目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)

2014/12/22

帰国しました。

バタバタとしているうち、この日記のアクセス数も10万を越えておりました。

ありがとうございます。

例の如く、適当な日記です。

 

そんなわけで、マレーシアペナン島に2週間ばかり滞在しておったわけですが、

昨年もこの時期に出向いており、現地生活もだいぶん慣れた感じ。

(慣れたため、昨年は「ああ、もうこっちに住みたいなあ」とか思ってましたが、

 今回は「住むならそりゃ日本だわなあ。。」と思うに至りました)

 

あれやこれやの記録は、また別につけるとして、

とりあえず帰国の報告と、ああそうだ、

「大きなお友だちの文学:てきすぽどーじん8号」に掲載する短編、

 

 朱雀門千枝子の暗殺成功

 

が、ペナン島のスターバクスにおいて無事に完成したことをお知らせします。

平安時代の女暗殺者の話です。

あわれにおもしろいです。

 


2014/12/04

連日「修論おわった」と書いてる気がしますが、

昨日も修論おわりました。

 

読み返すたびに、「ちょっとここが足りない」「註釈漏れてる」とか見つかって、

加筆していると、「あそこも書き足したい」とかなっているのですが、

まー、今度こそ良いと自負しております。

今週末投稿して、のんきにマレーシアへ飛びます。

 

昨年と同様、ペナン島というところへ行くのですが、

せっかくの東南アジア、17世紀ごろの日本人の名残でも探せないかと

思うておるのですが、どうやら、ここには日本人は足跡を残さなかったっぽい。

マラッカへは、インド~ヨーロッパへ向かう時に必ず寄港するので、

日本人の歴史があった可能性はありますが、

そこから北へ向かう海路には、日本人は縁が無かった模様。

まー、変な奴はいたと思うので、ペナンまでぷらぷらやって来ていたのかもしれませんが、

さすがに史料には残ってないでしょうね。

 

とりあえず、近世初期キリシタン史には、けっこう詳しくなったぜという、

自負というか自信(過信)が生まれております。

これまでには無かった、良い感覚です。

同時に、自分がやってきたところ以外は、あんまり詳しくない、

とはっきり分かっているので、あまりもやもやがありません。

もやもやが無い感覚は良いものです。


2014/12/03

修論、できた。。

 

一部、引用箇所のページ番号が漏れてたので、追加せにゃなりませんが、

あと一回誤字脱字ないかを見て完成、投稿。口頭試問。

表紙、目次、あらすじ作成は、何ちゅか、小説の投稿と変わらない感じでしたが、

そこら辺も整備して行くと、いよいよ本物っぽくなるので胸高鳴ります。

 

そんなわけで、小説やっておりませんが、

小説書きたい欲はいよいよ高まっておるので、

「世界史C」企画に続いて、「伝奇小説日本史D」という企画に参加させてー、

と申し込んでみました。

 

伝奇小説の方は、室町時代を舞台に、旅僧や連歌師が使えるかなあと思うております。

「世界史C」の方は、東欧~アナトリア。

いつでもどこでも書けると思うのですが、人が書かんところを狙って行こうと思います。

ちなみに「てきすぽどーじん」へは、平安時代。

早急に完成させることは、もうあきらめてまして、マレーシアへ向かう飛行機の中で書きます。

 

そんなこんなで、このごろ改めて思うのは、

すでに誰かが書いてるなら、別に書かんでも良いわいなあ、というところで。

 

今どきは、普通におもしろいものじゃ仕方ない、+アルファ程度でも、わざわざ選択されることもあるまい。

既存の物語群から思いきり抜け出すものは、と考えたとき、

そこには、よほどの転換が無ければならず、

勿論そういうのがあれば一番ですが、あまり思い浮かばぬ間は、

ひとまず、あまり人がおらぬところ、且つ、より多くの人の需要があるところへ、

分け入った方が良いのだろうなあと。。

 

で、結論的には、あたくしには、歴史伝奇小説というところに落ち着くかなあと思われて、

ひとまず今度の「てきすぽどーじん8」「世界史C」「日本史D」で、

試みようと、そんな心。

 

マレーシアと年末年始のためには、じゅうぶんな課題だと思われます。

 


2014/12/01(最終ゼミ)

