目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

51 / 96ページ

準備051日目 会に入るということ

町内の料飲組合に入ることになった。横の繋がりというか、斜め上の繋がりを期待してというのが目的にある。

まず第一に期待しているのが、組合と保健所に繋がりがある点だった。

店の内装が出来つつあり、そろそろ保健所の検査を受ける時期に来ている。竣工してからあれこれ直せと言われると、時間もお金も掛かってしまう。それがないように事前に情報がとれるというのだ。

数週間前苦情があったため、予定していた工期で終わらないことが予測できている。出来るならこれ以上店をオープンさせる日にちを遅らせたくはない。誰でもそう思うことだろう。

また、この保健所対策以外にも組合に入ることで繋がりが出来るという利点があるそうだ。

同じ組合の仲間ということで顔つなぎが出来ていれば、店主がお客として来てくれることもあるかもしれない。

聞いたところによると現在この組合はスナックが殆どで、居酒屋は2店しかないという。お客の取り合いは考えにくく、むしろお互いにお客をまわせることもあるそうだ。

ただ、このような会に入って気になるのが、何かしらの活動に参加しなければいけないことだ。

声を掛けてくださった方に確認したところ、そのようなことはあまりないと思うし、駄目だったら辞めても良いと言っていた。

一度入ったものを抜けるのはねぇ…と夫は渋っていたが、とりあえず保健所のこともあるし、何がどのようになるかはわからないので、加入することになった。

良い結果を生めば良いのだが。


2005.05.14 Sat


51
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備052日目 青色申告会


先日の日記の帳簿作成の費用で、青色申告会について調べたところ、記帳指導の他にも講習会や会員福利というものがあった。

たとえば向島青色申告会では、税金相談、パソコンセミナー、共済・保険制度、労働保険事務代行、無料法律相談などが利用できる。

他の申告会でも同様のメリットが受けられるようだ。

目黒青色申告会では、申込書を印刷して持参したり、HPから申し込むと2,000円の入会金が免除される。

規模の大きい青色申告会では、会員になって1年以上経過するれば、融資機関を紹介してくれるようだ。

いくつかのHPを見たが、記載されている内容の量に差がある。単なるHPの出来栄えの差なら良いのだが、会自体の格差を感じてしまう。HPがないところもあるし。

また先日の日記同様、会に入るというメリット・デメリットがある印象を受けた。

地域密着の地元意識で売上げを期待したり、税務署は地域により差異があるので、傾向と対策を入手したり。

だから実際に行ってみないとわからない部分があるのではないだろうか。


2005.05.15 Sun


52
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備053日目 商工会


昨日の青色申告会のメリットに加えて経営面で強みがあるのが、商工会議所だ。

たとえば東京商工会議所中小企業相談センターでは、マル経融資という、無担保無保証で融資を受けられる制度が紹介されれいる。

ただしこれを受けるには、商工会議所の経営指導を一定期間受けていたり、1年以上同地区で事業を行っているなどの条件がいくつかある。

そのため創業時には使える制度ではないが、保証料も不要で安い金利で借り入れることができるので魅力的だ。

さらに7つの区では一定の条件で、その利息の一部の補助が受けられるようだ。

この他にも、創業支援や専門家派遣のサービスや会員メリットを受けることができる。

また、会員優遇のセミナーや講習会があるのはもちろん、会員でなくても受けられる無料相談会が月に何回かある。

地域密着で地元意識で売上げを期待するのか、事業が大きくなることを見越して商工会に入ることを選択するのか。

記帳指導から二つの会を検討してみたが、意外なオプションがついてくることが今回調べたことによりわかった。


2005.05.16 Mon


53
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備054日目 青色申告をするために

青色申告に必要な帳簿を調べてみた。簡潔にまとまっているページがあったので読んでみた。

現金出納帳を毎日書くのは、現金の管理をする上でも必要なことなので、これは出来ると思う。

ただ、それを経費帳に転記して、同じ事を書いたり電卓をたたくことを想像すると、やはりパソコンを使った方がやはり楽だ。

でもこれは、パソコンに慣れている人の話である。夫のようなパソコンに慣れていない人間にとっては、いつでもサッとできる手書きの方が良いようだ。

売掛帳は、居酒屋なので必要ないだろう。買掛帳は、どの程度の頻度で記帳するか私には良くわからないが、さほど負担にはならないような気がする。

固定資産台帳も、20万円以上の資産はほとんどないので、決算の時に気をつければ大丈夫だろう。

私の構想としては、現金出納帳に、営業経費内訳帳を使い現金取引による経費の経費帳への転記は、月に1度で済ませる。自動振替になった分だけ、日々経費帳に書くのはどうだろうかと考えている。

数ヶ月試してみて、税務署に確認しに行こうかと思う。

青色申告の特典を受けるのに確実なのは、現金出納帳を夫が書き、パソコンへの入力を私がすることだと思う。でもこれは、今のところ最後の手段としたいと考えている。


2005.05.17 Tue


54
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41

準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし

20日目の日記にあるように初めて国民生活金融公庫へ行き、今日で35日が経過した。

間にゴールデンウィークが挟まったせいもあるが、やはり時間が掛かっている。

公庫の融資に関する記録を振り返ってみた。

12日目に店舗を決め、その8日後(20日目)に公庫へ。

翌日、生活衛生融資推薦状を取り付け、その6日後(27日目)に書類を公庫へ。

その翌日保証人の確認が取れない、お金の出所を証明できるものを提示しないなど、若干融資を受けるのに不利な状況になった。

この後連休があり、初めて公庫へ行ってから26日後(46日目)に、全額融資は難しいとの第一審査結果を受けた。

連休を除くと、やはり審査に3週間。初めに公庫の相談員が言った通りの日程だった。

夫の自己資金は、店舗の賃貸契約の資金と改装業者への支払いで、もう使い果たしてしまった。

近々業者への支払いが再びある。厨房設備は大部分をリース契約にしたので今のところ大丈夫だが、全て現金購入にしていたらと思うと…。

次に融資を受けるようなことがあるなら、とにかく窓口への相談は早く行くに限ることを肝に銘じた。

後は、自己資金に余裕を持つことだ。

工事費を減らすには現金がものを言うが、自己資金の額と融資のスケジュールをきちんと把握しないと、切羽詰った状況になるということを改めて実感した。


2005.05.18 Wed


55
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:41


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について