目次
□掲載中・連絡先
あやまり堂日記 in パブー(2015年03月)
2015/03/30
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/16
2015/03/10
2015/03/06
2015/03/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年02月)
2015/02/27
2015/02/25
2015/02/23
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
あやまり堂日記 in パブー(2015年01月)
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/14(修論口頭試問おわた)
2015/01/09
2015/01/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年12月)
2014/12/22
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/01(最終ゼミ)
あやまり堂日記 in パブー(2014年11月)
2014/11/28
2014/11/19
2014/11/14
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/06
2014/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2014年10月)
2014/10/30
2014/10/27
2014/10/24
2014/10/22
2014/10/20
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/09
あやまり堂日記 in パブー(2014年09月)
2014/09/29
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/22(放送大学最終ゼミ合宿)
2014/09/16(青森りんご記)
2014/09/10
2014/09/05(湿潤西遊記4・終)
2014/09/03(湿潤西遊記3)
2014/09/02(湿潤西遊記2)
2014/09/01(湿潤西遊記1)
あやまり堂日記 in パブー(2014年08月)
2014/08/22
2014/08/18
2014/08/14
2014/08/04
2014/08/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年07月)
2014/07/28
2014/07/17
2014/07/15(国会図書館・ゼミ・映画・靖国・博士課程・読書・小説)
2014/07/04
あやまり堂日記 in パブー(2014年06月)
2014/06/30
2014/06/26
2014/06/23
2014/06/18
2014/06/02
あやまり堂日記 in パブー(2014年05月)
2014/05/27(北摂キリシタン隠れ里訪問の記)
2014/05/22
2014/05/19
2014/05/12
2014/05/07
2014/05/01
あやまり堂日記 in パブー(2014年04月)
2014/04/30
2014/04/24
2014/04/22
2014/04/14(長編「秘密の勇者のドリル」作後贅言)
2014/04/11
2014/04/07
あやまり堂日記 in パブー(2014年03月)
2014/03/27(てきすぽどーじん7号できました)
2014/03/25
2014/03/17(放送大学ゼミ2)
2014/03/14
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/05
2014/03/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年02月)
2014/02/20(「朝のブルジョワジ」作後贅言)
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/10(大雪記・てきすとぽいオフ会)
2014/02/03
あやまり堂日記 in パブー(2014年01月)
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/22
2014/01/20
2014/01/10
2014/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2013年12月)
2013/12/25
2013/12/16
2013/12/12 (マレーシア訪問記3・完結編)
あやまり堂日記 in パブー(2013年11月)
2013/11/28
2013/11/26
2013/11/22
2013/11/18 (あらすじの書き方)
2013/11/15 (マレーシア感想2)
2013/11/06 (マレーシア感想1)
あやまり堂日記 in パブー(2013年10月)
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/24
2013/10/21
2013/10/17
2013/10/16 (宇治拾遺物語の完訳記念)
2013/10/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年09月)
2013/09/27
2013/09/25 (大学院研究の心得・歴史学メモ)
2013/09/24 (放送大学ゼミ合宿1)
2013/09/19
2013/09/11
2013/09/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年08月)
2013/08/30
2013/08/26
2013/08/23
2013/08/22(熱中症の記その3・終)
2013/08/21(熱中症の記その2)
2013/08/20(熱中症の記その1)
2013/08/08
2013/08/05
2013/08/02(宇治拾遺の英訳事始)
あやまり堂日記 in パブー(2013年07月)
2013/07/24
2013/07/22 (放送大学ゼミその2)
2013/07/18
2013/07/16
2013/07/11
2013/07/08
2013/07/05
2013/07/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年06月)
2013/06/25
2013/06/19
2013/06/21
2013/06/11
2013/06/10(NIRGILIS LIVE!)
2013/06/07
2013/06/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年05月)
2013/05/27(放送大学とマクロス映画祭)
2013/05/24
2013/05/22
2013/05/15
2013/05/13
2013/05/09
あやまり堂日記 in パブー(2013年04月)
2013/04/30
2013/04/25
2013/04/22
2013/04/18
2013/04/15(東京行・コンテンツ今昔)
2013/04/12
2013/04/10
2013/04/09
2013/04/05
2013/04/03
あやまり堂日記 in パブー(2013年03月)
2013/03/27
2013/03/25
2013/03/14
2013/03/05
2013/03/04
2013/03/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)
2013/02/27
2013/02/25
2013/02/22
2013/02/21
2013/02/18
2013/02/12
2013/02/08
2013/02/06
2013/02/04
2013/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2013年01月)
2013/01/30
2013/01/23
2013/01/16
2013/01/15
2013/01/11
2013/01/10
2013/01/07
あやまり堂日記 in パブー(2012年12月)
2012/12/25
2012/12/17
2012/12/13
2012/12/12(Kindle作戦)
2012/12/10
2012/12/04 (電子書籍向きの小説について)
あやまり堂日記 in パブー(2012年11月)
2012/11/29
2012/11/28
2012/11/27
2012/11/22
2012/11/20
2012/11/19
2012/11/15
2012/11/13
2012/11/09
2012/11/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年10月)
2012/10/31
2012/10/29
2012/10/24
2012/10/22
2012/10/16
2012/10/09
2012/10/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年09月)
2012/09/28
2012/09/26
2012/09/24
2012/09/19
2012/09/18
2012/09/12
2012/09/10
2012/09/09(既視感ありあり)
あやまり堂日記 in パブー(2012年08月)
2012/08/27
2012/08/23
2012/08/21
2012/08/16(甲府記1)
2012/08/16(甲府記2)
2012/08/16(甲府記3)
2012/08/10
あやまり堂日記 in パブー(2012年07月)
2012/07/30
2012/07/27
2012/07/25
2012/07/19
2012/07/02
2012/07/18
2012/07/13
