目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

68 / 96ページ

準備068日目 融資実行間に合わず


今日、業者への支払いがあるのだが、国民生活金融公庫の融資実行が間に合わなかった。夫の用意した資金はすでに使い果たし、私もすぐに動かせるお金は投入されていた。

工事代金を安く抑えるためには、支払いを待ってもらうわけにはいかない。

結果としては、しばらく使う予定のないお金として投資に回していた部分を解約して、支払いに充てることにした。

この手のお金は現金化するのに数日を要する。今解約すると少々損が出てしまうのだが、公庫が間に合わないかもしれないと思い、数日前から用意していた。

公庫が間に合えば無駄になってしまうわけだが、ここで支払いを遅らせることに比べたら大した金額ではないし、信用に関わる部分なので仕方がない。

今週中に融資の実行がないと決まれば、工事をストップさせるか、再度実家へ借金の申し込みをしに行くしかないだろう。

なぜこうなってしまったか推測すると、融資の相談が遅かったこと、連休があったこと、公庫の審査に必要な項目に不備がいくつかあったこと、潜在的な資金のアピールが不足していた事ではないかと思う。

また、腕の良い職人さんたちに工事をしてもらえたので、非常に工期が短縮されたことにより、通常よりも支払いが早まっていることも関係していると思った。


2005.05.31 Tue


68
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備069日目 融資決定

やっとのことで融資が決まった。生活衛生融資を据え置き期間なしの7年ちょっとの返済、1.5%の金利で借りることになった。

契約に必要な書類は下記の通りで、国民生活金融公庫から郵送される。

1.借用証書・送金依頼書
2.お客様の情報の利用に関する同意書
3.預金口座振替利用届け
4.収入印紙(1万円)
5.印鑑証明書
6.送金・自動引き落としに利用する金融機関の通帳
7.同意書

1〜2は保証人の署名と実印での捺印が必要になる。

3は金融機関で手続き後、1枚目を公庫へ提出する。

5は3ヶ月以内のもの、個人の場合は借主・保証人各1通、法人の場合は法人・代表者個人・保証人各1通。

7の同意書とは、生活衛生融資を利用しているため、許認可等にかかる証書(営業許可書)が必要なのだが、まだ公庫へ提出できないため差し出すことになった訳だ。

注意点は、契約日当日の送金や現金・小切手で融資を受けることができないとのこと。

明日の午前中に書類を揃えて窓口に持参すれば、明後日の午後には送金できると言われたそうだ。


2005.06.01 Wed


69
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備070日目 融資を早める方法


国民生活金融公庫での、融資を早める方法をまとめてみた。

1.借入申込書等を用意する

借入申込書と開業計画書をダウンロードし、詳細を記入する。ポイントは内容に厚みを持たせ、読みやすい字で丁寧に書くこと。

新規開業の手引を参考に、詳細を記載し埋めること。起業すぴりっとにも書かれている通り、応援したいと思わせる事業計画書かどうかが大切だ。

利用する融資制度によっては、別の用紙に書き直すこともあるようだが、事前に用意して損はない。

2.融資の相談は早めに行く

自分の必要としている資金がどの融資制度を使えるかどうかは、窓口で相談するのが一番。

実際に今回、新規開業資金制度を利用すると思っていたのが、それよりも金利の安い生活衛生融資を受けることができた。その代わり推薦書を取り付ける必要があり、準備することが増えてしまった。

時間を節約するためにもインターネットから申込手続きをするのも有効だ。

3.不備のない書類を書く

担当者に入念に書き方を教わる。その書類(項目)の意図を聞き出し、的確に記入する。

保証人に関する情報は、確実に公庫がその保証人の存在を確認できるように記入。法人の場合、登記の通りに記載することが肝心。個人の場合、勤め先連絡先を十分に書く。

これらの確認が一回で取れないと不信感を与えることになるので、要注意の項目となるようだ。

4.担当者へのアピール

窓口にはできるだけ足を運ぶ。可能ならば書類の提出や受け取りを直接し、親和性を高めておくのも有効のようだ。

また、こちらから提示できる書類は、見やすくまとめる。例えば家庭の預金や借り入れ状況を報告するのに、自分で一覧表を作成しておくもの、融資先として説得しやすい材料になる。


