目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)

2011/05/27

 
やった、梅雨入りだ!

連休明けから花粉症に苦しむ身には、
梅雨のじめじめほどありがたいものはありません。

ところで、テキスポに掲載されている小説で、
冒頭の一文が、

>夫が亡くなって3年後、綾子は娘の高校進学に合わせて九州の実家に戻り、癌を患って思うように働けない父親の手伝いをすることになっていた。

となっている小説がありまして、
「冒頭の一文に、情報が多すぎる気がしますー」
とコメントしようと思うたのですが、
何だか馬鹿馬鹿しい気がしたので、こちら日記に書いておきます。

……と、日記に書くのも馬鹿らしい気がしますが、
批評ではなく、万事、自戒なのです。
 
情報が多いということのほかに、「3年後」としているのに、「なっていた」で結んでいるとか?
 

2011/05/26

 
ブリーチ「破仮面編」を読み終えました。
これまで全巻買いそろえていた身内の人が、
「ブリーチ、毎回、同じやん!」
と、ウルキオラVS一護のあたりで、とうとう飽きてしまい、
以降、新刊を買わなくなったため、今までなかなか読む機会が無かったのでした。

まー、実際、
無敵の敵が出る、と思ったら主人公があっさりやっつける、
と思ったら敵が変身する、ボコボコにされる。
そしてとどめを刺そうとしたところで、今度はこちらが変身する……
を延々繰り返しているようなブリーチですが、
良いじゃん、それで!

でも、最後の、えーと、アイゼンとの戦い。
あれはちょっと物足りない感じでした。
一護が精神と時の部屋で修行したら、アイゼンより無敵になってました!
って。

作者的にも、最後の方は飽きちゃったのだなあと思ったりしました。
「隊長の名誉にかけて、おまえに、始解を見せない!」
と豪語させた割に、その設定を使わずに終っちゃったような気がします。。。
 

2011/05/19

 
購入したロワジャパン互換バッテリーを装着、
ノートPCのバッテリー寿命が、9時間半になりました。
こりはびっくり。

形が、若干お尻が飛び出る仕様になっているのですが、
それでも、持ち運びに不便というほどでもなく、
何より、それだけ長時間もつのであれば、
文句のつけるべき点ではござんせん。
いやっふー。

しかしながら、昨日はそれ以外の点は、花粉症もあって、ボロボロ。
何もやる気が起きませんで、小説の数行を削除したばかり。
あー。


2011/05/18

 
鼻が。。。

TV天気予報から「今日の花粉情報」が消え、
CMが「花粉ガード!」から「汗をおさえるぜ!」に切り替わると、
あたくしの花粉症がマックスを迎えます。

あー、だるい。

といったところで、昨晩は、すでに完成している長編を、
いい加減、どこぞへ出そうと思い、印刷してました。

5月末締切で、講談社が新しいラノベブランドの新人賞をやるというので、
一応、それを念頭に置いていたのですが、
昨日、送付体裁にしてみたところ、
5枚多い
ことに気づいてびっくり。

今さら削るのも正直、面倒くさいので、
23日締切のえんため大賞というものに送ってみます。
見たらどちらも評価表がもらえないようですが、
まー、良いや。

そして一部、読み返してみると、だいぶたどたどしいので、その点もびっくり。
こんなだったのかあと。
でも、今書いている長編でうまくいっている(気にさせる)方法を見つけたのが、
このたどたどしい長編なので、なかなかに、愛着も覚えます。

まー、とりあえず、書いては出し、そして落ち、また書いてみるばかりです。


2011/05/17

テクマクジャンクションが解散ということで、
途中放棄していた、小説版「セナトレックの盾」を、
何としてでも書きあげねばならぬと奮起し、
長編の息抜きのように書き継いでいるわけです。

「長編の息抜き」
として書いているつもりが、
気合を入れている長編よりも、息抜きの方が出来が良いのではないか、
そんなふうに思われることがしばしばで、
くじけそうになります。

「息抜き」と思っている方が、
肩に力が入らず、
また、サクサク進めたいと思っているために、
文章自体も軽快になっていて、
そのために、出来そのものまで良いように見えるのかもしれません。

やれやれ。
と言うほかありません。
 

2011/05/16

 
とうとう、花粉症がやって来ました。
毎年、5月の連休辺りからひどくなるのが、今年はそうでもなく、
「おや、今年は大丈夫なのかしら」
と油断していたら、10日ばかり遅れてやって来ました。

あー。

ところで毎度、外へ持ち出して、カタカタやっている
安価ノートPCのバッテリーが、だいぶ疲れてきました。
当初は4時間半も持続していたものですが、
連休中に「2時間しか持たない……」という認識になり、
昨日、ミスタードーナツで起動してみたら、「残り1時間42分」という表示。
急速に、老衰している模様。