2012/07/09
2012/07/06
2012/07/05
あやまり堂日記 in パブー(2012年06月)
2012/06/29
2012/06/27
2012/06/25
2012/06/22
2012/06/20
2012/06/18
2012/06/13
2012/06/11
2012/06/08
2012/06/07
2012/06/04
あやまり堂日記 in パブー(2012年05月)
2012/05/29
2012/05/28
2012/05/22
2012/05/21
2012/05/18
2012/05/14
2012/05/09
2012/05/07
2012/05/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年04月)
2012/04/23
2012/04/20
2012/04/19
2012/04/18
2012/04/13
2012/04/11
2012/04/09
2012/04/06
2012/04/05
2012/04/04
2012/04/02
あやまり堂日記 in パブー(2012年03月)
2012/03/26
2012/03/21
2012/03/17
2012/03/15
2012/03/14
2012/03/12(足利をあきらめるの記)
あやまり堂日記 in パブー(2012年02月)
2012/02/28
2012/02/27
2012/02/20
2012/02/17
2012/02/13
2012/02/09
2012/02/03
2012/02/01
あやまり堂日記 in パブー(2012年01月)
2012/01/31
2012/01/25 (「木屋瀬川合戦」作後記)
2012/01/16
2012/01/16 (ふたたび)
2012/01/13
2012/01/12
2012/01/10
2012/01/04
2012/01/01
あやまり堂日記 in パブー(2011年12月)
2011/12/28
2011/12/19
2011/12/16
2011/12/12 (作後贅言)
2011/12/12
2011/12/08
2011/12/02
2011/12/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年11月)
2011/11/28
2011/11/25
2011/11/21
2011/11/10(文学フリマ記・上)
2011/11/10(文学フリマ記・下)
あやまり堂日記 in パブー(2011年10月)
2011/10/31
2011/10/28
2011/10/24
2011/10/21
2011/10/20
2011/10/18
2011/10/13
2011/10/06
2011/10/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年09月)
2011/09/30
2011/09/28
2011/09/27
2011/09/22
2011/09/21
2011/09/20(誕生日)
2011/09/16
2011/09/13
2011/09/12
2011/09/06(広島旅行日記・上)
2011/09/07(広島旅行日記・下)
2011/09/02
2011/09/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年08月)
2011/08/31(どっちつかずか……)
2011/08/31
2011/08/30
2011/08/29
2011/08/25
2011/08/22(東京行・絵とライブハウス)
2011/08/18
2011/08/12
2011/08/11
2011/08/10
2011/08/09
2011/08/08
2011/08/05
2011/08/04
2011/08/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年07月)
2011/07/29
2011/07/27
2011/07/26
2011/07/25
2011/07/21
2011/07/19 (笠置記)
2011/07/14
2011/07/13
2011/07/12
2011/07/11(長編後記・中編開始の記・一日東京記)
2011/07/07
2011/07/06
2011/07/05
2011/07/01(長編後記)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年06月)
2011/06/30
2011/06/29
2011/06/27
2011/06/24
2011/06/22
2011/06/21
2011/06/20
2011/06/15
2011/06/14
2011/06/08(青森旅行記1)
2011/06/08(青森旅行記2)
2011/06/03
2011/06/02
2011/06/01
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年06月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年05月)
2011/05/27
2011/05/26
2011/05/19
2011/05/18
2011/05/17
2011/05/16
2011/05/13
2011/05/12
2011/05/11
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年05月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年04月)
2011/04/27
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/05
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年04月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年03月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年02月)
あやまり堂日記 in パブー(2011年01月)
1月11日~
1月1日~
あやまり堂日記 in テキスポ (2011年01月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年12月)
12月25日~31日
12月22日~24日
12月1日~22日 &2011年1月7日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年12月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年11月)
11月下旬
11月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年11月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年10月)
10月下旬
10月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年10月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年09月)
2010年09月21-30日
2010年09月11-20日
2010年09月01-10日
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年09月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年08月)
2010年08月下旬
2010年08月上旬
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年08月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in パブー(2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年06月~2010年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2008年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年06月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年07月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年08月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年09月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年10月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年11月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2009年12月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年01月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年02月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年03月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年04月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年05月)
あやまり堂日記 in テキスポ (2010年06月)

