目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)

2014/11/28

週末の最後のゼミに向けて、「もう充分調べ尽くした」はずの修論で、

「あー、でもやっぱり、名簿が欲しいなあ」

というわけで、この一週間で、1588年の日本人イエズス会士と、セミナリオ学生の名簿を、

ばたばたとこしらえておりました。

けっこう頑張りました。

 

その過程で、「実はもう誰かが一覧つくってるんじゃね?」

という恐怖を何度も抱きましたが、最終的に、1588年名簿は本邦初訳、

ただし15-16世紀における日本人会士の全員名簿は存在、

セミナリオ学生名簿は、一覧表では存在していないけど個々人の情報は存在する、

ということで確定いたしました。

 

セミナリオ名簿は、分かってて作成しておったのですが、

やっぱりエクセルの表にすると、見えてくるものがあります。

また、全会士名簿と、1588時点の名簿とは性質が違うので、

良いものがようやく出来たなあと、脱力。

あともう一つ、見なくちゃならない論文があったので、

それを借り出して、良い具合に論文を修正したいと思います。

 

ちゅか、あれなのですよ。

キリシタン史というのが、そもそも特殊なんですね。

信仰とむすびつくために特殊ちゅか。。。何か、こう、排他的ちゅか。。。狭いちゅか。。

何と言っても、もっとも重要な学会誌である「キリシタン研究」が、

論文検索のCiniiに出てこないという、おそろしさよ。

 

「キリシタン研究は、史料がぼんぼん発掘されている割に、研究人口がひじょうに少ない」

とかいう話がありまして、

まー、実際そのようですが、個人的には、「キリシタン史」は、排他的に、日本史に於ける別枠扱いでやるのじゃなく、

きちんと日本史の流れの中に位置付けて、やって行かなきゃならん気がするのですね。

簡単な例だと、ちょっとだけキリシタンで、貿易に従事していた日本人、

なんてのはいっくらでもいると思われるのです。

つまりあれです、キリシタン史も、普通に「日本史」なのですよと。。

 

でも、こうして別次元のように話されているのは、

土地制度史が、キリシタン史と無関係だから、ですかね?

適当ですが。。

 

そんなこんなを思いつつ、週末は最後のゼミ&例の如く松浦さんとのお酒を楽しんでまいりますー。

 

よって小説は進展しておりませんが、

まー、まー、明日の新幹線の中で出来るでしょう。

あと、「世界史C」という企画に参加したいなー、とか思いまして、メルしてみました。

世界史がらみで、小説を書くというアンソロジー企画。

「日本史C」の企画が大盛況だったのを見て、うらやんでおりました。

 

ちなみにあたくしが書きたいー、と送ったのは、

1)15世紀前半の東欧~アナトリア

2)16世紀前半の東南アジア(日本人キリシタン)

3)古代インド

 

まー、誰ともかぶらないだろうと思って、候補を挙げてみたのでした。

実際のところは、いつでもどこでもドンとこいや、の心境です。

 

……あれですね、「何だかよくわからない人のぼやぼやした現代小説」だの、

「ヒロインがわあわあするどこかぼんやりしたところのファンタジー」だのではなく、

「この時代のこんな話」とすぱっと説明できるやつって、

良いですね。。とまたそれを言う。。。


2014/11/19

修論はほぼ出来上がり。第三稿。

当初102枚だったのを、96枚に減らしたので、

「おわりに」の部分をもうちと書き足したい。

でも本論部分は、もうこれで充分でしょう。

 

それにしても、キリシタン史、いろいろ勉強いたしました。

キリスト教がらみでわからんことがあったら何でも聞いて下さい。

調べますので。

と言うくらいの気持です。

でもあれです、キリシタン史研究というのは、けっこう、歪んでますね。

研究者自身の信仰が入り込みますので、評価も難しいところがあります。

 

そんなこんなで、博士課程でもそんなことを続けつつ、

もう一つの軸として、ちょっと時代をさかのぼった、

宗長とかの旅の連歌師についても見て行ったらおもしろいんじゃないかなあと思い始めております。

中世後期~末にかけての文化交流という視点。

できるかできんかは知りません。

 