という次第で、
すでに正規バッテリーは製造していないので、
ロワジャパンなる会社の、互換バッテリを注文してみました。
ちょっと怖いですが、バッテリーの容量が倍になって、9時間くらい持つ、
という評価を信じてみます。

で、そのPCでカタカタやっている長編は、間もなく、後半前半の山場。
前に書いた長編を改編してゆく――はずが、
後半は丸っと、一から書いている次第で、
その方が早いので構わぬのですが、何だかなあ。

ところで、今回の長編は、「前に書いたものを改編」する方法なので、
基本的な筋は、すでに出来ています。
そこへ来て、「前の手直し」のつもりだったので、
ある程度、本編を書いたら喫茶店などへ籠り、これまでの章を読み返し、
次の数章の改編点といいますか、
次の展開を妄想するという方法を取っていたのですが、
これがなかなか良い感じでした。

最初から最後まで、筋を妄想しようとすると、
中盤以降で、にっちもさっちも行かなくなったり、
情報が違ったり、飽きたり、
余計な、しかし棄てがたい場面に拘泥してしまったりすることがしばしばでしたが、
書いては止り、次の数章のみを考える方法では、それが少ないです。
また、戻っての微修正も容易。

というわけで、また一つ、賢くなった気がする小説三昧。
今さらそこに気づいたのかと、呆れつつ。
 

2011/05/13

 
テクマクジャンクションが、解散してしまう模様。
http://6109.jp/tekumakujunction/
あちゃー。

といっても、大半の人には何のことだか分らぬと思いますが、
そういう名の架空アニメの主題歌を歌う二人組がいて、
来る6月10日で解散するとのこと。

あたくし、一度だけ生ライブを見て感激し、
「小説セナトレックの盾」計画なんてものをこしらえて、
http://nanzanbunkenob.blog.shinobi.jp/Category/28/
第二章くらいまでは書いていたのですが、
バタバタが重なって書かないでいたら飽きてしまったりして、
むむむ。。。
何とか書き上げて、お届けしたいものです。
果たして出来上がるかしら。

ちなみに片方の坪木さんは、無事に妊娠・結婚、グラビアアイドルからも引退、
という、まあ、ある種、ひじょうにおだやかな引き際になったのですが、
男の方、佐々木さんは、果たして大丈夫なんでしょうか。。。

個人的には、佐々木さんの歌声の方が好きだったのですが、
テクジャン的には、グラビアアイドルの魅力が大きかったっぽいのです。

まー、何を呟いても仕方ないので、あたくしは小説を書いてみるだけですね。。。 
 

2011/05/12

昨日の続き。

もちろんのこと、「おもしろくない」というのに加えて、
「どう書いたら良いか分らない」
「書き出しの言葉が見つからない」
という状況も、逃避の一因ですわね。

とはいえ、あたくしの書き方として、
別段美文をつくりあげようなどとしているわけではないので、
書きあぐねているのは、
「おもしろくなる書き方が分らない」
「実はおもしろくないと分っている」
という状況なのだと考えようと思います。

といったところで、昨晩も太閤立志伝。

今日はひらめきを得て、書けるかなあ。。。
書くべきことはすでにあるのです。
でも書き方がうまく摑めない。
 

2011/05/11

【掲載中】
◇恋愛模様 石川春奈
◇恋愛模様 佐々木里香
◇恋愛模様 村芝健司
◆ツイッター小説「飽きるまで」(199まで:2011-05-12)

----------

長編を、続けてまして。
なのに唐突に再び太閤立志伝をやりたくなって、二日、やっていると、
まあ、おもしろいのですけど、
小説ほどではない。

小説をやらなきゃならぬ。
書くべき筋はすでに決っている。

という状況にもかかわらず、
死ぬほどおもしろいわけでもない太閤立志伝をやり続けるわけにも行かぬと、
半ば義務感のように、
近所の喫茶店で書きあげていた筋とにらめっこしていたら、
ちょっとした修正点に気づき、
と同時に、
「あ、つまりあれを書きたくないから、太閤立志伝に逃避していたのか」
と気づいたのでした。

修正点は、後半最初、A→B→BA→C→CA→BA と運ぼうとしたものを、
A→B→BA→B→BC→CA→B でやってみる、としたもの。
……何だかわかりませんね。

ともかく。
太閤立志伝にせよ、信長の野望にせよ、何かのゲームにせよ、
小説をやらなきゃと思いつつ、そういうものにかまけてしまうのは、
小説を本当は書きたくないという逃避活動の一環なのだ、
そして何故書きたくないのかといえば、書こうとしている小説がおもしろくないからだ。

という、実におそろしいことに気づかされた、連休明け。

というわけで、無論のこと、
小説を書きたいと思うのは、書こうとしている小説がおもしろいためですね。
 

あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)