閉じる


あやまり堂日記 in パブー(2013年02月)

2013/02/27

 
読み返しのラノベ「洞窟の大魔王リストラクチュア」を完成させたので、
あらすじを書いて、さっさと投稿しようと思います。

で、まだ時代劇に戻る勇気と意欲が出ないので、
前に書いたラノベをやり直して、どこかへ出してみようとか思いました。
やり直しについては、前々から、やってみたいと思いつつ、
新しく書いた方が勉強になる、未練がましいことはしない、ていうか書き直しの方が苦しい、
というわけで、近寄らないようにしていたのですが、
まー、この際、書き直しに挑んでみても良いかと思いました。

とりあえず、3本印刷しまして、
始めにスーパーダッシュで一次通ったやつ、他一次落ちのやつ。
あらすじを読んでみると、案外おもしろい気もするので、
良い感じに書き直せたら、良い感じになるんじゃないのかなあと思ったり。

どんな話か、ざっくりしたところは覚えていても、
筋運びとかは覚えてないので、こういう時、あらすじが役に立ちます。
投稿に際してもっとも面倒なあらすじ作りですが、
こんなふうにあとで役立つこともあるのだなあと喜ばしく、
ていうか、作者自身まともに記憶しておられぬような話を、
下読み、銓衡の人がまともに覚えているはずもなし、
あらすじは、読みやすく簡便なものにしなくちゃならんのだなあと、
今さら腑に落ちました。





2013/02/25

 
時代劇、第一章の書き直しが終ったところで、書き方やら文体云々ではなく、
そもそもおもしろくないんじゃまいか、
と疑わしく、こういう時にしてはいけないのだけどせずにはいられない、
吉川英治「剣難女難」を手にして、もう絶望。

そもそもの構造が、展開が、人物関係が、まったく違う。
あたくしのでは、やはり、おもしろくない。
というわけで、これは一から書き直すしかないぞと、
これまでの百枚は放擲、とりあえず気分を転換すべく、ラノベを完成させて、どこぞへ送ろうと思います。
見れば電撃大賞が20周年とかで、楽しそうなので、そこに、
「洞窟の大魔王リストラクチュア」
を投げ込んでみたいと思います。

読み返してみる限り、かなりおもしろく、また巧みなので、
「何だ。前の一次落ちしてもやもやしていたやつより、よほど良いじゃないか」
と、安堵。
そして、
「確かに、このラノベより、気合を込めて放擲を決めた時代劇の方が、つまらないなあ」
と思うにつけ、難しいものだなあと、ぼんやり。
 