時に、てきすぽどーじんのための小説が、ぼちぼちと浮かんで参りました。

30枚から50枚くらいを考えてるので、書き出せば一週間かからないと思われ、

今月末締切と言い出したあたくしなので、やはり締切前には書き上げなくてはなりません。

 

それで何かこう。。。今まで誰も描いたことのない職業+少女を使ってみよう、

とか思って、あれこれ考えておりますが、あらゆるものが少女化されているのに慄然とします。

農業だろうが工業だろうが落語だろうが、織田信長でさえ女の子になってたりする当今、

残ってるものといえば、いかけ屋少女とか、くずはらい少女、中年少女(そりゃただのおばさんだ)。。。

 

「てきすぽどーじん」の短編は、次の長編の第一章、という気分でやりますので、

もうちょい考えたいと思います。

 

さてもさても今週末、東京ではおもしろげなイベント満載でうらやましい。

文学フリマ、は、まー、どっちでも良いですが、

あたくしの好きな、うえはるさんが出店するコミティアもあれば、

JOYのあまんださんが歌うライブもある模様。

 

でも東京には最終ゼミのため来週末行くので、今回は行けぬ。

しかも今週末は実家のじいさまが、ボジョレー・ヌーヴォー・パーティをやるんだそうです。

元気なもんだ。

 


2014/11/14

修士論文の第二稿が完成。

まー、ほぼ出来上がったと言って良いでしょう。

題名、テーマがこの2年近くずっとぐるぐるもやもやしておりましたが、

 近世初期における日本人キリシタンの棄教
 ――不干ハビアンを事例として

というもので確定したっぽい。

 

あれです、正当日本史研究だぜ歴史学だぜキリシタン研究だぜうっひょーっ、とやっていて、

結局、棄教者を主題とするあたり、

自分生来のひねくれぶりが最終的に立ち現れたなあと、ぼんやり。

 

まーご存知の方はご存知でしょうが、

昔からあたくしはひねくれ根性があり、小生意気な青臭いガキだったわけですが、

何も変っていなかった模様。

全然、意識してなかったのになあ。。

まわりまわって、本性が自ずから、表に出ました。

 

最終ゼミまであと二週間ありますが、

杉森先生からは、「もう大丈夫みたいだから、本文は持って来なくて良いよ」と言われているので、

あと2週間で、「学会誌への投稿論文原稿」をこしらえて、

持ち込んでみたいと思います。

今のところ、小説投稿して採用されるより、学会誌の方が難度低いような気がしますし。。

博士行くからには、学会勝負は必要です。

 

で、「大きなお友だちの文学:てきすぽどーじん8号」ですが、

11月締切にはたぶんおいらの間に合わないけどおいら主催だし12月に入ってから編集中ですとかいいつつ書けばいいやマレーシア往復の飛行機とかでもはかどるだろうしとかなんとか思ってたりしてるのだけどまさかそんなこと今一生懸命書いて下さってる人にはとても言えないので今はせいぜい書いてるふりだけすれば良いか良いよねでへへへ。

11月末締切なので、こちらもがんばって書かねばなりません。

「秘密の勇者のドリル」よりおもしろいものをこしらえたいのですが、なかなか難しい。。

 

 


2014/11/12

「大きなお友だちの文学:てきすぽどーじん8号」

を発行します。

 

どんな具合になるかは分かりませんが、

いつもの皆さん書いてくださるっぽいので楽しみです。

今回は黒田香居さんに詩歌を載せてもらいます。

きっと素晴らしいので、あたくしはそれに負けないような、

ひどい(褒め言葉としての)小説を載せられるよう、頭をひねらねばなりません。

 

「大きなお友だちの文学:てきすぽどーじん8号」は、

執筆者+「800字小説バトルグランプリ」の方用に、全部で20部ほどオンデマンド印刷し、

あとはKDP電子出版に並べる予定です。

 

もし紙媒体欲しいー、と仰る方があれば、

多めに発注しますので、あらかじめご連絡くださいませ。

一部300円(送料込み)くらいを、amazonギフト券で払ってもらう、

感じの仕組みを想定しています。

あたくしとしては、紙媒体の方が断然、読みやすいので好きです。

 

