者はきっと、これまでに数多くの小説を読んでいる賢い作者なので、
自らの小説の仕上がりがどの程度のものになるか、書かずして気づくことになる。
























きゃー!




2012/02/17

 
というわけで、NECのお安い電子パッドが届きました。
無線LANの設定に四苦八苦して、さらにアンドロイドOSの仕様も理解できず、困惑途方に暮れかけましたが、
何とか、当初目的の、デジタルアーカイブスPDFを読むところまで行けました。
もっとも、たいへんに読みにくいですけど、まー、鑑賞・熟読するわけじゃないので、
そのうちに慣れますわね。



2012/02/13

 
最初から、書き直しています。
筋に問題があるとは考えていないので、まさにそのまま書き直しているわけですが、
初稿60枚時点を、せいぜい22枚で通過するありさまなので、
初稿は相当、だらだらと書いていたのだなあと、あきれました。

饒舌に書こう、という方針はあったので、ある程度の、だらだらも仕方ないですが、
「饒舌に書かれるべき内容か、否か」
を考えることがなかったようで、
結局のところ今の内容では、あたくしの好きな、削いだ文体がふさわしかったのだと思われました。
「饒舌に書く」ことを念頭に置くのなら、
もっと、内容、あらすじを違うものにしなくちゃいけないのです。

主題、書かれるべき筋、ふさわしい文体、展開、運び、
すべてを意識的に行わなくちゃ、長編がものにできるはずはないと、
今まであたしゃ何を書いてきたのだろうと、
呆れ返ってものも言えないと日記に書いてます。

その一方で、NECのお安い電子パッドを注文。
間もなく「一話一言」が読み終わるので、そしたら次々と古い随筆をダウンロードし、
PDFでだらだら読んで行きます。
江戸明治大正の古本を、最新の電子機器で読むという辺、
まことに現代的で、何だかおかしいです。
 

2012/02/09

 
150枚ほど書いてきた長編を、あきらめて、
最初から書き直すことに。

日記を読み返してみると、
楽しい楽しいで、うまく行っている直後に、
足踏みしてそのまま転げ落ちて、這い上がれず今に至った――ようですが、
何といっても、1/12に、長編の文体を摑み得た、と言っている、
その文体は、どうやら摑み得なかったようでした。
(あの文体を使うために、最初に戻る感じでもあるのですが)

たぶん、文体ができれば、おもしろいものになる。
最近は、そんな妄執にとりつかれてます。

 

2012/02/03

 
ジェームズ・ジョイス「ユリシーズ」
実家にしばらく滞在しておりまして、そこで40年ほど一度も外箱から出されていない、
世界文学全集から引っ張り出したものですが、まー、
読めたものじゃなかったです。

翻訳ものは、ただでさえ日本語がヤバイのに、
20世紀文学にものすごい影響を与えたというジョイスのいろいろな技法を、
原典の雰囲気を出そうとしてあれこれと無益な工夫を重ねて、
ちょうど、落語の「寝床浄瑠璃」でいうところの、
複雑な節回しを複雑に外して聞かせる――的な、ま、こ、と、にひどいものが出来上がったため、
まず、現代っ子には読めません。

ジョイスの試みた様々な技法は、
月報で、丸谷才一が、「今ではありふれた技法」と言ってましたけど、
今のはもっと洗練されていますし、日本の作家も上手に書いていますので、
その発端たる問題作を、翻訳で今読んでも、
うう。
となるばかりでした。

内的独白でしたか、
あたくしの読んだ、わずかな英語の小説でも、普通に使われてた技法が、
この小説で始まったというのは、確かに、
「世界文学全集」
に含まれるにふさわしいですが、まー、でも、今読んでも仕方ない気がします。

ちなみに「ユリシーズ」の物語は、
アイルランド・ダブリンにおいて、三十路の若い男が、悶々としながら一日を過して家に帰る。
というだけの話です。
途中で、若い女がパンツを見せつけるので、こちらは自慰行為&射精で応酬する、
というヘンタイ行為があるほかは、
今では読めたものではない、さまざまな小説技法が試されている、
――その程度を記憶しておけば良いかなあと、思いました。
 
とはいえ、長編を書くに当って、
並々ならぬ意欲を持つのは、当然なんだろうなあと、
自分の長編、実は何を描くのかを考えていないんじゃまいか、
それで短編ほどうまく書けないと嘆くのはばか丸出しだったのじゃまいかと、
読めたものじゃなかった超大作を書棚に戻して、ぼうぜん。
(読めたものじゃないという感想を抱いたのは、別に良い)

 

2012/02/01

掲載中
岐路の一答」「記憶した初恋の惑溺
てきすぽどーじん4号120年」 3号小説作法柳多留もどき」「老後
恋愛模様 石川春奈 佐々木里香 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(230迄:2012-01-24)


----------
2012/02/01
上に、掲載中の短編などを整理して、並べてみました。
あんまりパブーには載せていないつもりでしたが、けっこうありました。

創聖のアクエリオン
全話。
結局、中途半端なマクロス。キャラクタデザインが好かなかったので、最後まで何だか好かなかった。

味方のA勢力と、敵のB勢力の戦いを描くとして、
結末は要するに、Aの勝利、Aの敗北、どっちも勝利(和解)、どっちも敗北(破滅)になるしかないと思われ、
単純なAの勝利では、物語的に満たされないので、
だいたいの場合、第三勢力を投入して、和解か、破滅を描くことになります。
で、そういうものは、すでにありふれているので、
「まさか、あいつらが……」
と驚かれても、眺めている側は、初体験の登場人物ほどには、驚くことはない。
というわけで、この際、単純なAの勝利を描く物語があっても良いのかなあと思いました。

映画「高瀬舟」
森鴎外の短編を小一時間の映画にした逸品。
それにしても、こんな映画があったのかと驚くほどに、地味。
原作に忠実であり、とにかく静かで、見ている側の気を引くような場面も無い。
そのくせ、市民生活を描くエキストラの数は多く、役者も見事であって、
なんて贅沢な映画だと感心するばかり。
つくられたのは、1987年。
バブル絶頂期ということで、このころは、時代劇に金を使えたのかなあと、ぼんやり。
時代劇が滅んだ今じゃ、もう絶対につくることができない。