2011/05/28
似非クイックバトル第二部で、書きました。
多摩江の秘密 - じいさんの最期(あやまり堂 短編集)
で、作後の贅言――。
二次創作という割に、候補作が軒並み現代を舞台にしていて、
それはつまり、第一部のお題が悪かったためで、
お題発案者だれだ、この野郎、と思ったらあたくしで。

とはいえ、「風が吹けば桶屋が儲かった」式のネタ元だったので、
ひとまずは、ネタ元と同じような、「妻」についての話を書けば良い、
と、割と気楽に始めたものの、
それを重ねてもおもしろくないし、といって、
ネタ元の幸福な雰囲気を破壊するわけにも行かず、
はてどうしたものかと中盤以降、悩みました。

書き始めた当初は「桶屋君しっかり!」という題名をつけて、
主人公=僕=名字桶屋、という設定にして、
「妻」に関連する出来事で、
「ああ、僕はどうしたら良いの」
と、何かに苦しめられる結末――という方針を立てていたのだけれど、
どうにも、妻(では不便なので、多摩江と名付けてしまった)との不倫以外に思い浮かばず、
不倫じゃ幸福が破壊される……と、方針をあきらめて、
結果、凡庸な終り方になってしまった気がします。

ちなみに多摩江の名には、深い意味はありません。
ちびまる子ちゃんが思い浮かんだところからの発想です。

ところで人名を決めるのって、難しいですが、
あたくしの場合、
「不自然ではない名前に、不自然な、でもすんなり読める漢字を置く」
方法をよく使います。

使いませんでしたが、「僕」の名前として考えていたのは、
多久馬。
ほかに同期の女の子で、幸一の最初の恋人、
芥子実。

センス無いと、すでに開き直ってます。

2011/05/23
第9回800字小説バトルを始めようかと思います。
ひとまず、クイックバトルが済んだら。。。

その一方で、モリタポ会費制で、てきすぽどーじん企画を立ててみたらどうだろうなあと、
ぼんやり。
前と同様、手作りコピー冊子をつくって、書いた人、欲しい人に配るという企画ですが、今度は、
「1ページ掲載につき、50モリタポ」
とかいう会費制にしてみる。。。
というのも、会費制にすれば存外、しっかりした作品が集まったりしないかなあと思ったりするのです。

「モリタポ払ってるんだから、どどんと載せるぜ!」
と仰る人がいるのではと。

前回2冊のてきすぽどーじんも、楽しかったのですが、
何となく、しっかりした中編なんかも読んでみたいなあと思うのです。
それから、バトルとかで、数百モリタポもらったものの、使い道が無い人もいるんじゃまいかと。。。

あ、ちなみに会費のモリタポは、郵送代に消えるかと思います。

2011/05/16
昨年で、満足したので、もう行かないと決めていた文学フリマですが、
何となく、またぞろ行ってみたくなりました。
といっても行くとしたら12月のことなので、この衝動がそれまで持続するかは知りません。

とりあえず、テキスポの人たちで、集まってくれる人はいないかなーとか思ったりしてます。
てきすぽどーじん第3号計画&オフ会っぽい集い。
1号、2号でやった短編集より、もうちょっとしっかりした雑誌を編集したいという、
身の丈にあわぬ欲求も出てますが、まあこの欲求も、持続するのかは知りません。
ていうか、今年半ば以降もテキスポが生き延びてくれるているのかが、最も、心許ない事項です。

2011/05/09
近ごろ、テキスポ内企画が、続けざまに出来ているようで、
活気あるテキスポがうれしいのですが、反面、
「テキスポが活気づくと、システムが挫けるんじゃないか」
とおそろしくなったりもします。。。

2011/05/02
ようやく、岩波版太平記全3巻のうちの第1巻が読み終ります。
鎌倉幕府が滅び、建武新政が早速あやうい、新たな混乱の予感。。。といったところまで。
1巻1ヶ月。
読んでいると正直、眠くなりますし、先は長いです。

で、その太平記世界に関係させる感じで、長編の手直しをしているのですが、
登場人物を歴史背景とからめることで、たいそう、人物造形が立派になりました。
「立派」というのは、もちろん、あたくし過去比のことで、
毎度おなじみの感覚ではありますが、人物の目的や背景、性格が明確になるのは間違い無く、
何より、この「進歩してる感」が無きゃ、
一次落ち評価シートのコレクションなんてことはやってられませんので、ありがたいことです。

このごろ、前の市川海老蔵(今の市川團十郎)版の「宮本武蔵」を見てまして。
あたくしが生れる前にやっていたようなドラマですが、
これは、息子がNHKでやったものとは段違いに、素敵です。
改めて、吉川英治の原作はすごいなあと、ぼんやりしております。
(でも、描ききれずに放擲された人物・事象も多々あるなと思ったりもします)
 
そんなこんなで、ようやく「モンクタレール」の広告新刊スパムがトップページから消え失せたので、
せいせいしてます。