時に、修士論文提出締切まで1ヶ月無いことに気がつきました。

12月下旬が締切ですが、その時期にはマレーシアを満喫しているので、

あと2週間余りで完成させねばなりません。

 

どーじん原稿と、修論と、いずれも気合入れねばならず、

長編書き直ししてる場合じゃないのですが、意識が書き直しに向いているので困ります。

 

 


2014/11/11

そういえばあたくしは、万事、中途半端といいますか、

けっこう様々なことを、ちゅーとはんぱに知ってるなあという、自覚があります。

なんちゅか、色々と、ある程度は詳しく知っているとうぬぼれる反面、

それぞれの専門家の方が明らかにもっと詳しいので、意気地はないちゅーか。

 

その半端感が嫌だったということもあって、

放送大学で正当的歴史学をやって、キリシタンとか当時の思想状況について、

ある程度詳しくなったつもりでいるのですが、

今さらながら、キリシタン思想というか文化研究というのは、

さまざまな方面の研究と結びついているのですね。

 

不干ハビアンという人を見てきて、仏教儒教神道の考え方を見てきたので、

いやー、思想史の知識が増えたぜ、と思う反面、それぞれの専門家には遠く及ばない。

主な研究対象は、宣教師たちの報告書の翻訳文になるので、

原史料を丹念に見て行く、主流の歴史学研究ともちょっと違う。

ラテン語スペイン語ポルトガル語の原文をちょっと触れて、一部を解読もしましたが、

すらすら読み解けるわけじゃないので、史料全体を前にすると、もやもやする。

天草版の平家物語も読んで、なるほどなるほどと思いつつ、

文学や日本語の研究をやってる人ほどには、深読みできてないからなあと思う。

 

……まー、そんな感じで。

万事、自分が中途半端だと思うているので、迂闊なことは口にできず、

ちゅーのは、自分の小説も同じ。

 

まーったく、やれやれだぜ。

 

……何だ、何だこの日記は?


2014/11/10

【800字文庫】来たれてきすとぽい作家! 800字小説バトル 入選作品集
http://p.booklog.jp/book/91864

 

「てきすとぽい」でさりげなく開催していた「800字小説バトル」の、結果を公開しました。

投稿全14作で、入選5作という結果。

まったくの同得点で2作グランプリ、というのは、「テキスポ」でのイベントを通じても初めてでした。

 

レビューの書き方など、昔の小説バトルのキャッシュを眺めつつ、同じように書いたので、

最初は正直面倒くさかったのですが、だんだんと楽しくやれました。

あたくしもペンネームかえて、投稿すれば良かった。

 

過去を振り返っておりますと、

昔日のテキスポって、レベル高かったのだなあと、思われます。

もちろんそうじゃないのも多かったのでしょうが、

おお、と感心させられるような短編を多く目撃した記憶があります。

なつかしいなあ。

 

まあ、そんな感じで。

人間、どこで「ネット上の距離感」を学習するかは、まことに重要だろうなあ、と思うのでした。

 


2014/11/06

今月の文藝春秋、巻頭随筆に伊東潤という作家の文章がありまして、

なかなか興味深かったです。

 

伊東さん、もともとIT業界にいて、ITコンサルタント業で成功しつつあったようですが、

最中にリーマンショックで食いはぐれ、歴史小説を書き始めたとか。

で、そういう経歴の方なので、たいへん、分析的に執筆しているようで、

・このごろになって、昭和の大御所たちの小説が、読まれなくなってきた。

・それは、要するに大河小説というか、一人の動きを追っているので、

・どうしても起伏に乏しいというか、ドラマ性に欠ける部分があるのではないか。

・その一方で、一般における歴史への興味は根強い。

・しかしとにかく今作家は多い。差別化が必要。

 

というところで、群像劇というか、格別の主人公を設定せずに、

「武田家滅亡」というのを書いて、当たり、歴史の調べ方も学びつつ、

その一方で、ドラマ性を折り込み、また自分の上手な部分を見て、

以降、立て続けにヒット作を出す。。

と、まあ、例によってあたくしの記憶はいい加減なので、

詳しくは文藝春秋を見ていただかなきゃなりませんが、

そんな感じで、ちゃんと考えて書かなきゃ、ああた、どうしようもないですよと、

あたくしは納得しておりました。

 