2013/02/22


TVで、若作りの秘訣について、
夜10時から朝3時までに成長ホルモンが出るので、それを逃さぬように睡眠をとる、
そんな感じのことを言うてる人を見て、
なるほど、夜10時から12時まで小説をするのと、朝5時から7時まで小説をするのと、
時間的には変らず、それでいて身体のために良いということは、
すなわちその方が頭もすっきり動くのだろう、
よしここは早起きして小説をやってみようと、数日試してみまして、
実際のところは、何にしてもねむたいのですが、
朝の方が、ことにツイッタあたりが静謐ですし、
「小説をするために起きたのだ」
と知っていますから、ネットへかまけることが少ない、小説を続けやすい、
という利点がある感じです。

ツイッタといえば先日、「月と地球と」をアマゾンキンドルに並べるに当り、
こちらがフォローする人の数をちと増やしてみたところ、
興味無い情報が流れまくるようになり、また、知らん人の呟きが降ってきますので、
これまでのように、
「なるべく全部追いかけたい」
なんて思うことがなくなったので、それもまた、小説のためには良いことかと思われました。
 

2013/02/21


レ・ミゼラブルの映画を見てきました。
いやあ、すごい。
ロンドンにいる頃に、舞台ミュージカルを見たことはあったのですが、
三人が同時に歌い出したりするので、
何を言うているのかさっぱり分らない箇所も多かったのですが、映画ですっきり。

と、そういう分りやすさより何より、物語+歌の圧倒的な力にしびれました。
はじめ、髭もじゃで憎悪の権化になってるジャン・バルジャンが、アップで歌い叫ぶところは、
汚すぎて思わず目を背けてしまいましたが、それ以降、何度涙したことか。
ことに、前半最後、革命前夜の迫力、緊迫感、感動。
個々人の物語と、社会的な物語と歴史的な物語とが凝集して、
One Day More の歌が来るのですから、まー、拍手できないのが苦痛なほどでした。
(舞台だと、そこで中休みなので、拍手喝采)

個人的には、ヴィクトル・ユゴーの各人物への細やかな愛情、目線が印象的で、
ジャベールやらエポニーヌ、あるいは適当すぎる宿屋夫婦あたりにも、
正当な愛情を向けている辺り、そうでなくてはならぬなあと、感心しきりでした。
(ミュージカル作者のまなざしかもしれませんが)
自分はこういうものが書きたいのだ、書かなくちゃならんのだと、
原作が、実家に転がっていたはずなので、是非とも再読しようと思いました。

半端な芥川賞なんぞを読んでる暇はないのだ、
と思いつつ、今月の文藝春秋を購入。ばあさん横書きかよ! とびっくり。
 

2013/02/18

「ラララ・フィフティ」作後贅言
http://text-poi.net/vote/6/12/
てきすとぽい1時間小説バトルで書いた。
「お客様の中に***はいらっしゃいませんか」
という書き出し。

そのままでは、おもしろいものは書けないと思うたので、お題とにらめっこして、「中に病」で書くことに。
とはいえ、中二病だからなんだという話で、何らの思案も無いまま、とりあえず主人公を大学姓と設定、いやそれなら50歳公務員の方がおもしろかろうと、それにしてだらだら設定を並べた。

途中で「あ、これはつまらん」と放擲しようと思うも、執筆イベントへの参加というよりは、今ひとつ書きあぐねている長編の文体について、試したいことがあったので、そうだ、この折を捕まえればと、前半で設定を並べ終えた後、一気に動かしてみたところ、無事に最後まで書けたので、やっぱりこの文体、方法なのだと満足。

それを受けて週末、スタバにて5時間余り、日当りの良い隅の席に籠城して長編を続けることができたので、まことに、めでたしめでたしでした。

ちなみに、「ラララ」の後半で、
「……」
を大量にコピペで繰り返して読みやすいのは、PC画面で見るネット小説ならではの方法だと思ったり。
あんなもの、紙の本はもとより、小さな画面のKindleなどでもやってはいけないと思われます。

余談ながら、文体を確信したのは、西鶴「武道伝来記」を読んだため。
内容は武道というか、衆道だけれど……とりあえず、
「文体を摑み得たかもしれないと思うのは、井原西鶴を読んだためです」
なんて言えたら、かっこいい。

