閉じる


死が二人を分かたない

死が二人を分かたない

「汝、この者を妻とし、健やかなる時も、病める時も、幾度、輪廻を繰り返したあとも、未来永劫、この宇宙が終わるまで、愛し続けることを誓いますか?」

「……いいえ」

「ちょっと!」

「いや、やっぱり、無理だわ。これ」

「何でよ! いつまでも愛してるっていったじゃない」

「言ったけどさ……言ったけど、お前考えてみろよ。今は良いよ。でも俺たちが死んで、天国? 転生? とか知らないけど、死んだ後なんてわかんないじゃん。もし、転生するとして、それに時間差があってさ、俺が50過ぎてて、お前が8歳くらいだったら、そこに愛があったとしても犯罪になるんだよ」

「あなたが、60過ぎまで待てばいいだけでしょ」

「いやいや、お前はそれでいいのかよって話になるけど。まあ、いいよ。それはまだ人間だから。じゃあさ、俺がハエで、お前がカエルだったら? 食べるだろ、お前。絶対俺を食べるだろ」

「誰がカエルよ!」

「例えだよバカ」

「もしも、私がカエルであんたがハエでも、私を愛してるなら、喜んで食べられなさいよ。私の血肉となりなさいよ」

「イヤだよ! 何で俺の一生分の愛が、お前の一食分のカロリーになるんだよ」

「だって、カマキリはメスがオスを食べるじゃない」

「だから、そういうのが、無理なんだって」

「何よ……いつまでも愛してるって言ったのに……」

「だから、生きてるうちは愛するよ。今生をお前に捧げても良いよ。今は来世の話をしてるんだろ。バカ!」

「何よ。バカバカって! バカはあんたでしょ。誓うくらいできるでしょ。あんた、誓いを破ったら死ぬような真面目な人間だったっけ!?」


新婦の剣幕に押されながら、新郎は小さな声で言った。

「……俺にはこれが、誓いというより、呪いに聞こえるんだよ……」