2005.06.02 Thu


70
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)


一緒に厨房を切り盛りしてくれるかと声を掛けていた人から良い返事がなかったので、ハローワークで人を探すことにした。

初めての求人申込だったため、まず「事業所登録シート」を書いた。

事業内容と会社の特徴欄は、よ〜く考えて書く必要がありそうだ。具体的な内容を書くことで望み通りの人材を求めることができるからだ。

また、インターネットで検索される事を考慮し、キーワードとしてヒットしそうな言葉を盛り込めると良さそうだ。

なお、この事業所登録をする場合には、店の存在を公的に証明できる書類が必要になる。

お店に関係する書類をひとつの袋に入れ持ち歩いていたのが、功を奏した。色々手続きしていると何が必要になるか、わからないものだ。

次に「求人申込書」を記入した。

飲食業の場合、一日の労働時間が長い。労働基準を考えると書きにくい部分もあるが、嘘を書いても仕方がないので、書ける部分は極力書いた。

ハローワークに載せるにあたり適切でない部分や曖昧な部分は、面談しながら窓口で書き直してくれた。職員の様子を見ていると、漠然とした書き方をしている人には少々厳しい様子だった。

福利厚生である加入保険や昇給、賞与、有給については空欄のままで大丈夫だった。

また、これらのシートは機械で読み取るため、丁寧な字で書くのが良い。待たされる時間が減るし、読み取った情報の確認はするが、見落とされ間違った内容が載せられてしまうことがあるからだ。

現に今回、通勤手当が毎月6000円までと書いた部分が、毎日6000円になっていてびっくりしてしまった。

事業所確認票と求人票と共に受け取った紙を見ると、求人の取消し・条件変更・更新を依頼する時に使うFAX用紙であった。


2005.06.03 Fri


71
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備072日目 色使いの難しさ

小上がりの床材が届いた。

数日前の打ち合わせでは、カウンターの色に似たような色でと決まったのに、実際にはなんとヒノキの無垢材であった。注文した色がないので、それに色を塗ってくれということらしい。

包装材を剥くとヒノキ特有の良い香りがし、木目も美しい。これを塗ってしまうのはもったいないねぇと、私は内装をやってくれる方たちと話をした。

夫は他の店を真似したくないと言いながら、どこにでもあるような色使いをしようとしている。

こうしたいという理想がちゃんとあるのに、実際に選ぶとなるとやはり無難なもの、見慣れた色合いを選択してしまうのだろうか。

夫の意見を聞くと、やはり小上がりだけ白木になるのはおかしいと思うし、他の部分が塗装してあるのにここだけ白木のままだと、まだ終わっていない気がしてならないとのこと。

格子で区切っただけにせよ、個室は個室なんだから内側になる部分の色使いが違っても良いというのが、私と業者さんの意見。ただし、ではこの小上がりを何色にしたら良いかというと悩んでしまう。

白っぽい方が広く感じるし落ち着くという意見と、黒っぽいからこそ落ち着くという意見とある。ただ黒っぽくすると、予定より狭くなってしまった小上がりが、余計狭く感じるのではないかという意見が優勢になり、塗らないことになった。

夫はいつもの「任せますよ」と言いつつも、納得していない様子。

出来上がってから色をどうするか決めても良いのだが、後から塗ると木が乾燥してできた隙間は白いままになる。それを避けるために店内の木材部分は全て先に色を塗っている。だから小上がりも先に仕上がりをどうするのか決めてしまいたいのだ。

完成度の高さを求める業者さんと初めて工事に関わる夫との間で、調整を取るのが私の役目になっている今日この頃である。


2005.06.04 Sat


72
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について