ついでに週末、実家近くの大きなツタヤにて、
枝雀全集、志ん生全集の、欠番を発見、レンタルして大満足。
あわせて、岩波文庫版里見弴「極楽とんぼ他1」などを手にいれ、実家で眠っていた現代語訳西鶴集の、「好色一代男」が里見弴訳だと気づき、いそいそと自宅へ引き上げる。

里見弴を、せっせと読み返したい。。のだけれど、なかなか手に入らない。


2013/02/12

 
というわけで、Amazon Kindleにて、
往復書簡集「月と地球と」を公開しました。
2/11(月)~2/12(火),2/15(金)~2/16(土)の期間、
無料ダウンロードキャンペーンが設定してありますので、
どうせなら、この間にダウンロードしていただくと、
楽しいかもしれません。
※ちなみに時間は、日本時間ではないみたいです。

……とはいえ。

自分で書いたものを自分で宣伝するちゅーのは、
まことに妙な気分でして、
無論、あたくしとしては、おもしろい、と思うているのですが、
だからといって、
Kindleの売り上げで生活して行くだとか、
自作小説を読んで褒めてもらって自己肯定! とか、
そういうわけでもないからには、
読んで読んで読んでと、人様に勧めるのは、
何でしょう、まー、そこまでやらんでも良いや、となってしまうのです。

そんなこんなで、
要するにあたくしは、小説を書くしかないのだなあと。。。


2013/02/08

 
ここまでやったのだから、とあきらめて、
小説「月と地球と」をAmazon Kindleにて発売いたします。
http://ayamarido.otodo.net/
無料ダウンロード期間を、
2月10日(日)~12日(火)と、15日(金)~16日(土)
と2回に分けて実施する予定ですので、
気が向きましたら、その隙にダウンロードしてみてください。

amazonアドレスが分ったら、またここへ載っけます。



2013/02/06

購入してきたラノベ10冊読了。
いずれもおもしろく読みました。
勉強せねばなりません。

とある魔術の禁書目録
冒頭に出てくるレールガンの少女が絡んでくると思いきや、
全然出てこず、拍子抜けちゅか意外。
魔術や「学園都市」についての設定の丁寧さ、強引さ、安定感。
能力バトル。

一番うしろの大魔王
前回の日記で失念していたタイトル。
きわめてライトノベル的な筋運び、設定なれど印象薄い。

BAD 繭墨はチョコを食う
萌え展開なし。怪奇事件もの。主人公に日常生活なし。
ラノベというよりミステリー。こういうのもあるのか。

ぴにおん
ラブコメというか、もてもて主人公をつくるための超能力設定。
設定がすべてこじつけに見えるが、破綻はしていない。
転校生が挨拶もそこそこに、主人公と3年後に結婚しますと宣言するインパクト。

シーマストダイ
文章、設定いろいろ10冊中でもっとも拙かったけれど、
教室がテロリストに占拠、最終的に五十人以上が殺される展開には、
否応なしに引き込まれてしまう。

いぬかみ
それほど目新しい点なし。主人公がおっさんにしか見えぬ。
強引なヒロインに主人公が振り回される展開は、何にしても強い。
「犬神」を選んだ設定勝ちか。

レンタルマギカ
ラノベ典型なれど、魔法、呪文、神道あれこれを我田引水する説得力は強い。
「魔法」を使う場合は、これを踏まえる必要ありと思われる。

エクトグレイブ
タイトル記憶できず。一迅社ラノベ大賞。
びっくりするくらい典型的なラノベ。
文章も丁寧、展開も上手で、ラノベの教科書に使えそう。

乃木坂春香の秘密
何も起きないラノベ。恋愛を淡々と。こういうラノベもある。
今さらオタク属性が秘密になるのかは微妙。
心理葛藤不足も、ヒロインに魅力あり。

ゴミ箱から失礼いたします
文章抜群。
馬鹿すぎる設定。市販して良いのかと疑われるような、ネタ本。
珍しく普通に両親が出てくる。
個人的に好き。

……と、まあ、いずれにしても、すべておもしろいのは確かで、
何より設定の強さが印象的。

主人公の側に生活というか人生が欠如しているとか、
ヒロインの心理描写の適当さとか、日本語とか、
批評批判は、いくらでも出来るわけですが、それでも売れている、当ったという、
強力なおもしろさを、何とか体得して、
こちらも何か、すごいインパクトを持って、同じ土俵に立ってやるのだと思う次第。