12月になった気がしませんが、12月になったのですね。

そんなわけで、週末は、放送大学修士最後のゼミでした。

その前に、秋葉原で、マレーシアでも使える中古SIMフリースマホを探し、

1万円しない、安いやつにしようと思ってはいたけれど、Xperiaを見てしまうと、

まー、こっちですわね、とばかりに、海外製のSony Xperiaが、1万5000円くらいだったので、

ほぼ即決いたしました。

 

さっそく、ホテルの無線LANであれこれ試し、

海外製だったので、日本語フォント、キーボードなんかを導入しなくちゃいけなかったですが、

それも何とか達成、楽しく現地で使うことができそうです。

何ちゅか、とりあえず、Google Mapが、現地で使えれば良いのです。

 

飲む予定がキャンセルとなり、仕方ないので池袋(ホテル)近辺をうろうろ。

といっても、結局、マレーシアへ持ち込む古本探しをしておりました。

あたくしには、そんなことくらいしか無いのですが、

池袋のあの大量の人々は、どこで何をしてるんですかね。

 

夕飯は拉麺にしようと、うろうろしているうち、

威勢の良い客引きに導かれて、とんとろ拉麺の店に入りかけましたが、

豚脂の濃いやつを喰うと、腹を壊すこと明らかだったので、

振り切って、いかにも中国人経営の、格安中華があったので、そちらへ入りました。

らーめん、麻婆ごはんミニ、餃子4つ、ハイボールで、880円。

最前のとんとろラーメン一杯、880円。

 

翌朝。

最後のゼミの前に、ドトールへ入り、小説カタカタ。

20枚くらい出来ていたのですが、どうも、おもしろみが不充分で、

一から書き直しました。

書きさしのやつは、勇者が美人局に引っかかる、というやつだったのですが、

去年書いた、勇者のちんちんが抜けなくなる、の方がおもしろいなあという結論。

小道具類ぜんぶ取っ替えて、平安時代の女暗殺者、というのを主人公にしてみます。

 

で、最後のゼミ。

前回で、「修論、もうだいたい良いぜ」とのお墨付きを得たので、

今回は、とにかく一本別の、短めの論文を持ち込んで、ご意見をいただきたいと、

ほとんど無理やりに、二日三日で書き上げて、それを発表。

 

先生から、いくつか重要な不足箇所を指摘していただいた上で、

良いテーマを見つけたものだと、これまたお墨付きを得たので、

遠からず、どこかへ投稿できるんじゃまいかという感触を得ました。

無理矢理にでも書き上げた甲斐がありました。

 

仮にこのまま博士へ進むとしたら、一本目の論文の目途がついたことになるので、

まことに、はかどります。

2本目も、修論の改造で出せると考えておりますし。。

 

で、帰路。

珍しく新幹線が遅れて、といっても5分ほどですが、

その遅れも、静岡到着時には完全に解消されて、いやはや、すごいもんだなあと、

敬服しながら、「忘念のザムド」を最終話まで見ておりました。

 

「忘念のザムド」は、エウレカセブン直後のBones製で、

キャラクタ造形とか世界観、主題が似た感じになってましたが、

主人公、ヒロインを年上の高校生に設定したせいで、

全体的に重苦しい、陰鬱なものになっていました。

 

見ている側を置いてけぼりにする展開、説明不足、主人公の不要感、

しかもメイン・ヒロイン(ハル)より、サブ・ヒロイン(ナキアミ)の方が魅力的に仕上がって、

なのにサブと、主人公がほとんど絡まず、

さらに、主人公とその仲間たちをどんどん置いてけぼりにして、陰惨な結末に向って行くので、

まー、どう考えても失敗作なのですが、

PS3配信限定アニメ、という史上初の試みの意気込み&作画技術(要するに金のかけ方)は、

ぼちぼち、楽しめるものでした。

 

佐伯泰英「密命」

当世時代小説の第一人者、ようやく、初めて読んでみました。

時代劇らしくない感じがしておりました。

短期間に、複数の問題を平行して処理して行くところは、今風のシナリオだなあと思い、

また、後半の盛り上げ方、いろいろな小説的な技法が、けっこう露骨に使われていているなあと、

ぼんやり。

続けて読み始めた「御鎗拝借」は、また、時代劇というより、西部劇というか、

西洋風のアクション小説を、上手に適用してるような感じ。

勉強になります。

 

そんな、こんなで、南洋でどれだけ書けるかなーってのもありますが、

ばたばたと慌ただしい、師走はじまり。