目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

80 / 96ページ

準備080日目 バイト募集

ハローワークに求人を出しているが、反応がほとんどない。

オープンまであと2週間を切ったし、ホール担当は店の売上に重要なため、コストをかけ戦略を変えることにした。

900円の時給を1000円にすることで、興味のある人にはとにかく電話をかけてもらう。

相手の話をよく聞いて、こちらの条件に合い1000円出しても良いと思える人材なら、面接、採用するという方法だ。

どんな人間が来るかわからないので、900円で設定していたのだが、この金額では反応がないのは仕方がないと言われてしまった。

出費を抑えたいのは当然のことだが、売上に貢献できる人物であれば、1000円以上出すことに問題はない。

店の前に貼るバイト募集の紙も、時給を上げ、交通費支給、制服貸与、食事つきと、アピールできることを増やした。

これらのことをハローワークの求人欄にも書かなかったような気が…。今思えばこのようなことを書くのは当然のことであるのに、忘れていたのだ。

また、アルバイト雑誌に4万円で2回掲載できるように紹介してもらった。高いか安いか良くわからないが、切羽詰った状況なので、即依頼した。来週の掲載にギリギリ間に合うとのこと。

掲載記事の下書きをメールで貰い確認した。なるほど、こんなことを書けば良いのかと納得。求人広告の書き方例はこちら


2005.06.12 Sun


80
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備081日目 国民年金加入手続き


社会保険事務所から、国民年金加入手続きの案内が来た。

実際のところ夫は、私の扶養家族として会社に手続きを済ませていたので、この用紙は不要のものだった。

国民年金の被保険者には1号〜3号の区分がある。大雑把に説明すると、1号が自営業者や無職の人。2号が会社などに勤めている人。3号が2号の人に扶養されている人。

今回の案内は、夫が会社を辞め2号の資格を失ったので、1号か3号になったから届出してね、というものだ。

同封されていた書類は、1号になった人に対して免除や納付猶予がありますよ、という案内だった。

世帯の収入により、全額免除、半額免除、納付猶予の3段階。失業者の場合は所得審査が不要だが、離職票などの証明書類の添付が必要とのこと。

その他詳細は、社会保険庁のHPを参照することができる。しかし、免除や猶予については、住んでいる市区町村役場や社会保険事務所まで問い合わせる必要があるようだ。


2005.06.13 Mon


81
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備082日目 携帯電話料金の節約には

独立開業の準備を始めてから、携帯電話の料金が倍になった。

会社を辞めた直後は、人と会うことが多く、その連絡や近況報告のために電話を使っていたらしい。

その後ほとんど遊ぶこともなく、店を見つけることに始まり、業者との連絡などひっきりなしに電話でのやり取りがあったようだ。

思い切って基本料金が一番高いプランにしても良かったのかもしれないが、料金変更が反映されるのは翌月なので、あまりその恩恵は受けられなかったかもしれない。

また、店や家に電話をつけても、外出先からかけることが多いようだ。日中どこかにじっとしていられる時間はあまりないので、どうしても携帯電話を使うことになる。

ここ最近の酷使のせいだけではないと思うが、携帯電話のバッテリーが弱くなり携帯電話自体を買い換えた。

やはりいろいろ試してみたくなるらしく、そのせいでも電話料金が上がっている。

開業準備を始める前と携帯電話を買い換えたときは、基本料金が高いプランに限るということだ。


2005.06.14 Tue


82
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備083日目 施工管理者の必要性

うちの店の現場には、専任の施工管理者がいない。

通常工事現場には、設計者、施工者、そしてその間に立つ施工管理者がいる。

客と設計者が打ち合わせしたものを、施工者がその通りに作業してもらえば良いのだが、施工はあくまでも施工。建築はたくさんの種類の工事が寄り集まってできるものなので、その調整が必要になる。

それら全体を見通し、工程、品質、コスト、安全などの管理だけでなく、客、設計者、近隣住民、協力会社それぞれとの調整をとる役割がどうしても必要になってくる。

うちの現場では、設計、施工、管理者がほぼ一人の人間である。設計施工管理がひとつの会社というのはよくあるが、そうではなく、一人の手によるということなのだ。

工期、コストなどの面でメリットがある反面、それぞれの役割に対する質を見ると、不足してくる部分がある。

厨房の内装が出来上がり、夫が現場に入り動きや備品の配置を確認しているのだが、コンセントの位置が違っていたり、シンクをよく見るとこちらが想定していたタイプでなかったりということが発生している。

このあたりの管理という部分が、うちの現場には足りない部分である。オープンまでの時間が残り少なくなってきており、お互い殺気立っているためか、意思の疎通に欠けがちな状態だ。

私が一番良いと思うのは、設計者と施工管理者がひとつであり、客との調整を密にとってくれる人である。

そのためには、それなりにコストをかけるべきだと思った。


2005.06.15 Wed


83
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと


月々5000円の使用料を払う看板が壊れていることがわかった。不動産屋へ連絡したところ、その状態で契約したのだから、今更言われても取り合えないと言う。

店の契約書を見ると看板を使用する際の負担は全て借主となっている。これは非常に不利だ。

でも、この契約をした時は正常に使えるものを借りるという認識があったので、特段気にしなかった部分だ。

何かないかと記憶を探ると、昔学校で習った瑕疵担保責任が関係あるかもと思い調べてみた。

「売買契約締結時に、対象となる物件に隠れた瑕疵がある場合には、その売買代金額に不公平があることになるので、民法は、売主の故意・過失を問わず、売主にこの担保責任を負わせる。(民法570条)」

売買にしか適用できないのか?とさらに調べてみると、丁度良い記事を発見。契約当初からの欠陥に関する記事で、どちら負担になるか結論が異なっている問題ということだった。

もうひとつ国民生活センターで、判例と相談窓口を確認した。

いずれにせよ、このようなことがないように、契約前に設備について確認すべきだったと反省している。

電気、上下水道、ガス、空調、排煙口、サッシ、看板など設置されている物の利用を考えているなら、不動産会社立会いの下、全て点検してから契約する必要がある。

やはり契約書は借主不利に書かれているのだから、自己防衛の労力を契約前に惜しんではいけない。


2005.06.16 Thu


84
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について