と言いつつ、書きさしの時代劇長編に舞い戻るのですけれど。
でも、ラノベにせよ「シャングリ・ラ」にせよ、
読者のためにたいへんなおもしろさを提供していることは疑われず、
そこは、時代劇だろうと何だろうと、学び生かさねばならんと思うのでした。
 

2013/02/04

 
Amazon Kindleに並べてみようと思い、
登録手続きが完了した、往復書簡集「月と地球と」ですが、
どうにも落ち着かず、登録を取り消して、休眠させました。

何なんでしょう、あたくし的に、Directすぎたのだと思うのですが、
とりあえず、
もうちと心が落ち着いたら、ひっそりと公開することにいたします。

書き上げた小説は、要するに完成したものなので、
あたくし的には、自分からほとんど切り離されるのですが、
(だから落選したものを別のところへ投稿しようとか、ネット公開しようとかはあまり思わない)
Direct Publishingというのは、表紙から値段設定から告知宣伝から、
小説以外の部分まですべて自分のところへ引き取って、行うわけで、
何ちゅか、あたくしのような、小説を書くしかない人間には、
まことに向いていないような気がしました。

こんなことなら、書いて投稿して落ちてた方が良いわと。。。

まー、でもでも、せっかくなので、
「月と地球と」
だけは、Kindleへ並べようと、それだけは思うております。
無料ダウンロード期間も、とりあえず、載っけて3日後くらいから5日間つづけて、
という感じでやって、
あとは我不関焉で行けば、自分的に何とかなるかなあと思ったり、思わなかったり。

さてさて、週末、気胸のせいだと思われる微熱もあり、
実家主催の、山寺での豆まきにも参らず、
ひたすらラノベを読んでおりました。
さすがに7冊つづけて読んでいると頭が疲れ切って、下読みの人の苦労が忍ばれました。
(あたくしが読んだのは、中でもおもしろいもの。下読みの人が読むのは、、、)

とある魔術の禁書目録
ぴにおん
B.A.D. 繭墨はチョコを食べる
シーマストダイ
いぬかみ
レンタルマギカ

……。
うああ、あと一つ思い出せない!

と、とりあえず先週あたりに購入した10冊は、
何とか新人賞とか、シリーズものの1巻で、
「とある魔術の~」以外は、あんまり知らないものばかりでしたが、
いずれも、
「おもしろいなあ」
という点に、まず感心。

単純に言って、おもしろくないからあたくしのは落ちたのだろうと、
そんな気がしつつ、何と言っても、
いずれの作からも、「設定の強さ」が印象に残りました。

群を抜く設定というものは正直、無く、同工異曲の感も受けましたが、
それにしても、説得力の付け方(こじつけ)、設定の詳しさでは、
やはり、受賞作、人気作はおもしろい。

まー、そんなこんなで、あたくしの頭程度で、どのくらい考えられるか分りませんが、
時代劇を書き上げたら(数ヶ月かかるけど……)、過去書いたラノベのいくつかを、
ごっそり修正して、どこかへ送ってみようと思いました。

過去作にたいそうな愛着があるわけではないのですが、
7冊読んでいるうち、
「あれをこんなふうに改めれば、太刀打ちできるかもしれないなあ」
と思ったりしたのです。
一から書くよりも、安易ですし。。

とりあえず、おもしろい小説を書かなければなりません。


2013/02/01

Amazon Kindle に並べようと思う、往復書簡集「月と地球と」の、
表紙をせっせとこしらえました。



人物が入ると、やっぱり良い感じになる気がします。
ちなみにこの表紙は、WORDでこしらえました。
ハイレベルな画像処理ソフトなんて使えないのです(自分の能力そしてPCの性能的に)。
絵を描く才能、デザインセンスがある人はうらやましいです。

そんなこんなで、持ち前の気胸が悪化し、けだるい日々。
週末、外出する意欲も起きないと思われるので、Kindle出版で、
あれこれ格闘してみよう。。
(てきすぽどーじん秀作撰も、いい加減どうにか。。)

時代劇長編は、一章が終ったところで休憩中。