目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

32 / 96ページ

準備032日目 引越しの見積り


新居が決まったので、引越し費用を調べることにした。

引越しのチラシは連日ポストに入っていた。その中からインターネットで見積りが可能な、サンタ引越しセンターで、料金を調べてみた。

ひとつひとつ項目をチェックし、数量を入力する。正確な見積りを出すため、細分化され項目数が多い。

我が家は比較的物が少ないので楽だとは思うが、まだ荷造りを一切していない状態だったので、ダンボールの数がよくわからなかった。これは一切入力しないで算出してみた。

後でわかったことだが、押入れという項目があり、これに入っている荷物は押入れとして算出される。つまり、この押入れに入っている物を他項目でチェックを入れると重複するということだ。

またダンボールは、業者の提供する大きさの揃った箱なら算出しやすいが、様々な大きさの箱を使うなら、何間の押入れに入る量なのかと想定すれば、誤差のない見積りが出来るのではないかと思った。

提案見積書が出てきた。希望する引越し日の前後1週間の金額が記載されている。

日にち(曜日)によって2万円も差がある。引越しをするなら、やはり月初に限るらしい。細かい荷物は自分でするが、作業員が2人来てくれるというので妥当な金額であった。

積載量に対して車両が大きいのと、先のダンボールの件、さら値引きありとあるので電話してみた。

現状を煮詰めたところ6,000円引きになった。もう少し先の日にちに引越しをするなら、PMサービスが受けられ、あと2,000円安くなるらしい。

2005.04.25 Mon


32
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備033日目 名刺の手配


知り合いでデザインを仕事にしている人がいるので、名刺のデザインをお願いした。

書体やレイアウト、色など相談し、その日の夜、4パターンをメールで送ってもらった。イメージ以上のものだったらしく、これでほぼ決定。

ひとつに決める必要はないと、さらに他の色でもデザインしてもらうことにした。

表は屋号のみ。裏に地図と住所と営業時間を記載することにした。使用する紙にもよると思うが、少々値の張るものができそうだ。

看板のデザインもお願いしてみた。ただ、名刺と違い横に細長いので、難しいかもしれない。

本当はこの看板、使いたくなかったのだ。看板料も別に取られるし、街路樹の真ん前に設置されていて、今時流行らない形状だからだ。

しかし、撤去すると外した後それなりの処理費用がかかる。もっと早い段階で話を煮詰めていたら何とかなったのかもしれないが、駆け引きの具合でこの件はこちらが呑むという流れになってしまったそうだ。

上手いこと店に合った、効果的な看板になることを期待するしかない。


2005.04.26 Tue


33
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備034日目 電話復旧


夫がNTTの電話加入権を持っているが、休止中にしている。

例によって書類をなくしているので休止番号がわからず、調べる方法がないかとNTT東日本・電話で調べたら、お近くの担当窓口へと書いてあった。

どこの近くだ?と疑問を抱きつつも、今いる場所から一番近い窓口へかけた。

回線を担当している地区という意味だったらしく、最後に使っていた住所管轄のNTTへ転送された。

フリーダイアルじゃなかったら怒ってしまうくらい待たされた。携帯電話から掛けられるフリーダイアルを調べていて良かったと思った瞬間だ。

書類をなくしていても電話番号、住所、契約者名義がわかっていれば良いと確認済みであったが、この手の書類を簡単に捨ててしまうところはいまだに信じられない。

さて、今は電話で全ての手続きが済んでしまうそうで、便利になったものだなと思った。インターネットも使えるが、主力はやはりカスタマーセンターでの電話でのやりとりだ。

休止番号がわかっているなら、回線を復活させたい地域の窓口へ電話するだけで良いとのこと。

名刺を作る関係で、番号だけ早く決められないかと問い合わせたところ、2週間からだった。

工事日の予約があるので、早くとも申し込みは1ヶ月を切ってからでないと受け付けられないとのことだった。


2005.04.27 Wed


34
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備035日目 業者への支払い

改装業者への2回目の支払いがあるにもかかわらず、取り決めた金額を用意できなかった。

というのは、明日が祝日ということを夫が忘れていて、3時までに銀行へ行かなかったためだ。

新居の初期費用を支払ったばかりで、普通預金にはあまり金額がなく、ATMで解約できる定期預金を全て解約した。

原則的に私の預金は動かさないということだったのに、まぁこれがその例外時に当てはまる時なので仕方がないと思うが、私自身不本意であることは拭えない。

お金に関する意識が低いことを改めて痛感した。

支払いが遅れるのはもってのほかであるが、このようにぎりぎりのことをやっていると、無駄な動きや時間がとられる。これは非常に納得がいかない。

私も甘かったという側面もあり、夫ばかりを責められない。やはりまかせっきりにせず、どんどん口を出さねばならないなと思った。


2005.04.28 Thu


35
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備036日目 近隣からの苦情

今回店舗として借りた1階の物件は、7階建てのビルで2階から上が住宅になっている。今日の工事で2週間になるが、初めて住民から苦情があったらしい。

その方の言い方が悪かったのか、苦情を受けた業者さんも夫も、相手が悪いと言っている。

確かにこのビルの前面は大きな道路で音がうるさく、少々工事で音を立てたからといって6階の住人が怒鳴り込んでくるのは、どうかというのが彼らの言い分である。

でも、私はそうとばかりは言えないと思った。

家で寝ていたか、のんびりでもしていたのだろう。しかも今日は祝日で、交通量が平日より減っている。余計にうるさく聞こえたのかもしれない。

また、前もって挨拶をしていなかったのも、事態を悪化させた一因だろう。事前に断っておけば、不快な音を聞くことは変わりがないが、受け手の気の持ちようも変わるのではないだろうか。

何も聞いていないというのは、一番腹が立つのではないかと想像できる。


2005.04.29 Fri


36
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について