目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

37 / 96ページ

準備037日目 近隣対策

苦情があったのは、このビルのオーナーが負担すべき部分の工事であった。

この工事は消防署指導によるもので、前の借主が増築した部分が被耐火壁になっていないため、撤去を言い渡されていた部分だった。

これらの点を主張するため、ビルオーナーと夫が施主として、このビルの管理会社が窓口となり張り紙をすることになった。うちの店に対する心証を少しでも良くしたいという気持ちだ。

しかし、一度悪い印象を持たれるとそれを覆すのは難しい。

騒音など被害があると不快になるものだが、もし事前に告知しておいたなら、多少なりとも対応が変わったのではないかと思う。

工事中に近所の商店や飲食店を利用することで、うちのお客になってくれることを期待しての配慮はしていた。

でも最も近い、同じビルの住民に対しては、それが足りなかったように思う。

集合住宅のため、近隣に対する関心が希薄になっている世の中であるが、店舗の改装工事により、いつまで迷惑をかけてしまうのか明確にしておく必要はある。

最低限のマナーではないかと思った。また商売を営む人間には、当然必須なことではないだろうか。


2005.04.30 Sat


37
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)


独立開業した後の壁になるもののひとつが、帳簿作成のようだ。

経理やパソコンに慣れていない人間にとって、これほど面倒と思えるものはないと思う。

どちらか一方でも慣れていれば、帳簿をつけるというハードルはグッと低くなる。間違いなく青色申告を受けることができるだろう。

では、その両方が苦手な人間はどうすれば良いのかについて考えてみた。手っ取り早いのが、お金をかけるということではないだろうか。

お金の掛け方も何段階かあって、比較的小額で済むのが青色申告会への入会のようだ。

各地域にあり、東京都の場合はこちらから、住まいを絞り込むことにより探すことができた。

費用はざっと見たところ、入会金1,000円、月会費1,000円〜だった。会費も数百円差があるところもあった。

また、指導内容や方法について各会で相違があるように感じたのは、HPでの表現方法の違いだろうか。

入会前によく確認する必要があるようだ。東京都でHPがある青色申告会はこちらから探すことができた。


2005.05.01 Sun


38
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)


次に一部記帳代行を視野に入れると、日本商工会議所を利用がある。

ここのWeb商工会議所名簿で東京商工会議所を調べたところ、個人事業の場合は、入会金が1,000円、年会費が1口(10,000円)以上ということで、記帳指導のみなら無料。

法人の場合は、資本金により口数が決められている。1口は15,000円。

資本金が500万円未満が最低口数1口。500万円以上1000万円未満なら2口という具合だ。

だから、自分で帳簿を作るなら商工会に加入した方が、青色申告会に加入するよりも年間の費用は安いといえる。

違いは、別途費用を払うことにより、データをパソコンに入力してもらうことができることだ。

月々数千円で、依頼する支部や入力件数によって相違があるため、実際に入会できる支部に開業後の経理の状況を提示しないと金額が決められないようだ。

ちなみに、青色申告会も商工会議所も会計事務所の関与がないことが条件にある。


2005.05.02 Mon


39
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)


次に考えられるのが、会計事務所などによる記帳代行を利用することだろう。どこまで代行するのかによって金額に差がある。

データ入力のみや、領収証の整理から全てやってくれるもの、経営指導を含むものまでさまざま。

あらかじめ、どの程度自分でやり、どこからやってもらうのか考えておかないと必要以上のお金がかかってしまいそうだ。

年末調整、決算、確定申告は別途費用がかかることも念頭に置きたい。

月々の記帳代行は、個人事業の場合、10,000円前後が相場のようだ。ここでふと思ったのは、金銭の出費ばかりが帳簿作成の費用ではないということ。

時は金なりの格言の通り、時間も非常に大切である。私はむしろお金より時間の方が価値が高いと思うことがよくあり、経営者の時間はまさにそれではないだろうか。

不得意な分野で時間をとられ、売上げを上げる確率を下げるようなら、月々多少出費があったとしても、それを上回る収入があれば良いのではないかと考えている。


2005.05.03 Tue


40
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備041日目 経営者と経理


独立開業を目指す人の多くが、経理に関することが苦手のようだ。

なかなか積極的に取り組むことができず、つい後回しにしがち。本業の忙しさにかまけて人(妻)に任せっきりということも多いと聞く。

でも、経営者は他の誰でもない夫であり、自分の店のお金の実態を正確に掴んでいなければいけない立場にある。

実際に金庫の底が見え始めてから行動するのでは遅すぎる。経理に関することを全てお任せておくと、行動が後手後手になりやすい。

もちろん経理の全てをやる必要はない。

しかし基本的な根源的なお金の流れを日々把握していないで、先のことが読めるのだろうかという疑問がある。

開業したばかりという何かと考えることが多い時期に、慣れない仕事を上乗せされるのが、負担になるのは十分承知している。

しかし、まだ規模の小さいうちに経理についての知識を身につけるのは、2店舗3店舗の経営を視野に入れている人間であるなら、必要なことに思える。

金銭、時間、経営者としての知識、これらを総合的に判断して身の丈にあった経理業務を選択する。そして状況が変われば、乗り換えていくのが経営者の経理との付き合い方ではないだろうか。


2005.05.04 Wed


41
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について