そういえば、ツイッタで、どこかの編集者の呟きで、

「受賞者へまず伝えることは、今の仕事をやめるな、ということ」

というのがありましたのでメモしておきます。

 

いやはや。

何と言っても、これだけたくさんコンテンツがあるのですから、

よくよく、よくよく考えて、書かなきゃ、どうにもなりませんわね。

書きたいものを書きたいように書くのも、そりゃ楽しいでしょうが、

読みたいとされているものを書いてそれが案の定たくさん読まれることもまた、

そうとう楽しいことだと思われます。


2014/11/05

週末は東京、放送大学ゼミ。

当初4人くらいいた同志も二人きりに。

同ゼミのおじさん、研究テーマが目新しく、研究内容も優れているので、

あたくしなどは毎度がっかりしてしまうのですが、

まー、しゃーない。

あれです、大学院というのは研究テーマがすべてだなあと、今さら。

 

その後、松浦さんと居酒屋。

相変わらず、これから仕事、とのことで、申し訳なく思いつつ、

楽しんでまいりました。

オフ会ちゅか、実際逢って、話をするのは、まことに楽しいです。

そんなわけで、11月30日(日)にも東京へ参りますが、

飲み会しませんか、みなさん。

 

東京からの帰りは、新幹線にて、スペース☆ダンディ第一期を見尽くす。

それにしても、このダンディは、何を目論んでの企画なんだろう、と思うたり。

 

ガンダムとかプリキュア、妖怪ウォッチ、それからラノベ原作の、可愛らしいキャラクタのアニメは、

おもちゃやキャラクタビジネス、DVDや歌CDなんかで、金儲け臭が見えるのですが、

スペース☆ダンディは、おっさん主人公で宇宙人と掃除機ロボットだし、

金儲けしようという気配が、まったく感じられないのですが、

今どき、そんなことで許されるのかなあ。。と疑問。

(実際、DVDとかもあんまり売れていないというニュースを見ましたし)

 

見る側は、んなこと別に気にせず楽しみゃ良いのですが、

まー、ちょっと不思議に感じたのでした。

 

それから、小説の書き直し、というか書き増し。

前に書いた「アンビギュアス彼女」の諸キャラクタが、やはり良くできているので、

丁寧に書き直してみる。。

60枚くらいだった第一章が、150枚くらいになる見込み。

 

あれです、ミステリ感を出すなら、

親切丁寧に、「作者としては」回りくどいほどの書き方をする必要があるように感じている次第。

書いたように書かれる、ちゅー、この塩梅。

 

時に、遠出したいということになって、

福井県の恐竜博物館へ出かけてきました。

車で片道4時間、日帰り。

 

正直なところ、恐竜にはあたくし興味なかったのですが、

キョウリュウジャー映画のロケ地ちゅーことで、

「ああ、この辺からトバスピノが出てきたのかー」

「ここでエンディング踊ってたなー」

とかで楽しんできました。

 

キョウリュウジャー、wikipediaで見たところ、

スーパー戦隊もの史上で最高の売り上げをたたき出していたのですね。

売り上げランキングは、ゴーオンジャー、ゴーカイジャー、そしてキョウリュウジャー。

金づるさんバンダイとしては、戦隊もの1年で、100億円を稼ぎたいとしているようで、

そりゃ、そのくらい金が動くからには、丁寧につくらなきゃならんわなー、と感心。

コンセプト、キャラクタ、見せ方。

あたくしが常々思うのは、脚本の人はすごい、ちゅーところです。

 

そうそう、恐竜博物館で、たいへんひどいアニメが上映されていました。

キャラクタ、作画、コンセプト、原作、脚本、声優。

アニメで重要だと思われる要素がすべて、一点も欠けること無く軒並み最悪で、

今どきここまでひどいものを作れるのはすごいぞニッポン、とうなってしまうものでしたが、

製作スタッフを見たら、大阪のアニメ専門学校だとあったので、

あー、まー、そんなものですね。

あのひどさについては、一見の価値があるかもしれません。